ひとりごと(NO36)

韓国の済州島でも雪

170210-3

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

日本列島は、西から冬型の気圧配置となり、中国地方(島根県・鳥取県・広島県・岡山県)などで大雪となっている。多いところで、明日(11日)朝までの24時間の降雪予報が1メートルを超える見込み。
韓国の「ハワイ」といわれる、リゾートアイランドの済州島でも雪が降っている。
(お昼過ぎ撮影)

9日〜12日にかけ強い冬型(大雪に注意)

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

気象情報によると、9日から12日頃にかけて日本列島は、強い冬型の気圧配置になる見込み。
このため、全国的に風が強く、日本海側の西日本を中心に大雪となるおそれがある。
9日から12日ころにかけて、強い冬型の気圧配置となり、西日本を中心に強い寒気が流れ込む見込み。
このため、全国的に風が強く、海はしけ、日本海側の西日本を中心に大雪となり、西日本の太平洋側でも積雪となるおそれがある見込み。
また、10日〜11日は、西日本と沖縄・奄美を中心に、気温が平年よりかなり低くなる所もある見込み。
気象庁は、「大雪や吹雪による交通障害、高波に警戒、注意してください。なだれや低温による農作物の被害、路面や水道管の凍結にも注意してください」と呼び掛けている。

170207-4

パソコン・ハードデスク壊れ臨終(修理代高すぎ)

2月2日、パソコンがダウン(立ち上がらない)、修復できないか診断(見積)依頼した。
今日(6日)メーカーから修理見積(診断結果)届く。
それによると、ハードデスク交換が必要となりデーターの修復は不可能。
修理の見積は、5万円を超えるので、修理しない事を決めた。修理代高すぎ・・・
現在は、以前使用していた古いパソコン(vista)を使用している。

「冬の美人林」でスノーシュー体験(韓国のツアー客が楽しむ)

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

170126-2新潟県は、海外からの誘客に取り組むため、市町村・観光関係機関とともに新潟県国際観光テーマ地区推進協議会を組織して外国人観光客の来訪を促進している。
新潟県十日町市の「冬の美人林」を訪れる外国人観光客が年々増えている。
寒波が過ぎ去った今日(26日)青空に雪景色が眩しい「美人林スノーシュー体験」を韓国からのツアー客(9人)が冬の大自然を楽しんだ。
雪の深さは約2メートル、スノーシューを履いたツアー客は、新雪を被ったブナ森で、雪面に残る野生動物の足跡発見やキツツキが口ばしで木をドラミングする森で、十日町市立里山科学館・越後松之山「森の学校 キョロロ」館長・村山暁さんが、雪里の暮らしや森の生態系などを紹介してツアー客を喜ばせた。


170126-3

大関「稀勢の里」が正式に横綱昇進を決める(日本相撲協会)

170125-8170125-8大相撲初場所14勝1敗で初優勝した、大関・稀勢の里が今日(25日)正式に横綱昇進を決めた。〜おめでとうございます〜今後のご活躍をご祈念申し上げます。
東京・両国国技館で日本相撲協会の臨時理事会が、今日(25日)午前に開かれ、大関・稀勢の里(30歳)の横綱昇進を決めた。この後、伝達式が東京都内のホテルで開かれた。
日本出身力士の横綱誕生は、19年ぶりとなり、第72代となる横綱が誕生した。
3月12日から大阪で開催される大相撲「春場所」では、稀勢の里、白鵬、日馬富士、鶴竜の4横綱と賑やかになる。

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

内閣総理大臣賞にカール ハインツ ベンクスさん(総務省の「ふるさとづくり大賞」)

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

170123-8総務省は、このほど「平成28年度ふるさとづくり大賞」の受賞者を発表した。
それによると、大賞(内閣総理大臣賞)に、カール ハインツ ベンクスさん(写真)とヴィートリッヒ クリスティーナ ベンクスさん、ご夫妻(新潟県十日町市)が選ばれた。
ドイツ人建築デザイナーの「カール ハインツ ベンクス」さんは、十日町市松代地区の過疎集落(竹所集落)に平成5年に古民家を購入し移住。
古民家が次々と廃屋となるのを見て、「宝石を捨て、砂利を買っている」と警鐘を鳴らし、古民家を再生し里山の魅力を発信している。
夫人のヴィートリッヒ クリスティーナ ベンクスさんも竹所集落住民の一人として、「竹所プロジェクト」(竹所の古民家を快適に生活できる住居として再生する取組)に積極的に参加。衰退した集落を(自宅を含め7棟)再生させたことから「奇跡の村」と呼ばれるまでになった。
表彰式は、2月4日(土)、都市センターホテル(東京都千代田区)で開催される。(内閣総理大臣賞は、別途開催予定)
「ふるさとづくり大賞」は、全国各地で、それぞれのこころをよせる地域「ふるさと」をより良くしようと頑張る団体、個人を表彰することにより、ふるさとづくりへの情熱や想いを高め、豊かで活力ある地域社会の構築を図ることを目的として、総務省が毎年行っているもので、今回で34回目となる。
優秀賞は、島根県邑南町。団体表彰は、北海道中標津農業高等学校ほか18団体。地方自治体表彰は、福島県只見町ほか4団体。個人表彰は、内山裕紀子さん(三重県尾鷲市)他2名。

西日本で記録的な大雪(24日にかけて大雪に注意)

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

強い冬型の気圧配置の影響で今日(23日)も北日本から西日本にかけての日本海側の山沿いを中心に大雪となった。
近畿地方では、23日15時現在、兵庫県香美町兎和野高原で145センチ、豊岡で60センチ、滋賀県長浜市余呉町柳ケ瀬で92センチ、高島市今津で79センチ、京都府舞鶴で40センチ、南丹市美山で27センチの大雪となっている。
中国地方では、23日16時現在、島根県奥出雲町横田で75センチ、飯南町赤名で62センチ、鳥取県大山町大山で185センチ、智頭で71センチ、広島県北広島町八幡で108センチ、庄原市高野で100センチ、岡山県真庭市上長田で98センチ、新見市千屋で73センチの大雪を記録している。
四国地方では、23日15時現在、徳島県三好市西祖谷で34セン、高知県津野町高野で6センチ、愛媛県久万高原町久万で4センチを観測している。
西日本から北日本では日本海側を中心に降雪が強まっており、太平洋側でも大雪となっている所があり、西日本を中心に24日にかけて大雪が続く見込みとなっている。
西日本の上空約5500メートルに、マイナス36℃以下の強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まっている。
この強い冬型の気圧配置は、24日にかけて続く見込みで、24日18時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、北陸地方が80センチ、中国地方、東北地方が70センチと近畿地方が60センチ、関東甲信地方が50センチ、東海方地が40センチ、四国地方と北海道地方が30センチとなっている。(写真は、新潟県十日町市で午後7時前に撮影)

170123-6

新潟・大健闘で8位入賞(第22回 全国都道府県対抗男子駅伝)

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

170122-3今日(22日)、広島・宮島街道を往復する48キロを、中学生から社会人までランナー7人でタスキをつなぐ都道府県対抗の男子駅伝(第22回 全国都道府県対抗男子駅伝)が開催された。この大会で新潟が過去最高の8位入賞した。優勝は、長野、2位が福岡、3位が愛知。
新潟チームの区間記録は、1区12位横山 徹(中越高)、2区21位丸山真孝(下田中)、3区12位服部弾馬(東洋大)、4区23位布川理稀雄(中越高)、5区20位岸本大紀(三条高、6区15位長橋悠真(小千谷中)、7区12位畔上和弥(帝京大)。
写真は、3区の服部弾馬選手(東洋大)、十日町市中里出身。

十日町市初の行政代執行(松之山の空き家)

blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。

十日町市は、松之山地内の民家を「空家対策特別措置法」に基づき行政代執行で、解体撤去を4月末までに実施すると発表した。
それによると、この空き家は、平成25年の冬以降、雪下ろし等の管理が行われないため、平成27年2月に一部倒壊している。今後の降雪状況によっては、市道、隣家への倒壊の危険性が非常に高いため解体撤去を行う。
同市では、「空家対策特別措置法」で行政代執行を行うのは初めて。
撤去費用は、一旦十日町市が負担するが、代執行が終了後に相続財産管理人に請求することになっている。

170118-4

寒波の中「婿投げ・すみ塗り」祭り賑わう(新潟県十日町市・松之山温泉)

170115-2この冬一番の強い寒気の中、新潟県十日町市・松之山温泉で今日(15日)小正月の伝統行事「婿投げ・すみ塗り」祭りが行われた。
「婿投げ」は、 前年に結婚した「お婿さん」を、薬師堂まで担ぎ上げ、5メートルほどの崖下に投げ落とす奇祭。
今年は、地元で該当者がいないため、公募で選ばれた埼玉県在住の笠井将嗣さん(42歳)を雪の中に放り投げ祝福した。
暖冬・小雪で心配したが、今回の寒波で2メートルほど新雪が積る崖下めがけて投げると、雪煙をあげ崖を転げ落ちる婿さんをお嫁さん(清美さん)が優しく受け止めた。
この、手荒い洗礼(婿投げ)を住民や観光客、カメラマンなどが、歓声をあげながら見守った
「すみ塗り」は、正月に飾られた門松・しめ縄・神棚の古札・書初めなどで飾った「どんど焼き」の灰と雪を手で混ぜ墨をつくり、その墨を顔に塗りあい、無病息災・商売繁盛などを祈願する600年の伝統行事。
住民の他、婿投げの新婚さんと観光客など大勢の参加者が、だれかれなく〜おめでとう〜と声をかけ、お互いの顔に墨を塗り、豪雪地の小正月行事を楽しんだ。


blogranking_banner_red←クリックでポイントが加算され、順位もチェックできます。


170115-3
棚田の里(新潟県)
190616-04








新潟県十日町市(松代・松之山地区)は、豪雪、温泉、美しいブナ林と棚田で知られる自然豊かな里山です。
Recent Comments
月別の記録
カテゴリー別の記録
  • ライブドアブログ