190720-03190720-05新潟県十日町市の「ギルドハウス十日町」は、新時代のコミュニティ施設として注目され、新聞・テレビ・雑誌などに取り上げられ話題となっている。
国内外から様々な若者が集まり、人とひとのつながりから生き方も変わっている。
「働き方改革」が叫ばれる中、ここでの暮らしが、新しいライフスタイルや新しいビジネスアイデアを醸成させ、夢と希望を抱き巣立っている。
楽しく豊かな生き方・働き方を実践して巣立った人々も、家族のように暮らせたことから、実家のように度々訪れ感謝している。
この施設は、十日町市の中心街から車で約10分の限界集落(津池)にあり、埼玉県出身の西村治久さん(48歳)が古民家を改造して2015にオープンした。
入居費用は、食事代など含め、1人、月2万5,000円と安く、現在12人が長期滞在で共同生活をしている。これまで4年間に8,000人あまりが訪れている。
西村治久さん(写真)は、2011年にIT企業を退職し、好きな時に自由に働く「ノマドワーク」をしながら約3年間、全国各地を旅する。
四季がハッキリする自然豊かな、この十日町が気に入り移住し、ソーシャルな「隠居生活」を始める。
田舎暮らしを体験したい、地方に移住したい、多拠点居住のひとつのセカンドハウスや自由な場所で仕事をする「リモートワーク」や、人脈が広がる「コワーキングスペース」として利用してほしいと、住まいを開放して、この「ギルドハウス」を創設した。
ギルドハウスは、長野県や山形県でも始まり、沖縄県、群馬県や東京、名古屋などの都市部でも波紋が広がっている。
全国的な展開で誰もが暮らしやすい社会を実現するため、都市と地方の「ソーシャルアクション」を目指している。(画像下は、施設利用者の書き初め展)

190720-06