2016年10月

高原の森

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

161031-3

ふる里の昼景色(南魚沼市)

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

161031-1

棚田の里

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

161031-1

ふる里の秋

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

161031-4

里の森

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

161030-3

ふる里の森

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

161030-2

棚田の里

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

161030-1

ジオ河岸段丘花火(新潟県津南町)

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

長野県栄村切明から新潟県津南町までの30キロをリレーで打ち上げる花火「ジオ河岸段丘花火」が今夜(29日)行われた。
メイン会場の「マウンテンパーク津南」では、太鼓演奏や屋台が並び、オレンジ色で火柱のように上がる幻想的な花火を楽しんだ。「虎ノ尾」といわれる帯状の花火は、協賛金(オーナー制)で打ち上げられている。
打ち上げ30分前までは、雨上がりの濃霧が立ち込め心配させたが、打ち上げの午後7時になると、霧も薄くなり観客を喜ばせた。
このイベントは、2006年に「大地の芸術祭」で作家の景山健氏が打上げた「河岸段丘花火」が始まりで、その後地元の有志(団体Wa)が引継ぎ毎年開催している。
地形が特徴である河岸段丘で30ポイント、中津川流域で23ポイントの計53ポイントで打ち上げられた。
フィールドは、日本一長いが打ち上げ時間わずか60秒と日本一短い花火大会で県内外から大勢のカメラマンが集まり、新潟県を代表するイベントとして話題となっている。
主催は、河岸段丘花火実行委員会(主幹Wa)。後援が津南町観光協会、津南町、栄村秋山郷観光協会、栄村、十日町市。

161029-3

秋山郷の旅

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

161029-2

深まる秋

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

161029-1
棚田の里(新潟県)
190616-04








新潟県十日町市(松代・松之山地区)は、豪雪、温泉、美しいブナ林と棚田で知られる自然豊かな里山です。
Recent Comments
月別の記録
カテゴリー別の記録
  • ライブドアブログ