blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

170321-2170321-3演歌歌手の正木奈々子さんは、エフエム戸塚「モナオと奈々子のごきげん歌謡曲」でラジオパーソナリティとして、最新のヒット曲や昭和の名曲など演歌の魅力を紹介して人気となっている。
各地でチャリティーコンサートを開き福祉団体に寄付して、知的障害や親がいない、将来を担う、子供たちへ心温まる歌をおくり続けている。
青春期は、歌が大好きでカラオケ大会等に何度か参加し、優勝したことがあり、何度かスカウトの話もあったが、芸能界に興味は無く、歌手デビューなんて考えもしなかった。
大の演歌好きだった、故郷(高山市)の母親が、病気になり、高山の歌を歌って欲しいと言った。
カラオケ教室に通ってた時、「たきの えいじ先生」との出会いから、出身地の飛騨を舞台にした「高山本線旅めぐり」をプロデュースしていただき、2014年4月にソロデビューすると母親は、元気になった。
母が病気の時、毎月 2週間くらい高山に帰り、母の介護、話相手をしながら、チヤリティーやディナシヨーなどに頑張ってきた。
正木奈々子さんは、床屋に行けない子どもたちに無料でカットしたいと、床屋さんを開き35年となる、心優しい理容師さんでもある。
「本気、勇気、根気」の三気精神で、頑張っています。少しでも、人々の心の支えになる歌をと願っています。色んな方々に可愛がっていただける歌手を目指し、これからも長〜く、歌ってゆきたいです。今後ともどうぞ宜しくお願い致します」とコメントしている。