2005年07月

ほくほく線(ゆめぞら号)

050730-2

050730-3









・・・トンネルに入ると夢の空・・・
豪雪山間地を走る「ほくほく線」は、トンネルが多い路線。暗く長いトンネルを走る電車の天井に映像を映し出し、乗客を喜ばせている。
イベント電車「ゆめぞら」号は、季節ごとに「花火」「天空」「星座」の3つの映像を上映している。
7月は花火の映像で、音楽にのせ花火があがり、光のファンタジーで夢の世界に誘われ、暑い夏の旅の疲れを癒してくれた。
(写真は、十日町〜まつだい、05.07.30 12:30)

美しい棚田(土用の丑の日)

050728-6

050728-5050728-4










土用の丑の日、真夏日となり、青空に夏の白い雲が浮かび、セミの声も一段と高くなっています。
棚田の稲も、夏の強い太陽の恵みをうけ、病害虫にも負けず順調に生育しています。あと、1週間
あまりで、白い小さな花を咲かせます。
秋の七草の一種の「ススキ」の穂が顔を出していました。
(写真は川手地区の棚田、05.07.28 18時30分撮影)

梅雨明け(棚田に青空)

050724-1

050724-2050724-3









昨年より1日遅い7月23日、松之山も梅雨明けとなりました。棚田に青空が戻り一段と緑が深まり、青田が眩しく耀いています。
(写真は23日撮影、夏の太陽が棚田を照らす)

アカモノ

050722-3










高山植物の「アカモノ」の赤い実が、この時季、松之山の標高700蛋宛紊了海粘僂蕕譴泙后
赤く熟した果肉部分は、食べると美味しい。まもなく、熟した実は、野鳥や動物たちの食糧になる事でしょう。
(撮影05.07.14 松之山・鼻毛高原)



投稿が60回に到達

050718-1

050718-2








投稿から3年、今回が60回目の節目の投稿となりました。
今月から、ホワイトブーケさんのホームページから、一人歩きを始めた「日本の原風景」、ホワイトブーケさんのお引き立てに深く感謝いたしております。
また、ここまで頑張れたのも、ひとえに皆様方の温かいご協力・ご支援があったからこそです。
文章・写真など勉強しながら「ふるさと松之山」の豊かな自然をテーマに、皆さんに喜んでいただけるページを目指し頑張って行きたいと思います。
今後とも、ご指導・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

梅雨明けも目の前、青い空に白い夏の雲が浮かび、セミの鳴き声も聴こえて来ました。春は、ブナ林から棚田と大勢のカメラマンでしたが、今は、野鳥の「アカショウビン」の姿をねらうカメラマンが訪れています。(写真は大松山から望む「梅雨明けを待つ松之山」17日午後2時撮影)a/sato

ネジバナ

050716-1050716-2050716-3










雑草の中に一番の美しい花として「ネジバナ」は、昔から庶民に親しまれて来た。別名「モジズリ」とも呼ばれている。
ネジバナの花は、右巻き・左巻きがあり「その乱れからまる」姿は恋心に揺れる美人に例えられる。なぜか、2本寄り添って咲く花に、右巻き・左巻きが見られる。
なかには、ねじれない直線形もあると言う。個性的で謎めいた魅力ある花です。(右写真は「三桶の棚田」3枚とも午前11時撮影)
05.07.16 a/sato

美しい棚田(7月)

050715-1050715-2050715-3







050715-4050715-5050715-6











今日、九州南部で梅雨明けとなりました。来週は各地で梅雨明になりそうです。
棚田は、田植えから約2ヶ月、雨にも負けず順調に生育しています。やがて梅雨が明け、夏の太陽をあびると、白い小さな花を咲かせます。
棚田の周りでは、夏の花も咲き出し、鮮やかな花のまわりでは、蝶が忙しく飛び交っています。
 05.07.15  a/sato

ブナ林(日本の自然百選)

050714-1050714-2050714-3










「天水越のブナ林」は、大原寺原高原の南方、長野県と境を接する標高900檀婉瓩100任離屮覆慮鏡故咫
100年近い老木もあり、直径1値召蠅竜靆擇盡られる。1983.1.1「日本の自然百選」に選ばれ、カメラマンの人気スポットとなっている。
今朝は、青空でしたが、お昼前に霧が発生した。冷たい霧は、林間を流れ一瞬のうちに原生林を包み込み、幻想的な風景に姿を変えた。(写真は、午前11:30撮影)  05.07.14 a/sato

棚田に咲く(夏の花)

050713-1050713-2050713-3










梅雨空が続いていますが、本格的な夏がそこまで来ています。棚田の周りでは、オレンジ色の「キオン」純白の「トリアシシュウマ」薄い桃色の「ヒルガオ」など夏の花が鮮やかに咲いています。
05.07.13 a/sato

ヤマボウシ

050712-1050712-2050712-3











ヤマボウシ・・・山法師に見えますか?中心部の球状の突起が坊主頭に似ていると言われますが。
この地方では、梅雨時に咲き、ほとんど終わっています。標高500檀婉瓩如∈にも散りそうでしたが、白い花をつけて待っていました。
驚くことに、白い花に見えるのは葉が変形した「苞」で、花は中心の丸い部分(坊主頭)に咲くということです。

右写真は、松之山「浦田の棚田」午後4時撮影。05.07.12 a/sato
棚田の里(新潟県)
190616-04








新潟県十日町市(松代・松之山地区)は、豪雪、温泉、美しいブナ林と棚田で知られる自然豊かな里山です。
Recent Comments
月別の記録
カテゴリー別の記録
  • ライブドアブログ