・・・ブナハバチが大発生・・・
記録的な猛暑になった今夏、「ブナハバチ」が大量発生し、好物のブナの葉を食べ、丸坊主となる被害が全国に広まっている。
特に丹沢一帯の被害が大きく、神奈川県自然環境保全センターでは、調査に乗り出した。被害の多い場所は約70パーセントの葉が幼虫に食い尽くされていた。大量発生は、10年ぶりで、そのメカニズムや原因は不明。
ふる里の森も、葉が枯れ茶色に変色した広葉樹が視られた。夏の猛暑によるものか、害虫の食圧によるものかは、わからないが、森が泣いている・・・

070831-8