人気ブログランキング

111715-2171115-3171115-4東京都在住(柏崎市出身)写真家・高橋和子さんの写真展「大地のハーモニー」が今日(15日)柏崎市の公益財団法人ブルボン吉田記念財団「ドナルド・キーン・センター柏崎」1階ロビーで開幕した。同展は、今月29日(水)まで開催される。
先般10月27日〜11月2日、東京の富士フイルムフォトサロンで写真展「大地のハーモニー」が開催され好評となった。
東京の写真展では、32点が展示されたが、今回は、会場の都合から17点が展示された。90センチ×150センチのパノラマ判、全倍、全紙サイズの写真が金属パネルに収められ高級感溢れる写真展となっている。
フィルムにこだわり、その美しい発色が永遠に記録に残るよう、中判カメラ(6×4.5サイズ)で撮影した写真は、フィルム独特の味や質感があり「息をのむ」感動をあたえている。
「四季それぞれの美しさに魅せられて自然界の神様に、そっと見せて頂いてた現象を感謝しながら写真を撮り続けてきました。北海道は、ドラマチックな自然環境の土地です。特に冬の幻想的な屈斜路湖、摩周湖、知床の流氷、サンピラーダイヤモンドダスト、フロストフラワー霧氷や氷の織りなす宝石のような形の神秘的な造形美など、雪国生まれの故郷の新潟にない透明な空気感が色彩を際立たせます」とコメントしている。
高橋和子さんは、定年退職してから撮影ツアーに参加するようになり、北海道の景色に魅せられ10年以上通っている。
冬の風景や瞬時に形が変わる「氷・霧氷・樹氷・虹」に興味を持ち撮影をしているが、特に微妙に変化する朝、夕の時間帯を選び撮影をしている。
写歴は、2000年9月、写団「群峰」入会。2001年から北海道の冬を主に撮影。2009年3月、新潟県柏崎市で個展「ひかりの大地」。2009年11月、六本木富士フイルムフオォトサロン・東京で個展。2010年4月、エキシビジョンサロン銀座で個展。2011年5月、写真集「ひかりの大地」発刊。2012年7月、写真集「冬のこだま」発刊。2012年10月、柏崎市で個展「冬のこだま」。2012年、富士フイルムフオォトサロン新宿で個展。2014年4月、富士フイルムフオォトサロン・東京及び柏崎市で個展「光と氷のファタジー」、2017年10月、富士フイルムフォトサロン(東京)で個展「大地のハーモニー」など。

171115-5