2015年05月

大地の芸術祭2015企画発表会(十日町市)

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

150531-4150531-5大地の芸術祭「越後妻有アートトリエンナーレ2015」の企画発表会が今日(31日)十日町市地域地場産業振興センター(クロステン)で開催された。
開会挨拶で実行委員長(十日町市長)の関口芳史氏(写真上左)が2020年の東京オリンピックを見据え世界へ向けて発信したい、気持ちを一つにして、大成功に終わるよう、皆様方のご協力をお願いしますと呼びかけた。
来賓挨拶の次に、総合ディレクターの北川フラム氏(写真上右)が企画発表及び作家の紹介をした。
今回のテーマは、地域の厳しい自然環境の中で、人間が生き抜くために培ったさまざまな創意工夫・技術を「美術」として捉え直し、砂防ダムやスノーシエッドなど通常では、アートとみなされにくいものに焦点を当て「人間が自然・文化と関わる術こそが美術」。
美術は、人と人・人と場をつなげる媒介として動き出した。地域と都市が交流し、互いが得意なことを補い合う交換の場をつくる「都市と地域の交換」の2つがテーマとなっている。
ネットワークアドバイザーとしてオイシックス(株)。オフィシャルサポーターとして(株)クラウドワークス、(株)スプリー、ジャーナリスト/メディア・アクティビストの津田大介氏が新たにPR活動に加わる。
この祭りは、元気を取り戻したいと、2000年にスタートし3年に1度開催され、今回が6回目となる。
既存の恒久作品約200点と新作品約180点(合計380作品)が展示される。これら屋外の現代アート作品の他、キナーレの特別企画展・廃校となった校舎を活用したプロジェクト・JR飯山線アートプロジェクト・アジア芸術村プロジェクトなども計画されている。
会期は、7月26日〜9月13日までの50日間。(写真下は、地元サポーターにモグラの姿でインタビューするアーティスト・開発好明氏)

150531-6

ふる里の夕景色

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

150531-3

棚田に咲く

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

150531-2

里山の朝景色

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

今朝は最近の画像から。

150531-1

20時24分ころ小笠原で震度5強

先ほど(30日)20時24分頃、小笠原で震度5強。

震源地は、小笠原諸島西方沖で、マグニチュード8.5と推定されます。

東京都小笠原村母島で震度5強。
神奈川県二宮町中里で震度5強。
東京千代田区大手町・東京千代田区富士見・東京千代田区麹町・東京中央区築地などで震度4を観測。

新潟県十日町市松之山・十日町市松代でも震度2。

追記・・・31日、地震の規模を示すマグニチュードを8.5から8.1に訂正された。

棚田の里

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

150530-6

高原の春

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

150530-7

ふる里の昼景色

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

150530-5

新潟市の百貨店「大和」が閉店して5年(跡地の売却が決まる)

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

150530-3新潟市中心部(繁華街)の百貨店「大和」が閉店して5年。この跡地の売却がこのほど決まった。少しでも早い再開発で、以前の賑わいに戻ってほしいと新潟市や古町など商店街の関係者らが期待している。
現在のビルを取り壊し、高層オフィスビルの建設が想定され、市内のテナントや市行政機能の一部を移転する構想もあがっている。
新潟市では、高齢化や環境問題、まちなか再生などに対応するために、マイカーに依存しない新たな交通システム「BRT(Bus Rapid Transit)」の導入に向けた取り組みを進めている。この新バスシステムの開業日が9月5日(土曜)に決まり、市内中心部(繁華街)を走ることになっている。
・・・デパート「大和新潟店」閉店「66年の歴史に幕」(2010.6.25投稿)・・・
新潟市中心部の衰退が続く中、今日(25日)老舗の百貨店「大和」が店を閉めた。
最終日の営業が終わったのが午後7時、お世話になりました〜ありがとう〜と閉店を惜しみ、大勢の人々が繰り出し店先の道路は、大混雑となった。
北村店長さんが、午後7時過ぎ、最後のお客さんを送り出すと、入り口で待つ大勢の人々を前に〜これまで長い間、ご愛顧を頂き有り難うご座いました、心からお礼申し上げますと〜挨拶すると・・・大きな拍手が沸き、社員やお客さんが涙を流し別れを惜しんだ。
店長や幹部職員、店員などが店内に整列し、深々と頭を下げると、静かにシャッターが閉まり、66年の歴史に幕が下りた。(写真上)

150530-4

棚田の里

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

150530-2
棚田の里(新潟県)
190616-04








新潟県十日町市(松代・松之山地区)は、豪雪、温泉、美しいブナ林と棚田で知られる自然豊かな里山です。
Recent Comments
月別の記録
カテゴリー別の記録
  • ライブドアブログ