190614-03190614-04190614-05「棚田地域振興法案」が参議院本会議で今月12日、可決・成立した。
この法律は、貴重な国民的財産である棚田を保全し、棚田地域の有する多面にわたる機能の維持増進を図るとともに、棚田地域の持続的発展と国民生活の安定向上に寄与することを目的としている。
棚田地域における人口の減少、高齢化などにより棚田が荒廃の危機に直面していることに鑑み、棚田地域の振興について、基本理念を定め、国や県、市町村などの責務を明らかにするとともに、基本方針の策定や棚田地域の振興に関し必要な事項を定める。
今後、国(政府)は、棚田地域の振興に関する基本的な方針(基本方針)を定め、公布から2カ月以内に施行する。
190614-06190614-07棚田を「貴重な国民的財産」と位置付け、都道府県の申請に基づいて、国が棚田地域を指定し、棚田地域の振興を国の責務として事業を進める。
棚田は、地域の伝統・文化、美しい景観、教育、国土保全といった多面的機能を有している。
生産性や景観だけでなく農業生産活動を主体に、地域住民と都会の人々が共同で国土保全に努めてほしい。(写真は、新潟県内の棚田)

190614-08