2017年06月

ふる里の夕景色

170630-6

第48回新潟県写真サロン(十日町展)

170630-3170630-4第48回新潟県写真サロン(全日本写真連盟新潟県本部、朝日新聞新潟総局主催)が今日(30日)から十日町情報館で始まった。(7月4日まで開催)
入賞・入選作品、87点(応募376点)が展示されている。写真家で全日本写真連盟・関東本部委員の土田ヒロミ先生が審査。新潟の自然、祭り、文化などの力作が並ぶ。
大賞に広川信俊さん(長岡市)の「登り屋台」、第一部(課題作・新潟県の自然)の金賞「花薫る水田」(加茂市・星正一さん)、第二部(一般の部・自由作)の金賞「ごぜ唄」(五泉市の高野栄子さん)、第3部(高校生以下・自由作)の金賞「熱いまなざし」(三条高校・桑野萌夏さん)が選ばれている。
十日町支部からは、第一部で小坂幸平、宮澤健二。第2部で根津順治、山本貴一、小坂幸平、西野米子。第3部で十日高校の宮澤楓さんが入選している。
十日町支部(支部長小坂幸平さん、会員12人)は、2ヶ月に1回、作品を持ち寄り例会を開き写真の向上及び発展と親睦をはかっている。

170630-5

ふる里の昼景色

170630-2

ふる里の朝景色

170630-1

棚田に咲く

170629-5

全国制覇を目指す(ジャズシンガーの「さより」さん)

170629-4「私の歌を待ってくれている人が日本全国にいる、その人達に私の歌と笑顔を届けたい」と47都道府県ライブを目指す、ジャズシンガーの「さより」さんが、ファンクラブの入会を呼びかけている。詳しくは、HP(https://www.facebook.com/groups/1808558242695521/)を御覧ください。
「さより」さんのライブスケジュールは、春日部市「ジャズバー武里サニーサイド」で7月8日(土)THE DUO、さより(Vo)松岡里佳(Pf)。「越谷 蔵の音」で7月14日(金)、大人のサロン〜ジャズと落語のおしゃれなコラボ、さより(vo)菊地まゆ子(pf)。「ジャズバー武里サニーサイド」で8月5日(土)女性JAZZカルテット、さより(Vo)松岡里佳(Pf)中村尚美(Bs)荒井雅子(Ds)。
埼玉県越谷在住の「さより」さんは、もともと積極的なタイプで、学生時代は音楽とスポーツにあけくれる。大学は、やりたい事が見つからず、大学に行っている意味を見いだせず中退した。
その後、ホステスなんて絶対にしたくないと思っていたのに、新地のクラブでホステスを真剣にしていた。このままホステスしていても、いいな〜な、なんて思うようになったが、たまたま結婚し2児の母となる。
専業主婦、子育てばかりで自分が無くなった。「ママ」なんて呼ばれると、私は、どこにいるんだろうって思うようになった。
旦那は、仕事人、家庭は女がやるものと、一切手伝いは無かった。5年間話し続けたけど、話も聞いてくれないので諦めた。
将来の自分の為に、自分のやりたい事をしたい、もう一度大好きな音楽をしたいと大学の再入学を決めた。2年の浪人生活は辛く、さすがに、これで駄目なら、私の将来は無いと思い必死に勉強した。
た。
大学では、もう一度大好きな音楽をしようと、軽音に入ろうと思ったが、周りの学生とは、歳が15歳も離れ趣味などが皆と違った。自分でピアノを弾いて歌っていた、この時ジャズに興味を持ちだした。
大学4年生の実習中に現在の師匠と出会い、本格的にジャズが歌えると腹をくくり弟子入り。ほぼ毎日練習の日々に明け暮れた。右も左もわからないままに歌った。
9年前の10月から本格的にジャズボーカリストとして歌いだす。2014年にビッグバンド「Swinging Jazz Cats」を結成。
2015年 ティートックレコーズより自身のファーストアルバム「My Life With You」をリリース。
47都道府県に向けての資金にしたいと、Tシャツ、タオル、缶バッチ、CDなどのグッズを販売しています。カンパも大歓迎です。来年から本格的に全国回りをしたいと思っています。応援よろしくお願いしますと「さより」さんが語る。

170629-3

棚田に咲く

170629-2

棚田の里

170629-1

第72回 新潟県美術展覧会「長岡展」開幕

170628-3170628-4170628-5第72回 新潟県美術展覧会「長岡展」が今日(28日)から新潟県立近代美術館「企画展示室」で開幕した。
午前9時から長岡市の水澤副市長、同市美術協会の田中会長、県立近代美術館の木村館長さんらが出席して開場式が開催され、長岡エリア・入賞者の表彰式と開幕のテープカットなどセレモニーが開かれた。受賞者を代表して、書道部門で奨励賞を受賞した、諏佐悦子さんが、これからも精進して頑張りますと語った。(写真上中と右)
長岡展では、日本画(52点)、洋画(61点)、版画(45点)、彫刻(39点)、工芸(36点)、書道(77点)、写真(120点)の入賞・入選や県展委員、無鑑査となった人々の作品が展示されている。
新潟県展は、歴史と伝統を持つ、県内最大の公募展で、今回7部門に3,911点の応募があり、入賞61点と入選1,050点が選ばれた。
本展の新潟展が5月26日から始まり、その後、柏崎市、佐渡市、上越市で巡回展が開催されてきた。最後の長岡展は、7月2日まで開催される。

170628-6

ふる里の昼景色(十日町市)

170628-2
棚田の里(新潟県)
190616-04








新潟県十日町市(松代・松之山地区)は、豪雪、温泉、美しいブナ林と棚田で知られる自然豊かな里山です。
Recent Comments
月別の記録
カテゴリー別の記録
  • ライブドアブログ