2016年12月28日

閉店のお知らせ!

10675585_756476351117037_3109105340972593500_n












閉店のお知らせ

2017年2月末をもちまして妖怪堂を閉店することとなりました。
この3年間にお越しいただいた方々、ありがとうございましたm(__)m
あと二か月ほど営業しておりますので、まだ未体験の方はぜひ。

...

尚、平日も対応できる日がありますのでお問い合わせください。



maturowanumono at 22:13|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年12月27日

新春魔界初詣第二弾!

空也






【魔界】妖怪の子孫といく、あの世とこの世のわかれ道・六道の辻
〜三途の川から冥界へ、地獄絵図の世界〜


あの世へ続く道、清水坂。そこには、地獄絵を具現化した世界が広がります。

京都では、お正月に汲んだ若水を沸かし、小梅と結び昆布を入れた大福茶(皇服茶)
を飲む習わしがあり、平安時代、当寺の開山である空也上人が病人に薬湯を飲ませて
平癒させたという寺伝に基いています。(六波羅蜜寺)

街中に散在する魔界を、
点と線でつなぐことにより、...
古代日本人の死生観を辿ります。



☆日  時 2017年 1月3日(火)午前9時30分〜正午


☆内  容 「新春の六道まいり」

☆講 座 料 おひとり¥2500
       

☆参加人数 15名様限定(定員になり次第受付終了)


☆参加資格 一般的なモラルを守れる方
      各自、防寒対策をお願いします。

☆集合場所 京阪清水五条駅改札前

☆ルー ト  清水五条駅>松原橋>西福寺>六波羅蜜寺>六道珍皇寺

 


☆ご予約 妖怪堂
 mail sotsuhikokatsuragi@ezweb.ne.jp
 tel 090−6755−5725



maturowanumono at 22:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

新春魔界初詣第一弾!

弥勒菩薩





聖徳太子はキリストだった!?【太秦を新約聖書で解く】
〜キリスト教寺院・ダビデ神社からイスラエルの井、バチカンまで〜

最近の学校の教科書には「聖徳太子」は出てきません。
それは日本書紀などの記述に改ざんされた可能性があるからです。
聖徳太子の側近とされた秦河勝。
その人物や周りの環境を知ることによって
「聖徳太子」という人物像が浮かびあがってきます。

★この開催日は広隆寺・釿始め。
京の番匠(大工の棟梁)たちが、1年の安全を願い、古式にのっとって優雅な儀式を行います。
木遣音頭や儀式に使用される大工道具も興味深く、直垂を着た棟梁が釿で御木を粗削りする...
場面が見ものです。


・渡来人秦氏はどこから来たのか?
・太秦の指す意味とは?
・国宝第一号「弥勒菩薩」が指し示す印とは?
・蘇我氏とは?


※秦氏の渡来に関わった葛城襲津彦の末裔・葛城トオルがご案内。


注)今回のコースは新しい日ユ同祖論に基づいております
  開催時間内での解釈の違いに対する質問にはお答えできませんのでご了承ください。


★コースルート【距離:約2.3km】

嵐電太秦広隆寺>広隆寺>大避神社>源光寺・常盤地蔵>宝樹寺>油掛け地蔵

開催日時:2017年1月2日(祝)仏滅 午前9時30分〜正午
     

集合場所:嵐電太秦広隆寺改札口
     

参加費用:おひとり¥2500
     ※当日集合時にお支払いください。お釣りのないようお願いします。
     

定 員:15名限定


当日は必ずこちらの電話番号を把握しておいてください。
集合場所やはぐれた時の連絡用です。




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::


☆ご予約 妖怪堂 葛城トオル
 mail sotsuhikokatsuragi@ezweb.ne.jp
  tel 090−6755−5725



maturowanumono at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)