2005年06月30日

宇宙戦争

54d414d9.jpg第139回

★★★★☆(劇場)

(結末に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)

 夢を見た。

 僕は東へ向けて車を走らせていた。

 突然、空がどんどん赤く染まり、その赤は大きな炎の玉となって大地を焼き尽くしている。

「あぁ世界の終わりなんだ・・・」

 炎はどんどん大きくなりこちらへ向かっている。僕はもう何をしても仕方ないと思いながら、ひとつのことを考えていた。

「家族に会いたい・・・」

「宇宙戦争」を鑑賞後、僕はこの夢を思い出した。

 センチメンタルに聞こえるかもしれないが、トム・クルーズ扮する主人公が極限状態の中、エイリアンの襲撃から逃げながら「家族愛」を取り戻してゆく姿に胸が熱くなった。

 涙が出そうなくらい無常にも破壊される街並み。

 これまでにない無差別破壊によるリアルな「エイリアン侵略」の恐怖を描いたこの映画を見れば、何があっても「生きる」ことを諦めてはいけないと感じるだろう。

 ご存知のように「宇宙戦争」はH.G.ウェルズによるSF小説の金字塔を現代に甦らせた映画だ。

 過去に「宇宙戦争」(1952)、基本設定を拝借した「インディペンデンス・デイ」(1996)といった映画化作品があり、1938年には「これはフィクションです」というオーソン・ウェルズのナレーションで始まったにもかかわらず、あまりにもリアルな展開が全米を混乱に陥れたラジオドラマ(途中から聴き始めたリスナーは火星人襲来が本物だと勘違いしたのだ)と、その歴史は古い。

 今回は舞台を現代に置き換え、火星人は正体不明のエイリアンとして描かれている。

 トム・クルーズが「ミッション・インポッシブル3」の撮影延期、スピルバーグがミュンヘン五輪テロを題材にした「ベンジェンス」(仮題)の撮影延期という、二人に偶然生まれた空白の期間に急遽製作され、準備期間も殆どない片手間ともいえる状態だったにもかかわらず、ここまでの作品に仕上がっているのは驚異的だ。

 かつて「共産主義」の暗喩であったエイリアン侵略は、「テロ」という形で暗喩されており、スピルバーグの次回作が「テロ」を題材としているあたりの因縁深さも興味深い。

「宇宙戦争」はトム・クルーズが出ずっぱりの「オレ様映画」のように思えるが、これは映画がトムの演じた主人公レイの視点で描かれているからだ。

 実はその点で「宇宙戦争」はM.ナイト・シャマランのトンデモ作品「サイン」(2002)と同じ構造を持っている。

「宇宙戦争」には、オリジナル版「宇宙戦争」や「インディペンデンス・デイ」のような世界の名所がエイリアンによって破壊されるシーンがない。一貫してレイの周辺で起こる惨事だけがスクリーンに映し出される。

 ニュージャージーという地方が舞台、情報が伝わらず観客も主人公達も世界で何が起こっているのかがわからない。都会で「エイリアン侵略」が行われている時、一方地方では?という「サイン」と同じコンセプトを基に「宇宙戦争」は作られているのだ。にもかかわらず作品の出来がこれほどまでに違うのは、監督の力量というよりも「一発アイディア」と「一般受け」という狙いの違いにあるように思う。

 この地方にいて情報がなく状況が判らないという演出を「説明不足」と捉えてしまうと、この映画はつまらなくなる。「謎」を抱えたまま、主人公とともに「エイリアン侵略」から逃れることを疑似体験するという視点で鑑賞することをお薦めする。

 エイリアンの手の造詣や、テレスコープを斧で切り落とす場面等、オリジナル版「宇宙戦争」と同じ場面を挿入し、当時主役を演じたジーン・バリーとアン・ロビンソンもカメオ出演するなど、スピルバーグはオリジナル版に敬意を表している。

 冒頭と結末を飾るナレーションもまたオリジナル版と同じ構成。オーソン・ウェルズを想起させる低音のナレーションは、今回モーガン・フリーマンが担当している。

 視覚効果のスーパーバイザーを担当したデニス・ミューレンは「アビス」(1989)で蛇のように伸びる水のエイリアン像を作り出し、CG映像の革命を起こした張本人。オリジナル版に敬意を表しつつも、「アビス」的な動きを見せる蛇のようなテレスコープシーンは必見だ。

 また、今年「Mr.インクレディブル」(2004)でアカデミー音響編集賞を獲得した音響効果の第一人者ランディ・ソムによるサウンドデザインの素晴らしさには特筆すべきものがある。

 何よりも、この映画をたった72日間で撮影してしまった監督のスティーブン・スピルバーグ。割れた窓ガラスから覗く場面を前半と後半に対のように登場させて不安感を煽る演出を見せるなど、その映像センスも秀逸。やっぱ天才です!

 そのスピルバーグと2度目のタッグを組むトム・クルーズにとって、意外にもこれが初のブルーカラー役。決してヒーローではなく、自分勝手で弱い人間でありながら、自分の子供の前では強気に振舞い、次第に「親」としての自覚と子供を守る信念を抱く主人公を好演している。

 ダコタ・ファニングやティム・ロビンスの巧さは相変わらずだが、元妻役を演じたミランダ・オットーが実は本当に妊娠していたという裏話はなかなか面白い。

 この映画で唯一弱点を挙げるなら「幕切れ」だろう。

 オリジナル版に忠実ともいえる「幕切れ」のあっけなさには多少不満が残る。過去のオリジナル版「宇宙戦争」=「大気中のバクテリア」、「インディペンデンス・デイ」=「コンピュータ・ウィルス」が原因であったように、今回も「微生物」がエイリアンの大敵というオチだった。

 では、こんなオチはどうだろう?

 手榴弾を手にトライポッド内に吸い込まれそうになったトムが操縦席を乗っ取り、トライポッドを冒頭のクレーンのように操縦して戦う・・・だが、それでは「インディペンデンス・デイ」になってしまう。

 そこで、僕はトライポッドが「人間の血」を集めていた点に注目した。

 その血液中に「エイズウィルス」が含まれていたことによってエイリアンが死滅してしまうというオチ。人類に「死」をもたらすウィルスが人類を「救う」という皮肉。これなら現代っぽい解釈になったはず。そうすれば中盤港の場面にある献血シーンも生きてくる。

 エイリアンよりも怖いもの。

 それは暴徒となった「群衆」だ。

 人間のエゴと欲望による醜さも描くことで、この映画は「混乱」に乗じた人間の怖さを痛感させる。

「地球最後の戦争は、人類が起こしたものではない」

「エイリアン侵略」による地球最後の時に限らず、極限状態で一番必要なのは「人間性」を忘れないことにある。

 地震、災害、戦争。

 そんな時でないと、愛する家族の重要さを再確認できない人間の愚かさを僕は呪った。

 今夜は、疎遠となった家族に声を掛けてみるとしよう。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/matusan/26736319
この記事へのトラックバック
製作国:アメリカ 製作年:2005年6月29日 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス、ミランダ・オットー、ダニエル・フランゼーゼ スピルバーグ&トムの今夏最大の話題作?!某メーカーがタイアップしている作品
宇宙戦争【外部デバイスへの記録】at 2005年06月30日 07:09
「宇宙戦争」 評価 ★★★★☆ (おまけで4つ)  主人公レイ(トム・クルーズ)は、出産を控えた妻を実家へと送り出し、二人の子供レイチェル (ダコタ・ファニング)とロビーの面倒を見ることに。息子ロビーは、まったくレイになついておらず キャッチボ...
宇宙戦争【何を書くんだろー】at 2005年06月30日 11:52
宇宙戦争観てきました。原作もオリジナルの映画も観ずにいきました。 この作品は見方によって評価が大きく分かれる映画じゃないでしょうか?宇宙戦争という題名からインディペンデンスデイ等の侵略者との戦いをイメージしていくと全くの肩透かしに終わりただ逃げ惑うだけ.
The war of the world 宇宙戦争【えいが どっと ねっと】at 2005年06月30日 12:04
本日はこの作品のために代休をとりました。 せっかくなのでこれ以外にも2本鑑賞してきました   それでは、本日1本目は「宇宙戦争」です。   平日の朝一だというのにピカデリー 名古屋は結構入ってました。さすがこの夏の超大作   さてさて、感想が難し
宇宙戦争【★☆★ Cinema Diary ★☆★】at 2005年06月30日 12:13
サニーです。こんばんは。いつも ご覧頂きまして、ありがとうございます。6/29 「宇宙戦争」初日、観てきましたよ〜!!感想は、「いいよ〜!」できるだけ、ネタバレ無しです。原作は、ご存知、H.G.ウェルズといっても 若い人ってしってるのかな〜?昔、映画にも...
「宇宙戦争」初日、観ました!(ネタバレ無し)【SF映画好きのドラゴンズ応援 Mr.SunnySue】at 2005年06月30日 12:49
大阪は地球最強!な宇宙戦争を観てきました 字幕は戸田奈津子女史でした 注:ネタバレあり...
宇宙戦争(スピルバーグ)【あてっちの徒然なる日々】at 2005年06月30日 13:56
宇宙人がやってきた! ひ〜ふ〜み〜,うわっ,よ〜けおる!
宇宙戦争【Akira's VOICE】at 2005年06月30日 17:13
『宇宙戦争』 公式サイトhttp://www.uchu-sensou.jp/top.html スクリーンにいたのは、ヒーローで勇気いっぱいな従来のトム・クルーズではない。 そこにいたのはただ飲み込まれるように、未知なる生物から逃げ続けた庶民のトム・クルーズだった。 私は、この映画の全
『宇宙戦争』【女子高生の映画評論】at 2005年07月01日 00:57
 片方の目が失明し、やがて両目とも失明したと思っていたら、ついに声だけの存在になった・・・もしや、彼は神か?!そういや、去年は「神」だったか・・・  スリラー、ホラー、アドベンチャー、SF、パニック、様々なジャンルに形容されるこの映画。もちろん親子の絆とい
宇宙戦争【ネタバレ映画館】at 2005年07月01日 12:23
 アメリカ東部のニュージャージーに暮らすレイは労働者階級のごく平凡な男。別れた妻との間には息子のロビーと娘レイチェルがいた。そして子どもたちとの面会の日、その異変は何の前触れもなく唐突に訪れた。晴天だった空が突如不気味な黒い雲に覆われると、吹き荒れる強風
宇宙戦争 (2005) WAR OF THE WORLDS 114分【極私的映画論+α】at 2005年07月01日 12:26
映画「宇宙戦争」 ★★★★☆   今日は水曜日だけど初日! 映画を初日に見るって楽しい! この作品はスピルバーグ、トム・クルーズ両雄そろい踏みながら、B級映画の匂いプンプンの予感がしていた。 あまり期待していなかったのが良かったのか、結構楽しめた!! 親子の絆
映画「宇宙戦争」【ミチの雑記帳】at 2005年07月01日 13:42
先週末のルーカスの「スターウォーズ シスの復讐」に続いて、スピルバーグのSF大作が観られるなんて、なんだかとっても贅沢な気分です。こちらは世界同時公開ということですが、いまいちピンときません。でも初日が平日なおかげで空いてて助かりました。以前に旧作「宇宙
宇宙戦争/トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス【カノンな日々】at 2005年07月01日 14:04
午前中に魚力の総会に行って午後からは映画を観にいってきました♪ 総会のハシゴはしていませんが忙しい一日でした(苦笑) 今日初日の「宇宙戦争」です。 監督:スピルバーグ 主演:トム・クルーズ 娘にダコタ・ファニング 夏の映画の目玉の1つですよね。 この
★★「宇宙戦争」観て来ました★★【★★かずくんままのマネー&映画日記 株主総会珍道中公開中、覗いてね。★★】at 2005年07月01日 14:34
『宇宙戦争』公式サイト 監督:スティーブン・スピルバーグ 原作:H.G.ウェルズ 出演:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス    ミランダ・オットー、ジャスティン・チャットウィン 2005年/アメリカ/117分 H・G・ウェルズの人気SF小説を
『宇宙戦争』【Rabiovsky計画】at 2005年07月01日 14:56
邦題:宇宙戦争 『アメリカのある町である日のこと、突然、稲光が何度も地上にまで達するという異変が起きていた。レイは、黙って外出した息子のロビーを探しにいくため、娘のレイチェルに留守番をするよういいつけ、彼を探しに行くついでに雷が落ちたところへ行く。 』 ...
War of the Worlds★★☆☆☆【なおのオススメ文芸。】at 2005年07月01日 16:30
【監督】スティーブン・スピルバーグ【出演】トム・クルーズ/ダコタ・ファニング/ティム・ロビンス/ミランダ・オットー/ジャスティン・チャットウィン【公開日】2005/6.29【製作】アメリカ【ストーリー】雲ひとつ無い晴天に包まれた、アメリカ東部のある町に突如とし
宇宙戦争(評価:◎)【シネマをぶった斬りっ!!】at 2005年07月01日 18:06
まず始めに、正月映画「キングコング」めちゃくちゃ面白そう! そしてピータ・ジャクソン監督!えらく痩せててびっくり! 「キングコング」の予告が冒頭に流れるんですよ! ジャクソン監督まさかCGで痩せたのか! えーこのブログの感想は基本的にネタバレして...
宇宙戦争【It's a Wonderful Life】at 2005年07月01日 20:42
29日が初日の「宇宙戦争」、早速観てきましたよ〜 水曜初日っていいですね♪レディス・デー1000円で観れるし、空いてるし♪ もし、観たいんだけどDVDでいいかなぁ〜なんて思ってる方がいらしたら、それはとっても大きな間違いでございますよ! ダメよダメダメ!ぜ〜〜〜っ
宇宙戦争【Aloha Days】at 2005年07月01日 22:22
宇宙戦争を観た。大迫力映像で期待以上だったけれど、とにかく怖かった・・・。 どんな話か予備知識がなかったので、タイトルから「インディペンデンス・デイ」みたいな「アメリカが世界を救う」的な話を想像しつつ観に行ったら、良い意味で予想を裏切られ、かつ想像以上に
宇宙戦争【LUVLUV.COM】at 2005年07月01日 22:49
トム・クルーズ、ダコタ・ファニング出演、スピルバーグ監督。 正直、おそらくあまり評判よくないだろうと思います。 AIの時も、僕はすっごく面白かったですが、評価は最悪でしたから。 でも、僕は好きですね、この映画。あ〜、面白かった。 この映画は、なんか久しぶり
宇宙戦争【つれづれおきらく】at 2005年07月01日 23:36
2005年 6月 29日公開 2005年製作 アメリカ 114分 ジャンル SF 期待度 ★★★★★ 初回鑑賞日 2005年6月29日 TOHOシネマズ 総合評価 1200円 感動 ★★★☆☆ 笑う ★★★☆☆ 泣く ★★☆☆☆ 脚本 ★★☆☆☆ 映像 ★★★☆☆ 音楽 
宇宙戦争【CLII -映画のような恋をして-】at 2005年07月01日 23:51
ネタバレはないはずです.今CMなどで話題の『宇宙戦争』を早速見て参りましたので雑感を.〓彼らは,すでに地球(ここ)にいる.〓地球最後の戦争は 人類が起こしたものではない.いま試される,愛と勇気――この映画は1953年に公開されて話題を呼んだ同題『宇宙戦争』を再映
映画『宇宙戦争』【Trace Am's Life to Success】at 2005年07月02日 00:09
数日前にCATVで昔作られた本家の作品を放映してまして、後半部分だけですがちょこっと観たためにオチ(ラスト)がどうなるか知ってしまいました...。 今作の映像や音楽はとてもよかったです。かなり迫力ありましたし、攻めてくるモノへの恐怖もしっかりと味わいました。攻撃
宇宙戦争【まったりでいこう〜】at 2005年07月02日 07:26
宇宙戦争 上映時間 1時間54分 監督 スティーブン・スピルバーグ 出演 トム・クルーズ ダコタ・ファニング ティム・ロビンス ジャスティン・チャットウィン  宇宙戦争特集 ジャパンプレミア動画 トム、水かけられる  いつも、「こちとらタダ見じゃ」なので
宇宙戦争【メルブロ(更新不定期)】at 2005年07月02日 12:51
監督スティーブン・スピルバーグ、主演トム・クルーズ。この組み合わせは「マイノリティー・リポート」に続く2度目ですが、今回は対「エピソード3」という構図も有って意気込みが半端ではない感じ。 という事で、私的にこの夏一番の期待作「宇宙戦争」が封切られたので早速
宇宙戦争【そーれりぽーと】at 2005年07月02日 14:58
最初に申し上げるが、この作品はH・G・ウエルズの「宇宙戦争」ではなく、スピルバーグ監督の映画作品"War of the worlds"である。という書き出しで、実は映画鑑賞以前からこのブログで始めようと思っていたのだが、当初とは少し違う意味であるが、まずはこの書き出しで始める
宇宙戦争【利用価値のない日々の雑学】at 2005年07月02日 23:10
1937年 アメリカ 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:トム・クルーズ     ダコタ・ファニング     ティム・ロビンス     ミランダ・オットー 世間では歴史的駄作とか観る価値がねぇだとかなんやかやとケチョンケチョンに 貶されてるけどさボク
宇宙戦争【Saturday In The Park】at 2005年07月03日 00:33
1937年 アメリカ 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:トム・クルーズ     ダコタ・ファニング     ティム・ロビンス     ミランダ・オットー 世間では歴史的駄作とか観る価値がねぇだとかなんやかやとケチョンケチョンに 貶されてるけどさボク
宇宙戦争【Saturday In The Park】at 2005年07月03日 00:47
ファボーレ東宝で『宇宙戦争』を観てきました。 監督は「スティーブン・スピルバーグ」、出演は『ラスト・サムライ』の「トム・クルーズ」、『マイ・ボディガード』の「ダコタ・ファニング」、「ジャスティン・チャットウィン」「ティム・ロビンス」など。 アメリカの東部
「宇宙戦争」劇場にて【xina-shinのぷちシネマレビュー?】at 2005年07月03日 10:10
視点 ・ 1人称(レイの視点)で描かれている。 ・ だから、アメリカ以外のシーンは出てこない。 ・ ID4のように、有名な建物の破壊シーンもない。 ・ 宇宙で戦争はしていない。 ・ 戦争映画でもない。 ・ 家族愛を描いたドラマである。 ・ 前作のような火星人は
宇宙戦争【うぞきあ の場】at 2005年07月03日 11:26
つめの甘かった地球侵略計画。 人類誕生前から監視していた割りに、微生物への配慮なし。彼らの星の食品会社は日本辺りの基準でいけば即営業停止処分だろう H.G.ウェルズの原作の基本ラインを踏襲しつつ、スピルバーグ的味付け。冒頭とラストのナレーションといい、オリジナ
宇宙戦争 [トムから半径50m以内の戦争]【自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ】at 2005年07月03日 13:45
こんばんは〓、 さて、7月最初のエントリーです、 いやぁ、今日は良く晴れてねぇ(^^)、ともかく暑くて蒸してしんどかったぁ〓 さて今回は、初日(6/29)のレイトショーで鑑賞した『宇宙戦争』(2005/スティーヴン・スピルバーグ)の雑感などを残してみます。
■〔映画鑑賞メモVol.2〕『宇宙戦争』(2005/スティーヴン・スピルバーグ)【太陽がくれた季節】at 2005年07月03日 16:44
【映画】『宇宙戦争』ある意味最高傑作だが、しかし…【Badlands 〜映画と芝居と音楽と〜】at 2005年07月04日 01:08
「宇宙戦争」 ファーストディを利用してを観てきました。   感想は、 スッキリしない、モヤモヤした感じ。 H・G・ウェルズ原作のSF映画ですよね。 家族愛を描いたパニックムービーだと思うのだが。 ということは、宇宙人が襲ってこなくてもいいんじゃないの。 ト
「宇宙戦争」【わたしの見た(モノ)】at 2005年07月04日 08:52
タイトル:WAR OF THE WORLDS 製作  :2003年 監督  :Steven Spielberg 出演  :Tom Cruise、Dakota Fanning、Tim Robbins H・G・ウェルズ原作の53年に映画化した作品をスピルバーグがリメイクした。 観終わった後に他人の評価を調べてみたら、かなり酷評が多い。.
宇宙戦争【リンリン映画倶楽部】at 2005年07月04日 14:28
so-netブログの長〓いメンテナンスによって、すっかりやる気を無くし先週末は更新しなかったので、今週から心機一転で月曜日から更新を。 「宇宙戦争」 監督:スティーヴン・スピルバーグ 原作:H・G・ウェルズ 出演 トム・クルーズ 、ダコタ・ファニング 、ティム
「宇宙戦争」「ダニー・ザ・ドッグ」 特撮に◎、ストーリーに×××【エンタメ情報 メッタ斬りぎり】at 2005年07月04日 15:06
トム クルーズダコタ ファニングミランダ オットーティム ロビンス★★★☆☆DVDで見たら★2個くらいかな。小さな画面で見ると絶対に面白くないwwはっきりいってレイ(トム クルーズ)はヒーローではありませんっ。どっちかって言うとわがまま・気まま・自分勝手っぽ
vol.52 宇宙戦争【SPICY REVIEW】at 2005年07月05日 14:26
「宇宙戦争」を観た。 そこで、何を観たか。...
宇宙戦争【af_blog】at 2005年07月05日 17:34
面白かった。怖くてかなりドキドキした。どうなるんやろってハラハラしたし。けど、最後の最後まで楽しませておいて あの終わり方は何でしょ?ラスト、簡単に終わらせ過ぎちゃうのん?地中からエイリアンが出てくるとこ、すっごい迫力( ̄O ̄;) さすがハリウッドの映画で...
宇宙戦争〜WAROFTHEWORLDS〜(ネタバレあり)【HAPPYMANIA】at 2005年07月06日 01:39
面白かった。怖くてかなりドキドキした。どうなるんやろってハラハラしたし。けど、最後の最後まで楽しませておいて あの終わり方は何でしょ?ラスト、簡単に終わらせ過ぎちゃうのん?地中からエイリアンが出てくるとこ、すっごい迫力( ̄O ̄;) さすがハリウッドの映画で...
宇宙戦争〜WAROFTHEWORLDS〜(ネタバレあり)【HAPPYMANIA】at 2005年07月06日 02:38
好き度:★★★★★★★★★☆ 主演はトム・クルーズ、共演にはダコタ・ファニング、ティム・ロビンス、ジャスティン・チャットウィン。 監督はスティーブン・スピルバーグ。 (7月6日現在)公開中作品の為、未見の方は読まない方がいいかと思います。 アメリカ
宇宙戦争 (2005)【嗚呼 Every day of a MOVIE】at 2005年07月06日 04:02
お勧め度 ★★★☆☆監督:スティーブン・スピルバーグ出演:トム・クルーズ / ダコタ・ファニング / ジャスティン・チャットウィン||話の筋||あらすじは誰も知ってる気がするので短く。舞台はアメリカ東部のとある町。ある日何の予兆もなく天候が崩れ、強風が吹き、激しい
War of the World (洋題) / 宇宙戦争 (邦題)【Earth Synthesis by Cosmopolitan】at 2005年07月06日 06:10
「宇宙戦争」★★★★ トム・クルーズ主演、スピルバーグ監督 疲れた顔の主人公。 離婚をし 週末子供を預る。 愛していることさえ うまく子供に伝えられない そんなもどかしさを抱えつつ それでも毎日 生きていかなければならない。 埃にくすんだような ...
「宇宙戦争」映画を知り尽くした監督の挑戦【soramove】at 2005年07月06日 21:10
ここ最近の作品が興行的にイマイチだったから、久々にパニックものでドーンと大量殺戮して、ドーンと稼ぎたいけど、サメやナチスや恐竜はもうやり飽きたし、だからって日本人と黒人を扱うのは『太陽の帝国』と『アミスタッド』の失敗を考えると興行的にヤバイよなぁ。あ、宇
『宇宙戦争』【ねこのひたい〜絵日記室】at 2005年07月06日 21:31
スターウォーズシリーズは、それほど思い入れもないので、スピルバーグが侵略してくる宇宙人を描くという事もあり、個人的にはこちらの方を期待してました。音で恐がらす作品が多い中、映像でしっかり魅せるのはさすがです、やはり劇場で見るべき作品だと思います。 ⇒見た
「宇宙戦争」【the borderland】at 2005年07月06日 23:09
「衝撃と感動のスペクタル超大作!」・・・・微妙です。もともと、最近のスピルバーグ
「宇宙戦争」みた。【たいむのひとりごと】at 2005年07月06日 23:29
特撮慣れした目でもやっぱり凄い! 地割れから始まってポッドが出てきてからこっちの描写といったら....怪獣映画とホラー映画とのミックスで怖い怖い。インディージョーンズして未知との遭遇(円盤は来なかったけど)してジュラシックしてと、それだけで元はとれたかな
宇宙戦争 / スティーブン・スピルバーグ【Not-Boiled】at 2005年07月07日 01:18
レデイスディにて、宇宙戦争を鑑賞しました。 先週のレディスディが、初日でしたが、今日も 並んでましたね。でも、そこは平日の昼間だから、 ちゃんと8列目の真ん中あたりをゲットしましたよ。 さすがに、いろんなメディアで宣伝してるだけあって、 年齢層もまちま...
宇宙戦争鑑賞【Cafeアリス】at 2005年07月07日 02:29
1898年にH.G.ウェルズが発表したSF小説の金字塔「宇宙戦争」を映画化した1953年版をリメイクした作品。 主演は「ラストサムライ」「コラテラル」のトム・クルーズ。 共演に「マイ・ボディガード」「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」のダコタ・ファニング、「...
宇宙戦争【Imagination From The Other Side】at 2005年07月07日 08:37
------これってもう公開されてるよね。 すごい秘密主義だったみたいだけど、予想と比べてみてどうだった? 「スピルバーグって『未知との遭遇』で それまで映画で描かれていた宇宙人=侵略者のイメージを覆した人。 そこで放たれた<We are not alone>のメッセージは 『E.T.
『宇宙戦争』【ラムの大通り】at 2005年07月07日 11:37
なんせ「A.I.」以来、スピルバーグのあざとさが鼻について、ちょっと敬遠気味だ
宇宙戦争【tomozoのうれし★たのし★大好き】at 2005年07月07日 11:44
宇宙戦争 上映時間 1時間54分 監督 スティーブン・スピルバーグ 出演 トム・クルーズ ダコタ・ファニング ティム・ロビンス ジャスティン・チャットウィン  宇宙戦争特集 ジャパンプレミア動画 トム、水かけられる  いつも、「こちとらタダ見じゃ」なので
宇宙戦争【メルブロ(更新不定期)】at 2005年07月07日 16:55
『宇宙戦争』公式サイト 監督:スティーブン・スピルバーグ 原作:H.G.ウェルズ 出演:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス    ミランダ・オットー、ジャスティン・チャットウィン 2005年/アメリカ/117分 H・G・ウェルズの人気SF小説を
『宇宙戦争』【Rabiovsky計画】at 2005年07月07日 19:37
この夏2番の期待する映画でした。この夏1番の「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」が期待以上の作品だったこともあり、2大巨匠の2大SF映画を観ることができる、ファンにとっては一生に一度あるかないかのオイシイ夏!
宇宙戦争【映画の休日。】at 2005年07月07日 21:31
宇宙人の地球侵略・・・大地が裂け、建造物の崩壊、次々と人間が襲われていく・・・果たして人類は・・? 原作は1950年代に作られたらしいが、‘パニック映画’というより予想外の‘ホラー映画’だった。 宇宙人が地球を侵略する様が、なんともオールドスタイル、あ
宇宙戦争【future world】at 2005年07月08日 00:23
突然の雷は地上にまで達しそこに居合わせたレイ(トム・クルーズ)は雷は2度同じ場
宇宙戦争【映画のしっぽ】at 2005年07月09日 00:52
「宇宙戦争」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 忠実なリメイクの結果、捻りの利きすぎたストーリーに慣らされている私達には恐ろしくあっさりとエンディングが訪れるように感じられる作品。何だか評判悪そうですなぁ、まだよ
「宇宙戦争」【るるる的雑記帳】at 2005年07月09日 17:32
この映画、面白かった。いや、いまいちだった。 なんか自分でもよくわからない。 最後に肩透かしを食った気分になることは間違いない。 だからといって、見に行かなければよかった、とは思わない。 それなりに面白かったし、ハラハラどきどき、手に汗握ってすっかり映画の世
宇宙戦争【(T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T)】at 2005年07月10日 00:12
公開前からこんなに楽しみにしてた映画は久しぶりでしたが、 観てきました!『宇宙戦争』! あんなに混んでる映画館に行ったのは、『インディペンデンス・デイ』以来かも。 なので、前から4列目の右端という席になってしまったのですが、 上空から侵略してくるエイリアン
『宇宙戦争』☆☆☆☆【どブログ】at 2005年07月10日 13:05
彼らはすでに地球(ここ)にいる 無敵なのは宇宙人じゃなくてトム親子あんたたちだ!って言いたいね。 ビーム光線にも当たらなく海に落ちても自力で岸まで辿り着くトムパパは無敵さ! しまいには宇宙人が乗ってたマシーンぶっ壊しちゃうし、子供のためならどんなことでもするト
宇宙戦争(映画館)【ひるめし。】at 2005年07月10日 14:50
宇宙戦争 アメリカ、東部のある街で・・・。レイ(トム・クルーズ)は港湾で働く労働者だった。離婚した妻が、週末だけ娘レイチェル(ダコタ・ファニング)と息子ロビー(ジャスティン・チャットウィン)を連れてきてくれるーー。2人を置いて妻たちはボストンへ向かった
●宇宙戦争/虫けらになった気分【shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋)】at 2005年07月10日 23:53
トムクルーズ、ダコタ・ファニング主演 スティーヴン・スピルバーグ監督 宇宙の彼方から、非常な知性を持つ冷たく無情な者達が 我々の惑星を羨望の眼差しで眺めている…。 そしてゆっくりと確実に我々に対して画策しているのだ H・G・ウェルズの古典小説「宇宙戦争」
宇宙戦争【travelyuu とらべるゆうめも MEMO】at 2005年07月11日 01:36
SFファンなら知らないですまされない名作古典、旧作『宇宙戦争』は何度もTVで放映されてるため知らない人を探す方が難しいほど。だから新作紹介ですがネタバレもありますので「全くお話を知らないわ」とおっしゃる方は今回ばかりはご覧になってからお読みくださいね。
『宇宙戦争』スピルバーグが創るリアルな怪獣映画!【よろ川長TOMのオススメ座CINEMA】at 2005年07月12日 09:25
音が、とにかくすごかったです。劇場で観ておいてよかった。もし、DVD鑑賞だったら、つまんなかったかもしれない。なぜって。なんか、納得がいかない。「面白くなかったよ」と、聞いていたので、あまり期待はしてなかったのですが、始まったら、え? めちゃくちゃ面白い...
宇宙戦争【cube1555.com】at 2005年07月12日 18:26
前半は、パニックムービー、後半は、サイコサスペンスとして楽しめました。もちろん、全編にわたっての特殊撮影は、スピルバーグ監督としても、最高レベルです。また父親に対する息子の屈折した心情や、家族を思う父親の気持ちなど、この種のSF映画には珍しく、人間ドラマ
宇宙戦争【distan日誌】at 2005年07月13日 01:40
そろそろ人類が滅んでもいい頃では?? それから気になったこと。ピーター・ジャクソン監督痩せすぎじゃありません? 誰か分かりませんでした。でも相変わらず髪はボサボサで。 話題の超大作ですね。でも微妙でした。オチが・・・観終わって思ったことが「はぁ?」でした。
宇宙戦争【映画を観たよ】at 2005年07月16日 10:47
19世紀に書かれた原作本に、1950年代の映画のリメイク、技術だけは2005年。 地球に人間が誕生する以前から、地球外の超知的生命体が埋め込んだという、このスーパー殺戮マシーン、一人ずつ捕まえては、生き血を吸うって発想自体まるで子供。 そんで、マシーンの
「宇宙戦争」 「20世紀少年」を実写化?【『パパ、だ〓いスキ』と言われたコトを忘れない日記】at 2005年07月17日 19:27
(ネタバレ注意!!) 本作は徹底してトム・クルーズが演じる主人公=弱者であるレイの視線で描かれている。わが身とわが子だけを守り通す、アンチ・ヒーロー的な彼の行動は、ヘブライ語の「スミカルカ=サバイバルの知恵、賢明さ(7月16日付朝日新聞参照)」に基づいて
宇宙戦争/ ルーツを辿る旅【マダム・クニコの映画解体新書】at 2005年07月18日 18:18
『宇宙戦争』(05/アメリカ/スティーブン・スピルバーグ) Text By 膳場 岳人  世界の終わり/人類滅亡。人々は巨大な破壊の前になすすべもなく立ち尽くし、絶望を道連れに逃げ惑うのみ――。健全な少年ならば誰もが一度は夢見たであろう、甘美な世界終末の悪夢を、かのス
「宇宙戦争」評/少年が夢みる、絶望の光景【I N T R O+blog】at 2005年07月19日 12:17
 世間の不評の大嵐の中,とても大きな声で,大手を振っては言えないこのヒトコト。「面白いではないか」  この映画,スピルバーグもトムクルも,己の得意分野炸裂である。観客をいつもどっきりびっくりさせたい節は,両雄映画人生で一貫している部分をいかんなく発揮して
宇宙戦争【日々徒然ゆ〜だけ】at 2005年07月20日 21:41
映画「宇宙戦争」開映18:50@錦糸町シネマ8楽天地 「宇宙戦争」 2005年 WAR OF THE WORLDS アメリカ 配給:UIP 監督:スティーヴン・スピルバーグ 製作:トム・クルーズ、キャスリーン・ケネディ、ポーラ・ワグナー 原作:H・G・ウェルズ 脚本:デヴィッ
映画「宇宙戦争」【こまったちゃんのきまぐれ感想記】at 2005年07月23日 22:36
「宇宙戦争 字幕版」を観てきました 2005-07-24【ブツヨク人 〜 ブツヨクノススメ 〜】at 2005年07月24日 17:06
地球最後の日。あなたは誰と居ますか?『宇宙戦争』 やっと観ました。 既に多くの方がblogで書かれていますので詳しい事は書きませんが、健太郎としては良い作品でした。 H.G.ウエルズの古典SF『宇宙戦争』を原作とし、1953年に『宇宙戦争』として映画化された古典SFの
『宇宙戦争』2005年87本目【映画とJ-POPの日々】at 2005年07月25日 00:55
8点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) 『A.I.』以降、個人的に期待外れが続いた(期待が大きい故なのだが・・・) スピルバーグ作品ですが、久々に当たりでした。 元々、掴みが抜群に上手い監督なんだけど最近は掴みだけで 後が続かないモノが多かったん
宇宙戦争【ぶっちゃけ…独り言?】at 2005年07月31日 04:53
映画「宇宙戦争」を鑑賞してきました!
トム・クルーズ主演 映画「宇宙戦争」【日記とか文章披露?】at 2005年08月07日 00:41
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?      ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                        0点□□□□□□□□□□10点      ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦
映画『宇宙戦争』貴方は何点?【本と映画と音楽と・・・お酒が好き】at 2005年08月07日 10:34
遅ればせながら観て来ました、宇宙戦争。 まずは一言。つまらない! なんですか?あれは??? 逃げて終了ですか? いつトムクルーズは立ち上がるのかと ず〜っと待ち望んでいたんですが、 立ち上がりませんね。 前半はね、なかなか迫力もあったし、 おぉ!って思ってたん
宇宙戦争【キマグレ雑記】at 2005年08月08日 01:23
(ネタバレ注意)  傑作です。初期スピルバーグを彷彿させられました。 “得体の知れない何かとの遭遇”。こういうテーマを描かせたらやっぱり上手い。「見せない恐怖」を徹底的に描き、何でもないところで「見せる恐怖」を演出する。映像作家スピルバーグの面目躍如たると
『宇宙戦争』映画批評24【てっしーblog】at 2005年08月10日 08:19
異星人が侵略する理由、いや侵略そのものもどーでもよくて、このおやぢ(レイ・フェリエ=トム・クルーズ)が、如何にして疎遠になっていた子供たち(ダコタ・ファニング、ジャスティン・チャットウィン)とコミュニケーションを取れるようになるかって物語。大きな大きなス
宇宙戦争 WAR OF THE WORLDS【映画館の暗闇に包まれて】at 2005年08月26日 20:24
今日は池袋で映画を3本見ました。宇宙戦争、アイランド、星になった少年の順番で見ました。要するに、評判の悪い順に見ました。 以下、感想。ネタバレは白文字なので反転して見るヨ〈
宇宙戦争、アイランド、星になった少年見たよ【わにわにしちょし】at 2005年09月04日 12:12
DVDで、トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス 出演、スティーヴン・スピルバーグ 監督作品の「宇宙戦争」を観ました。 ●ストーリー アメリカ東部のニュージャージーに暮らす港湾労働者のレイ(トム・クルーズ)は、その日、別れた妻との息子・ロビー(...
宇宙戦争【Rohi-ta_site.com】at 2005年11月10日 05:23
スピルバーグとトム・クルーズが手を組んだ大作、「宇宙戦争」。期待しないわけには行かない。原作は読んでない。有名な小説だけど、女には縁が無いし。 公開時のコピーにはこう記されている。 「彼らは、すでに地球(ここ)にいる
「宇宙戦争」を観ました。【私でもいいですか?】at 2005年11月11日 15:12
「宇宙戦争」★★★★(盛岡フォーラム1) 2005年アメリカ
宇宙戦争【いつか深夜特急に乗って】at 2005年11月15日 22:15
宇宙戦争 ん〜、、、、家族愛のお話ですか??にしては、親父はダメすぎ、子供達もひねくれすぎ、、、ホント、親の顔が見たいわ、っていう感じ。 つまり、トム・クルーズ とダコタ・ファニング ちゃんの演技がよかった!ということね。でもそれだけに、見ていてイライラし....
宇宙戦争 今年の227本目【猫姫じゃ】at 2005年11月23日 18:05
H.G.ウェルズのSF小説「宇宙戦争」。 人類が全く歯が立たなかった宇宙からの侵略者を、地球上で最も小さな生物であるウィルスがやっつけてしまうと言う粗筋は、知らない人がいないくらい有名だろう。 ここには、我が物顔で地球の覇者を気取っている人類に対する痛烈な批...
宇宙戦争【minaの官能世界】at 2005年11月23日 21:20
レンタルDVD(2005年11月7日から11月13日まで) 1位(初):『宇宙戦争』 2位(1):『バットマン・ビギンズ』 レンタルDVD(2005年11月14日から11月20日まで) 1位(1):『宇宙戦争』 2位(初):『ハウルの動く城』 レンタ...
映画『宇宙戦争』2週連続レンタル1位!【萌えきすとらBLOG】at 2005年11月27日 14:10
やっと観ました〜 ダコタ・ファニング嬢が見たかったもんで♪ S・スピルバーグ監督がメガホンを取り、トム・クルーズとダコタ・ファニングを主演に迎えて放つ、53年公開のSF映画のリメイク版。地球の侵略を目論む異星人とそれに立ち向かう人類の姿を最新のCG映像を織り交...
宇宙戦争【色即是空日記+α】at 2005年11月27日 21:34
スピルバーグの、商売人としてのソロバンが見える、 アメリカ政府発注、愛国心を促すプロパガンダ映画。 監督、スティーブン・スピルバーグ。 主演、トム・クルーズの、全世界同時??
アメリカ政府発注、愛国心を促すプロパガンダ映画●宇宙戦争【Prism】at 2005年11月30日 23:33
宇宙戦争 スピルバーグのSF映画ということで期待していた 「宇宙戦争」 スピルバーグ+トム・クルーズといえばマイノリティ・リポートが けっこう面白かったので、こちらはどうなんでしょう 
宇宙戦争・・・・・・・・・・【サクっと】at 2005年12月18日 19:12
●映画の満足度・・・★★★★★★☆☆☆☆6点 この映画、劇場で一度観ているのですが、DVDでもう一度観てみました。 劇場で観た時は、「なんだそりゃ〜」という終わり方に、かなり納得いかなかったのですが、やっぱり今回観ても同じでした。。
宇宙戦争【ホームシアター映画日記】at 2006年01月25日 05:00
この記事は『宇宙戦争』の物語についてのみ触れるものである。 で、要するに皆さん後半の展開がご不満なのだろう。 ていうかティム・ロビンスの存在が意味不明なのだろう。
Hell-sing@宇宙戦争【憔悴報告】at 2006年03月28日 15:17
この記事は『宇宙戦争』の物語についてのみ触れるものである。 で、要するに皆さん後半の展開がご不満なのだろう。 ていうかティム・ロビンスの存在が意味不明なのだろう。
Hell-sing@宇宙戦争【憔悴報告】at 2006年03月29日 15:16
この記事は『宇宙戦争』の物語についてのみ触れるものである。 で、要するに皆さん後半の展開がご不満なのだろう。 ていうかティム・ロビンスの存在が意味不明なのだろう。
Hell-sing@宇宙戦争【憔悴報告】at 2006年04月06日 15:03
「マイノリティ・リポート」と、決まって・・・ないよね。 Read more...
[洋画 あ行][DVD所有] トム・クルーズにスピルバーグと言えば・・・【ひとりよがりなブログ 【マスカット・ブログ】】at 2006年07月14日 16:41
この記事へのコメント
 SF映画と決め込んで観に行ってしまうと、ちょっと感覚的に
違うモノを観た感じになりますよね。

 実は、たましょくも侵略者の攻撃よりもパニックに陥った人間
たちの描写の方が恐かったです。レイたちの乗った車を群衆が囲
み、襲う。車を奪った人間もまたもや襲われる。直後、さきほど
まで群衆に囲まれていたレイが、今度はフェリーの前で他の人間
と一緒に軍人を囲んでいる。そして、あの地下室での決断。

 やはり腑に落ちないのは、ラストなんですよね〜。せめてシー
ルド消失の方だけでも、もうちょっと丁寧に描いて欲しかった。

 それでも、やっぱスピルバーグ作品だけあって楽しめたました
(なんだか取って付けたような文章だなぁ)特に侵略者の兵器ト
ライポッドのデザインとか好きです。レトロでベタですが、あん
なのに地球侵略されたらとてもやり切れないですw
Posted by たましょく at 2005年06月30日 11:51
サニーです。こんにちは。
結末、まつさんの意見に賛成。
Posted by サニー at 2005年06月30日 12:47
こんばんわ、トラバさせていただきました。
私はあくまで「パニックムービー」としての視点で見ましたが
まつさんのご意見も、読ませていただいてなるほどなぁと思いました。

「群集」の様子、レイががむしゃらに家族を守る様子。
やはり人間が強くて怖い、でも1番弱い生き物なのかもしれませんね。
Posted by ミヤ at 2005年07月01日 00:59
こんにちは。
TBありがとうございました。
こういう状況にならなきゃ、家族愛を確認できない人間の愚かさ・・・そのとおりです。
宇宙人が来なければ、レイの親子関係は最悪だったわけで・・・。

パニックで集団ヒステリー状態に陥った人間が最も怖いな〜って思いました。

個人的に好きだったのはトライポッドのデザインと、赤いツタ状のものが伸びてくる感じですね。
Posted by ミチ at 2005年07月01日 13:47
いつも楽しく拝見させていただいてます。実は数ある映画blogの中でまつさんのblogだけ、携帯からも確認しています。これからも更新楽しみにしています。
さて、宇宙戦争についてですけど。やっぱりエイズウィルスはマズくないすか?(^-^;闘病患者さんや感染してしまった方々もいるわけですし…。スピーシーズ2で似たような幕切れがありましたが、ある種の血中の成分が宇宙人壊滅の引き金になる、というのは私も考えましたよ。まあ、本当はもっと幕切れまでも描いてほしかったわけですが苦笑。
Posted by kiki at 2005年07月05日 11:33
いつも拝見しております。
ミランダ オットーが実際に妊娠していたとは知りませんでしたw
パニックシーンは迫力ありましたね
結末が少し納得いきませんでしたww
Posted by ゆな at 2005年07月05日 14:25
クレーンと献血。

やっぱりこれは外せませんよね。
スピルバーグは確信犯的に放ったらかしにしてますけど(笑)。

ちなみに、ニュージャージーは、オーソン版で舞台として設定された街でした。

Posted by にら at 2005年07月06日 22:15
『電車男』もそうでしたが、「相手の意図を汲み取る」より、「そのとき自分がどう反応するか」ということにしか興味がないのかもしれないですね。

日本の(あえて「国語」を外して)教育に関しては、ウェルズの「火星人襲来」によるパニックをはじめて知ったのが社会の授業だったので、頭ごなしに否定したくないなぁ、って消極的なつぶやきしておきます(でも、今もそれが教科書に取り上げられてるかは知りません)。


てなわけで、コメントありがとうございます。
Posted by にら at 2005年07月07日 00:39
kikiさま

ご意見ごもっともです。配慮が足りないと思いました。
良かれと思って書いたことですが、様々な疾患で苦しんでいる方々には失礼でした。
こちらにてお詫び申し上げますが、記事には手を加えることなくそのままにしておくことをお許し下さい。
とりあえず「血液の中の何かがエイリアンに不適合だった」とご解釈下さい。
Posted by まつさん at 2005年07月07日 05:34
初めまして♪
なるほど〜と思ったのでTBさせていただきました。

スピルバーグ監督自身も、この映画は個の戦いだといってるくらいなので、あくまでもレイの視点からのみの描写ですよね。だから余分な説明もない。

確かにナイト・シャラマンの「サイン」と状況が近いですね。
ま、あっちの宇宙人は笑ってしまったけど。
Posted by tomozo at 2005年07月07日 11:58
凄まじい緊迫感で・・恐くて
ワタシも口をアングリ開けたまま〜★夢中で見ていた気がします・・!
あの錯乱状態の中では誰しも仕方ないんでしょうが・・
土壇場の生き残る為の人間の本性も恐かったし
切ない想いも残りました・・ネ!
Posted by sati at 2005年07月09日 01:08
こんにちわ!
エイズウィルスによる結末はスピルバーグが聴いたら「しまったあ!そうすべきだった」と地団駄踏んで悔しがるかも。
ブログを書いた後に旧作を見直したのですが、群衆の略奪や暴徒化するところは旧作の方がエグくてリアルでしたね。

ただ、毎回こういうシーンを観て思うのは、アメリカ人って本当に見えない敵におびえている国だなあ、ってこと。日本人は特殊だということ。
もともとが他民族侵略で誕生した国だから本能的に復讐に脅えているのかも知れませんが…

阪神大震災の時でも太平洋戦争当時でも、海外の人が驚いたのは、日本人はどんな危機的状況でも実に冷静で、まったく暴徒化しないことだったそうです。
もしかして「大阪でポッドを倒せた」のはそういう一致協力の精神のたまものだったのかも…?
Posted by よろ川長TOM at 2005年07月12日 09:48
TBありがとうございました。
ものすごい想像力ですね。エイズウイルスですか・・・
そっちの方が説得力あったかもしれませんね。
私は単純にこれだけやられて人間は無力なんだからもう人類が滅べばいいのにと思いました。(笑
Posted by ななな at 2005年07月21日 13:58
遅くなってしまいましたがTB返しありがとうございました。
正直な話SFとしては面白みに欠けましたが、スピルバーグ監督の「家族愛」のメッセージは伝わりました。
H.G,ウエルズの小説も結局はいがみ合う人類への警鐘だったわけですから、暴徒と化した人間のエゴをしっかりと描いていた点は素晴らしいと思います。
ラストはオリジナルへのオマージュと云う事で。
Posted by 健太郎 at 2005年07月30日 23:05
今夜は、疎遠となった家族に声を掛けてみるとしよう

ってことは、スピルバーグ監督が描きたかった家族愛
十分に伝わったってことですね(笑)
Posted by chishi at 2005年08月07日 10:33