今夏、気象庁の観測地・京都府京田辺市で9月5日に観測された最高気温39.9℃は、その後の調査で、通風筒に「つる性の草」が絡んでいたことが判明し、この記録を取り消すと今日(30日)気象庁が発表した。
それによると、このアメダス観測施設で不適切な環境となっていることが9月6日に明らかになった。
付近の観測データと比べ、8月25日〜9月6日までの気温が平均して1.4℃も高くなっていたことが判明した。
京田辺の気温データについては、明日(10月1日付け)に取り消しが行われる見込み。今夏の最高気温は、7月22日に岐阜県多治見市で観測された39.4℃になりそうだ。
一層適切な観測所の管理を行い、観測の精度の保持に努めるよう、全国の気象台に指示を出し、今後このような問題が再び発生することのないよう、アメダスの観測環境管理について取り組んで参りますと・・・気象庁がお詫びした。

・・・「日本の原風景」9月5日の投稿(京田辺で39.9℃)

今日(9月5日)は、西日本各地で猛烈な暑さとなった。午後3時前に京都府の京田辺で驚きの39.9℃(観測史上1位を記録、9月の国内最高気温を更新した)。京都府(福知山 38.3℃)兵庫県(西脇 37.9℃)など・・・東京地方も、高気圧に覆われて、強い日ざしが照りつけ、熱風がビルを吹きぬけた。最高気温は練馬で35.9℃、東京都心で34.3℃となった。

100930-5