2005年03月22日

NANA

107edba3.jpg第39回

 このブログは基本的に「既に見た作品」のレビューなのですが、今回はトリビュートアルバム発売を記念して、変則的に今秋公開される「NANA」についてひと言書く蔵ノ介。

【「NANA」と漫画原作映画化作品の考察】

 ミュージシャンとして成功を夢見る大崎ナナ(中島美嘉)と男が人生の全てである小松奈々(宮あおい)、二人のNANAは上京する電車の中で知り合い、ルームシェアをして共同生活を始める。

 言うまでもなく、「NANA」は矢沢あい原作の大ヒット漫画を映画化したもの。コミックスは先日12巻が発売されたばかり。なんと累計部数2000万部なんだそうな。

 ここ数年人気コミックスの映画化は多い。矢沢あい作品でも「下弦の月」が昨年映画化されたばかりだ。しかし残念なことに傑作は少ない。なぜか?

 それは読者のイメージが小説に比べて明確だからだ。原作のファンでない人は気にならない事でもファンはとにかくうるさい。しかも映画館へ足を運ぶのは原作のファンが中心。そこから口コミで一般映画ファンに人気が広まってゆく図式だから、ファンに見放されたらそこまでなのだ。結果「単館ロードショーが関の山」という映画関係者の見解を生んでしまう。

 日本の漫画のレベルは高い。ストーリー性については小説に引けをとらない。その宝の山を見捨ててしまうのはもったいないと思う。日本の漫画は日本映画の救いの神であると僕は考えているからだ。その企画さえ生かせることが出来れば、日本映画は必ず、もっと良くなる。

 で、話は戻るのだが、原作のイメージである。

 ビジュアルとしてイメージが確立している漫画において、その映像化は|藜造扮覗化、極端なデフォルメ、という二つの方法に頼るしかない。しかし脚本に手を入れることによって、「原作の雰囲気を残す」という方法もある。例えば竹中直人による「無能の人」(つげ義春)、石井隆自身による「黒の天使Vol.1」などがそうである。

 どちらかというと「原作の雰囲気を残す」ことで別作品として作った方に傑作が多い。なぜならば、忠実に作ろうとすることでどうしてもビジュアルに力が入ってストーリーがおろそかになることが多いからだ。

 近作で言えば「デビルマン」はその好例。デビルマンのビジュアルは凄いが、ただ、それだけ。世紀末な雰囲気は皆無でストーリーは滅茶苦茶。しかも大根役者揃いという酷さだったのは既知の通り。ハリウッドのように大金がつぎ込めるならば「バットマン」や「スパイダーマン」のような映像も「全編で」可能。日本映画ではあまりしないほうがいい、と思う。

 逆に「地獄甲子園」や「殺し屋1」のように極端なデフォルメ(ある種忠実な映像化)の場合は、それなりに支持されるものの、カルト的な傾向が強くなってしまう。つまり一般客には受けない。

 何よりも難しいのは脚本化である。とくに原作が何十巻にも渡る長編であると、どうしてもダイジェストになりかねない。これは長編小説を映画化する場合と同じだ。映画の脚本はせいぜい長くても80ページくらい。原作の総ページ数を考えればその映像化が難しいのは明確。

「NANA」の場合、僕は「男はつらいよ」のように毎年か半年に一度のシリーズ物として、何年かに渡って製作するのが望ましいと思う。「NANA」はバンドのストーリーでもある。ならば当然ライブシーンがある。すると当然のことながら上映時間の10%近くが歌のシーンに費やされてしまう。その間ストーリーは停滞するので原作のエッセンスを全て挿入するのは困難だ。だからシリーズ製作を前提にして、ストーリーを詰め込みすぎないことを願うばかりだ。

 前資料によると、メイクやファッションを忠実に再現するのだそうだ。ヴィヴィアン・ウエストウッドがどこまで協力してくれるのかは興味津々だが、やはりその点からして「忠実な映像化」を目指していることがわかる。それだけに不安である。

 ファンが注目するのはそのキャスティング。イメージに合う、合わないは常に賛否両論の的となる。「NANA」における中島美嘉と宮あおい、というキャスティングは魅力的だけれども、不機嫌キャラの似合う者同士というのはベストとは言えない。さらに商業的匂いがプンプンするのはいただけない。

 僕ならパンクになった麻生久美子をナナ(少し年齢は合わないけれど)にキャスティング、奈々には「恋におちたら〜僕の成功の秘密〜」(4/14〜放送の連ドラ)でブレイク必死の松下奈緒とか「めざまし土曜日」のお天気キャスター小林麻央かな、と思うのです(外見的イメージです)。立ち姿がとても漫画的なビジュアルになりそうでしょう?明るい性格の奈々とは言いにくいですが・・・。

「NANA」ファンの皆さん、貴方ならどんなキャスティングにしましたか?

 監督・脚本は「約三十の嘘」や「とらばいゆ」の大谷健太郎。共同脚本は「神様、もう少しだけ」「ラブ・ジェネレーション」の浅野妙子。そう、台詞回しが上手い二人です。ここには期待できます。ただ、大谷監督がどこまで洗練された映像を作り出せるのか?それは未知数です。公表されている映像を見る限り、あまり個性は感じません。そこは不安なのですが・・・とまあ、やはりファンとしては希望が多々ある訳です。

 漫画作品の映画化は安直な企画が多いのですが、本来はファンの機嫌を損ねないよう細心の注意が必要な難しい企画なのではないでしょうか?

 ところで3月16日に「LOVE for NANA」というトリビュートアルバムが発売されました。有名アーティストが名を連ねただけのヘボいトリビュートアルバムが多い中、これがすこぶるいいのです!「NANA」への愛を感じます。レコード会社やレーベルを超えて参加しているだけはあります(ま、トリビュートとはそういうものではありますが)。

 Tommy heavenly や木村カエラ、Do As Infinity はもちろんジャージロックのジャパハリネットでさえもカッコイイ楽曲を提供してくれています。一番目玉であるはずの大塚愛がかすんでしまうくらいです。

 中でもお勧めなのはオープニングを飾る高見沢俊彦(THE ALFEE)の「BEAT7〜Theme of LOVE for NANA〜」。「NANA」の世界観を確実に捉えたギターチューンでワクワクさせてくれます。メチャかっこいい楽曲なので、ぜひ映画でも使って欲しい。

 初回限定版(※)はトールサイズで金色にキラキラ光ります。ドライブに最適なので、ファンならずともご購入をお勧めいたします。

※ジャケットはブラックストーン(金色)とトラップネスト(銀色)という劇中のバンドのイラスト2種類で発売。収録曲は同じです。〔TOCT−25771〕


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/matusan/16931430
この記事へのトラックバック
[鐚鐚¥汐鐚]
鐚鐚¥汐鐚【眠れぬ夜のドンキホーテ】at 2005年04月15日 02:58
    まだ完結していないですが、矢沢あいさんの構築する世界は、もう熟練の域ですねぇ。 おもしろい。 **********  個人的には、ハチ子こと小松奈々の「なにもなさ」が印象につよく残る。 ********** 彼女は、名もない地方出身で、高卒で学
『NANA』矢沢あい/なにもなさの恐怖【物語三昧】at 2005年05月22日 02:21
著者: 下川 香苗, 矢沢 あい タイトル: ご近所物語〈1〉 著者: 矢沢 あい タイトル: ご近所物語 (1) この『ご近所物語』を読んだとき矢沢あいさんの発想の進化プロセスがわかった気がしました。彼女の全作品を読んでみると、女の子の自立と依
『ご近所物語』矢沢あい【物語三昧】at 2005年05月22日 02:22
NANAの最新情報をチェック!ad5();         NANA...
NANA【[TW] HOTWORDS】at 2005年06月20日 17:21
------おっ、今日は迷いが見えるニャ。 確かこれって、原作がベストセラーでは? 「矢沢あい。 う〜ん、何が困ったかって、 自分の映画へのスタンス上、 原作のある物語をえんえんと書くわけにもいかない。 映画を観る限り、これは宮崎あおい扮する小松奈々の回想。 しかも回
『NANA ーナナー』【ラムの大通り】at 2005年08月27日 23:47
『 NANA  』 [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日  本 【9月3日ロードショー】 監 督:大谷健太郎 原 作:矢沢あい「NANA」(集英社クッキー連載) 脚 本:浅野妙子、大谷健太郎 主題歌:中島美嘉「GLAMOROUS SKY」 GLAMOROUS SKY
『 NANA 』【やっぱり邦画好き…】at 2005年08月28日 23:18
本日、2回目の試写会に行ってきました。 1回目、面白かった… 2回目、愛着が湧いてきた… 原作を知らなくてよかったかな… いや、原作をしっている映画タッチも観たけどよかったと私は思っています。 多分、原作のNANAファンにとっては映画NANA満足し
『 NANA 』【やっぱり邦画好き…】at 2005年08月31日 10:31
「NANA ナナ」 公開初日に鑑賞するのは久しぶりかな。 待ちに待った本作は、とっても良かった。 今年観た中では上位、オススメの作品。 矢沢あいの同名コミックの映画化。 監督は「約三十の嘘」(こちらもオススメ)の大谷健太郎、 中;島美嘉と宮崎あおいが二人のナナ...
「NANA ナナ」 初日に鑑賞【わたしの見た(モノ)】at 2005年09月04日 12:54
見に行ってきましたー(*^??^*) 初日だったということもあり、人がおおかった。 矢沢あい原作の同名のコミックから映画化ってことでー 一応、マンガ本で出ていた13巻までは入院中に読んでいたので、 予習は、ばっちりだった だから、2時間という話の中で、省略さ
初日から・・・NANAを見に行ってしまった【天下一ケンチクンへの挑戦!】at 2005年09月04日 19:17
家のすぐ近くにある映画館で上映してたのでポイント稼ぎも兼ねて今日はこの作品を観てきました。初日ですが、最初回を観に行ったのでガラガラ、10人ちょいくらいだったかな。もっともココはけっこうローカルなとこなので別に不思議ではないんですが、やっぱり女子中学生っぽ....
NANA-ナナ/中島美嘉、宮崎あおい、松田龍平、成宮寛貴、玉山鉄二【カノンな日々】at 2005年09月05日 10:48
見てきちゃいましたよ~~。 でね、ネタバレも何も原作どおりなんで。 ホントに限りなく忠実に再現してましたね。 アパートの雰囲気も彼ら一人一人のキャラも髪型や服装、小物に至るまで。 予習としては、5,6巻あたりまでのストーリーとだけ 言うときましょか。 個人的に....
NANA【ペパーミントの魔術師】at 2005年09月05日 18:22
映画〈NANA〉フォト・メイキングブック 最近話題ですね! 「NANA」 自分は詳しくは知らないんですけど、 面白そうですね。 元はコミックスで、 映画化されたようですね。 ストーリーは、 東京行きの電車でたまたま出会
「NANA(ナナ)」【赤ヘルと音楽とわたくし】at 2005年09月06日 22:23
映画「NANA」公開イベント NANATEN at 丸井今井札幌大通館9階 催事場 グッズ販売から特別映像の上映、衣装・楽器・小道具・原画まで、 NANAの世界を堪能できるNANATENらしい。 NANAから生まれるNANAグッズにちょっと注目。 アクセサリーとかも売れて...
NANA公開イベント【シネマモルツはてな支局】at 2005年09月06日 23:40
矢沢あい原作の人気コミック『 NANA 』が 宮崎あおい、中嶋美嘉主演で映画化。 ますます話題を呼んでいます。 “ NANA占い ”やってみました。 生年月日と血液型で『 NANA 』に出てくる どのキャラか占えます。 私の結果は……。 朱猫さんは タクミ ...
NANAのドラマ化【子供と英会話】at 2005年09月09日 17:03
中島美嘉のニューシングルは、NANA starring MIKA NAKASHIMAとして発売! この曲は名前からお分かりのように9月3日公開の話題の映画「NANA-ナナ-」の主題歌となっています。 作曲もL'Arc??en??CielのHYDEが、作詞をNANA作者である矢沢あいの書き下ろしとすべてが話題となっ...
中島美嘉 GLAMAOROUS SKY【♪無料着メロ情報局♪】at 2005年09月11日 00:56
9月8日(木)TOHOシネマズ木曽川にて 大人気のコミックの映画化ということは知っていたが、私は原作を読んでいない。だから、原作と比べてキャラがどうのとか、ストーリーがどうのとかいうことは一切書けないし、素直にこの作品を「1本の映画作品」として感想を述べてみよ...
大崎ナナの魅力に参った◆『NANA』【桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」】at 2005年09月11日 08:23
なんか知らんけど、とにかく読みたくなったから。 けど部屋が汚くて本がバラバラに散らばってて、しかも7巻がなかなか見つかんなくってタイヘンやった。(魔王の仕業か?7だけに…) まあ読みたくなったのは昨日「クローサー」観たからと思う。 「NANA」も恋愛が複数...
「NANA」をイッキ読み【煮晩閃字】at 2005年09月13日 01:30
「NANA」を読んでませんから分かりませんが、 「シド&ナンシー」の結末になったら、これは大変です! きっと「シド&ナンシー」をご存知でない方の方が多いと 思うので、ここで紹介します! アラン・パーカー シド・ヴィシャスの全て VICIOUS―TOO FAST TO LIV...
「NANA」がもたらすシドの影響を憂う・・・【闘え!ナチュラルキラー(モリゾー☆NOW)】at 2005年09月13日 22:04
「NANA」を観てきました。サービスディを利用して。 原作、読んでないんですよね。流行に疎いなぁ・・・・(笑 子供がもし読んでれば、読んでいたかもしれないけど。 原作を知らなくて、わかるかなぁっ...
映画「NANA」を観てきました。【私でもいいですか?】at 2005年09月14日 13:50
土曜日に超人気漫画「NANA」の映画を見に行ってきました。 恋に生きる「奈々」と夢に生きる「ナナ」。2人の二十歳の女の子を描いている話です。恋することでしかなにか足りない自分を埋められないでいる「奈々」。故意よりもプライド選んで、バンドでデビューすることを夢...
NANA【美味しい生活】at 2005年09月16日 16:36
土曜日に超人気漫画「NANA」の映画を見に行ってきました。 恋に生きる「奈々」と夢に生きる「ナナ」。2人の二十歳の女の子を描いている話です。恋することでしかなにか足りない自分を埋められないでいる「奈々」。故意よりもプライド選んで、バンドでデビューすることを夢...
NANA【美味しい生活】at 2005年09月16日 16:37
監督 大谷健太郎 原作 矢沢あい 出演 宮崎あおい、中島美嘉、松田龍平、成宮寛貴、他  小松奈々と大崎ナナ。偶然が重なり、二人は東京で一緒に暮らす事になる。二人はそれぞれ持つ悩みを協力して乗り越えていく。  物凄い人気のある少女漫画の映画化なんです....
CINEMA●STARR 「NANA」【しっかりエンターテイメント!】at 2005年09月17日 10:43
「映画「NANA」が絶好調の中島美嘉が黒柳を「徹子!」って呼び捨てしたらしいな(笑)」 「上の画像を見ても明らかに言ってます「徹子!」って(笑)」 「白黒時代のテレビの黎明期から活躍してる大先輩に向かって呼び捨てかよ、中島美嘉、大物だな(笑)」 「まあ悪気が
中島美嘉、黒柳を「徹子!」と呼び捨て【陽光燦爛的日子??a diary of Worldwalker】at 2005年09月17日 17:57
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(39) NANA やっと『NANA』を観ましたよ、とうとう。 いやあ、感動でした。 ファンタスティック・フォーを午後9時に見終わって、それから、11時までレイトショーで観...
映画のご紹介(39) NANA【ヒューマン=ブラック・ボックス】at 2005年09月18日 14:59
先週の木曜日にダンナといっしょに「NANA]を観に行きました。 ダンナのほうから映画に誘うということはまずない我が家ですが、 今回ばかりは「NANA」っていう映画が面白いらしいから 観に行こうと誘われました。 木曜日はメンズデーということでダンナは10...
NANA【Simple*Life】at 2005年09月21日 16:51
NANA続編製作決定ですって! ってか今やってるNANAも今月19日までの公開17日間で興収23億円、動員176万人を突破らしいですよ! いやいや別にいいですけどね。 昔からコミックス読んでる人はどう思ってるんでしょう? 少なくとも僕は映画は嫌だな。 いや、アニメならいいんで...
日本はNANA一色!!【人間とは考える葦である】at 2005年09月22日 11:50
ナナって子と、「NANA」って映画を観た。 奈々って同じ名前の二人が、上京する話。 前みても、ナナ。横見ても、ナナ。 ナナめを観たら、間違いなくナナな訳で。 ナナ×3人で21になるわけで・・・(意味不明) さて。この映画の原作は「ご近所物語」で有名な? 矢...
NANA【aRt de ECO [アール・デ・エコ]】at 2005年09月25日 02:13
国分直行です。 NANA〜ナナ〜の映画見てからハマまくりです。 日替ランチ114で書いた通り一人で見に行ったのですが・・・。 NANA オリジナル・サウンドトラックの完全生産限定盤もGETしたくらい。 映画を観た翌日は、カラオケにて『GLAMOROUS SKY』を一人でみっちり練...
日替ランチ124【★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog】at 2005年10月05日 19:30
桜坂秋太郎です。 今朝、福岡空港で高見沢俊彦氏と同じ飛行機になりました。ボクは所用で出かけ早朝便で東京へと戻る所。氏はよくわかりませんが、相変わらず多くの女性陣に囲まれていました。 ボクが氏を最初にお見かけしたのは、ボクがまだバリバリの前バリ状態で...
日替ランチ130【★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog】at 2005年10月11日 23:49
本日いろんな映画最終日。見残した映画はいくつもありますが「NANA」を選びました。わたしはこの映画については、原作も情報誌も一切読んだことがありません。したがって、単なる一本の映画として見たわけですが・・・予想以上に気に入った!という評価です。東京にいる彼氏
映画「NANA」見ました!【どうせ誰も見てませんからっ☆★】at 2005年10月22日 03:19
こんにちは() 本日は、最近社会現象を巻き起こしていると評判のこちらの映画から、 「オンナの友情」(でで~んっ☆) について、思うことをつらつらとしゃべっていきたいと思います。最後までお付き合いのほどをm(_ _)m        ↓ NANA 最近わたく...
「オンナの友情、パンより薄い」っていうフレーズが気になってしょうがない今日この頃。(NANA)【音・楽・喫・茶[muse-cafe]】at 2005年10月26日 09:30
コミックのNANAより、内容は、どうしても薄くなりますが、映画としては、なかなか
【日本映画】NANA(ナナ) 中島美嘉 矢沢あい 大谷健太郎 主演【あるある人気アイテム紹介隊】at 2006年01月20日 19:54
東京での成功を夢見て上京したバンドのボーカル・大崎ナナ(中島美嘉)と,恋人を追って上京した小松奈々(宮崎あおい)が,東京駅へ向かう電車の中で偶然,隣同士の席になった. 同い年で同じ名前のナナと奈々は,出会えた偶然に祝杯を挙げ,引っ越し先のアパートで運命の再会,周囲...
NANA(3月3日DVD発売)【オレメデア】at 2006年03月01日 00:04
NANAがクレジットカードになった!! 映画NANAがクレジットカードになりまし...
JCBカードNANAversion http://ameblo.jp/servlet/TBInterface/10004141273「NANA」がクレジットカードに【クレジットカード比較ニュース  - 無料クレジットカード紹介、比較、業界ニュースやお得情報など -】at 2006年03月02日 16:40
NANAがクレジットカードになった!! 映画NANAがクレジットカードになりまし...
JCBカードNANAversion 「NANA」がクレジットカードに【クレジットカード比較ニュース  - 無料クレジットカード紹介、比較、業界ニュースやお得情報など -】at 2006年03月02日 16:42
『NANA』 監督・脚本: 大谷健太郎 原作: 矢沢あい 出演: 中島美嘉/宮?あおい/成宮寛貴/平岡祐太/丸山智己/松山ケンイチ/玉山鉄二/松田龍平 映画公式サイト:NANA 原作公式サイト:NANA online 東京に住む彼氏の元へと向かう"小松奈々"。 夢の為に東京へと...
映画 『NANA』【ものづくる】at 2006年03月11日 02:32
先日TVで『NANA』の映画をやってましたが、そこそこカットされてたのでレンタルしてきました。 あらかた感想はこちら↑に書いたんで特に追加で書く事は無いんだけど、やっぱり何度観ても幸子、京助、淳子は激似。 入浴シーンやキスシーン、下着姿で頑張った中島美嘉は....
『NANA』 レンタルで映画【映画とJ-POPの日々】at 2006年12月17日 13:39
この記事へのコメント
NANAのCD聞きました。

やっぱり高見沢の曲が一番カッコイイとオレも思いました。
とりあえず、映画より前に原作を読んでみようと思います。

NANAはオレの周りでもかなり人気あって興味あるんですけど、
少女漫画なのでなかなか。。。

※トラックバックしようとしたら上手く出来ませんでした。。。
 すみません。。。。
Posted by トシノリ at 2005年04月15日 03:07
マンガの映画化への考察は、非常に興味深く読ませていただきました。僕も、日本のマンガは非常にレベルが高く、NANAのようなどちらかとご都合主義的なモノでさえ、内面を重視した文学作品に劣らない複雑な構成を持っていると思います。また同時に3次元の才能(映画監督)が産業として成り立っていないため、ほとんどマンガに流れたと、僕は考えています。とすると、これだけの題材を、映画化しない手は本当はないんですよね。ただ、ご指摘の通り、単純な映画化は、難しく、さまざまな障壁がありますよね。
Posted by ペトロニウス at 2005年05月22日 02:20
いっそ劇場版アニメっていう手もあったのにって。
ライヴの臨場感はそりゃ実写のほうがいいんですが。

「下弦の月」の時は単純にHydeさんと栗山千明が放つ独特の雰囲気が
好きで個人的には満足したんですが、あれも原作マンガを読んだ人には
イメージが違う、話も若干違うってけっこう言われてましたし。

で、今回の「NANA」。
逆に徹底して細かい設定を原作通りに忠実に再現してるというのは
誰もが認めてるようですが、
逆にそこまでこだわれるのなら、キャスティングもっていう
欲がでてしまって、結局○○役の誰々はひどいよって事になる。
そんな抜け出てきたような人そういないのに。
「映像化」には成功したが、「映画化」には失敗したって
・・・なかなかイタイとこをついてる方もいましたよ。
Posted by Ageha at 2005年09月06日 15:30
TBありがとうございました。

漫画の映画化って、難しいですよね。すでに、イメージはあるわけだし。キャスティングはいかにそのイメージに似せるかってことになると思いますが・・・・

原作読んでなかった私には逆に映画のイメージがついちゃったわけですが、今、原作読んで、次第にそのイメージが壊れつつあります。(笑
Posted by naomi-0604 at 2005年09月17日 09:32
こんにちわ、レビュー拝見しました。NANAって色々展開しているのですね〜。確かにあの歌は映画だけではもったいなかったですもんね。僕は漫画未見のため、イメージをもたなくみたら、あれはあれでよかったです。
Posted by exp#21 at 2005年09月17日 10:37
まつさんの守備範囲は本当に広いですね。
NANAトリビュートは大塚愛にDoAsInfintyにジャパハリが出てるので買いました。
木村カエラも出てましたね。
ゴールドよりシルバーが好きなのでトラネスVer.を買っちゃいましたが、今ならブラストです。
TV&レンタルで『NANA』を観たので次は『NANA2』です。
Posted by 健太郎 at 2006年12月17日 13:42