blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

160630-3160630-4160630-5新潟県内最大の美術公募展「第71回 新潟県美術展覧会」の「十日町巡回展」が市内の川西総合体育館で今日(30日)開幕した。同展は7月4日まで開催。
同市での県展(巡回展)は、15年ぶりの開催。同会場では、ジュニア展(入賞、入選作品)も開催され、初日から賑わっている。
開幕を祝い、同会場でセレモニーの会場式とエリア内(十日町市・津南町・南魚沼市・湯沢町)で入賞・入選者(48点)の表彰式が行われた。
工芸の部で市村久子さん(写真上中)が、十日町市から17年ぶりとなる県展賞を受賞者した。受賞の「伝説の滝」は、地元の十日町織物で「すくい織」と云われる技法を使い半年ほどかけて織り上げた作品。
今年の県展は、全7部門に3978点の応募があり、入賞54点と入選1046点が選ばれた。
日本画(応募224点・入賞入選103点)、洋画(応募841点・入賞入選234点)、版画(応募166点・入賞入選78点)、彫刻(応募70点・入賞入選42点)、工芸(応募100点・入賞入選48点)、書道(応募700点入賞入選230点)、写真(応募1877点・入賞入選365点)。

160630-6