2005年09月04日

NANA 【A面】

a354375a.bmp第200回

【A面:NANAファンサイド】

★★★★(劇場)

 人は楽しい思い出を語るとき、同時にあることを脳裏に甦らせる。

 それは楽しい思い出につきまとう「後悔」や「反省」だ。

「楽しい」ということには、常に比較対象がある。人がなぜ「辛いと」感じるのかの度合いが様々であるのも、個々人の体験における比較対象に基づいていることと同じだ。

 今からではどうにもならない「もどかしさ」、そこから生まれる「後悔」や「反省」は切ない。

 時間は流れてゆく。それは止めることは出来ない。戻ることも出来ない。しかし、思い出の中では過去を再現できる。

 その過去に立ち返ったとき「どうすることもできない」思いは胸をしめつける。

「あのとき、ああしとけば」と考えることは誰にでもあることだ。

「NANA」はその普遍的な思いを「家族関係」や「男女の恋愛」ではなく「女同士の友情」に込めたところがミソだ。

 ロックシンガーを目指す大崎ナナ(中島美嘉)と恋人を追いかける小松奈々(宮あおい)は上京する列車の中で知り合い、意気投合する。

 マイペースで夢を追いかける強いナナと、行き当たりばったりで恋愛ジャンキーな奈々には共通点が見当たらない。およそ親友になどになれるとは思えない。

 しかしお互いに足りない部分を補い、支えあっている。

 その関係には不思議な「ひたむきさ」を感じる。押し付けがましくないのだ。

 男性に対しての「ひたむき」が、奈々の場合は押し付けがましくなる。「私はしてあげているのに」という台詞からもそれは伺える。

 クールに見えるナナにも、上京という決意には人気グループのギタリストとなったかつての恋人・レン(松田龍平)への「見返し」という意地がある。が、その裏でレンへの想いを断ち切れないでいる。

 このことから、目的が違えど思いを寄せる男性への姿勢において二人のNANAは似ていることが判る。

 映画後半、章司(平岡祐太)を待ち伏せるのに付き合って欲しいと懇願する奈々に、ナナは「計算高い女は大嫌いだ」と言い、「単純に章司が好きだから待つと言え」と促す。

 ここからも「恋愛」に対する二人の共通点が見出せる。

 このように考えると、二人が「運命」的に出会ったことによって惹かれあうのは当然であるように思えてくる。その「運命」の人が男性ではなく女性であって、求めても得られないのがまた男性でなく女性となってゆくあたりにこの物語の真髄がある。

 似ていないようで似ている二人のNANAの本質はこの「恋愛体質」にあり、「男に尽くす」という姿勢が二人に試練を与えてゆくのだ。

 原作者である矢沢あい作品の魅力は、恋愛において非情な展開を主人公たちに強いる点にある。

 主人公たちは思いを寄せる相手と結ばれるのだが、順風満帆ではない。ときに誤解が二人の仲を裂き、読者は心を痛める。簡単にハッピーにさせてくれないことによって、現実にある読者自身の恋愛体験にフィードバックさせるからこそ「切なく」なるのだろう。

 だが「NANA」の真骨頂は、次第に誤解を生んで離れ離れになってゆく二人のNANAに焦点が当てられている点にある。つまり二人の恋愛を交互に見せながらも、基本的には二人のNANAの友情物語になっている。その障害となるのが「恋愛」であり「バンド活動」というそれぞれの「夢」であるからこそ面白いのだ。

 奈々にとってはバンドを成功させるという「夢」を持つナナが羨ましい。彼女にはこれといった「目的」がないからだ。

 不幸な生い立ちのナナにとって、奈々の「明るさ」が羨ましい。彼女は「幸せ」と無縁だからだ。

 奈々は男に振り回されながらも「恋に恋している」だけで意外にしたたかだ。逆に「恋愛」というフィルターを通したとき、一見すると強そうなナナが実は精神的にもろいことがわかる。不幸な少女時代を体験したナナが、レンから与えられた唯一の「愛情」に執着しないとうそぶく度に彼女の心は傷まみれになっているのだ。

 すぐに男に媚びる奈々は、一歩間違えると読者の嫌悪感を引き出しそうなのだが、ナナへの誠実さによって絶妙なバランスを保ち物語を救っている。そのお互いを思う気持ちが時として台詞に現れるのだが、その多くはモノローグによるものであって、実は直接相手に語りかけられているものではない。

 だからこそ、失恋した奈々に添い寝するナナや、レンのステージを見つめるナナの手を握る奈々の姿に心動かされるのだ。

 言葉に頼らない思いやり。

 これは真の友情が、場所や時間に関係なく続くことに繋がる。

 本当の友達は、離れ離れになっても、長い間会わなくても、相手をどこかで理解しているものだ。だから久しぶりの再会であっても、会った瞬間に会わなかった時間がぐっと短縮されて、すぐにもとの関係に戻れるのだ。

「NANA」の原作は連載中にて未完だが(コミックスは現在13巻まで)、二人のNANAのモノローグによって「悲劇的」な結末を想起させている。

 二人のNANAの発する言葉の端々から、ファンの多くはどちらかのNANAの「死」を予期している。

 だが、僕はこう思うのだ。

 二人のNANAの間にわだかまりがあって、二人ともが正直な気持ちを打ち明けられないでいる。カリスマシンガーとなったナナと子持ちの奈々には共有する時間などない。当然、二人は長い間会うことが出来ないのだろう。

 だが、過去を思い出し、後悔しながらも共に相手のことを常に気遣っているはずだ。

 何年か経って二人が再会したとき、恐らく「わだかまり」は一瞬で溶けてしまうに違いない。

 そのとき、この映画のラストで見せた二人の笑顔に再び出会えるはずだ。

 真の友情とはそういうものだから。


 ※明日は【B面:映画ファンサイド】をお送りします。

  また、過去記事【「NANA」漫画原作映画の考察】も是非ご参照下さい。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/matusan/50047225
この記事へのトラックバック
面白かったです。二人のナナの物語。一人は、バンドを組んでいた仲間にこうしているが
NANA@映画分析【こころそぞろ】at 2005年09月04日 17:02
製作国:日本 公開:2005年9月5日 監督:大谷健太郎 原作:矢沢あい 出演:中島美嘉、宮崎あおい、松田龍平、成宮寛貴、松山ケンイチ、玉山鉄二、平岡祐太、サエコ、伊藤由奈 若者とカップルで一杯だったから劇場の中では最年長だったかもしれない^_^; 八王子シネマで...
NANA【外部デバイスへの記録】at 2005年09月04日 22:45
あーちゃん「NANA」を全巻持ってるんです…ちょっと前、理恵子に「NANAもってたら貸して」と頼まれた時、持ってませんでした。結構じゃかすかマンガを買っちゃうほうなので理恵子は持ってると思ったんでしょうねぇ・・・。結局1冊買って面白かったら全巻買うね。と...
「NANA」@ヤマハホール【旦那にはひ・み・つ (☆o☆)】at 2005年09月04日 23:23
本日、2回目の試写会に行ってきました。 1回目、面白かった… 2回目、愛着が湧いてきた… 原作を知らなくてよかったかな… いや、原作をしっている映画タッチも観たけどよかったと私は思っています。 多分、原作のNANAファンにとっては映画NANA満足し...
『 NANA 』【やっぱり邦画好き…】at 2005年09月06日 04:04
「NANA ナナ」 公開初日に鑑賞するのは久しぶりかな。 待ちに待った本作は、とっても良かった。 今年観た中では上位、オススメの作品。 矢沢あいの同名コミックの映画化。 監督は「約三十の嘘」(こちらもオススメ)の大谷健太郎、 中;島美嘉と宮崎あおいが二人のナナ...
「NANA ナナ」 初日に鑑賞【わたしの見た(モノ)】at 2005年09月06日 08:25
 観終わった瞬間、二つのバンド名を忘れてしまった。相変わらず記憶力が弱いなぁ〜と嘆く一方で、別れの列車がキハ40-816だと覚えていた・・・  コミックが原作なのにしっかりしたストーリーだ。そして、音楽もいいのに、中島美嘉、松田龍平、そして平岡祐太の演技によっ...
NANA【ネタバレ映画館】at 2005年09月06日 08:29
------おっ、今日は迷いが見えるニャ。 確かこれって、原作がベストセラーでは? 「矢沢あい。 う〜ん、何が困ったかって、 自分の映画へのスタンス上、 原作のある物語をえんえんと書くわけにもいかない。 映画を観る限り、これは宮崎あおい扮する小松奈々の回想。 しかも回...
『NANA ーナナー』【ラムの大通り】at 2005年09月06日 10:02
見に行ってきましたー(*^??^*) 初日だったということもあり、人がおおかった。 あと、選挙が近いということもあり、本編の前に民主党のCMが出てきたことには萎えたー 矢沢あい原作の同名のコミックから映画化ってことでー 一応、マンガ本で出ていた13巻までは入院
初日から・・・NANAを見に行ってしまった【天下一ケンチクンへの挑戦!】at 2005年09月06日 10:29
家のすぐ近くにある映画館で上映してたのでポイント稼ぎも兼ねて今日はこの作品を観てきました。初日ですが、最初回を観に行ったのでガラガラ、10人ちょいくらいだったかな。もっともココはけっこうローカルなとこなので別に不思議ではないんですが、やっぱり女子中学生っぽ....
NANA-ナナ/中島美嘉、宮崎あおい、松田龍平、成宮寛貴、玉山鉄二【カノンな日々】at 2005年09月06日 10:40
良くも悪くも、少女マンガらしい。原作がマンガだとキャラクタにも当然、違和感のなさ
NANA【cococo】at 2005年09月06日 12:03
 東京に向かう新幹線の中で偶然出会った小松奈々と大崎ナナ。何よりも恋を優先し、東京にいる彼氏のもとに向かう奈々。一方、パンクバンドのヴォーカルとして成功を誓い、東京を目指すナナ。20歳同士で同じ名前だったことで意気投合する2人。その後、引っ越し先の部屋でも...
NANA (2005) 114分【極私的映画論+α】at 2005年09月06日 12:49
映画〈NANA〉フォト・メイキングブック 最近話題ですね! 「NANA」 自分は詳しくは知らないんですけど、 面白そうですね。 元はコミックスで、 映画化されたようですね。 ストーリーは、 東京行きの電車でたまたま出会
「NANA(ナナ)」【赤ヘルと音楽とわたくし】at 2005年09月06日 22:30
2005年9月6日 NANA ナナ 2005年9月3日(土)全国東宝系ロードショー 2005年/日本/1時間54分 製作:TBS、東宝 セディックインターナショナル 集英社、トゥループロジェクト IMJエンタテインメント MBS、アニプレックス #17 (2005.7月か...
『NANA』を観て来ました!【☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!】at 2005年09月07日 02:49
NANA ★★★★☆ 中島美嘉の歌う姿目当てで観ました。 ほかはあまり期待しなかったのです・・が、かなり満足してしまいました~ 設定とかありえない、とか偶然にしても出来すぎじゃないとかそういうのは、 少女匁ではもはやツッコミどころではないと思って観る事にしました♪...
NANA ★4【おえかき上達への道】at 2005年09月08日 22:32
ねぇ、ナナ。 あたしたちの出会いを覚えてる? あたしは運命とか、 かなり信じちゃうたちだから、 これはやっぱり運命だと思う。 笑ってもいいよ。 矢沢あい原作で、現在連載中(コミックは、ただ今13巻まで発売中)の超人気漫画「NANA」の映画化。 小松奈々
NANA【ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!】at 2005年09月09日 01:08
ねぇ、ナナ。 あたしたちの出会いを覚えてる? あたしは運命とか、 かなり信じちゃうたちだから、 これはやっぱり運命だと思う。 笑ってもいいよ。 矢沢あい原作で、現在連載中(コミックは、ただ今13巻まで発売中)の超人気漫画「NANA」の映画化。 小松奈々
NANA【ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!】at 2005年09月09日 01:09
監督 : 大谷健太郎  原作 : 矢沢あい主演 : 中島美嘉 / 宮崎あおい / 松田龍平 /      / 成宮寛貴 / 玉山哲二 /公式HP:http://www.nana-movie.com/ NANA 累計2700万部を突破し3週連続でコミックスランキング1位を記録した全13巻の矢...
「 NANA 」【MoonDreamWorks】at 2005年09月10日 00:03
9月3日、世の中の人が誰も知らない中ひっそりとT??JOY大泉で行われてた、勝手に「INDYデー」(映画3作品6時間耐久鑑賞レース)、1作品目「サマータイムマシンブルース」、2作品目「奥さまは魔女」と、面白かったんで途中寝ることもなく順調にこなしたINDYですが、...
NANA??ナナ??【欧風】at 2005年09月11日 01:56
夢を歌う。夢に恋する。そして、二人は夢を奏でていく。 CAST:中島美嘉/宮崎あおい/松田龍平/成宮寛貴/玉山鉄二/松山ケンイチ/平岡祐太 他 最初に言っときます。私は原作を読んでます。てゆーか持ってます。毎回読むたんびに感動させられてます。感動けどそんな熱狂...
NANA(映画館)  【ひるめし。】at 2005年09月11日 08:17
今日は「レディースデイ」なので(私の住んでるところでは) 女性は1000円で映画が見れます。なので久々に二本ハシゴしてきました。 {{{ 「容疑者室井慎次」 一連の踊るシリーズとは一線を画しているのは皆さんの感想で知っていたし、 賛否両論分かれてんだなーと...
容疑者室井慎次・NANA(新映画日記転用)【新×3 もろもろ日記】at 2005年09月11日 13:44
9月8日(木)TOHOシネマズ木曽川にて 大人気のコミックの映画化ということは知っていたが、私は原作を読んでいない。だから、原作と比べてキャラがどうのとか、ストーリーがどうのとかいうことは一切書けないし、素直にこの作品を「1本の映画作品」として感想を述べてみよ...
大崎ナナの魅力に参った◆『NANA』【桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」】at 2005年09月12日 20:24
★★★☆叩けば泣くような女の子Nanaと、叩けば叩き返すような女の子Nanaの
NANA -ナナ-【mimiaエーガ日記】at 2005年09月12日 21:03
ついに「NANA」を観に行きました。 ストーリーは、やっぱタクミが部屋に来たところで終わりやった。 中島美嘉はやっぱハマってた、アカペラで適当に歌うシーンは鳥肌がたった。俺は元から中島美嘉の声が好きだったし。 スッゲーいい。 レイラ役の人の歌声も良かっ....
映画版「NANA」【煮晩閃字】at 2005年09月13日 01:31
『交渉人 真下正義』『容疑者 室井慎次』に続いて、東 宝が仕掛ける今年の目玉作品が「NANA」。『踊るシリー ズ』はご存知フジテレビで、この『NANA』はTBS。マス メディアをちゃんと押さえている。押さえているという かテレビ局からすると、TVだけでは収入が稼げない...
そして私は大人になっていく《NANA》【アロハ坊主の日がな一日】at 2005年09月14日 09:42
「NANA」を観てきました。サービスディを利用して。 原作、読んでないんですよね。流行に疎いなぁ・・・・(笑 子供がもし読んでれば、読んでいたかもしれないけど。 原作を知らなくて、わかるかなぁっ...
映画「NANA」を観てきました。【私でもいいですか?】at 2005年09月14日 13:50
中島美嘉のニューシングルは、NANA starring MIKA NAKASHIMAとして発売! この曲は名前からお分かりのように9月3日公開の話題の映画「NANA-ナナ-」の主題歌となっています。 作曲もL'Arc??en??CielのHYDEが、作詞をNANA作者である矢沢あいの書き下ろしとすべてが話題となっ...
中島美嘉 GLAMAOROUS SKY【♪無料着メロ情報局♪】at 2005年09月14日 23:13
見に行ってきましたー(*^??^*) 初日だったということもあり、人がおおかった。 あと、選挙が近いということもあり、本編の前に民主党のCMが出てきたことには萎えたー 矢沢あい原作の同名のコミックから映画化ってことでー 一応、マンガ本で出ていた13巻までは入院
初日から・・・NANAを見に行ってしまった【天下一ケンチクンへの挑戦!】at 2005年09月15日 22:29
土曜日に超人気漫画「NANA」の映画を見に行ってきました。 恋に生きる「奈々」と夢に生きる「ナナ」。2人の二十歳の女の子を描いている話です。恋することでしかなにか足りない自分を埋められないでいる「奈々」。故意よりもプライド選んで、バンドでデビューすることを夢...
NANA【美味しい生活】at 2005年09月16日 16:36
土曜日に超人気漫画「NANA」の映画を見に行ってきました。 恋に生きる「奈々」と夢に生きる「ナナ」。2人の二十歳の女の子を描いている話です。恋することでしかなにか足りない自分を埋められないでいる「奈々」。故意よりもプライド選んで、バンドでデビューすることを夢...
NANA【美味しい生活】at 2005年09月16日 16:37
世の中にはきっと、もっと演技が上手な女優さんがいるのだろう。 けれど、今回は”演技が上手ければ良い”ということが全てでは無いことを、再認識した。 聞きかじりの話しなので正確では無いのだが、こんなエピソードを聞いたことがある。 外国人の方が電車でコミック
『NANA』【チタンアクセサリーショップZeus奮闘記】at 2005年09月17日 14:53
「映画「NANA」が絶好調の中島美嘉が黒柳を「徹子!」って呼び捨てしたらしいな(笑)」 「上の画像を見ても明らかに言ってます「徹子!」って(笑)」 「白黒時代のテレビの黎明期から活躍してる大先輩に向かって呼び捨てかよ、中島美嘉、大物だな(笑)」 「まあ悪気が
中島美嘉、黒柳を「徹子!」と呼び捨て【陽光燦爛的日子??a diary of Worldwalker】at 2005年09月17日 17:58
NANA続編製作決定ですって! ってか今やってるNANAも今月19日までの公開17日間で興収23億円、動員176万人を突破らしいですよ! いやいや別にいいですけどね。 昔からコミックス読んでる人はどう思ってるんでしょう? 少なくとも僕は映画は嫌だな。 いや、アニメならいいんで...
日本はNANA一色!!【人間とは考える葦である】at 2005年09月22日 11:51
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(39) NANA やっと『NANA』を観ましたよ、とうとう。 いやあ、感動でした。 ファンタスティック・フォーを午後9時に見終わって、それから、11時までレイトショーで観...
映画のご紹介(39) NANA【ヒューマン=ブラック・ボックス】at 2005年09月23日 13:42
人間はいつだって一人じゃないよとするメッセージが嬉しい!
NANA -ナナ-【Akira's VOICE】at 2005年09月27日 18:01
 同日に観た『四月の雪』には中年の女性客が多かったのに対して、この作品は女子高生が目立ちました。  高校生にとってヨン様というと腰が引けるの
NANA -ナナ-【シネクリシェ】at 2005年09月28日 07:13
スマヌ。 この映画全然ダメ。受け付けない。 映画鑑賞中、何とかして楽しんで鑑賞しようと、心のモードを次々と切り替えまくる格闘を続けていた。 この文章はその記録である。 火曜日。仕事を早めに切り上げ、映画館に向かう。公開中の映画で見てないもの、かつ仕事が終わっ...
NANA [NANAを観ていた私の2時間の戦いの記録]【自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ】at 2005年09月30日 02:58
NANA http://www.nana-movie.com/ ★★★☆☆ 映画 少女漫画 バンド 恋愛 中島美嘉、宮崎あおい主演。マゼンタをテーマ色に蓮や鎖などのモチーフをアクセントに。 ...
映画『NANA -ナナ-』【Webデザイナーが使うWebデザインのネタ帳『Key Person Q』】at 2005年10月04日 11:52
NANA http://www.nana-movie.com/ ★★★☆☆ 映画 少女漫画 バンド 恋愛 中島美嘉、宮崎あおい主演。マゼンタをテーマ色に蓮や鎖などのモチーフをアクセントに。 ...
映画『NANA -ナナ-』【Webデザイナーが使うWebデザインのネタ帳『Key Person Q』】at 2005年10月04日 12:12
国分直行です。 NANA〜ナナ〜の映画見てからハマまくりです。 日替ランチ114で書いた通り一人で見に行ったのですが・・・。 NANA オリジナル・サウンドトラックの完全生産限定盤もGETしたくらい。 映画を観た翌日は、カラオケにて『GLAMOROUS SKY』を一人でみっちり練...
日替ランチ124【★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog】at 2005年10月05日 19:30
原作、矢沢あい。 メガヒット大人気少女マンガの映画化。 実は私、矢沢あい先生のマンガは 1??4巻くらいまでしか見てなく このマンガに対してはっきりいってしまうと 思入れも何もないし、特にファンというわけでもありません(ぇ でもやっぱり、あの素敵な服や小...
NANA―ナナ― 【きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/】at 2005年10月06日 10:38
7日に『NANA −ナナ−』を観に行った。(ダジャレじゃないよ!)自分は原作の漫画を読んだことがなかったので、物語の内容や登場人物のキャラクターに対する先入観が全くないことが逆に良かったのかもすんなりと映画に入り込めました。『タッチ』がさわやか度100%....
NANA -ナナ-【Matsuno-FC Blog】at 2005年10月08日 14:49
「NANA」★★★★(中劇2) 2005年日本 監督:大谷健
NANA【いつか深夜特急に乗って】at 2005年10月08日 22:31
天気予報、見事にハズレて気持ちいい秋晴れ{/kaeru_fine/} やっと「NANA」を観てきました。 お客さんは20人・・・ さて「NANA」ですが、予想以上の面白さでした! 「NANA」は、クッキー(NANAが連載されている漫画)を2年前まで 買っていたので、知っておりました。 映画...
NANA【ダラダラ生活 日記】at 2005年10月14日 19:10
この映画ね、見ないつもりでいたんだけど、大谷監督が監督していると最近知りまして。 大谷監督の作品は、劇場デビューの『アベック モン マリ』も、『とらばいゆ』も見ていたし、実は、遠い知り合いの知り合いぐらいの位置にいる方で、『アベモン』のときはシネアミューズ...
NANA【toe@cinematiclife】at 2005年10月17日 17:40
本日いろんな映画最終日。見残した映画はいくつもありますが「NANA」を選びました。わたしはこの映画については、原作も情報誌も一切読んだことがありません。したがって、単なる一本の映画として見たわけですが・・・予想以上に気に入った!という評価です。東京にいる彼氏
映画「NANA」見ました!【どうせ誰も見てませんからっ☆★】at 2005年10月22日 03:19
いつもマイペースで独りよがりなんだよなぁ??! 天気の話はいつのまにか先週見た映
NANA【映画のしっぽ】at 2005年10月25日 16:00
私、ロックをはじめ、音楽にはそれほど興味ありません。 ただ、ロックミュージシャンを目指す若者を描いた日本の映画、大好きです! それほど数は観てませんが、『アイデン&ティティ』という映画に、心の奥がしびれる感覚を。 『アイデン&ティティ』、何がいいって、家....
『NANA』【ストーリーの潤い(うるおい)】at 2006年02月11日 16:38
「NANA」 評価 ★★★☆☆ 『あらすじ』  北海道でインディーズバンドのボーカルとして活躍していたナナ(中島美嘉)と東京に行ってしま った彼氏・章司の後を追って新幹線に乗り込んだ奈々(宮崎あおい)は、隣同士の席となる。同い 年、同じ名前...
NANA【何を書くんだろー】at 2006年02月25日 16:52
私、ロックをはじめ、音楽にはそれほど興味ありません。 ただ、ロックミュージシャンを目指す若者を描いた日本の映画、大好きです! それほど数は観てませんが、『アイデン&ティティ』という映画に、心の奥がしびれる感覚を。 『アイデン&ティティ』、何がいいって、家....
『NANA』【ストーリーの潤い(うるおい)】at 2006年02月27日 00:21
東京での成功を夢見て上京したバンドのボーカル・大崎ナナ(中島美嘉)と,恋人を追って上京した小松奈々(宮崎あおい)が,東京駅へ向かう電車の中で偶然,隣同士の席になった. 同い年で同じ名前のナナと奈々は,出会えた偶然に祝杯を挙げ,引っ越し先のアパートで運命の再会,周囲...
NANA(3月3日DVD発売)【オレメデア】at 2006年03月01日 00:14
累計発行部数2300万部を超える矢沢あいの同名人気コミックを、人気歌手・中島美嘉と「EUREKA」などで注目の若手女優・宮崎あおいの共演で映画化した青春ストーリー。偶然同じ電車で上京してきた対照的な性格の20歳の女の子“ナナ”と“奈々”の恋と友情を瑞々しく描く。監...
NANA【Extremelife】at 2006年03月04日 10:15
NANA −ナナ− 中島美嘉 大好き!あたしがもっとお子ちゃまなら、彼女に傾倒しているでしょうね。今ちょっと、関西方面に潜伏ちうなんだケド、クルマの運転中は、常に中島美嘉ガンガンです!本日のカラオケ、中島美嘉 特集でした!! もちろん原作、全く知りません。原作フ...
NANA −ナナ− 06年46本目【猫姫じゃ】at 2006年03月11日 16:37
来月5日にスタートする人気コミック「NANA」のアニメ版(日本テレビ水曜後11・25)で、注目の主役ナナの歌を土屋アンナ(21)が、ライバルのレイラの歌をOLIVIA(26)が歌うことが決まった。いずれも新曲が書き下ろされ、劇中以外でもテーマ曲として使わ....
土屋アンナNANAアニメ版主題歌roze【ブログで音楽を流す方法】at 2006年03月17日 17:22
  劇場公開になった時、観に行こうと思いながらも、一緒に行ってくれる適当な人がいなくて、とうとう行かずじまいになったので、今回のDVDが初見だ。 考えてみると、わたしにはこういう映画を一緒に観に行ってくれるような同性の友人がほとんどいない。小説の取材で知...
NANA【minaの官能世界】at 2006年03月17日 22:54
『NANA??ナナ??』 ★★★★ 【監督】大谷健太郎 【出演】中島
『NANA??ナナ??』【アンディの日記】at 2006年04月02日 00:56
娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:]      (公式HP) 青春度[:カラオケ:][:カラオケ:][:カラオケ:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】 大谷健太郎 【出演】 中島美嘉/宮崎あおい/松田龍平/成宮寛貴/玉山鉄二/平...
『NANA−ナナ−』【アンディの日記 シネマ版】at 2006年04月21日 16:04
先週の土曜日にツタヤの「半額クーポン」を使って準新作(旧作扱いです)になっていた「NANA」をレンタルしました。 内容は同じ名前の二人の「ナナ」が同じアパートに暮らして、それぞれの恋愛や夢を描く友情すとーりーですが、このDVDを見て、女同心の友情を感じ取れたいい...
「NANA」をレンタルして見ました。【かなやす日記】at 2006年05月24日 17:05
だいぶ前に話題になった「NANA」をようやく観ました。気にはしていたのですが、漫画も読んだことがなく、話題先行の映画だろうと勝手に決め付けていましたが、やはり食わず嫌いは損をしますね。非常に面白く完成度の高い映画でした。 二人のナナが偶然出会い、お互いに困...
NANA/中島美嘉・宮崎あおい【文学な?ブログ】at 2006年06月03日 02:06
『NANA−ナナ−』 総売上3450万部を誇る人気コミック『NANA』は昨年、中島美嘉&宮崎あおい主演により映画化され興行収入40億円を超える大ヒットになりました。そんなNANAを今回久しぶりにDVDで観ましたが、やはり原作を知ると知らないでは大きく印象...
Nana【Tokyo Bay Side】at 2006年07月13日 21:11
矢沢あいのコミック「NANA」の映画化ということで大変に話題になったこの映画、公開時に見逃したので待ってましたよ、ナナとハチの恋と友情の物語 ナナ(中島美嘉)と奈々(宮崎あおい)、上京の途中で偶然出会った二人は部屋探しでまたも偶然鉢合わせする。ナナは自己...
映画『NANA』【茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??】at 2006年07月27日 00:49
 『NANA』  監督: 出演: 紹介HP 本当に偶然なんですが、77本目の映画は『NANA』! ◇ストーリー 東京に向かう列車内で同じ歳・名前の「ナナ」が出会う。 一人は地元では有名なバンドのボーカル、もう一人は東京...
映画vol.77☆『NANA』※TV【Cold in Summer】at 2006年07月27日 15:20
★★★☆  原作のマンガは全く読んでいないので、マンガとの比較は出来ないが、映画の中に少女マンガチックなムードは十分感じたな。 NANA -ナナ- スタンダード・エディション 販売元:東宝発売日:2006/03/03Amazon.co.jpで詳細を確認する
NANA【ケントのたそがれ劇場】at 2006年09月30日 12:39
2005年 大谷健太郎監督 「NANA」(★★★☆☆) 「てめーの男だろ! てめーで取り返せ!」 彼氏を追って、上京する女の子。 そこで同席した2人のナナは、 相部屋で同居することになる。 明るくお喋りで、天真爛漫なナナと、 クールでニヒルな、...
映画「NANA」(★★★☆☆)【新・ぴゅあの部屋】at 2006年12月13日 00:27
先日TVで『NANA』の映画をやってましたが、そこそこカットされてたのでレンタルしてきました。 あらかた感想はこちら↑に書いたんで特に追加で書く事は無いんだけど、やっぱり何度観ても幸子、京助、淳子は激似。 入浴シーンやキスシーン、下着姿で頑張った中島美嘉は....
『NANA』 レンタルで映画【映画とJ-POPの日々】at 2006年12月17日 13:39
この記事へのコメント
二人が、分身であるかのような、関係もおもしろかったです。この映画の出だしが、過去を回想する語り口になっていて、漫画の13巻、12巻買ってきて読みましたが、たぶん、どちらかの死でもって終わる予感がしました。回想は、たぶん、今の若い女性の現実感ではなく、ノスタルジーを感じさせる工夫ではないかいな〜と。TBさせていただきました。
Posted by 悠 at 2005年09月04日 17:02
現在、幼稚園のころからの友達(かれこれ約50年来ということになる)と、わだかまりなく、たくさんのことを話し合える仲でいます。本当に気持ちを分かち合える友達、というのは、必然的に残ってくるように思っています。女性同士だと、特に「正直に何でも云う」なんてことはあり得ないわけで、「云わなくても感じられる、通じる」みたいなところが大事だったりする。どこにも行き場がない、と思った時に「何も言わずに受け止めてくれる」と思える同性の友人がいることは大切ですね。『対岸の彼女』(角田光代)を思い出します。>本当に女同士の友情が必要なのは、今なのに。
Posted by あかん隊 at 2005年09月06日 12:57
相手を思いやる気持ちに言葉はいらない。
そしてホントの友情はどんなに離れていても
心のどこかが繋がっている。

たしかに正直なとこそういうのって
学生時代じゃなく、今のほうがほしいです。

でもえてして、その頃っていうのは
なんでトイレまで一緒に行かなきゃいけないのってくらい
ベタベタで、そういうのってついていけなくて。(笑)
で、その頃にナナみたく「うぜぇんだよ」ってはっきりいえたら
もしくは奈々みたく「え〜お願いたすけてよ〜」って
素直に甘えられたら・・・そんなふうに自分の本音が出せてたら
今親友と呼べる人ができてたかなと。

どこまでも過去形でかたられるモノローグと
そこまでするかというドロドロな恋愛劇の末に
いつ現在形の凛とした結末が見れるのか・・・。
今興味はそっちに向かっています。
結局最後を見届けたくなるんですよね。

Posted by Ageha at 2005年09月06日 15:41
TBありがとうございました。

女の真の友情なんて、存在しないと思ってたりしますが、相手を補完しあう形でなら、あり得るのでしょうね。二人がうらやましい・・・・と素直に感じます。
Posted by naomi-0604 at 2005年09月17日 09:28
TBさせていただきました。
私もナナと奈々の二人の心の通じ合いやお互いを思う気持ちに何度もやられました。
VMチーフ
Posted by チタンアクセサリーショップZeus奮闘記 at 2005年09月17日 14:57
 ども、たましょくです♪

 昨年あれだけ話題になりながら、あえてスルーして
レンタルでチェックしてみたのですが、やはり思って
た以上のモノをそこから感じ取ることが出来ず残念。

 前日に「リンダリンダリンダ」を見てしまったせい
かも?と思いながら、それなりに楽しめる作りには、
なっていたとは、感じました。
Posted by たましょく at 2006年02月25日 16:51
TB、ありがとうございました。
DVDを観て感動したわたしは、漫画も読みました。
にわかファンの謗りを受けながらも、
なるほどなぁ、こんなだと、やはり若い子に受けるんだろうなぁ
って溜め息をつきつつ、14巻まで読みました。
そして、忠犬ハチ公の「ハチ」だと思い込んでいたのが、ナナの次が「ハチ」だからと言うことに、最近、やっと気づいたお間抜けぶり。
こんなことでは、どんなにこの作品を観て研究しても、「彼女のいる彼氏を彼女から奪い取る」目標は、なかなか達成できそうもありません。
Posted by mina at 2006年03月17日 23:12
いまさらですが、TV&レンタルで観ました。
漫画は知らないのですが、日テレのアニメにはまっているので「アニメそのまま」の映像にびっくりです。
宮崎あおいは正直「違う」と思ったのですが、ハチの「おバカさ」も出てて良かったです。
中島美嘉もキスシーンや入浴シーンや下着姿で体当たりだったのが好感をもてました。
他にも、幸子、京助、淳子がアニメそのままなのはびっくりでした。
個人的に幸子なのでこれは嬉しかったです。
Posted by 健太郎 at 2006年12月17日 13:34