190715-03アーティスト・開発好明さんらの展覧会「あそびのじかん」が東京都現代美術館で7月20日(土)から10月20日(日)まで開催される。(主催、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館)
この展覧会は、6組のアーティストが、勉強・仕事・お手伝いなど、日常の決まりごとが通用しない遊びから、従来の考えやルールを外れて新しい価値や法則を発見するキッカケになってほしいと子供も大人も楽しめる作品が展示される。
触ることが出来る作品や、ゲームのような参加型作品など様々な体験が待っている。
開発好明さんの作品は、 日常の風景や出来事、人々とのコミュニケーションなどを題材に、インスタレーションやパフォーマンス、ワークショップを行う。会場入り口では、受験競争のプレッシャーを表現した巨大なタンス壁「受験の壁」が立ちはだかります。
この作品は、2016年に市原湖畔美術館で発表した「受験の壁」がより巨大な壁となって登場します。また、新たに「木場のダメパンダ」として、初日の20日に出没する?
休館日は、月曜日(8月12日、9月16、23日、10月14日は開館)、8月13日、9月17、24日、10月15日。
東京都現代美術館は、現代美術の振興を図り芸術文化の基盤を充実させることを目的に1995年3月に開館。