2005年09月12日

チャーリーとチョコレート工場

虫歯には気ほつけませう第208回

★★★☆(劇場)

「PLANET OF THE APES 猿の惑星」(2001)によってティム・バートンが証明したもの。

 それは「リメイクも手掛けることが出来る」ということだった。

 よくよく考えれば、彼の大ヒット作「バットマン」(1989)だってリメイクみたいなものだ。だが「PLANET OF THE APES 猿の惑星」(以下「猿の惑星」と表記)は彼の作品の中では評価が芳しくない。

 ティム・バートンに独特の映像感覚があるのは誰もが認めるところだ。

「ビートルジュース」(1988)や「シザーハンズ」(1990)における個性は誰にも真似が出来ない。あえてリメイクなどせずとも、ティム・バートンらしい奇抜な映像世界をオリジナルで作って欲しいと多くのファンが望んでいるはず。

 ところが今回、ティム・バートンは果敢にも再びリメイクを手掛けた。それが「夢のチョコレート工場」(1971)をリメイクした「チャーリーとチョコレート工場」である。

 ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)は、世界的人気を誇るウォンカチョコレートの経営者。ある日、チョコレートに世界で5枚だけ「ゴールデンチケット」を封入し、当選者には閉ざされた工場の見学が出来るという告知を出し、世界中でチケットの争奪戦が始まるのだが・・・。

 この映画の原作「チョコレート工場の秘密」は児童文学の名作。そして映画化されたジーン・ワイルダー主演の「夢のチョコレート工場」はアメリカでの大ヒット作。

 ところが日本でイマイチ知名度がないのには訳がある。それは「夢のチョコレート工場」が日本未公開であったからだ。

 1980年代に一度ビデオ化されたきりで、2001年にDVD化された時も殆ど話題になることなく、ご覧になったとしても某衛星放送での放映を通じてという方がほとんどのはず。

 このオリジナル版「夢のチョコレート工場」と比べると「チャーリーとチョコレート工場」は、残念ながらティム・バートンらしいオリジナル性に欠けていることがよくわかる。技術の向上はあるものの、基本的な見せ方や設定はあまり大差ないのだ(この点においてオリジナル版をあまり知らない日本の観客は、ティム・バートンの世界観に酔えてラッキーなのかも知れない)。

 だが、今回はウォンカを演じたジョニー・デップの貢献度が高いことがティム・バートンに味方している。彼の演じるウォンカはジーン・ワイルダーが演じたウォンカとは明らかに異なるからだ。

 ハリウッドの異端児として、なかなかハリウッドメジャーに認めてもらえなかったジョニー・デップだが、2年連続のアカデミー賞ノミネートという名声を手にしながらも、それに驕れることなく、奇々怪々な演技を披露するあたりの役者根性は素晴らしい。

 彼の演技、ならびに作品選びは、俳優なら誰もが羨ましがることだろう。

 ティム・バートンとの相性の良さはいうまでもなく、浮世離れしたウォンカを魅力的に演じているのはさすがだ。

 また朋友ダニー・エルフマンのスコアも最高で、「猿の惑星」以来コンビを組んでいるフィリップ・ルースロのカメラも抜群にいい。

 原作者のロアルド・ダールは児童文学者というだけでなく、オリジナル版「夢のチョコレート工場」では脚本を手掛けていた。また他にも「チキ・チキ・バン・バン」(1968)や「007は二度死ぬ」(1967)の脚本も手掛けており、映画界でも活躍していたのは意外と知られていない。

 さらにティム・バートンがプロデュースした「ジャイアント・ピーチ」(1996)の原作も実はロアルド・ダール。ティム・バートンとは似た世界観があるのかも知れない。

 原作と比べるとチャーリーとおじいさんの関係が細かに描写されていることがわかる。そのおかげで、大家族の中から何故おじいさんが見学に付添うことになったのかという点において、映画の方がわかりやすくなっている。また、付添い人数も2人から1人に変更されたことで各キャラクターの個性を引き出しやすくなっているように感じた(これは「夢のチョコレート工場」の脚本に即した設定)。

 CGに極力頼らず、セット撮影に挑んだおかげで、工場内の描写は魅力的になっている。またリスの「くるみ割り」シーンは、CGとロボット、それに本物のリスを調教したものを合成しており、劇中屈指の見所。

 さらに工場内で働くウンパ・ルンパがオリジナル版では体の小さな人たちを集めて撮影していたのに対し、今回はディープ・ロイがひとりで演じているのが凄い。様々なコスプレを見せる中、精神科医に扮する場面には微笑ましささえ感じさせるのは見事。

「猿の惑星」によってティム・バートンが変わったこと。

 それはヘレナ・ボナム・カーターとの出会いにある。

 彼女は今回、チャーリー(フレディー・ハイモア)の母親を演じているが、「猿の惑星」、「ビッグ・フィッシュ」(2003)に続いてのティム・バートン作品出演となる。

 実は「猿の惑星」の出演をきっかけに知り合った二人は、未入籍ではあるけれどもプライベートでもパートナーとして一緒に暮らしている。そして2003年には息子が誕生しているのだ。

 ティム・バートンの前妻リサ・マリーは彼にとってのアイコンであり、「エド・ウッド」(1994)以降の作品には欠かせない存在の女優だった。彼女の存在は彼のダークサイドを引き出し、メジャー志向を高めたと言われている。それは「エド・ウッド」以降の「マーズ・アタック」(1996)、「スリーピー・ホロウ」(1999)、「猿の惑星」という作品群を見ればよくわかる。

 一転、ヘレナ・ボナム・カーターとの生活が始まった前作「ビッグ・フィッシュ」からは作風が少し変わったことに気付くだろう。

 それは彼が「父親」になったことに起因する。

 これまでティム・バートンは、「永遠の子供」として「夢の世界」の構築をスクリーンの中に繰り広げてきた。

 監督デビュー作「ピーウィーの大冒険」(1985)や「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」(1993)を見れば判るように、「大人の世界」を否定することでティム・バートン独自の世界観が構築されていたといって過言ではない。そこにあるのは「奇異な存在」=「ティム・バートンの分身」への愛情だったではないか。

「シザーハンズ」に代表される、理解されないものに対する「理解」と「愛情」は、両親への「復讐」をも感じさせていた。

 ところが「父親」になったことで、「大人としての責任」を理解することになったのだ。つまり、自分のことを喚起する親の気持ちが、自分が親になって初めて理解できたというわけだ。

「ビッグ・フィッシュ」は、折り合いの悪い父親を理解する息子の話だった。

 この映画においてもウォンカが父親との折り合いが悪く、家を飛び出してチョコレート会社を設立したというエピソードが加えられている。

 ラストでは父親のことを誤解していたことに気付き、ウォンカは親子関係を修復する。

 チャーリーにとっても「家族が一番」であるように、「家族回帰」はティム・バートンにとって新たなテーマになりつつある。

 ティム・バートンは「親の愛」を知ったことで、さらに幅広い「愛情」をスクリーンの上で表現してくれるに違いない。

 結果的に「子供」=「チャーリー」が「大人」=「ウォンカ」を喩するのは、ティム・バートンの私生活をも反映させているから、というのは考えすぎだろうか?



【原題名比較】

 この作品の原作・映画のタイトルはそれぞれで異なる。これを日本語題名と原題名を比較してみた。

 ●原作:「チョコレート工場の秘密」
      ↓
     「Charlie and the Chocolate Factory」

 ●旧作:「夢のチョコレート工場」
      ↓
     「WILLY WONKA & THE CHOCOLATE FACTORY」

 ●新作:「チャーリーとチョコレート工場」
         ↓
     「Charlie and the CHOCOLATE FACTORY」

 このように比べてみると、タイトルに込めた思惑が見え隠れしてなかなか面白いものです。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/matusan/50071172
この記事へのトラックバック
 いきなりジョニー・デップの右手がハサミになってる・・・初っ端から『シザーハンズ』のセルフオマージュで攻めてきた!  甘いチョコレート。肥満、高血圧、糖尿病、鼻血・・・かつては様々な病気の原因になるようなイメージしかなかったのだが、カカオがポリフェノール...
チャーリーとチョコレート工場【ネタバレ映画館】at 2005年09月12日 07:20
 監督 : ティム・バートン主演 : ジョニー・デップ /  フレディ・ハイモア / 原作 :ロアルド・ダール「CharlieandtheChocolateFactory」公式HP:http://charlie-chocolate.warnerbros.jp/  「謎に包まれた秘密のチョコレート工場を見学できるゴールデン・...
「 チャーリーとチョコレート工場 」【MoonDreamWorks】at 2005年09月12日 08:07
失業中の父、母、そして2組の寝たきり祖父母に囲まれ貧しいながらも幸せに暮らしている少年チャーリー。彼の家のそばには、ここ15年間誰一人出入りしたことがないにもかかわらず、世界一のチョコレートをつくり続ける謎に包まれた不思議なチョコレート工場があった。ある日...
チャーリーとチョコレート工場 (2005) 115分【極私的映画論+α】at 2005年09月12日 08:19
映画館にて「チャーリーとチョコレート工場」 ★★★★☆ 「家族って一番大切なんだよ」というテーマを根底に、「理屈抜きで楽しいのがチョコさ!」のセリフにのっとって本当に理屈抜きで楽しませていただいた。 ジョニデは、その美貌こそ白塗りおかっぱに隠れているけれど...
映画「チャーリーとチョコレート工場」【ミチの雑記帳】at 2005年09月12日 08:38
『チャーリーとチョコレート工場』【京の昼寝〜♪】at 2005年09月12日 08:44
鑑賞した日 : 9月10日土曜日 鑑賞した劇場 : 109シネマズ名古屋   本日2本目は「チャーリーとチョコレート工場」です。 ついにこの日が来ました。昨日から高鳴る鼓動。 そのせいで寝不足にもなり(笑) なんといっても本年度の本命なのですから。   ....
チャーリーとチョコレート工場【★☆★ Cinema Diary ★☆★】at 2005年09月12日 09:16
ロアルド・ダールの不朽の名作「チョコレート工場の秘密」。学校の図書室や町の図書館で読んだ人も多いのではないでしょうか。私は本も買ったし読書感想文も書きました!子供のころ無我夢中で読んだ記憶が今も鮮明に残っています。昼休みや放課後は本なんか読むよりドッジボ....
チャーリーとチョコレート工場/ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア【カノンな日々】at 2005年09月12日 09:39
アメリカ 115分 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ     フレディ・ハイモア     デヴィッド・ケリー     ヘレナ・ボナム=カーター 失業中の父に母そして2組の寝たきり祖父母に囲まれ貧しいながらも幸せに暮ら している少年チャーリー....
チャーリーとチョコレート工場【Saturday In The Park】at 2005年09月12日 10:05
-----ティム・バートン&ジョニー・デップ。これは超強力! 「完成披露が行われる丸の内ピカデリー2には 20分前に着いたんだけど、どうにか席を一番前に見つけたって感じ。 人気高いね、このコンビは。 映画も『シザーハンズ』を思わせる<雪>から始まり、 ジョニー・デップ...
『チャーリーとチョコレート工場』【ラムの大通り】at 2005年09月12日 10:12
さあ、困りました。文句なくすばらしいバートン流ケッサクおとぎ話なのですが、なんせメチャめちゃ楽しくて言ってしまいたいことだらけ。ネタバレなしなのがモットーのこのブログでこれはキツイ!さあ、どこからお話ししましょうか?
『チャーリーとチョコレート工場』観ないと絶対ソンする!家族愛...【よろ川長TOMのオススメ座CINEMA】at 2005年09月12日 10:31
イギリスのベストセラーの児童文学、ロアルド・ダール作『チョコレート工場の秘密』。 それを初めて映画化したのが1971年のオリジナル版『夢のチョコレート工場』 ←33年前! 原作者のダールが、自分の子どもに創ったお話らしい。 それを観たのは3年くらい前。その後まも...
チャーリーとチョコレート工場 / charlie and chocolate factory【我想一個人映画美的女人blog】at 2005年09月12日 10:39
映画が始まるとチョコ製造過程のバックに流れてくるのは ファンにはすぐそれと判る特徴のあるアレンジの音楽! ティム・バートン監督作品でダニー・エルフマンが音楽をつけるのは これが何度目なんでしょうか。彼の作品にはやっぱりエルフマンの 音楽が無いと物足...
チャーリーとチョコレート工場【It's a Wonderful Life】at 2005年09月12日 10:54
邦題:チャーリーとチョコレート工場 『家が傾くほど貧しい家に、チャーリー・バケット少年は失業中の父と母、そして寝たきりの老人4人の7人で暮らしていた。そのチャーリー少年の家の近くには世界で一番大きなチョコレート工場があった。 』 director ...Tim Burton(...
Charlie and the Chocolate Factory★★★★★【なおのオススメ文芸。】at 2005年09月12日 11:11
タイトル:チャーリーとチョコレート工場 製作  :2005年 監督  :ティム・バートン 出演  :ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、ヘレナ・ボナム・カーター  ジョニー・デップとチョコレートとという組み合わせだがセクシーなお兄さんが出てきてギター弾いたり...
チャーリーとチョコレート工場【リンリン映画倶楽部】at 2005年09月12日 11:31
チャーリーとチョコレート工場。子供が原作を読んではまりまくり! 「絶対、映画が始まったらつれてってね!」と9月10日を数ヶ月前より指折り数えて待っていました。 上映の数日前に近くの映画館に日本語吹き替え板の上映時間を聞きに行くと、 「当館は、字幕のみとな...
チャーリーとチョコレート工場【たつぴの日記】at 2005年09月12日 12:02
やってくれましてねぇ。ティム・バートン&ジョニー・デップ! もう、二人にしか出来ない世界観が爆裂でした。 またジョニデはぶちかましてくれました。 おかっぱ頭に、白塗り、貼り付いたような不自然な笑顔、異様に綺麗な歯並び。喋り方もヘン。 ハリウッドいや世界広
『チャーリーとチョコレート工場』【チタンアクセサリーショップZeus奮闘記】at 2005年09月12日 14:35
ワクワクする幕開けから,ほろっとくる最後まで楽しさ全開!
チャーリーとチョコレート工場【Akira's VOICE】at 2005年09月12日 16:10
1964年に出版されて以来、世界中で愛され続けているロアルド・ダールの大ベスト・セラー「チョコレート工場の秘密」を、1971年の「夢のチョコレート工場」に続き映画化した作品。 主演は「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」「ネバーランド」のジョニー・...
チャーリーとチョコレート工場【Imagination From The Other Side】at 2005年09月12日 16:59
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(35) チャーリーとチョコレート工場 チャーリーとチョコレート工場を観た。 ティム・バートンとジョニー・ディップと聞けば、どんな映画になるのだろう、と観る前から興味津々だ。 jams...
映画のご紹介(35) チャーリーとチョコレート工場【ヒューマン=ブラック・ボックス】at 2005年09月12日 21:44
お菓子の王様 って 言ったら、チョコレート でしょ(☆Д☆)キラリーン♪見てきました、『 チャーリーと チョコレート工場 』監督:Tim Burton(ティム・バートン)原作:Roald Dahl(ロアルド・ダール)出演:Johnny Depp(ジョニー・デップ)    Freddie Highmore
チャーリーとチョコレート工場【まいにち が ぽれぽれ らいふ  (所詮、理想)】at 2005年09月12日 22:33
チャーリーとチョコレート工場【|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο】at 2005年09月12日 22:38
 「チャーリーとチョコレート工場」を予定通り公開初日に見てまいりましたよ。withジョニ友あやん。  以下、どこかでうっかりネタバレになるといけないので一応隠しときます。
チャーリーとチョコレート工場【+Think】at 2005年09月13日 00:14
 「チャーリーとチョコレート工場」を予定通り公開初日に見てまいりましたよ。withジョニ友あやん。  以下、どこかでうっかりネタバレになるといけないので一応隠しときます。
チャーリーとチョコレート工場【+Think】at 2005年09月13日 00:16
『チャーリーとチョコレート工場』 【※ネタバレあります※】 原題:CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY 製作年:2005年 製作国:米国/英国  115min. ・監督:ティム・バートン ・原作:ダ
映画と私(37) 『チャーリーとチョコレート工場』【人間喜劇】at 2005年09月13日 04:30
チャーリーとチョコレート工場 特集HP 上映時間 1時間55分 監督 ティム・バートン 出演 ジョニー・デップ フレディ・ハイモア ディープ・ロイ クリストファー・リー  私もチョコは大好きで1日1個は食べているかな〜。朝食べると脳にいいらしいしね。虫歯は私...
チャーリーとチョコレート工場【メルブロ】at 2005年09月13日 12:15
初日に見てきましたチャーリーとチョコレート工場。 ティム・バートン×ジョニー・デップですよ!見ないわけがありません (かなり贔屓の二人なので、冷静さを失っております)。 原作はイギリスで「ハリー・ポッター」「指輪物語」に次ぐ、 「チョコレート工場の秘密」(...
チャーリーとチョコレート工場【季節が無い毎日 〜月の影をめざして〜】at 2005年09月13日 13:06
先週観たDVD 「吸血処女イレーヌ」 「あの頃ペニーレインと」 「夢二」 「レジェンド オブ メキシコ」 「修羅雪姫 恨み恋歌」 「オープン ユア アイズ」 「帰ってきたドラキュラ」 ソフトなラインナップ。 こう、ポッキー食べながらワクワク観られました...
熱く語るよ映画を!!【ひまつぶし日記】at 2005年09月13日 17:33
 観てきたよ、観てきたよ、観てきたよ~囹  Charlie and the Chocolate Factory  Johnnyの白塗りメイクと真っ白な歯(げーのーじんは歯が命ってCMを思い出した)もいいけれど、Tim Burtonの世界にハマリまくった約2時間。  原作ではWilly Wonka氏の過...
Charlie and the Chocolate Factory(2005,U.S. & U.K.)【The Final Frontier】at 2005年09月13日 22:21
「台風11号さま」が東京に遊びに来ちゃった為(来なくていいのに…)チャーリーとチョコレート工場を見に行くのを断念!って事があったのよ。あとから、あとから後悔が押し寄せてきて…このくらいの天気なら全然見に行けたじゃん!…←けど、後の祭り…仕切りなおしで今日や...
「チャーリーとチョコレート工場」@ヤクルトホール【旦那にはひ・み・つ (☆o☆)】at 2005年09月13日 23:43
ジョニー・デップ,フレディ・ハイモア主演 ティム・バートン監督の映画を観てみました この映画はロアルド・ダールの原作で 「チョコレート工場の秘密」と言う映画もあったそうな・・・・ ちょっとシュールな内容の映画でした 閉鎖されて何年も経った 世界一のチョコレ...
チャーリーとチョコレート工場【travelyuu とらべるゆうめも MEMO】at 2005年09月14日 02:35
2005年9月14日 『チャーリーとチョコレート工場』 CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY ★さあ、世界一オカシな工場見学へ!★ 2005年9月10日工場大公開 2005年/アメリカ/カラー 上映時間/115分 配給:ワーナーブラザース イマジネーショ...
『チャーリーとチョコレート工場』を観た!【☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!】at 2005年09月14日 03:16
この映画、なかなかよくできている。 そして面白い。 しかし、である、 残念なことにこの作品はまったくオレの好みではない。 何がひっかかっているのかというと、やはり旧版『夢のチョコレート工場』の存在だ。 http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/be59624f38a11bb826f...
『チャーリーとチョコレート工場』を観る【デスマッチだよ、人生は!】at 2005年09月14日 03:31
“ウォンカ”印のチョコレート世界中で爆発的な売り上げを記録している天才魔術師ウ
チャーリーとチョコレート工場【映画のしっぽ】at 2005年09月14日 13:13
オープニングのチョコレート工場内のテンポ良い、そして「らしい」世界観溢れる造形の映像を観ているだけでワクワク&ドキドキ感が見事に高まってしまった。 そしてフレディ・ハイモア演じるチャリーとその家族、そして選ばれし他の4人の子供たちとその家族、それぞれの描...
「チャーリーとチョコレート工場」 Charlie and the Chocolate Factory【俺の明日はどっちだ】at 2005年09月14日 16:25
本日、観にいってきました。 いつもと違う映画館へ。 いつものところより、シートもいいし、スクリーンも大きい。 おまけに前のほうの席をとってしまったため、余計に大きく感じま〈
「チャーリーとチョコレート工場」ジョニー・デップ【シネマ パラダイス♪】at 2005年09月14日 21:36
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?      ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                        0点□□□□□□□□□□10点      ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦...
映画『チャーリーとチョコレート工場』貴方は何点?(073)【本と映画と音楽と・・・お酒が好き】at 2005年09月14日 21:38
「チャーリーとチョコレート工場」みた【たいむのひとりごと】at 2005年09月15日 00:08
本当においしかったのは、チョコレートではなく、「ウンパ・ルンパ」ですから〜!残念〜!! クエッ、クエッ、クエ〜、チョコボ〜〜〜〜ル〜 斬りぃ〜.。.:*・゚゚・(´ー`).。*・゚゚・*:.。.
チャーリーとチョコレート工場(Charlie and the Chocolate Factory)【ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!】at 2005年09月15日 00:39
 今日は、六本木ヒルズに「チャーリーとチョコレート工場」のレッドカーペットイベントに。 すごい人! ジョニー・デップとティム・バートン監督・・・をまじかで見てきました。 でも、試写会には参加できなく・・・ 映画見たくなりました! 写真は続きで・・・・お....
「チャーリーとチョコレート工場」レッドカーペット!【ミチミチ】at 2005年09月15日 02:07
本日は、メゾン・ド・ヒミコとチャーリーとチョコレート工場観てきました。就活も夜バイトもこなして映画2本も観れたなんて自分を褒めてあげたい。 まずはチョコレート工場の感想??
チャーリーとチョコレート工場観たよ【わにわにしちょし】at 2005年09月15日 12:33
言わずと知れたロアルド・ダールの児童文学「チョコレート工場の秘密」の映画版。 15年前に全従業員を解雇した後も、商品を出荷し続ける謎に包まれたチョコレート工場。 変わり者で知られる工場経営者のウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)は ある日突然、5人の子...
チャーリーとチョコレート工場(試写会) ?? CHARLIE AND THE CHOCOLATE ...【Chic & Sweet * びいず・びい】at 2005年09月15日 13:30
オフィシャルサイト → チャーリーとチョコレート工場両親と両祖父母と一緒に、傾いた家で細々と健気に暮らすチャーリー少年。彼の楽しみは、年に一度、誕生日だけに買ってもらえる“ウォンカ”印のチョコレート。世界中で爆発的な売り上げを記録しているウォンカのチョコレ...
チャーリーとチョコレート工場【日々映画三昧】at 2005年09月15日 15:13
さるおです。 世界一オカシな工場見学へ行ってきたよ。『CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY/チャーリーとチョコレート工場』を観てきた。 Holy buckets! おもしろかったー! 監督はティム・バートン(Tim Burton)。 音楽はダニー・エルフマン(Danny Elfman)。 原作はロアル....
映画鑑賞感想文『チャーリーとチョコレート工場』【さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー】at 2005年09月16日 00:51
『チャーリーとチョコレート工場』公式サイト 監督:ティム・バートン 原作:ロアルド・ダール 出演:ジョニー・デップ 、フレディ・ハイモア 、デヴィッド・ケリー 、    ヘレナ・ボナム=カーター 、ノア・テイラー 2005年/アメリカ・イギリス/115分 ...
『チャーリーとチョコレート工場』【Rabiovsky計画】at 2005年09月16日 02:14
ジュニー・デップ、チャーリー役フレディー・ハイモアはネバーランド、トゥー・ブラザーズに次いで3作目天才子役ですわね〜。(^.^)監督ティム・バートンはジョニー・デップ主演での1990年「シザー・ハンズ」があり、5人の子供とお連れ様、を工場へ迎え入れるというテー...
チャーリーとチョコレート工場【わくわく映画感】at 2005年09月16日 09:55
大変ご無沙汰してしまいまいしたm(_ _)m。『チャーリーとチョコレート工場』を観てきました。 正直、「奥さまは魔女」とどっちを観ようか迷っていたのですが(笑)、こっちにして大正解でした。個人的には「素敵」としか言いようないくらい、ホント、素晴しい作品です(^-^...
チャーリーとチョコレート工場【ぺぺ日記・おもに映画日記】at 2005年09月16日 11:16
「ココアさんがすきです。でもチョコさんはも??っとすきです!」と、31アイスクリームに行っても、チョコ系のフレーバーをダブルで注文しちゃったり、ハウステンボスのチョコレートの滝をこそっとなめようとする位無類のチョコレート好きなINDYですが、そんな私が気になっ...
チャーリーとチョコレート工場【欧風】at 2005年09月16日 21:37
チャーリーとチョコレート工場はティムの最高作といえるだろう。これはファンタジー作家として映画界第一人者の彼、ファンタジーの料理人として一番の腕を誇る彼に、最高の素材が用意された結果だろう。おいしくて当たり前なのだ その最高の素材とは1.原作の”チョコレー....
チャーリーとチョコレート工場ーティム・バートンの最高作ー【MBAキーワード広告社長日記】at 2005年09月17日 15:55
「チャーリーとチョコレート工場」★★★☆ ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア主演 毒のあるお伽話だ。 人を信じられない大人と、 まっすぐの視線で 世の中の全てを見つめる子供 無機質で灰色の外の現実世界と 極彩色のチョコレート工場内部 甘く夢の...
「チャーリーとチョコレート工場」ちょっと真面目すぎ、どうした!【soramove】at 2005年09月18日 01:33
今日は、お昼から「チャーリーとチョコレート工場」を観に行きました。 初日だったこともあり、映画館はとても混んでいました。 当然、この作品目当てのお客さんです。 観終わって出てきたら、次の開演を待って100人くらいのお客さんが列を作って待ってましたもの。 こん...
チャーリーとチョコレート工場【minaの官能世界】at 2005年09月18日 11:34
 両親と両祖父母と一緒に、傾いた家で細々と健気に暮らすチャーリー(フレディ・ハイモア)。彼の楽しみは、年に一度、誕生日だけに買ってもらえる“ウォンカ”印のチョコレートだ。世界中で爆発的な売り上げを記録しているウォンカのチョコレートだが、実は誰も工場に人....
■チャーリーとチョコレート工場【ルーピーQの活動日記】at 2005年09月18日 12:21
育児中のティム・バートン、カッコよろしいなぁ〜。 自分の子供に伝えたいことを、映像作品として残すなんて! 原作自体が、自分の子供に、何度も「あのお話しをして!」とせがまれて聞かせていた作り話で、実際、私も家に帰ってから、ムスメに映画の話しをしたら、「それで...
「チャーリーとチョコレート工場」 バートンはカッコイイオタクのお父さん【『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記】at 2005年09月18日 18:09
監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ    フレディ・ハイモア    ヘレナ・ボナム=カーター    ノア・テイラー    クリストファー・リー    ディープ・ロイ ティム・バートン&ジョニー・デップの豪華コンビが描く、夢いっぱいのファンタジー。 ...
映画「チャーリーとチョコレート工場」【teeter-totter】at 2005年09月18日 23:51
作品:チャーリーとチョコレート工場 監督:ティム・バートン 主演:ジョニー・デップ、フレディー・ハイモア、デイビット・ケリー、ディープ・ロイ 公開:2005年 米国 映画館 Charlie And The Chocolate Factory 見ていてディズニーランドに行きたくなってしまった・...
チャーリーとチョコレート工場【のんびりぐ〜】at 2005年09月19日 00:21
 エキセントリック系をやるとそれはもぉ喜々としたオーラを放つデップと,グロと稚気をまぜこぜにした遊び心ならお任せのティム・バートンの正に得意分野であるが,非常にカチカチュアライズ(戯画化)された判り易さ満点のいけ好かないガキ共は,子供の夢が具現化した工場
チャーリーとチョコレート工場【日々徒然ゆ〜だけ】at 2005年09月19日 00:21
作品:チャーリーとチョコレート工場 監督:ティム・バートン 主演:ジョニー・デップ、フレディー・ハイモア、デイビット・ケリー、ディープ・ロイ 公開:2005年 米国 映画館 Charlie And The Chocolate Factory 見ていてディズニーランドに行きたくなってしまった・...
チャーリーとチョコレート工場【のんびりぐ〜】at 2005年09月19日 00:22
すっごい楽しみにしていた作品! さて結果は・・・ 最高でした。旧作があまりに面白かったからどうなることだろうと心配していた部分もあったけどその心配を吹き消してくれるとても愉快な作品に仕上がっていました。 話の筋自体は同じだけど旧作よりはわりとあっさり描かれ...
チャーリーとチョコレート工場【映画を観たよ】at 2005年09月19日 13:41
小学生のときに読んだ覚えがある「チョコレート工場の秘密」をファンタスティックに映画化。{/kirakira/} 2005年 アメリカ/イギリス 2005年9月14日 川崎チネチッタ 監督 ティム・バートン(ビッグ・フィッシュ) 原作 ロアルド・ダール 出演 ジョニー・デップ(ネバー...
チャーリーとチョコレート工場【ももママの心のblog】at 2005年09月19日 23:21
ティム・バートン万歳! この世界観&色使いが大好きですっ! いつか、いつの日かアナタと一緒に美味しい日本酒を片手に語り合いたいっ! その時はジョニーも呼んでね・・・ あ、ユアンちゃんもよ♪ 同じく「語り合いたいシリーズ」で(シリーズなのか)、クエンティン・タ...
チャーリーとチョコレート工場【Aloha Days】at 2005年09月19日 23:47
9月16日(金)TOHOシネマズ木曽川にて チャーリー(フレディー・ハイモア)は、貧しいながらも暖かい家族に囲まれて暮らす少年で、彼の憧れは、ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)が経営する世界一のチョコレート工場。昔、祖父がその工場に勤めていたが、内部にスパ...
痛快なブラックファンタジー◆『チャーリーとチョコレート工場』【桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」】at 2005年09月20日 07:18
チャーリーとチョコレート工場 両親と両祖父母と一緒に傾いた家で細々と健気に暮らすチャーリー少年。 彼の楽しみは年に一度誕生日だけに買ってもらえる“ウォンカ”印のチョコレート。 世界一のチョコレート工場だというのに、実は誰も工場に人が出入りしているところ....
チャーリーとチョコレート工場【とりあえずな日々(仮)】at 2005年09月20日 20:53
平日の朝だというのに、子どもが多くて困った。 何が困ってうるさい、うるさい。上映中もお菓子をほうば り「ばりばり」と。「ちょっと静かにしろ!」という気持 ちをこめて大きなせき払い。無駄だった。 大人気のジョニー・デップと鬼才ティム・バートンがタッ グを...
家族より他人を大切できるという妄想《チャーリーとチョコレート工場》【アロハ坊主の日がな一日】at 2005年09月20日 22:57
すっごい楽しみにしていた作品! さて結果は・・・ 最高でした。旧作があまりに面白かったからどうなることだろうと心配していた部分もあったけどその心配を吹き消してくれるとても愉快な作品に仕上がっていました。 話の筋自体は同じだけど旧作よりはわりとあっさり描かれ...
チャーリーとチョコレート工場【映画を観たよ】at 2005年09月24日 12:30
★★★★ こちらは1971年の「夢のチョコレート工場」のリメイク。 この作品も、ティム・バートンもジョニー・デップも大好きなので、半年くらい前からずっと楽しみにしていたんですがやっと行ってきました!(原作は読んでないけど、「ジャイアント・ピーチ」の原作....
チャーリーとチョコレート工場【とりあたま日記】at 2005年09月24日 16:24
監督 ティム・バートン 出演 ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、他  食べるのも困る貧困の家に育ったチャーリーは、世界中に発売されたチョコレートの中に、5枚だけ入ったゴールデンチケットを手に入れ、不思議なチョコレート工場に招待される事になる。 ....
CINEMA●STARR 「チャーリーとチョコレート工場の秘密」【しっかりエンターテイメント!】at 2005年09月24日 22:34
  CAST:ジョニー・デップ 他 幼い頃見学に行った某お菓子メーカーの工場がこのチョコレート工場のように奇想天外だったら、人生観が変わってただろうな〜。なんて思ってしまった。 とにかくチャーリー役のフレディー・ハイモアくんがかわいかった。「ネバーランド」の時...
チャーリーとチョコレート工場(映画館)【ひるめし。】at 2005年09月25日 13:43
 よくも悪くもティム・バートンの俺さま映画。  組織として映画を製作するハリウッドにあって、よくぞこのような個性の際だつ作品を創れるものと感
チャーリーとチョコレート工場【シネクリシェ】at 2005年09月25日 15:05
映画「チャーリーとチョコレート工場」開映18:50@錦糸町シネマ8楽天地 「チャーリーとチョコレート工場」 CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY 2005年 アメリカ・イギリス 配給:ワーナーブラザース 監督:ティム・バートン 製作:ブラッド・グレイ、マイケル・...
映画「チャーリーとチョコレート工場」【こまったちゃんのきまぐれ感想記】at 2005年09月26日 23:16
この映画の原作が児童小説であるのはご存知の方が多いでしょう。 しかし、実はこの映画が出来る以前から、かなり昔に映画化していました。 ですからこれはリメンク版とも云えるかもしれません。 なので私は残念な事にラストが分かってしまって、ちょっと残念です。 それに...
チャーリーとチョコレート工場【バラ肉色の生活】at 2005年09月28日 00:35
ティム・バートンのテーマパーク。おとぎ話でなく、テーマパーク。 ただし、おとぎ話の住人が管理しているため、ひどく残酷な趣向となっている。 チャーリー(ジョニデ)はピエロのような格好をしている。しかし彼はチョコレート工場の総支配人。 ここに悲劇がある。ピエロはサ...
チャーリーとチョコレート工場 [イタズラっ子ティム・バートンの無邪気な残虐ショー]【自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ】at 2005年09月28日 03:56
チャーリーとチョコレート工場をついに観に行く。 やたら大人気なのがびっくりなのだけど、バートンの映画ってもっとマイナー向けだと思ってた。ここ最近は大勢の人をぐっと掴む作品を撮るようになったのかなぁと勝手に納得。 普通に面白かった。工場案内に参加する子供....
チョコレート仕立ての毒〜「チャーリーとチョコレート工場」【気まぐれ映画日記】at 2005年10月01日 00:38
 レビューを書く前に、9/10にこの『チャーリーとチョコレート工場』のレビューをアップしました。 ところが原因は今もわかりませんが、記事が消えてしまいました そこで9/12に“行方不明〜”で、「取り合えず、TB戴いた方には申し訳ないですが、TBはお返ししますが、...
再・『チャーリーとチョコレート工場』【京の昼寝〜♪】at 2005年10月01日 12:27
原作:ロアルド・ダール「Charlie and the Chocolate Factory」 全世界で1300万部を売り上げるベストセラーの映画化作品。 両親と両祖父母と一緒に、今日もまたキャベツのスープをすするチャーリー少年(フレディー・ハイモア)。彼の楽しみは、年に一度、誕生日に買...
映画「チャーリーとチョコレート工場」【茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??】at 2005年10月02日 03:59
2005年 アメリカ映画  監督  ティム・バートン  脚本 
映画「チャーリーとチョコレート工場」【ちょっとひとことええでっかぁ〜♪】at 2005年10月02日 22:09
ずっと見ようと思って見られなかった 『チャーリーとチョコレート工場』を1日の映画1,000円の日に見に行きました。 でも、時間が合わず、レイトショーになってしまい、200円安いだけ、おまけに200円割引券持ってたから、お得感はなしだす。 映画館によっては、チョコレ...
チャーリーとチョコレート工場【★★レガシィBP5 2.0GT spec.B WR-Limited2004★★】at 2005年10月03日 13:59
ティム・バートンのテーマパーク。おとぎ話でなく、テーマパーク。 ただし、おとぎ話の住人が管理しているため、ひどく残酷な趣向となっている。 チャーリー(ジョニデ){←ウィリー・ウォンカの間違い}はピエロのような格好をしている。しかし彼はチョコレート工場の総支配人...
チャーリーとチョコレート工場 [イタズラっ子ティム・バートンの無邪気な残虐ショー]【自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ】at 2005年10月04日 02:55
ジョニ−デップ主演「チャ−リ−とチョコレ−ト工場」を観ました。 発売中の板チョコに5枚だけ入っている「ゴ−ルデン・チケット」をゲットすると夢のチョコレ−ト工場にご招待!というファンタジックな映画です。公式サイト  ↓ネタバレあり 工場内はまさにファンタジ....
チャーリ−とチョコレ−ト工場<劇場内香り付き>【LUVLUV.COM】at 2005年10月07日 16:57
ISBN:4778702190:image ティム・バートン監督の最新作「チャーリーとチョコレート工場」を見た。前作「ビッグ・フィッシュ」以上のモノを期待しつつ、万全の体制で劇場に向かったものの、(「ビッグ・フィッシュ」と同じ路線を求めていた者としては)完全に肩すかしを食らっ...
[映画] チャーリーとチョコレート工場【そこにはなにがある】at 2005年10月08日 11:28
我が社内にウンパ・ルンパにそっくりの人間がいる。。。しかも女性。ただそれだけのことで、一緒に歌って踊りたくなった! ティム・バートン監督作品は、個人的にも相性が合う合わないが明確だったりするけれど、今作はオープニングのチョコレート製造過程から見事に惹き....
「チャーリーとチョコレート工場」【雑板屋】at 2005年10月10日 06:11
(ネタバレ注意)  前作『ビッグフィッシュ』で素晴らしいファンタジーを見せてくれたティム・バートン監督の最新作です。父親との歩み寄りをテーマにしている点で前作の延長にある作品といえます。 原作が児童文学であるせいか、欲望の強い子供達へのお仕置きが皮肉タップ...
『チャーリーとチョコレート工場』映画批評36【てっしーblog】at 2005年10月10日 15:54
「チャーリーとチョコレート工場」 主演ジョニー・デップ、監督ティム・バートンのファンタジー? 家族愛をテーマにしているが、 かなりひねくれものの、ヘンテコな作品。 作品は素晴しい、私の好きなタイプではなかっただけ。 ブラックユーモアが度を越してい
「チャーリーとチョコレート工場」【わたしの見た(モノ)】at 2005年10月13日 21:54
ああ、とうとう観てしまいましたよ、『チャーリーとチョコレート工場』を。「観よう観よう」と思いつつもタイミングを逃してズルズルと日にちが経ってしまい、もうそろそろ「DVDが出るまで待とうかな〜」という気になりかけていたのですが、ずっとキープしていた1位の座を『....
小さなおっさん:『チャーリーとチョコレート工場』【ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション】at 2005年10月15日 14:22
10月8日(土) XYZシネマズ蘇我にて 2回目なので、今度はウィリー・ウォンカの視点でこの作品を観てみることにした。(注・完全に、ネタばれモードで書きます) ねたバレなしの1回目鑑賞の感想はこちら。 DLP吹替版で観た感想についてはこちら。 ウィリー・ウォンカ...
ウォンカの視点で観てみる◆チャーリーとチョコレート工場(DLP吹替版)【桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」】at 2005年10月16日 06:07
この映画の最大の魅力はカラフルでポップな独特の映像世界だと思います。 CGに頼りすぎず、できるだけセットで作りこんでいるという独特で摩訶不思議な映像の世界は素晴らしいです。 そして、工場の従業員である小人のウンパ・ルンパのダンスや、半年かけて調教したという
チャーリーとチョコレート工場【シアフレ.blog】at 2005年10月16日 10:40
注意:ネタばれ大有りなので、これから観る予定の方は楽しみが損なわれることをご承知いただいた上で御覧下さい。何度も予告編を観ましたが、映像の色調がちょっときつい事と、ジ
映画:「チャーリーとチョコレート工場」の感想【Mr.Ericの感じたままで】at 2005年10月26日 23:54
いよいよ今週末で封切館での公開が終了するところが目立つ。またまた滑り込みセーフのチャーリーみたいだ。25日3本目の映画は、最初は観るつもりが全くなかったチョコレート工場。シザーハンズのティム・バートン監督とジョニデのコンビだ。ファンタジー映画としては久々の....
チャーリーとチョコレート工場【八ちゃんの日常空間】at 2005年10月29日 00:00
ティムバートン監督&ジョニーデップです。 ハリウッドきっての不思議系コンビの映画です。 略して「チャリチョコ」。。。 正直言って、ほとんど期待せずに観に行きました。 まぁ、結論から書きますと・・・ おもしろい!ジワジワおもしろい! 作風としてはビッグ....
【チャーリーとチョコレート工場】結構イケテマス【コギトエルゴスム】at 2005年10月30日 23:14
 レイトショーで見てきました。見終わった時の印象は、「好き嫌いが分かれそうな作品だなぁ??」と思いました。ストーリー構成が突飛だったり、テーマにモザイクがかかった様で分かり難かったりしたからね。つか、後ろのおっさん寝てたし…そんな眠いんだったら見に来るなよ...
映画『チャーリーとチョコレート工場』【音の鳴る木】at 2005年11月01日 20:05
チャーリーとチョコレート工場。 見てからちょいと間をおきすぎちゃって書きにくいんだけど(苦笑)。 なかなかわくわくする内容だった。チョコレート工場っていうより、一種のテーマパーク?って感じの工場で。私はだいたい工場見学は大好きだったので、こんな懸賞があった...
60-チャーリーとチョコレート工場【徒然日誌】at 2005年11月02日 00:48
『チャーリーとチョコレート工場』  製作:2005年米監督:ティム・バートン出演:ジョニー・デップ/フレディー・ハイモア ロアルド・ダールの児童文学「チョコレート工場の秘密」の映画版。ウィリー・ワンカは変わり者のチョコレート工場経営者。 貧しいチ...
『チャーリーとチョコレート工場』【honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜】at 2005年11月03日 14:20
先日「チャーリーとチョコレート工場」観てきました☆ 世界で最も有名で、この15年間工場から出入りする人を見たことが無い世界で最も謎めいている ウィーリー・ウォンカのチョコレート工場。 ある日ウォンカ製のチョコに隠された世界で5枚のみの”ゴールデン・チケ....
チャーリーとチョコレート工場【ぷち・セレブをめざす♪ - WomanLife -】at 2005年11月04日 19:31
(ネタバレ注意!)  大人のための毒気に満ちたメルヘン。資本主義にどっぷり浸かっている現代人を批判しているが、その底流には、不在の母に対する飢餓感がある。 チャーリーとチョコレート工場   ウォンカは、歯科医の父が彼の歯を守るためにチョコレートを燃やしたこ...
チャーリーとチョコレート工場/母の不在【マダム・クニコの映画解体新書】at 2005年11月05日 22:19
コレも10月には観ていました。 感想あげるのが遅すぎです。自分。 お菓子好き。、特にチョコレート大好きな、私。 このタイトルだけでも「美味しそう!」(面白そうじゃないのかよ)と、 惹かれるものがあります(笑 というわけで、きっとスゴクスウィートで美味し...
チャーリーとチョコレート工場【きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/】at 2005年11月09日 21:43
1964年に出版された「チョコレート工場の秘密」のファンだった ティム・バートンは出来るだけ原作に忠実に作ろうと、原作では 雰囲気や感情表現が鮮やかで、 読者に考える余地を残すようにしている事を理解した。 チョコレート工場に5人の子供と一人の家...
「チャーリーとチョコレート工場」【海の上のピアニスト】at 2005年11月19日 21:05
*ネタバレ注意 公開以来、4週連続で興行ランキング首位を独走中の ティム・バートン&ジョニー・デップの最新作。 この2人のコンビが大好きな人にとっては待ち遠しい作品。 勿論、私も首を長くして待っていた。 ★ストーリー 失業中の父、母、そして2組の寝たきり祖父...
チャーリーとチョコレート工場【cinema capsule】at 2005年12月03日 16:16
昨年秋に公開された大ヒット映画『チャーリーとチョコレート工場』 本当は,オレメデアの『おすすめ映画』カテゴリの第1作目として目論んでいたけれど,諸般の事情により,お蔵入りとなっていた. ちょっと寂しいので,DVDが2月3日に発売されるのをきっかけに,ここでご紹...
チャーリーとチョコレート工場(2005年9月10日公開)【オレメデア】at 2006年02月03日 22:56
「チャーリーとチョコレート工場」 評価 ★★★★☆ (3.7) 『あらすじ』  世界最大規模を誇るウォンカ氏のチョコレート工場。規模だけではなくウォンカ氏が生み出すチョコ レート、アイス、ガムには様々なアイデアが取り込まれていた。しかし、そ...
チャーリーとチョコレート工場【何を書くんだろー】at 2006年02月06日 18:20
6点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) ティム・バートンと言えば、ファンタジー。 元アニメーターらしく色彩も豊かだし、御伽話の要素もたっぷり。 だけどどこか物足りないところもいかにもティム・バートンなんですよね。 個人的にはスピルバーグと並...
チャーリーとチョコレート工場【ぶっちゃけ…独り言?】at 2006年02月07日 07:07
チャーリーとチュコレート工場 監督;ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ フレディ・ハイモア ティムほど悪趣味で大人の嫌悪感を巧み刺激する監督はいない。今回もウォンカの登場シーン(歓迎のからくり人形に演出の花火の炎が引火し、人形が焼けただれる)では....
孤独な心にチョコレート/チャーリーとチョコレート工場【活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世】at 2006年02月10日 15:49
『チャーリーとチョコレート工場』 2005年アメリカ(115分) 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ    フレディ・ハイモア    デヴィッド・ケリー    ヘレナ・ボナム=カーター    ノア・テイラー ★ストーリー★ 家が傾...
チャーリーとチョコレート工場【WILD ROAD】at 2006年02月13日 19:55
●映画の満足度・・・★★★★★★☆☆☆☆6.5点 ウィリウォンカ〜♪ウィリウォンカ〜♪ 最近、頭の中で鳴り響くんです(笑) ようやくこの作品を、レンタルして観ることができたのですが、少し期待を大きく持ちすぎてしまったようです。 久しぶりに「宝....
チャーリーとチョコレート工場【ホームシアター映画日記】at 2006年02月18日 01:32
チャーリーとチョコレート工場 2005年 アメリカ 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ , フレディ・ハイモア , デヴィッド・ケリー , ヘレナ・ボナム=カーター Story 鬼才、....
チャーリーとチョコレート工場【しーの映画たわごと】at 2006年02月18日 10:56
ウィリー・ウォンカーの工場で作られるチョコレートは世界中で大人気。 ある日、そのチョコレートに入っているゴールデン・チケットを見事手に入れた5人の子供達を工場に招待するという声明が出され・・・
「チャーリーとチョコレート工場」【ハッピーエンド】at 2006年02月25日 23:24
ロアルド・ダールの世界的ロングセラー児童書『チョコレート工場の秘密』を、71年のジーン・ワイルダー主演「夢のチョコレート工場」に続いて2度目の映画化。監督・主演は、これが4度目のコンビ作となるティム・バートン&ジョニー・デップ。怪しいチョコレート工場主ウ...
チャーリーとチョコレート工場【Extremelife】at 2006年02月28日 11:55
貧しい家に住む少年は、失業の父と母と寝たきりの老人4人の7人で暮らしていた。少年は貧し くても幸せで、誕生日の日にだけ買ってもらえる大好きなチョコレートを、少年は1ヶ月かけてちびちびと食べるのでした。そんな少年の家の近くには世界一大 きなチョコレ...
CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY( チャーリーとチョコレート工場)【いったんたん〜素晴らしき哉、我が人生】at 2006年03月03日 00:55
監督はティム・バートン。 「ビッグ・フィッシュ」で感動し、彼を見直したので期待は大きい! DVDで鑑賞。 一代で世界的な製菓会社を築き上げたがウィリー・ウォンカは ある日、自分のチョコレート工場を見学できるゴールデン・チケットを 5枚のチョコレートに忍ばせ...
チャーリーとチョコレート工場【映画、言いたい放題!】at 2006年03月29日 22:44
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/M
『チャーリーとチョコレート工場』【みみの部屋】at 2006年04月19日 21:00
ウォンカ氏のぶつかりっぷりったら、ドリフ並みですね。 あれで洗面器が落ちてきたら、完璧。 オフィシャルサイトはこちら。
お題:『チャーリーとチョコレート工場』【映画の一言二言】at 2006年04月28日 09:32
チャーリーとチョコレート工場(2005/アメリカ・イギリス)  失業中の父、母、そして2組の寝たきり祖父母に囲まれ貧しいながらも幸せに暮らしている少年チャーリー。彼の家のそばには、ここ15年間誰一人出入りしたことがないにもかかわらず、世界一のチョコレートを...
DVD『チャーリーとチョコレート工場』【みかんのReading Diary♪】at 2006年05月03日 14:26
分かりやすいストーリーとは裏腹に、奇怪な創造物の数々。そしてその風景に異様なほどはまっているのがジョニー・デップでした。 工場に招待されたチャーリーは、夢のような体験を次々として行きます。チョコでできた木や川、そして小人のおっちゃん。ウンパ・ルンパ族と...
チャーリーとチョコレート工場/ジョニー・デップ【文学な?ブログ】at 2006年06月11日 11:51
監督 ティム・バートン 原作 ロアルド・ダール 脚本 ジョン・オーガスト 音楽 ダニー・エルフマン 出演 ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴィッド・ケリー 、ヘレナ・ボナム=カーター 、ノア・テイラー ストーリー:家が傾くほど貧しい家に、チャーリー・バ....
映画「チャーリーとチョコレート工場」(2005・米)【どうせ誰も見てませんからっ☆★】at 2006年09月23日 23:54
(236)Everything in this room is eatable.      〔この部屋のものは、全部食べられる〕 映画・チャーリーとチョコレート工場から、日常英会話抜粋です。チョコレート工場の秘密は原書でも読んだのですが、やはり映像化は良かったです。ほぼ原作通りですが、チ...
映画・チャーリーとチョコレート工場より日常英会話抜粋!!【英語の本を原書で読みたい!】at 2006年10月06日 18:02
 前の記事でココアを飲んでいると書いたが、実は先程まで、九時からは見るものが無い(細木の婆ぁはさっさとくたばらないものか)と言う事で小学生の弟と共に、何度目かの『チャーリーとチョコレート工場』を見ていた為であ
チャーリーとチョコレート工場【黄昏ミニヨン想録堂】at 2006年12月30日 01:45
ティム・バートン&ジョニー・デップの最新作。 この2人のコンビが大好きな人にとっては待ち遠しい作品。 勿論、私も首を長くして待っていた。 あらすじは・・・ 失業中の父、母、そして2組の寝たきり祖父母に囲まれ貧しいながらも幸せに暮らしている少年チ
チャーリーとチョコレート工場【bibouroku】at 2007年07月19日 23:47
さあ、世界一オカシな工場見学へ! 【関連記事】 チャーリーとチョコレート工場(ジョニー・デップ) 壁紙1 壁紙2 壁紙3 チャーリーの..
チャーリーとチョコレート工場【Addict allcinema おすすめ映画レビュー】at 2009年10月19日 01:59
この記事へのコメント
こんにちは。
TBありがとうございました。
ティム・バートンの作風が変わったのは自身が「父親」になったから・・・なるほど、そういうことって絶対にあり得ますよね。
私はティムにもジョニデにもそれほどの思い入れはないのですが、この作品は二人が組んだからこそ魅力的になったんだなと思います。
毒々しいほどの色、シュールな造形、ブラックのきいたユーモアなどが大好きなんですよ。
Posted by ミチ at 2005年09月12日 08:42
TBさせていただきました。
>今回はウォンカを演じたジョニー・デップの貢献度が高いことがティム・バートンに味方している。
まさに、この二人のコラボレってどうしてこんなにすごいんでしょうねぇ。
そしてリサ・マリーとヘレナ・ボナム・カータ・・・いまだ私的には納得できないんですが、しかたが無いことかもしれませんねぇ・・・
VMチーフ
Posted by チタンアクセサリーショップZeus奮闘記 at 2005年09月12日 14:45
まつさん♪
私は、ディーブが受付嬢?秘書?の姿が、一瞬出てくるのですが・・
そこのシーンで爆!!!笑でした・・。彼は凄いですね!
ジョニーの演技が味方をした!と言うのは、まさに!ですね♪
Posted by nicoco at 2005年09月12日 16:04
まつさんの映画評堪能させていただきました。
映画の背景を知ることは作品理解に貢献することを改めて知りました。
まつさんに脱帽です。
Posted by jamsession123go at 2005年09月12日 21:46
まつさんの評論を何時も★楽しみに読ませて頂いてます!
この映画も記事を読ませて頂いてリメイクと知りましたが
最近はリメーク版がホント多いですが・・!

ジョニー・デップって一風変わっていて浮世離れした
ウォンカ役がまさに適役で★似合ってますよね・・*^^*---☆
Posted by sati at 2005年09月14日 14:04
監督の成長の軌跡に注目した記事なんて、さすがです。
自分は、子供が産まれる前と後では色の温かみが違う気がします。ま、それもまつさんの記事を読んで思ったことなんですけどね(笑)
Posted by chishi at 2005年09月14日 21:45
こんばんは。
「シザー・ハンズ」は公開時に劇場で観ました。
ティム・バートン×ジョニー・ディップの組み合わせなど全く意識のない時でしたけど。

>オリジナル版をあまり知らない日本の観客は、ティム・バートンの世界観に酔えてラッキー
はい、まさしくそんな感じです。
私にはとても不気味でとても楽しく、それでいて嬉しくなる映画でした。

それにしても相変わらずの深い考察には感心仕切りです。
Posted by たいむ at 2005年09月15日 00:13
コメントありがとうございます。

ティム・バートンの名前を知ったのは、バットマンを観たときでした。
あの映像を作り出せるのは、狂気的天才だと思いました。

しかし、実は、一番好きなのは、マーズアタックだったりするのです。
今日、ケーブルTVで放映されるので、久しぶりに観てみようと思っています。
Posted by jamsession123go at 2005年09月17日 09:45
お〜!「チキチキバンバン」!そうでしたか!
あのウンパルンパの登場のしかたが、どことなく「チキチキバンバン」の劇中曲「ミー・オールド・バンブー」の所に似ていたが、納得しました!!
Posted by aq99 at 2005年09月18日 18:13
TBありがとうございました。
まつさんの素晴らしいレビューを読んだ後は、思わず、ぱちぱちと拍手をしてしまいました。
「猿の惑星」から切り込むところなど、誰彼できることではありません。
また、「リスのくるみ割り作業場」の制作過程にまで触れられ、minaには「うーん」と唸るほか手立てがありませんでした。
非常に参考になりました。
ありがとうございました。
Posted by mina at 2005年09月19日 05:28
こんばんは、かのです。TBさせて頂きましたm(_"_)m
相変わらずまつさんのレビューは鋭くて面白くて拝見しながら目から鱗が落ちる思いです!
毎回まつさんのレビューを拝見した後、その事を念頭に置いて改めて鑑賞したくなります。
今後とも参考にさせていただきます(^^)
Posted by かの at 2005年09月20日 20:59
まつさんと同じく「私生活におけるパートナーの変化が作風の変化をもたらした」とばかり思っていたのですが、ここ最近、『猿の惑星』以降のプロデューサー、リチャード・D・ザナックの影響もあるような気がしております。

ひとつの映画を取り巻く縦糸と横糸を手繰っていくと、意外なところにひょっこり出てきますよね。
これは釈迦に説法ですけど、『チキチキ・バンバン』は『007』と同じくイアン・フレミングが原作で、『2度死ぬ』の出来に気をよくした製作者のブロッコリーが、『チキチキ〜』の脚本もダールに依頼したらしいです。
その流れから、バートンが『007』を撮ったら面白そうですよね。
ボンドより目立つエキセントリックな悪役で、その秘密基地もキッチュなアイテム満載・・・でも、ボンド・ガールがヘレナ嬢?(笑)

てなわけで、TBありがとうございました。
Posted by にら at 2005年09月23日 14:24
旧作も好きでしたが新作の方も好きでした。
でもウンパ・ルンパは旧作のほうが好きです。
というかインパクトが強い気がします。
映画の背景も知れたレビューは読み応えがありました。
Posted by ななな at 2005年09月24日 12:33
こんにちは、TBさせていただきました。
相変わらずまつさんのレビューは勉強になります。私は前作も好きなんですが、日本では未公開だったことはまつさんのレビューで初めて知りました。
ティム・バートンの作品も以前から好きだったんですが、作風の変化と私生活の関係までは読めなかったので、やっぱりさすがです。
また、いろいろ読ませていただきますね。
Posted by 70 at 2005年09月24日 16:54
どうもお世話になります!この所このブログをよくのぞきますが、本当に素晴らしく、丁寧なレビューですね。そこまで深く見ず、眠気と闘った僕が情けないです。これからも宜しくお願いします。
Posted by exp#21 at 2005年09月24日 22:34
原作を読んでいませんが、まつさんの説明で
、すでに読んだような気持に成りました。
父親になったティム・バートンの変化は面白いですね。
TBさせていただきます。今後ともよろしくお願いします。
Posted by sea1900 at 2005年11月19日 20:54
 ども、たましょくです♪

 思った以上に人間ドラマとしての側面を感じ取れた
のが良かったです。ウンパ・ルンパを見ていたら、S
Wのクローン兵を思い出してしまいましたがw

 さりげないシーンですが、母親がチャーリーの耳を
ふさぐシーンが好きです。
Posted by たましょく at 2006年02月06日 18:19