ひとりごと(NO16) 

〜水無月の草花を活ける器展〜陶芸家・小川恵子さん(上越市)

100607-5上越市の陶芸家・小川恵子さんの「水無月の草花を活ける器展」がギャラリー・アリーチェ(妙高市新井)で6月27日まで開催されている。
花器が中心で、新作品に「野の草花」を活けた器展は、愛好家や主婦などで連日賑わっている。
小川さんは、大のお花好き、オープンガーデンと作陶展を隅年で開催している(本年度はお休み年)。
平成11年に自宅工房に「花信風窯」を開窯。新潟県展で奨励賞や芸展連盟大賞・芸展35回記念賞など各展で入選している。
平成21年に公募展への出展を卒業し、以後自宅工房で作陶を続け、個展や陶芸教室など、地域の芸術文化活動で活躍されている。

     いつも自然の中にいたい・・・・・
       蔓が好き・・・・・
         花が好き・・・・・
           それを生ける器が欲しい・・・・
             そして始めた陶芸です・・・・・
       
                   小 川 恵 子 

100607-6

第2段の青じそイタリアン発表(料理研究科の井部真理さん)

100606-144月のイベント(観桜会場)で話題となった、料理研究科の井部真理さん(上越市)のお米イタリアンが、昨日(5日)と今日の2日間、「道の駅あらい」で新メニューの「青じそバージョン」を発表した。
初回は、桜の季節に合わせ「桜麺」、2回目となる今回は、新緑に合わせシソの葉を使った「青じそ麺」を開発した。青じその爽やかな香りのイタリアンは、好評でしたと満足の笑顔。(写真左)上越地域のB級グルメ「お米イタリアン」として定着しそうだ。
井部さんは、富山出身で現在新潟県上越市在住。料理教室やレシピ開発をしながら、食育推進プロジェクトや飲食店のプロデュースなど、「食」をテーマに幅広く活躍されている。

100606-15
















・・・コメ粉「イタリアン」新開発(4月16日投稿記事)・・・
新潟市や長岡市などでB級グルメとして有名な「イタリアン」が新潟県上越市の「観桜会」の地元物産展で話題となっている。
話題のイタリアンは、料理研究家の井部真理さん(上越市)が開発した、コメ粉を使った新作の「お米イタリアン」。
井部さんは、食育推進プロジェクト・かんたんレシピの開発・飲食店のメニュープロデュースなど幅広く活躍している。
新潟県は、コメの産地、コメの消費拡大を図ろうと、米粉パンや米粉ワッフルなど開発した。
これまで、上越地区になかった「イタリアン」を米粉を使い、観桜会で賑わう会場内のブースでお披露目した。
お花見にあわせ、桜の葉を紅麹で色づけし、薄いピンクの麺に仕上げ、ミートソースをかける。桜の香りとコシヒカリの「もち〜もち〜」感が特徴。
上越地区に、初の米粉「イタリアン」誕生のニュースは、2日前にA新聞社が報道すると、地元各紙も一斉に掲載し大きな話題となった。

商売繁盛の神様(長岡市・高龍神社)

100606-9100606-11新潟県・長岡駅から車で約30分、商売繁盛の神様「高龍神社」をお参りした。
切り立った山にお社があり、118段の石段を登ると、三方に山に囲まれた神秘的な境内にたどり着いた。
歴史は古く、約600年から守り継がれ、ご神体は「龍」が祀られている。また、この付近に白蛇がいるとうわさされ、この蛇と龍にあやかり、商売繁盛を願って、市内や近隣のまち、関東方面など全国各地から参拝者が訪れている。
平成16年10月の新潟中越地震の震源地に近いことから、屋根瓦が吹き飛ぶ大規模半壊となり、参道の一部が崩れ落ちるなど、大きな被害を受けたが、全国から温かい応援により見事に復興された。

100606-12

タイムカプセルを開封(道の駅〜あらい〜で10周年イベント)

100606-5100606-6新潟県妙高市の「道の駅あらい」がオープンして10年となった。これを記念して、イベント「くびき野〜縁日〜」が昨日(5日)から2日間行われた。
地元の物産や屋台が並び、地元の芸能や大道芸などが行われ、家族連れや観光客などが楽しんだ。(写真下)
「道の駅」に出店の各店舗(12店舗)は、ドリンクサービスや割引サービスを実施し、大勢のお客さんが買い物や食事など楽しんだ。
オープン時(2000年)に企画した、タイムカプセルが開封され差出人にお返しされた。
当時0歳児を持つお母さんは、わが子の成長を喜び、10年前の懐かしい思い出がよみがえり感激していた。
〜10年後の私へ〜と題し、メッセージやイラスト・手形など、思いおもいにメッセージペーパーに記し、封筒にいれ450人あまりが夢を託した。
写真左上は、10年間大切に保管したタイムカプセル「タンス」と未来伝言を手渡す職員、(写真左上)

100606-7

蜃気楼見れず(明日も30パーセントと高い確率予想)

100605-5














100605-6例年、春の蜃気楼は、3月下旬〜6月上旬。今朝の確率は30パーセントと高く、今春最後のチャンスかと出かけたが、残念ながら見る事が出来なかった。
今春は、4月が3回、5月が6回観測されている。謎の多い蜃気楼、その予測は、今でも難しい・・・2〜3日晴れの後、やや暖かく・穏やかで、弱い北北東の風が吹くと現われやすいと、「しんきろう〜見させ隊」観光案内人の高山さんが話した。(写真左)明日は、かなり高い確率となっている、1日早かったか?・・・

100605-7

新代表に菅直人氏を選出(民主党の代表選挙)

100604-6鳩山総理大臣の後任を選ぶ民主党の代表選挙が行われ、菅直人氏が選出された。
党所属の国会議員(民主党の両院議員総会)423人にり選挙が行われ、新しい代表が選出された。
12時20分過ぎ、開票結果が発表された。
菅直人氏291票、樽床伸二氏129票、無効票2票。
菅代表は、この後、総理大臣指名選挙(衆参両院)をへて、第94代の総理大臣が誕生することになる。

過去最高の54万人(昨年度・松之山の観光)

100602-4十日町市観光協会松之山支部の総会が昨日(1日)開催され、平成21年度事業報告及び決算や22年度事業計画及び予算などが審議された。
景気低迷が続く中、大河ドラマ「天地人」の放映や第4回大地の芸術祭・新潟ディスティネーションキャンペーン(DC)・全国棚田サミットなど各種イベントが開催されたことから、同地区の入り込み客数が前年比134.7パーセントと大幅に増加し、過去最高の54万人が訪れた。
この内、旅館などの利用者数は、宿泊が7万1千人・日帰りが2万1千人の合計9万2千(前年比108.1パーセント)。美人林の入り込み数は、11万人(前年比111パーセント)。
本年度も、一過性に終わらせたくないと、ブナ林や棚田など美しい里山景観を観光資源として活用し、市町村や県の枠を超えた「雪国観光圏」事業に積極的に参加し連携の強化を図る。
夏は、「夏のお笑い祭典」の復活・「信越トレイルチャレンジ」の開催、秋は、日本三大薬湯の草津温泉・有馬温泉・松之山温泉が集結し、一回目の「日本三大薬湯まつり」を草津温泉で計画している。
100602-3

アルパカの赤ちゃん誕生に期待(旧山古志村)

100526-6
















100526-4長岡市山古志(旧山古志村)に昨年11月、アメリカの在住者から〜地震の復興に役立てばと〜「アルパカ」(南米原産のラクダの一種)3頭が贈られた。
近隣の「まち」などから、珍しい動物を一目見ようと連日大勢訪れ、村の人気ものとなっている。
来日前に交配されてから11ヶ月のドリーちゃん・5歳(写真左)の出産予定日が今日(26日)。牧場関係者は、朝から落ち着かない様子で見守ったが、夕方現在、誕生しなかった。
今日は、朝から季節外れの低温で、お産が遅れているようだ、初体験だけに元気に生まれてほしいと期待も大きい。
アメリカから今月末、新たに3頭が仲間入りすることになっていて、無事に赤ちゃんが誕生すると7頭に増え「アルパカ牧場」は、賑やかになる。
来月上旬には、初めての毛刈りが行われ、アルパカの毛を使い、特産品を開発する計画もある。

100526-5

飛鳥時代の微笑み(新潟県で「菩薩半跏像」を特別公開)

100525-3100525-4新潟県長岡市(新潟県立近代美術館)で「奈良の古寺と仏像」展が開催されているが、今日(25日)から国宝の「菩薩半跏像」(奈良県・中宮寺)が特別公開された。
これまで、この仏像が門外で公開されるのは、奈良県内と東京都の2回だけ。飛鳥時代の傑作(7世紀ごろに作られたとされる)として、国宝に指定されている。
飛鳥時代の「みほとけ」の微笑を一目見ようと、大勢の人が観賞していた。
このほか、法隆寺「観音菩薩立像」(飛鳥時代)・「伝月光菩薩」(奈良前期)、東大寺「弥勒菩薩立像」(鎌倉時代)、大安寺「持国天立像」(奈良後期)、長谷寺「十一面観音菩薩立像」(鎌倉時代)など重要文化財や奈良県指定文化財の仏像など70点あまりが展示されている。この「奈良の古寺と仏像」展は、6月6日まで開催される。

100525-5

26日〜30日ころ・また寒気が南下(新潟県など低温に注意)

今日の日本列島は、各地で大雨となった。神戸や兵庫などでは、降り始めからの雨量が400ミリを超え、5月の観測記録を更新した。(1時間の降水量・2時間の降水量・24時間の降水量・72時間の降水量で、それぞれ5月1位の値)
この雨は、西日本からしだいに東へ移り、明日にかけも、広い範囲で大雨や暴風・高波の予報となっている。
低気圧が発達しながら通過中で、この低気圧に向かって、南から活発な非常に湿った空気が流れ込んでいる。
この低気圧が通過すると、北から寒気が流れ込みそうだ。
新潟県は、26日から、また、強い寒気が流れ込む予報となった。今回は、26日〜30日頃にかけて、この時期としては、平年よりかなり低い気温の予報。(最低気温11℃〜最高気温14℃前後まで下がる予報)
27日〜28日頃にかけては、平年より5度以上低くなる見込み、低温による農作物の被害に十分注意するように・・・新潟地方気象台が呼びかけた。
棚田の里は、低温など天候不順で「稲の苗」の生育が遅れ、今が田植えのピークとなっている。(例年より1週間ほどの遅れ)

100524-4
棚田の里(新潟県)
190616-04








新潟県十日町市(松代・松之山地区)は、豪雪、温泉、美しいブナ林と棚田で知られる自然豊かな里山です。
Recent Comments
月別の記録
カテゴリー別の記録
  • ライブドアブログ