ひとりごと(NO2)

棚田に美女・写真家「米 美知子さん」

061107-2



















061107-3本格的な冬を前にした7日、低気圧が発達し寒気が入り肌寒い立冬の棚田、深い霧の中から美女が現われた。写真誌で拝見したアイドル、風景写真家の「米 美知子さん」ではないか、ビックリ・・・
写真家・米 美知子さんは、04年「前田真三賞」を女性初受賞し新進の写真家として講師や写真誌の連載などで活躍されている。
詳しくは、写真家・米 美知子さんのHPをご覧下さい。
(午前7時頃、峠の棚田で撮影)

モダンな有料公衆トイレ(東京・秋葉原)

・・・情報の秋葉原に有料公衆トイレ・・・
・・・都内の治自体で初の試み・・・

これまでの公衆トイレのイメージを一新する、モダンな有料公衆トイレが10月16日、秋葉原駅中央口前の広場にオープンして話題となっている。都内の自治体で初の試みとあってテレビ・新聞などのマスコミが報道したことから、予想を大幅に上回る利用者で関係者を喜ばせている。

061028-6






















061028-7061028-8061028-9








061028-10有料公衆トイレを設置したのは千代田区、汚い・暗い・臭いなどのこれまでのイメージを一新したいと、2003年に「公衆トイレに関する検討協議会」を設置して会議を重ねてきた。
このトイレの名前は「オアシス@akiba」、トイレとしての機能のみでなく、街の情報案内や休憩所として、多くの人達が気楽に集まてほしいとつけられた。年中無休で7時〜22時まで利用できる。使用料は一人一回100円(小学生以下と身体障害者は無料)電子マネー「suica」も使用可能となっている。
女性の視点を重視した設計で、プライバシーの確保・パウダーコーナー・大きな鏡・着替台などが備えられている。この他、喫煙コーナーや情報コーナーもあり、次世代の街情報提供システムの実証実験も行なっている。
千代田区から全国に向け発信された「有料公衆トイレ」好調な出足に都内外の自治体から熱い視線を受けそうだ。(写真は、好スタートの千代田区の有料公衆トイレ。27日午後3時撮影)

安吾生誕100年祭開かれる

・・・長男・綱男さん安吾の足跡を講演・・・
昨日(22日)午後4時から、ブナ林に囲まれた坂口安吾文学碑の前で、安吾さんの長男、綱男さんを招き、県内外から安吾ファン50人あまりが集まり「坂口安吾生誕100年祭」が行なわれた。

写真家の綱男さんは、2歳のとき父「安吾」を亡くしている。「安吾のいる風景」と題し、父の足跡を追う息子のエピソードを講演した。生誕100年を記念に著書「安吾のいる風景」を7月20日付けで発行している。

安吾碑は、生誕の新潟市やその後暮らした桐生市など7箇所に建立されている。松之山の安吾碑は、松之山がモデルとなった、初期の作品「黒谷村」の一節が刻まれている。

大棟山美術博物館では、坂口安吾生誕100年を記念して写真展が開催(10月20日〜11月10日)され、30点あまりが展示されている。(写真は、ブナ林に囲まれた広場で講演する綱男さん)

061023-2

新進画家(石塚智寿さん)

060910-6

060910-7東京からの帰りの電車、大地の芸術祭ガイドブックを手にした青年と隣席となった。テレビ放映で、都会の美術館での展示と違い、作品は、「棚田の里」の大地、里山がキャンパスという珍しい展示に興味を示したようだ。秋田県出身の画家で、東京でアルバイトしながら、個展を開くなど勢力的に活躍されている。ますます研鑽され精進し、新しい風を吹きこんでほしい。(写真。10日午前11時頃撮影)
詳しくは、石塚智寿さんのHPをご覧下さい。
http://www.geocities.jp/puru_dig_tomohisa/

芸術の秋(院展・二科展楽しむ) 

芸術の秋、久しぶりに上野の森に足をはこび「院展」と「二科展」を楽しんだ。
院展「日本美術院」の歴史は古く、明治31年「天心」らが中心となり創立。その後、活躍された、天心・大観らがこの世を去ったこともあり、昭和33年に機構を改めて財団法人として再始一新している。今回は、再興第91回展、応募点数658点。入選281点と財団法人・日本美術院理事長の平山郁夫さんら同人の作品31点が出品されている。ふるさと松之山出身の相澤豊治さん(神奈川県在住)の「田植」も展示されていた。
二科展の「上野の森」での開催は、今回が最後となる。来年の第92回は、美術の新しい「まち」として注目の六本木に会場を移す。六本木にオープンする「国立新美術館」は、青山公園の向え、東京メトロ、千代田線の乃木坂駅に隣接。

060910-3

060910-4

060910-5

梅雨の中休み

060726-2

060726-3

060726-4







長雨も、前線の活動が弱まったことから、今日は、梅雨の中休み、棚田に久しぶりの朝焼けが観られた。ふるさとの梅雨明けは、例年22日頃だが、7月末まで雨や曇りの予報、今年は8月にずれ込みそうだ。
棚田の稲は、田植えの遅れ・その後の長雨の影響で、柔らかく育ち、病害虫に弱くなっている。出穂も遅れる見込みで、冷害も心配される天候に農家は、暑い夏を待っている。(今日午前、九州・四国地方が梅雨明け宣言)
(棚田の朝焼け、26日の撮影)


blogranking_banner_redに参加しています。クリックで現在の順位もチェックできます。


坂口安吾生誕100年

060721-5今年10月20日は、坂口安吾(作家)生誕100年にあたることから、県内でいろいろなイベントが行われる。
松之山も安吾との縁があり、昭和5年〜13年にかけて度々松之山を訪れている。大棟山美術博物館に安吾の遺品が展示され、坂口安吾文学碑(写真)が昭和62年に建立され、文学を志す学生や観光客が訪れている。


生誕碑の建立・・・
昭和20年代、「戦後の日本文学」の旗手であった安吾は、明治39年新潟市で生まれ少年時代をすごした。安吾の精神を継承し、新潟とのつながりをますます深めたいと、一般の方に募金を呼びかけている。目標額は、400万円。建立場所は、新潟大神宮境内。碑文は「坂口安吾生誕の地」と作品の一節。建設は9月、除幕式式は10月を予定している。

安吾賞の創設・・・
安吾が生まれ、青春の思索を育んだ地である新潟市から、現代の安吾に光を当て。日本人に大いなる勇気と元気を与え、明日への指針を指し示すことで、現代の世相に喝を入れた人や団体に贈られる。募集期間は、平成18年7月1日から始まり同年7月31日必着。賞は、正賞、副賞(賞金300万円)で受賞式は、平成18年10月15日、新潟市で行う事になっている。


最新記事の表示にトラブル(お詫び)

060621-13





今日も大勢の訪問を頂き、嬉しく思います。未熟な画像にもかかわらず、ブロブ・ランキングマークのクリックを頂き感謝申し上げます。
さて、今朝から、またまた、(前回6月11日)ブログ・ランキング画面の最新記事欄が更新されないトラブル中です。
ご迷惑をおかけしていることに対し、お詫び申し上げます。

続報・・・21日、22時前復旧いたしました。
明日もご訪問下さいますようお待ちしています。

ミヤコワスレ

060616-7

060616-8菊に似た青紫の可憐な花「ミヤコワスレ」が見ごろとなった。
紫といえば「京の都」を代表する色。承久の乱で「北条」に敗れた「順徳天皇」は佐渡島に流された。この花を見ると、都への思いを忘れさせると・・・名前がついた言われている。みやびやかで気品が高い花、梅雨にぬれた紫は、ロマンが香る。





blogranking_banner_redに参加しています。クリックで現在の順位もチェックできます。

原生林で幽霊に遭遇?(ユウレイタケ)

060615-6

060615-7ブナの原生林を撮影中、不気味な物体に遭遇した。薄暗い森に、青白いキノコに似た植物が目に入った。その奇怪な姿は、幽霊を想像させることから、幽霊草・幽霊茸ともよばれている。その名は「ギンリョウソウ」(銀竜草)。銀色の竜に見立て名前が付けられたと言う。
葉緑素を持たないため、光合成が出来ない。ブナの森の土壌中にあるキノコの菌糸が血管となり、ブナが作った栄養分を吸収して成長している。菌糸なしでは生きていけない不思議な植物に感動した。観察していると、その姿が可愛くなり森の妖精に見えてきた。



blogranking_banner_redに参加しています。クリックで現在の順位もチェックできます。
棚田の里(新潟県)
190616-04








新潟県十日町市(松代・松之山地区)は、豪雪、温泉、美しいブナ林と棚田で知られる自然豊かな里山です。
Recent Comments
月別の記録
カテゴリー別の記録
  • ライブドアブログ