2005年08月29日

容疑者 室井慎次 【A面】

0d57120f.jpg第194回

【A面:踊る大捜査線ファンサイド】

★★★★(劇場)

 信念を貫くのは難しい。

 人間は周囲の動きに流されがちだ。それは当然のことであって責められない。周囲に流されることは周囲と歩調を合わせることでもあって、世の中を円滑に動かすためには仕方のないことでもある。

 一方で、流れに従ったほうが「楽」だという面もある。

 信念を貫くのが難しいのは、常に「闘わなければならない」からだ。反目する相手との衝突、説得、理解、合意。これは、はっきり言ってしんどい。

 室井慎次(柳葉敏郎)は、いわゆる「官僚」でありながら周囲に流されず「信念」を持って行動している。青島刑事(織田裕二)との約束「自分は上に行って、現場の刑事が正しい仕事ができるようにする」を果たすべく、上層部とも常に確執を生む。

「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」(2003)で吉田副総監(神山繁)が引退を表明したことから、室井には上層部の後ろ盾がなくなったと考えられる。「容疑者 室井慎次」では、その逆境によって室井は警察庁と警視庁の争いに巻き込まれ「容疑者」として勾留されてしまうのだ。

 今回、室井は「受難」ともいうべき試練を強いられ、彼の寡黙さは誤解さえ生み出す。彼はこれまで「上」の者として湾岸署の面々をサポートしてきたが、今度は小原久美子(田中麗奈)という別の「信念」を持った若き女性弁護士に救われることとなる。「受難者」に「救い」と「理解」を与える図式は「キリスト教」のそれを髣髴とさせる。

 組織を変革するのは難しい。

 室井の信念によってもなかなか「変化」は訪れない。組織にはそれぞれの「思惑」があるからだ。海外の例を見ても判るように急激な変化は、副作用を引き起こす。

 しかし雫が岩に穴を開けるように、無駄だと思える「大きな力」にも「小さな力」はじわりじわりと効いてくる。大きな変革の前に、小さな力は不可欠なのだ。それは毛利元就の「三矢の教訓」にもあるように歴史もそう説いている。

「大化の改新」、「享保の改革」など、歴史的用語としてしか捉えられていない歴史的変革も、実は十数年もかけて変革した歴史的事実に付けられた名称なのだ。

 現在総選挙を前に「4年で改革できなかった人間に改革なんて出来ない」と野次る方も、「次期で改革を成し遂げる」と反論する方も聞いていて片腹痛い。

 世の中を変えてゆくのは本来時間がかかる。つまり「信念を貫く」事と同じように「しんどい」のだ。それは室井慎次という人間の姿が、この映画で体現している。

 信念を持って現状を変えてゆく、とはそういうことなのだ。

 この映画は本来脇役である室井が主人公であるために、サイドストーリーとして彼の知られざる過去が明らかになる。

 それを室井が小原に語る喫茶店の場面は白眉だ。

 語られる過去によって室井のストイックさの原点が見える。それを淡々と語るのだが、ある瞬間、室井の「素」が言葉の語尾に表れる。それは小原の琴線に触れ、彼女は涙を流すのだ。この演出は見事。もちろん観客の「琴線」にも否応なしに触れる。

 人が他人に自分のことを理解してもらうとき、本心で語ると相手の琴線に触れることがある。それは覆い隠さず、本当の自分を見せたときだ。それを、この映画では室井が語る台詞の口調の一瞬に込めた。そこにシリーズの脚本家としての君塚良一の意地を見た。

 多くを語らない「寡黙」さにこそ、室井の「美学」があるからだ。

 法は守られているのではなく「縛られている」という皮肉が室井を追い詰める。

「現場」という言葉を多用することになった室井は、警察が遵守すべき「法」の解釈に疑問を持つ。この目線がより観客側にあるからこそ、我々は彼の姿に共感するのだ。ところが、その行為は現行法制では認められない。

 それは証拠隠滅、捏造、という警察の腐敗につながりかねない要因をはらんでいるからだ。

 法を遵守するということと、警察現場の現実とのジレンマ。これは「踊る」シリーズで常にテーマになっていたことだ。その「しっぺ返し」が室井を襲い、本作ではこれまでにないシリアスなドラマを展開させている。

 これは、シリーズの生みの親でもある君塚良一が、あえて「踊る」シリーズを否定したアンチテーゼととるべきだろう。これまでの「警察ドラマ」を否定して制作した「踊る」シリーズに、あえてぶつけた現実の厳しさ。

 テレビドラマ「TEAM」でも見せた君塚良一のダークサイドとも言うべき、「悪意」が「正義」を翻弄する姿を描いているのだ。

 しかし、正義は負けない。

 決して「正義は勝つ」ではないのがミソだ。

 かつて「踊る大捜査線/歳末特別警戒スペシャル」で、新城(筧利夫)に「青島という男は、途方もなく信念を持った男だ。俺たちキャリアの傲慢を撃ち抜くぞ」と揶揄した室井の「信念」は、いまや官僚たちの脅威となっている。

 地位や名誉によらない「正義」はある種の人々にとって疎ましい。それは「正論」だからだ。

「また正論ですか」

 劇中何度もそう室井を皮肉る新城はある種の「希望」をこの映画に残す。そこが映画らしくていい。

 誠意のない人は、誠意ある人を「理想家」だとか「偽善者」といって馬鹿にする。

 正直者は損する時代だ。本来それが正しいと判っている人でも、表立って賛同できない。

 それでも「誠意」ある行動によって思いは伝わる。

 賛同はしなくても、理解してくれる人が生まれる。そんな人は誠意ある人を「不器用」だと思ってくれる。

 そういう人が仲間となり、結果的に助けてくれるのだ。

 室井を「不器用」と思ってくれる人たちの「助け」によって室井は救われる。それもまた時間が生み出してくれるもので、一朝一夕にはできないものだ。

 室井慎次の持つ「正義」は青島に影響されたものであるが、その浪花節は確実に周囲に影響を及ぼしている。それを示唆するラストには日本の構造改革が歩むべき道筋のヒントがあるようにさえ思える。

 正直者が馬鹿を見る時代だが、それが正しくないと誰もがわかっているからこそ、「踊る大捜査線」シリーズの精神は生き続けている。

 正義が死なない限り、「踊る」シリーズが死ぬこともない。「踊る」シリーズが終わるとき、それは「本当に世の中がよくなったとき」なのかもしれない。


 ※明日は【B面:映画ファンサイド】をお送りします。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/matusan/30803687
この記事へのトラックバック
待ちに待った映画、公開初日のレイトショーで観ました。 2005年 日本映画 監督・脚本  君塚良一  製作  亀山千広 主演  柳葉敏郎、田中麗奈、哀川翔、八嶋智人、吹越満、佐野史郎、      柄本明、真矢みき、筧利夫
映画「容疑者 室井慎次」【ちょっとひとことええでっかぁ〜♪】at 2005年08月30日 06:59
製作国:日本 公開:2005年8月27日 製作:亀山千広 監督/脚本:君塚良一 出演:柳葉敏郎、田中麗奈、哀川翔、八嶋智人、吹越満、柄本明、佐野史郎、真矢みき、筧利夫 『踊る大捜査線』シリーズのスピンオフ第2弾で、かなり楽しみにしてた作品。八王子シネマで鑑賞。
容疑者 室井慎次【外部デバイスへの記録】at 2005年08月30日 07:07
 若い男がナイフで刺し殺されたが犯人はある巡査であると思われ・・・と、いきなりムチャな設定だ。どう考えても巡査が犯人じゃないよ。  冒頭からすでにのめり込めなかった。もしかして、警察の内規が変わり、巡査がナイフを持ち歩くことが義務付けられたのだろうか・・
容疑者 室井慎次【ネタバレ映画館】at 2005年08月30日 10:40
「あんちゃん!その格好、ココでは浮くから・・・」 GWに公開された「交渉人 真下正義」に続く踊るレジェンド(ODORU LEGEND)第2弾。 本編上映前には、「携帯の電源OFF」と明治製菓のスナック「コパン」の室井慎次Ver.のCMあり。 初日のレイト最終にての鑑賞。レイ
容疑者 室井慎次【ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!】at 2005年08月30日 11:53
「容疑者 室井慎次」の舞台挨拶に行って来た。朝8:10からだったから6時前に起きて諸事情により(笑)浴衣を着て突撃サンスポ、報知本編の感想は置いといて、まずは舞台挨拶の模様を。。。※注:話を聴きながらのメモには限界があるので多少てきとーに編集してます(爆)
「容疑者 室井慎次」舞台挨拶@日劇2【|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο】at 2005年08月30日 17:28
”踊る大捜査線”スピンオフムービーとしての第2弾。正直、どうしようか葛藤してい
「容疑者 室井慎次」みた【たいむのひとりごと】at 2005年08月30日 20:24
『容疑者 室井慎次』公式サイト 監督・脚本:君塚良一 出演:柳葉敏郎 、田中麗奈 、哀川翔 、八嶋智人 、吹越満 2005年/日本/117分 『踊る大走査線』スピンオフ企画第2弾の『容疑者 室井慎次』! まあなぜ見たかと言うと、同じくスピンオフ企画の『交渉
『容疑者 室井慎次』【Rabiovsky計画】at 2005年08月30日 23:42
 2005年2月某日。警視庁の室井管理官が、自らが指揮を執った殺人事件の捜査が問題となり逮捕されるという思いがけない事態が発生する。逃走中に車にはねられ即死した被疑者の母親が、過剰な取り調べがあったとして刑事告発したのだった。警察の不正を暴くと意気込み追及の手
容疑者 室井慎次 (2005) 117分【極私的映画論+α】at 2005年08月31日 08:21
今週からは楽しみにしている作品が目白押しです。 本日1本目は「容疑者 室井慎次」です。   踊るからのスピンオフ企画第2弾。 僕は「交渉人 真下正義」よりもこちらを楽しみにしていました。   いやぁ〜、このシリーズはホント外さないですね。 真下も.
容疑者 室井慎次【★☆★ Cinema Diary ★☆★】at 2005年08月31日 08:58
「容疑者 室井慎次」 評価 ★★★★☆  『あらすじ』  ある警察官による刺殺事件の捜査本部長を務めていた室井(柳葉)。被疑者とされる警察官は取り 調べの最中に逃走。被疑者確保を最優先に現場刑事に指示。錯乱した警察官は、取り押さえようとし た...
容疑者 室井慎次【何を書くんだろー】at 2005年08月31日 09:15
はっきり言おう。つまらない。『交渉人真下…』を観て、楽しみにしていた人は、がっか
容疑者室井慎次【cococo】at 2005年08月31日 09:32
-----待望の『踊る大捜査線』スピンオフ第2弾だね。 『交渉人 真下正義』は大ヒットしたけど…。 「この映画の注目度はかなり高いと思う。 『交渉人〜』のラストで、ワゴンの中から死体が見つからなかったことも含め、 2作の関連はあるのかとか、 『交渉人〜』のように青島
『容疑者 室井慎次』【ラムの大通り】at 2005年08月31日 09:41
観てきました「容疑者 室井慎次」。私はけっこう楽しめましたヨ。映画的にというかシナリオとかに注文はあるんだけど、一応満足度もそれなりにあります。たぶんその最大の要因は私が出演者らに思い入れを抱きながら観ることができたからなんでしょう。「踊る」のこれまで.
容疑者 室井慎次/柳葉敏郎、田中麗奈、哀川翔、筧利夫、 真矢みき【カノンな日々】at 2005年08月31日 10:23
『 容疑者 室井慎次  』 [ 劇場鑑賞 ] 2005年:日  本 【8月27日ロードショー】 製 作:亀山千広 監 督:君塚良一 脚 本: 〃 [キャスト] 柳葉敏郎、田中麗奈、哀川翔、八嶋智人、吹越満、柄本明 佐野史郎、北村総一朗、小野武彦、斉藤暁、
『 容疑者 室井慎次 』 【やっぱり邦画好き…】at 2005年08月31日 10:32
愛すべきキャラクター室井さんの魅力が炸裂! すごく胸に響く映画でした。
容疑者 室井慎次【Akira's VOICE】at 2005年08月31日 10:33
敵は犯人だけではなかった。権力と法の罠が、室井管理官を窮地に陥れる。警察庁と警視庁。二つの正義に挟まれた室井。果たしてシロか、クロか!?   ■監督・脚本 君塚良一■キャスト 柳葉敏郎、田中麗奈、哀川 翔、八嶋智人、吹越 満、柄本 明、佐野史郎、真矢
『容疑者 室井慎次』【京の昼寝〜♪】at 2005年08月31日 12:17
映画『容疑者 室井慎次』 監督『君塚良一』 出演者『柳葉敏郎』『田中麗奈』『哀川翔』『八嶋智人』 パンフレットには裏ネタなど記載されてますので個人的にですが、映画を観たあと読まれるのがよいかと思います。 ストーリー 2005年2月某日。警視庁の室井管理官(柳
容疑者 室井慎次【日々気ままに!!】at 2005年08月31日 12:55
映画『容疑者 室井慎次』 監督『君塚良一』 出演者『柳葉敏郎』『田中麗奈』『哀川翔』『八嶋智人』 パンフレットには裏ネタなど記載されてますので個人的にですが、映画を観たあと読まれるのがよいかと思います。 ストーリー 2005年2月某日。警視庁の室井管理官(柳
容疑者 室井慎次【日々気ままに!!】at 2005年08月31日 12:57
八嶋智人さんの似顔絵、「容疑者 室井慎次」の役柄の 灰島秀樹バージョンに描き直しました。 いつも手にしてるのは、「アルファフラップ2」という 携帯ゲーム機(それにぶら下がってるのは 「交渉人〜」で登場した「クモ」のチョロQ) もちろん架空のゲーム機なのですが、
「容疑者 室井慎次」&八嶋智人さんの似顔絵 灰島ver.【「ボブ吉」デビューへの道。】at 2005年08月31日 20:48
ご存知、「交渉人 真下正義」に続く、シリーズ第2弾。 今年は福井晴敏の分厚い原作が3本も映画化(戦国自衛隊1549は観てません。)されてるけど、どうしてもダイジェスト的になってしまい、人物描写に欠けている印象が拭えません。そこでこの作品ですが、「踊る〓」
「容疑者 室井慎次」【the borderland】at 2005年08月31日 23:21
製  作:亀山千広 監督脚本:君塚良一 音  楽:松本晃彦 出  演:柳葉敏郎      田中麗奈      哀川翔 「妖怪大戦争」を見に行ったら満員で、「容疑者 室井慎次」に急遽変更。やはり夏休み最終日に子供映画は無理だったか。 「踊る大捜査線」スピンオフ
映画「容疑者 室井慎次」【teeter-totter】at 2005年09月01日 14:23
今日は時間が空いたのと、映画の日で、料金が千円に割引(水曜日もそうなんだけどね、女性は)なので、今、公開されている映画「容疑者 室井慎次」を見てきました。 残念ながら、前作の「交渉人 真下正
映画「容疑者 室井慎次」見てきました。【私でもいいですか?】at 2005年09月01日 19:17
♪ででっでっで、ででっででー ででっでっで、ででっで、でーれー♪ こんばんわ。 三歩歩くと、このメロディがアタマに流れる八城と申します。 一応、コレは「G−GROOVE」。通称「室井さんのテーマ」。 「容疑者・室井慎次」の上映館から出てくる客の殆どの
今日も歩けば「G−GROOVE」【あの女と別れてくれ】at 2005年09月01日 20:12
信念・正義・正論・真実・勇気・逃げない・現場・法。 キーワードが印象的に語られる。 『容疑者 室井慎次』を観た。 いわずと知れた『踊る大走査線』のスピンオフ映画。 前作『交渉人 真下 正義』の真下の喋りすぎがキーになった映画から一転今度は室井の寡黙すぎる.
容疑者 室井慎次【チタンアクセサリーショップZeus奮闘記】at 2005年09月02日 17:45
監督・脚本:君塚良一主演 :  柳葉敏郎 / 田中麗奈 / 哀川翔      公式HP:http://www.odoru-legend.com/ 「容疑者 室井慎次」 「交渉人 真下正義」に次いで「踊る」シリーズのスピンオフ第2弾です。 室井はシロか、クロか!?って・・・・・そういうス...
「 容疑者 室井慎次 」【MoonDreamWorks】at 2005年09月02日 23:06
タイトル 容疑者 室井慎次 見た日にち 9月1日 映画館 監督:君塚良一 出演者の顔ぶれと、プロフィール: ■室井慎次 (警視庁刑事部捜査一課管理官 警視正)常に、真実を追
容疑者 室井慎次【シルバーの映画日記】at 2005年09月03日 11:15
『容疑者 室井慎次』 【※ネタバレあります※】 製作年:2005年 製作国:日本  117min. ・監督:君塚良一 ・制作:亀山千広 ・脚本:君塚良一 ・音楽:松本晃彦 ・出演: 柳葉??
映画と私(36) 『容疑者 室井慎次』【人間喜劇】at 2005年09月04日 05:31
「踊る〜」シリーズのスピンオフ企画第2弾。 今回はナイトではなく、レイトショウで見たので客の入りは8割くらい。 さすが人気シリーズ。 2005年製作のサスペンス・ドラマ、117分もの。 あらすじ 警視庁の室井管理官が自ら指揮を取った殺人事件で容疑者が事故死。 ...
★「容疑者 室井慎次」【ひらりん的映画ブログ】at 2005年09月04日 15:19
昨日東京砂漠に帰ってきて、郵便受けを見たら試写会のハガキが2つ入っていて、1つがいきなり今日だったんで行ってきましたよ。是非当たって欲しかったアレは外れたな??。まあ、アレは前売り買うか??。今回観たのは「容疑者 室井慎次」。 「無類の世界陸上好き」が主演...
容疑者 室井慎次【欧風】at 2005年09月04日 17:52
「容疑者 室井慎次」 「踊る大捜査線」スピンオフ企画第2弾は、 かなり痛い作品となってしまった。 (エンドロールが流れる中、室井ばりに眉間にシワが) こんな事件、こんな動機、こんなオチ、 そして、なぜこんな映画にしたのか。 「踊る??」、「交渉人 真下正義...
「容疑者 室井慎次」【わたしの見た(モノ)】at 2005年09月04日 23:36
#また、映画を観てきたので、ちょっとした感想デス。 踊る大捜査線のサイドストーリ
時間という間、空間という間(容疑者 室井慎次)【invoke-pcunix-life】at 2005年09月04日 23:43
「容疑者 室井慎次」★★★ 柳葉敏郎、田中麗奈、哀川翔主演 唇をかたくむすんで 彼は語らないことで 何もかもを引き受けようとする。 シリーズの中でも見せた 印象のまま ぬかるみに足をとられていく。 ピンと張り詰めた 緊張感を保ちつつ 事件の行方は ...
「容疑者 室井慎次」踊るシリーズの異色!【soramove】at 2005年09月05日 00:46
 映画「容疑者 室井慎治」を観た。公開一週間後の土曜日でも、人いっぱいだった。「交渉人 真下正義」よりドラマは地味だけれど、破綻は少ないと思った。代用監獄の話を出した矢先に、逮捕拘留シーンを観ることになった。個室に入っていたよ。任意同行取り調べシーンもあ...
「容疑者 室井慎治」【Input/Output】at 2005年09月05日 18:16
実は踊るシリーズを劇場で見たのは初めてなんです…ははは。ドラマも何度目かの再放送でやっと全部見て、映画もテレビ放映されたものだけを見ているので、交渉人は未見です。試写状は持っていたもののGWがらみで急遽行けなくなってゆずっちゃいました。これをみる事になる...
「容疑者 室井慎次」@新宿スカラ座【旦那にはひ・み・つ (☆o☆)】at 2005年09月06日 00:00
この映画のテーマは勇気。。 神様が与えてくれた中で一つしかないものの一つ。 それを捨てれば拾えない。 もうもどれない。。 もどかしいほど寡黙な室井の容疑は晴れるのか? と、シリアスな割には中身が薄い薄すぎる。。 残念です。配役もなんだろう。意味を持たせることが...
v.40 容疑者室井慎次【cinemacafe】at 2005年09月06日 01:02
He's Black? 彼はシロか、クロか? <ストーリー> 2005年2月某
容疑者 室井慎次【any's cinediary】at 2005年09月06日 01:05
試写会で『容疑者 室井慎次』を観てきました。 『交渉人 真下正義』に続く『踊る大捜査線』スピン・オフ・ムービー第2弾です。主人公はご存知『室井慎次』管理官。演じているのはモチロン「柳葉敏郎」です。監督・脚本は「君塚良一」。 『室井慎次(柳葉敏郎)』は、警...
「容疑者 室井慎次」試写会にて【xina-shinのぷちシネマレビュー?】at 2005年09月10日 10:41
いまだかつてギバちゃんの顔を、こんなにも長く見つづけたことがあっただろうか。無口な室井管理官がなにかをしゃべるのをじっと待つ・・・ 映画の冒頭はなぜ室井が逮捕されたかっていうのを小原弁護士(田中麗奈)のナレーションで説明するのだが、「・・・だったのだ」...
容疑者 室井慎次【まぁず、なにやってんだか】at 2005年09月10日 11:51
He's black? 彼はシロか、クロか? CAST:柳葉敏郎/田中麗奈/哀川翔/八嶋智人/真矢みき/筧利夫 他 「交渉人 真下正義」より断然おもしろかったですよ!真下くんの事件とは全然関係ない話でしたね。 とりあえず信念を貫く室井さんがかっこいかった〜。あん...
容疑者 室井慎次(映画館) 【ひるめし。】at 2005年09月10日 23:27
容疑者室井慎次 THE JUGEMENTDAY 踊る大捜査線のサイドムービー。 ★★★★星4つ。 <<真理的側面を重視した重厚な人間ドラマ>> 本日初日、新宿!(映画の舞台も新宿)に妻と見に行く。 見終わった直後の感想を一言でいうと、派手なエンターテイメント...
容疑者室井慎次 THE JUGEMENTDAY【物語三昧】at 2005年09月11日 13:48
今日は「レディースデイ」なので(私の住んでるところでは) 女性は1000円で映画が見れます。なので久々に二本ハシゴしてきました。 {{{ 「容疑者室井慎次」 一連の踊るシリーズとは一線を画しているのは皆さんの感想で知っていたし、 賛否両論分かれてんだなーと...
容疑者室井慎次・NANA(新映画日記転用)【新×3 もろもろ日記】at 2005年09月11日 14:04
・うーん、現代の[悪]ってそういうことなんだよなぁ…
■映画レビュー-容疑者 室井慎次【■デジタル出版サイト-『コスモディアドットコム』(ブログページ)】at 2005年09月12日 04:23
久々に早く帰れる水曜日!しかも、女性映画フェスティバルのおかげで今日から日曜日まで女性は1000円♪というわけで、「容疑者 室井慎次」を観にいってきた。 物語は、警視庁・室井管理官(柳葉敏郎)が自らが指揮をとった殺人事件の捜査の責任をとらされ逮捕されるというも...
52-容疑者 室井慎次【徒然日誌】at 2005年09月12日 23:04
惜しい映画である。 一言でいえば、不親切だと思う。 少々分からないことがあっても
やはり謎は残る、、、『容疑者 室井慎次』【パフィオ - People of About Forty Years Old -】at 2005年09月12日 23:45
警視庁・室井管理官(柳葉敏郎)が、自らが指揮をとった殺人事件の捜査の責任をとら
容疑者 室井慎次【映画のしっぽ】at 2005年09月14日 13:12
「容疑者 室井慎次」 (注)ネタバレあります!   ちょっと前にどこぞの映画評論家が 「踊る」のコアなファンなら楽しめるだろうが・・・的発言を していましたが、同感です。 チラっと映った人を見て、人間関係だとかその人の立場だとか 分かる人は分かるんでしょ...
「容疑者 室井慎次」 聞き取れなかったセリフが【ESCAPE TO VICTORY】at 2005年09月15日 21:27
オススメできる知的エンターテイメントでした。
容疑者 室井慎次【前田慶次郎店長のブログ】at 2005年09月15日 22:50
「容疑者 室井慎次」 (注)ネタバレあります!   ちょっと前にどこぞの映画評論家が 「踊る」のコアなファンなら楽しめるだろうが・・・的発言を していましたが、同感です。 チラっと映った人を見て、人間関係だとかその人の立場だとか 分かる人は分かるんでしょ...
「容疑者 室井慎次」 聞き取れなかったセリフが【ESCAPE TO VICTORY】at 2005年09月19日 18:55
とりあえず、面白かったですw 交渉人 真下正義よりも良かった と思う。 交渉人もそれなりに面白かったとは 思うんだけど、なんか、ラストが 納得いかなくて・・・。 容疑者の方でその納得いかなかった ラストにちょっと繋がりを 持たせてくれるのかと、 密かな期待をしていた...
容疑者 室井慎次【キマグレ雑記】at 2005年09月19日 22:26
「容疑者室井慎次」の初号試写、打ち上げに行って来ました。 アフレコの時に多少は絵を見ていたので、自分の登場頻度に関しては、まあ予想の範囲内ですかね^^ レディ・ジョーカーの時と比べたらその倍は登場していますし、確実に、少しずつではありますが、自分....
「容疑者室井慎次」に出演して学んだこと 1【警視庁から俳優への転身〜乾坤一擲で頂点を目指す】at 2005年09月27日 21:55
 皆さん、たくさんのトラックバック有り難うございます^^  こちらもこれからどんどんトラックバックさせていただきます☆ >『室井』の現場に対する想いが数少ない台詞で表現されていますが、その割りに北新宿署の刑事たちにリアリティが無く、結果クライマックスで....
「容疑者室井慎次」に出演して学んだこと 2【警視庁から俳優への転身〜乾坤一擲で頂点を目指す】at 2005年09月27日 21:59
 くりっく〜!  くりっぷ!確認お願いします。  「容疑者室井慎次」関連記事へトラックバック、コメントを下さった皆様方。  たいへん長らくお待たせしました^^;  トラックバックをひととおり読ませていただきましたが、  「リアリティーが無く、踊る〜シ....
「容疑者室井慎次」に出演して学んだこと 3【警視庁から俳優への転身〜乾坤一擲で頂点を目指す】at 2005年09月27日 22:04
店員「ご覧になられる映画は?」 漏れ「“容疑者 室井滋”」(自信満々) 店員「ぷっ(笑い)、“容疑者 室井慎次”ですね?」 同伴者「…」しばし他人のフリ ちなみに小生は、「象になった少年」(正解:星になった少年)の前科有り。 個人的に気になったのは...(“容疑...
容疑者 室井滋? 室井慎二? ※正解は、“容疑者 室井慎次”【MyPersonalLinks+】at 2005年09月28日 07:49
大人気ドラマシリーズ「踊る大捜査線」の スピンオフムービー第2弾! 第1弾は「踊る??」で、私が一番好きなキャラ、 真下さんが主役でしたが…。 今回は室井さん!シリアスな予告にドキドキ! 「交渉人 真下正義」が面白かっただけに期待は高まり 劇場へ??!! ...
容疑者 室井慎次【きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/】at 2005年09月28日 20:06
 「踊る大捜査線」シリーズは2作とも傑作でした。そして、そのスピンアウト企画である『交渉人 真下正義』も予想外の秀作でした。  したがってな
容疑者 室井慎次【シネクリシェ】at 2005年10月11日 05:51
人気blogランキングへ【この映画について】「踊る...」シリーズのスピンオフ企画(映画内のキャラクターを主人公とする別企画物)として、GW頃の公開だった「交渉人 真下正義」に次ぐ企画として公開された。「交渉人...」はユースケ・サンタマリアが主人公の企画であり、...
映画『容疑者 室井慎次』を観て【KINTYRE’SPARADISE】at 2005年10月16日 14:32
警視庁新宿北署管内にて殺人事件が発生。 同署に捜査本部を設置し捜査を開始。 被疑者が同署管内交番勤務の警察官だった為、同交番にて任意による事情聴取。 事情聴取中に被疑者の警察官が逃走。 公務執行妨害により直ちに逮捕を執行したが、逃走を続け交通事故により死....
『容疑者室井慎次』2005年112本目【映画とJ-POPの日々】at 2005年10月19日 23:26
去年の夏,この映画を見て,ドラマ「踊る大捜査線」から続いている, 「偉くならないと,正しいことはできないの?」 という個人的な疑問について,再び考えさせられた. 今日,DVDが発売されることを記念して,改めて記事として紹介することに. 思えば,『A画』だの....
容疑者・室井慎次(4月19日DVD発売)【オレメデア】at 2006年04月19日 17:59
製作年度 2005年 製作国 日本 上映時間 117分 監督 君塚良一 脚本 君塚良一 音楽 松本晃彦 出演 柳葉敏郎 、田中麗奈 、哀川翔 、八嶋智人 、   吹越満、スリーアミーゴズ 解説: 『踊る大捜査線』スピンオフ企画第2弾。シリーズでも人気の高いキャ....
容疑者 室井慎次【タクシードライバー耕作のDVD映画日誌】at 2006年04月19日 21:19
“喋りすぎたがために事件に巻き込まれた男・真下”から “話さないために法律に翻弄される男・室井”へ。 ・・とサイトには書かれてました。 劇場へ見に行く気はなかったんですが、 借りてきて見ればコレが意外に渋くていい感じでした。 高倉健ですか、あーた。(笑) 男は...
キャリアがキャリアに立ち向かうこと~「容疑者室井慎次」~【ペパーミントの魔術師】at 2006年04月20日 12:33
容疑者 室井慎次 ご存知踊るシリーズ最新作? 「容疑者 室井慎次」 交渉人が面白かったので期待しておりました
容疑者 室井慎次・・・・・【サクサクっと・・・】at 2006年04月26日 19:11
容疑者 室井慎次 去年、交渉人 真下正義 の時は、DVDリリース前にTVで 逃亡者 木島丈一郎 やったり、かなりプロモーションしたようだケド、今回は?なんかやった??映画とは、季節も違ったし、、、 言わずと知れた、踊る スピンオフ なんだケド、あたしはこれ、よかった...
容疑者 室井慎次 06年80本目【猫姫じゃ】at 2006年05月15日 13:38
良かったんじゃないですか田中麗奈。(ってそっちかい!)何がって?そりゃだって、初めて観たんですもの。彼女の映画。CMじゃよく見る顔だけど、民放に出る機会が少ないこともあって、実は謎でした。顔は好きでも嫌いでもないけど、彼女なりの魅力ってのはなんとなく感じ....
容疑者 室井慎次【しーの映画たわごと】at 2006年05月17日 10:09
容疑者 室井慎次 (2006/日本) 2005年2月某日-警視庁・室井管理官(柳葉敏郎)は、自らが指揮をとった殺人事件の捜査の責任をとらされ、逮捕されてしまう。室井を救おうとする若き女弁護士(田中麗奈)。そして、警察の不正を暴くという大義名分をかざして、徹底的に室井...
DVD『容疑者 室井慎次』【みかんのReading Diary♪】at 2006年09月26日 13:25
この記事へのコメント
踊るファンサイドと映画ファンサイドとの”ギャップ”が気になりますね。(おそらくですけど・・・)
まだアップされていないようなんでまたお邪魔します。

私も、”踊るファン”サイドとしては★4つ。
>正義が死なない限り、「踊る」シリーズが死ぬこともない
同感です。

そして
「何やってんだ?われらの室井さんは」
に尽きるかもしれません。
Posted by たいむ at 2005年08月30日 20:39
 TBありがとうございますm(_ _)m

 「踊る」本編は、いかに分かり易く、面白く観客に
楽しんでもらうとゆー主旨があったのに対して、今作
は挑戦状を叩きつけられたような感覚でした。

 つまり「室井とゆーキャラが、踊るの中に居る理由
がわかるか?」と、問われているような。個々のキャ
ラを掘り下げることで踊るの世界観をより楽しんでも
らおうとする姿勢は、とても好きです。

 この作品は、「踊るであって、踊るではない」正に
そんな言葉が出てくるような感じでした。
Posted by たましょく at 2005年08月31日 09:15
TBありがとうございます。のっけからばっさりやったので、TBをいただくのも恐縮デス。自分からは自重してました。
各々のエピソードは、良いと思うのですが。
Posted by あかん隊 at 2005年08月31日 09:34
まつ様 こんにちは。
TBさせていただきました。

>「受難者」に「救い」と「理解」を与える図式は「キリスト教」のそれを髣髴とさせる。

うーーん。さすがの分析と的確な表現です。
そうかもしれない。なぜあんな若い女性の弁護士を?と予告から気になっていたことは、ここにあったんですね。

そして正義、正論に対するみごとなまとめ方・・・・
勉強になります。
VMチーフ
Posted by チタンアクセサリーショップZeus奮闘記 at 2005年09月02日 17:54
Invokeといいます。TrackBackさせていただきました。
こちらのサイトは、ググって見つけたcococoさんのサイトにあったTBから辿ってやってきました。うーん、すごい分析&洞察力で、勉強になります。
B面もあるんですね。そちらも後で拝見させていただきます。
Posted by Invoke at 2005年09月04日 23:58
NANAのほうでトラバしていただいたんで、
私は「室井慎次」のほうにもトラバさせていただきますね。

昨日、この映画の宣伝番組を深夜に録画してみたんですよ。
柳葉さんが「踊るシリーズ」ファンの60代の男性と
知り合ったそうなんですが、その人は室井さんと同じポストにあり
同じく内部の改革に奔走し苦労されていたとのこと、
映画の中に「自分自身を見た」とおっしゃったのだとか。
それまでギバさんは、「こんな奴いるのかな?」と内心思いながら
演じていたそうなんですが、役者冥利につきると感じると同時に
「実際にあることなんだな」と思われたそうですよ。

小原に語るシーンはとてもよかったですよね〜。
「そういうことだったんですか、室井さん!」と思いました。
Posted by ぶんちょう at 2005年09月11日 14:01
遅くなりましたがようやく観ました。
てっきり『交渉人〜』の続きかと思ったんですが違いましたね。
でもそれで正解ですね。
基本的に法廷ものなのでシリアスのはずが、ものの見事に『踊る〜』しててたのしかったです。
細かいシーンで「う〜、踊るしてる、すげえ」と感心してしまいました。
『踊る〜』ファンの間では評価が低いのですが、私は良かったです。
Posted by 健太郎 at 2005年10月19日 23:18
ビギナーズラックでも
墓穴にツッコミをいれただけの逆転劇でも
私個人としては結構楽しめました。
新米弁護士だからということにリアリティをいれたかったのでしょうか?

こんなヤツのために振り回されたのかよ〜。
哀川翔の台詞がそのまま室井さんの心の叫びにも聞こえました。
灰島に怒り、権力抗争に怒り、
そのなかで振り回される室井さんに同情し
とりあえずよかったよかったと・・・UPしたら
結構みなさん辛口で。

Posted by Ageha at 2006年04月20日 12:43
すいません、長くなりましてダブルでどうも。

青島刑事との出会いで経歴だけみれば踏んだりけったりの
室井さんなんですが、着実にそのなかで周りの意識を
改革していってる・・・「たたき上げのキャリア」なんてものが
もしかしたらホントにできるのかもしれないと
室井さんがホントに上にいっちゃった時の未来を
期待してしまいました。
もっとも、「アツクならない」ことが心情のようで
そのために自分はまったく動かず(動かない設定?)、
人が動かされてる感じはいなめなかったですけどね・・・。
Posted by Ageha at 2006年04月20日 12:45
この映画は「踊る・・・」シリーズの中で
一番好きです。

シリアスな場面が多いところが、
これまでの映画にはない印象を残して、、
室井さんかっこいいわ〜
Posted by ゆき at 2007年11月07日 19:01
室井さん素敵☆
踊るシリーズの映画は全部見てますけど、
スピンオフ作品の方がすきなんですよねぇ〜
Posted by ゆうこ at 2007年11月07日 19:28