100620-3新潟県津南町の町長選挙が行われ、元新潟県議会議員で会社役員の上村憲司氏(61歳)が初当選した。
任期満了に伴う津南町の町長選挙の投票が今日(20日)、16ヶ所の投票所で行われ、町役場(写真左)で即日開票された。
今回の町長選は、前小林三喜男町長が5期20年の長期にわたり務めた後だけに、町民の関心が高かった(投票率84.36パーセント・投票総数7,840票)。
無所属の新人3人が選挙戦(15日告示)を戦ってきた。基準日の6月14日現在・名簿登録者数は、男4,536人、女4,854人、計9,390人。
津南町は、長野県境の自然豊かな里で、農林業を基幹産業とし、魚沼産コシヒカリや高原野菜、きのこ栽培・山菜加工・木工製品などに力を入れている。
河岸段丘やひまわり畑・スキー場・温泉など観光事業にも取り組んでいる。
平成の大合併では、住民投票を実施し、十日町市などと合併しない、独立の道を選んでいる。
開票結果・・・
  当選 上村憲司 3,481票
      半戸哲郎 3,250票
      高橋孝男 1,058票
      無効票     51票

100620-4