2006年02月02日

フライト・プラン

ジョディを見たらカフェラッテ第351回

 今回は音響施設の良い映画館で鑑賞すると、観客がヒソヒソ話をしているのではないかと錯覚してしまうくらい飛行機内場面における音響効果が素晴らしい作品をご紹介。

★★☆(劇場)

(深読みによって核心に触れておりますので、ご注意あそばせ)

「9・11テロ」による「見えないもの」への不安は、アメリカをナーバスにさせた。

 アメリカはイラクに対して大量破壊兵器を保有する中東の脅威と言及し、国連の武器調査団はその主張を立証すべく査察を行った。しかし大量破壊兵器は見つからず、ブッシュ大統領はイラクがそれを隠したとして、結果「イラク戦争」が起こった。

「フライト・プラン」は夫との死別による不安を抱える主人公・カイル(ジョディ・フォスター)が、アメリカへ帰国する飛行機の中で同乗しているはずの娘・ジュリア(マーリーン・ローストン)が機内で失踪して探し出そうとする物語だ。

 飛行中の機内は密室状態。もちろん娘が消えるはずはない。

 では一体どこへ消えたというのか?

 機内を隈なく探しても娘は見つからず、周囲は徐々に娘の失踪騒動が主人公の「妄想」ではないかと疑い始める。

 機内には多種多様な国籍・人種の乗客がいる、まるで世界を凝縮したようにも見える。これを多民族国家、つまりアメリカに見立てれば「フライト・プラン」における娘の捜索は、「イラク戦争」のそれと見事に状況が符合することが判る。

 いっけんすると「フライト・プラン」は、その題材から「飛行機でのテロの可能性」=「9.11テロ」以降の航空事情に対する不安を描いた作品だと思えるのだが、乗客内に湧き上がる不安の連鎖が象徴するように、「9.11テロ」以降のアメリカの「不安」に陥るプロセスを飛行する機内という限定された空間に例えて巧妙に描いているのだ。

 いくら探しても見つからず苛立つカイルに、驚愕の情報が伝えられる。この展開における情報の錯綜もまた、通信機器が発達した現代に出さえ起こりえた「イラク戦争」時における「情報操作」への暗喩が伺える。

 劇中、鏡に反転して映し出された姿が度々登場する。それは鏡にとどまらず、ガラスであったり、濡れた路面であったりと様々な応用がなされている。

 そのとき、ガラス越しに見えるものが「謎」を解く鍵として冒頭から巧妙に挿入されていることがわかる。逆に「反転」された「像」は、カイルの心境と呼応して観客の不安を煽る効果を出している。

 つまり真実はフィルターを通さない、直視したものの中にあるということの隠喩を感じさせるのだ。

 娘が本当は既に死亡していたと聞かされ、自分の妄想が失踪騒ぎを起こしていたのだと落胆するカイルを、同乗していたカウンセラー(演じたのは、かつての美人女優グレタ・スカッキ!)がなだめる場面がある。

 眼鏡をかけている彼女は話し終えたときその眼鏡を外すのだが、そのこともまた「眼鏡」=「フィルター」を通して見ていることで真実が見えていないことを示唆しているのだ。

 また物語の展開上余計とも思えるこのエピソードの挿入は、カウンセラーなど「分析」を行う側の「何も見えていない」という「いいかげんさ」を痛烈に皮肉っている。このこともまた「イラク戦争」における様々な見識者に対するメタファーにしていると考えられる。

 機内セットの素晴らしさや、能面顔演技をさせたらピカいちのピーター・サースガード、ショーン・ビーン、エリカ・クリステンセンといった芸達者な脇役たちが、怪しさを放ち、物語の善悪を翻弄させているのは見事。

 主演のジョディ・フォスターは、出産以降「イノセント・ボーイズ」(2002)や「ロング・エンゲージメント」(2004)などの助演はあるものの、「アンナと王様」(1999)からほぼ3年に一度しか映画に主演していない。

 そんな久々の主演作であるにもかかわらず、「パニック・ルーム」(2002)の役柄との類似性や、ヒッチコックの「バルカン超特急」(1938)におけるプロットの類似性を指摘出来るのは惜しまれる。

 元々はショーン・ペンのために書かれた脚本を女性に置き換えたため、逆に子供への愛情が狂気とも思える行動に駆り立てたことを強調できているのは秀逸だが、前半のキャッチーな展開に相反して後半は突っ込み所満載で、犯人の間抜けな行動によってかなり地味な展開になり、尻すぼみな印象を与えてしまっているのは痛恨。

 監督のロベルト・シュヴェンケによって「タトゥー」(2002)で見せたセンスあるスタイリッシュな映像感覚が、数々のトリッキーな撮影や浮遊感のあるエンドロールにまで漲っているだけに惜しまれる。

 ラスト、犯人ではないかと疑われたアラブ系の男性がカイルに荷物を手渡す場面がある。しかしアラブ系男性を犯人呼ばわりしたカイルは謝罪も感謝の言葉も口することなく、無言のままFBIの車に乗り込む。

 謝罪なし、でも何となく形だけは相互理解。

 これはまさに「イラク戦争」後のアメリカの姿勢を示唆するものである。

 この悪意に満ちた姿勢でヒロイン像を描ききった監督が、実はハリウッド映画初挑戦のドイツ人である点に、我々は「隠された」大きな意味を見出せるのだ。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/matusan/50424638
この記事へのトラックバック
アメリカ 監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演:ジョディ・フォスター     ピーター・サースガード     ショーン・ビーン     マーリーン・ローストン 夫を突然の事故で亡くし深い悲しみに暮れる航空機設計士のカイルは夫の遺体を 引き取り6歳の娘ジュリ...
フライトプラン【Saturday In The Park】at 2006年02月02日 14:19
機長姿のショーン・ビーン(豆様)を早く観たくてたまらず、先行上映へ。 『フライトプラン』 うーーん、映画としてはどうなのよ。。。。。 Story 事故死した夫の亡骸を乗せた飛行機に、娘のジュリアとともに乗り込んだカイル(ジョディ・フォスター)。その機内で、...
フライトプラン【『凝理道』奮闘記】at 2006年02月02日 15:00
「フライトプラン」 評価 ★★★★☆ 『あらすじ』  寒い雪の日、カイル(ジョディ・フォスター)の夫は、突然の事故死によってこの世を去る。6歳の 娘・ジュリアと共に夫の遺体が入った棺を自分が設計した最新型ジャンボジェット機に載せ、NYを 目...
フライトプラン【何を書くんだろー】at 2006年02月02日 16:36
ジョディ・フォスター主演 ジョディ・フォスターは夫を亡くしたばかり 娘と夫の亡骸とベルリンから家のあるニューヨークへ帰ろうとする ジョディ・フォスターは飛行機のジエットエンジンを設計する仕事で 飛行機の事は詳しい 帰りも自分が手がけた飛行機に乗っていく 娘...
フライトプラン FLIGHTPLAN【travelyuu とらべるゆう MOVIE】at 2006年02月02日 21:56
私が最近通いつめているシネコンで、観た『フライトプラン』の先行上映は、 レイトショーの4日目になる。 4日間も続くと、これがまたクセになりそうで、楽しい。 土曜日の夜は、こんな田舎町でも、人が湧いてくるから面白い物だ。 帰宅後、面白いイラストを...
『FLIGHTPLAN』先行上映【海の上のピアニスト】at 2006年02月03日 09:04
私が最近通いつめているシネコンで、観た『フライトプラン』の先行上映は、 レイトショーの4日目になる。 4日間も続くと、これがまたクセになりそうで、楽しい。 土曜日の夜は、こんな田舎町でも、人が湧いてくるから面白い物だ。 帰宅後、面白いイラストを...
『FLIGHTPLAN』先行上映【海の上のピアニスト】at 2006年02月03日 09:04
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(90) フライトプラン- ジョディー・フォスターは 世界で一番パワフルな母親だった 日曜日の朝一で、「フライトプラン」を観た。 まず始めに断っておくと、jamsession123goは、ジ...
映画のご紹介(90) フライトプラン【ヒューマン=ブラック・ボックス】at 2006年02月03日 18:04
彼女は、航空機設計士。そして、一人の母。 高度一万メートル上空で、幼い娘が失踪した・・・。 高度一万メートルの密室、一人の少女・・・ 容疑者=善乗客425名。 それは、史上最悪の飛行計画(フラトプラン) そのとき、最新鋭の旅客機は、史上最...
【劇場鑑賞9】フライトプラン(FLIGHTPLAN)【ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!】at 2006年02月04日 00:50
密室の機内で、子供がいなくなった{/atten/} 実際にそんな事が起こりうるのか??なかなか面白い設定と思いつつ、 どういうオチなのかちょっと不安だった。 パニックルームでも同じく密室で娘を守ったジョディフォスター。 今度は飛行機中をかけずり回る! 娘はホントにい...
フライトプラン /FLIGHTPLAN【我想一個人映画美的女人blog】at 2006年02月05日 12:21
 ジュリア!ジュリアはどこなの!?と、子供への愛情でジュリアン・ムーアと対決する姿勢が剥き出しとなったジョディ・フォスター。  『フォーガットン』のことは文字通り忘れ去ってしまったかと思っていたら、また思い出してしまいました(ほとんどの人が思い出します)...
フライトプラン【ネタバレ映画館】at 2006年02月05日 12:35
その時、最新鋭の旅客機は、史上最悪の《戦場》に変わる―! CAST:ジョディ・フォスター/ショーン・ビーン 他 ■アメリカ産 98分 「スタンドアップ」のシャーリーズ・セロンも子供のためにたったひとりでセクハラに立ち向かった。 この映画のジョディ・フォスターも子...
フライトプラン(映画館)【ひるめし。】at 2006年02月05日 13:09
----この映画、けっこう騒がれているよね。 ジョディ・フォスター久しぶりの主演映画だから? 「それもあるけど、 その内容が刺激的すぎて アメリカの客室乗務員の労働組合(AFA)が配給元のディズニーに抗議、 ボイコット運動を展開したというのも話題となっている」 ----へ...
『フライトプラン』【ラムの大通り】at 2006年02月05日 14:08
2006年2月1日(水)1時50分からの回 新宿ジョイシネマ1 ゴウ先生ランキング: B+ 公式サイト:http://www.movies.co.jp/flight-p/flash/index.html
フライトプラン【映画と本と音楽にあふれた英語塾】at 2006年02月05日 16:17
今日は水曜のレディース・デイと映画の日が重なってます。 朝、9時過ぎなのに劇場のチケットカウンターは長蛇の行列Σ(゚Д゚;エーッ! 私の「映画鑑賞プラン」は早くも台無しに…(耐YÉ??
映画「フライトプラン」【ちょっとひとことええでっかぁ〜♪】at 2006年02月05日 21:21
みなとみらいのワーナーで鑑賞 スクリーン3と4で同時上映中でした。 ネタバレ映画館さんも書いていますが、フォーガットンと対比してしまうのは気のせいではないと思います・・・ でも、ミステリー的に見ると、一番怪しくなく、登場回数が多い人が犯人という鉄則通りでし...
フライトプラン【物・モノ・mono】at 2006年02月05日 22:41
ご搭乗の皆さまにお知らせします。 機内での喫煙、および、今作の上映は禁止となっております。
『フライトプラン』【ねこのひたい〜絵日記室】at 2006年02月06日 16:30
予告編から、“フォーガットン”な雰囲気が漂っていたので、心配していたのですが、 宇宙へ飛んでゆかず、無事、着陸し解決して何よりでした。(笑) ジョディ・フォスター大好きなので、なんか、もう、何をやっても許せます。 機内を走り回っても、電気系統をいじっても… ...
フライト・プラン【映画で綴る鑑賞ノート】at 2006年02月07日 15:35
夫の突然の事故死に見舞われた航空機設計士のカイル(ジョディ・フォスター)は、6歳になる娘のジュリアを連れて、自らが設計した飛行機に搭乗し故郷のニューヨークへと向かう。しかし機内で眠りに着いたカイルが目を覚ますと、隣にいたジュリアの姿が消えていた。カイル....
■フライトプラン【ルーピーQの活動日記】at 2006年02月08日 00:53
子供が突然行方不明になり、しかも周囲には最初からいないと宣告される・・・という予告編、どうしても『フォーガットン』を連想させますが、果たしてその正体は。
フライトプラン【映画をささえに生きる】at 2006年02月09日 21:18
映画館の予告で観てたときには「ジョディ・フォスターだし、けっこう面白そうだな」と思ってたので、期待して先行上映に行ってきた。はっきり言おう、つまんなっかったあああああ!時間の経過とともにドンドンつまんなくなるから、最後まで見てるのが辛かった。期待分だけさ....
フライトプラン【俺の話を聴け〜!】at 2006年02月09日 21:28
遅ればせながらフライトプランを観て来ました。近所のシネコンでは一日の上映回数が多く、評判の高さをうかがわせます。 映画のしょっぱなからおどろおどろしい曲で、これはホラーなんだかサスペンスなんだかと盛りたてますねぇ。 ニューヨークへ旅立つ朝の、ジュリア...
フライトプラン【まぁず、なにやってんだか】at 2006年02月11日 02:17
ジョディ・フォスター主演の「フライトプラン」を観て来ました。この映画は、高度一万メートルを飛ぶ最新鋭旅客機の中の密室劇ですが、試写の段階でちょっとしたトラブルに見舞われました。それは、本物の航空会社の関係者が、映画の中での客室乗務員の描かれ方が酷すぎる...
「フライトプラン」を観てきました。【GOOD☆NEWS】at 2006年02月11日 15:14
 『パニック・ルーム』にひきつづき、サスペンスがすっかり板についたジョディー・フォスター主演作です。  少し老けた感もしましたが、夫を亡くし
フライトプラン【シネクリシェ】at 2006年02月12日 10:03
 公開初日から「フライトプラン」を見てきた。ジョディ=フォスター主演作品を劇場で見るのは「コンタクト」「パニックルーム」に続いて3回目。やたら映画見まくってる訳でもない私だが、どうやら結構、ジョディファンらしい。以前、友人から、「ジョディファンだろ」と「....
「フライトプラン」【ANQ Ritzberry Fields】at 2006年02月15日 21:01
アカデミー賞主演女優賞を2度も受賞してるジョディ・フォスター。 彼女の久々の新作は、旅客機を舞台にしたスリラーだった。 これがまた、なかなか面白い映画だったなぁ。 <STORY> 旅客機の設計士をしているカイル・ブラッド(ジョディ・フォスター)は、ドイツ在住だった...
フライト・プラン【toe@cinematiclife】at 2006年02月19日 01:14
ジョディ・フォスターが凄い!!(゚Д゚)        フライト・プラン オリジナル・サウンドトラック 序盤は半狂乱になって娘ジュリアを探す母親 後半は娘ジュリアを守るために戦う母親 どっちも凄い・・・ 内容的には ツッコミどころ満載で 洗練された...
フライトプラン【そこで馬が走るかぎり】at 2006年02月20日 07:33
奇跡の犯罪を見る・・・ (相当ネタバレしてます。「フォーガットン」のネタバレまでしてます。)
フライト・プラン【自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ】at 2006年02月22日 01:17
監督 ロベルト・シュヴェンケ 主演 ジョディ・フォスター 2005年 アメリカ映画 98分 サスペンス 採点★★ もう皆さん観たものと決め付けて書きます。観ましたよね? 夫を不慮の事故で亡くした航空機設計士のカイルは、6歳の娘と自らが設計に携わった最新鋭旅客機でN.Y....
フライトプラン(Flightplan)【Subterranean サブタレイニアン】at 2006年02月22日 19:30
『フライトプラン』  公式HPはこちら   公式HP(Flash版)はこちら ●あらすじ 事故死した夫の棺を引き取り、ベルリン発の最新鋭ジャンボ機に乗った女性カイル(ジョディ・フォスター)。 一緒に搭乗した筈の娘ジュリアが機内で失踪した。手掛かりも無く、
『フライトプラン』 2006・1・30観ました【映画と秋葉原とネット小遣いと日記】at 2006年02月25日 17:05
その時、最新鋭の旅客機は、史上最悪の《戦場》に変わる―! CAST:ジョディ・フォスター/ショーン・ビーン 他 ■アメリカ産 98分 「スタンドアップ」のシャーリーズ・セロンも子供のためにたったひとりでセクハラに立ち向かった。 この映画のジョディ・フォスターも子...
フライトプラン(映画館)【ひるめし。】at 2006年02月26日 09:21
2006年 1月公開 監督 ロベルト・シュンケ 出演 ジョディー・フォスター(カイル) ピーター・サースガード(カーソン) ショーン・ビーン(リッチ機長) ~最愛の夫を突然の事故により亡くしたカイル(J・フォスター)。哀しみに打ちひしがれなが...
フライトプラン【モルダーの独り言】at 2006年02月26日 10:46
みなとみらいのワーナーで鑑賞 スクリーン3と4で同時上映中でした。 ネタバレ映画館さんも書いていますが、フォーガットンと対比してしまうのは気のせいではないと思います・・・ でも、ミステリー的に見ると、一番怪しくなく、登場回数が多い人が犯人という鉄則通りでし...
フライトプラン【物・モノ・mono】at 2006年02月27日 00:36
「フライトプラン」をやっと見た。「フライトプラン」と「単騎千里を走る」とは同じ意図で作られたものである。つまり一本の作品が1人の大スターによって支えられているということだ。しかし、出来は大きく違う。「単騎千里を走る」は高倉健の魅力を120%出したような...
「フライトプラン」■ジョディ・フォスター独演会【映画と出会う・世界が変わる】at 2006年03月01日 10:34
妄想母親の航空パニック映画。 ネタバレ有りかも。
フライトプラン【オイラの妄想感想日記】at 2006年03月01日 18:07
本日は映画の日につき、六本木ヒルズにて「フライトプラン 」、見てきました。 この映画、とにかく話題は天才子役として脚光を浴びてから現在まで、一線で活躍する、ジョディ・フォスターが主演ということ。ただ、アカデミー賞主演女優賞2回受賞の名女優も、どうして
フライトプラン【Mumble ★ 全力疾走KENのつぶやき】at 2006年03月02日 01:51
1月28日、日本公開初登場1位。3週間で、興行収入23億円。 すでに3年前の主演作『パニック・ルーム』の興収20億円を 超える大ヒットとなったジョディ・フォスターの最新主演作 『フライトプラン』は、予告編のオモシロさと本編が同程度 の出来という、標準的なハリウ...
ジョディ・フォスター3年ぶりの主演作『フライトプラン』【Dead Movie Society★映画三昧★】at 2006年03月03日 05:26
「フライトプラン」★★★★ ジョディ・フォスター、ショーン・ビーン主演 ロベルト・シュヴェンケ監督、2005年アメリカ 娘が誘拐され、理由も分からなければ、 親ならジョディ演じる主人公のような 気持ちになるのは分かるのだろうが、 一緒の飛行機には乗りたく...
「フライトプラン」母の愛も強すぎは怖い【soramove】at 2006年03月04日 11:13
 今日は先行ロードショーのです。周りに聞いても「見たい!」という人が非常に多く、前評判は非常に高い。前売り券もおまけでストラップがついているものや、パスポートケースがついているものまで3種類くらいあります(値段が違う)。右の写真は一番安い前売り券(1,300円)...
「フライトプラン」先行ロードショー行ってきました【よしなしごと】at 2006年03月06日 03:27
6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 飛行機を舞台に選ぶなんて抜群のアイディア、究極の密室サスペンスだなぁ〜 なんて思いながら、かなり期待して観ました。 感想は・・・中々面白かったですよ。 ただ、もっと面白いと思ってたんですよね〜。 ...
フライトプラン【ぶっちゃけ…独り言?】at 2006年05月28日 07:08
フライト・プラン ダ・ビンチ・コード は、キリスト教関係者からのクレーム。こちらは?「客室乗務員協会(AFA)が映画のボイコットを呼びかけた(yahoo)」んですね? いやぁ、ジョディ・フォスター 、迫真の演技でした。フライトプランのオフィシャルサイト でも書かれて...
フライト・プラン 06年107本目【猫姫じゃ】at 2006年06月04日 11:21
本日のお題は「Flight Plan」(TOUCH STONE)である。大分前に買っておいたDVDなのだが、毎度のことながら今日まで観るのを失念していた(笑)。主演に(もうすぐ44歳になる)ジョディ・フォスター、助演男優にラッセル・クロウをちょっくら若くし...
映画DVD「Flight Plan (フライト・プラン)」【時評親爺】at 2006年06月11日 22:56
これ、公開時、とても評判が悪かったですね。 ジョディ・フォスターの母娘ものと聞いて、「パニック・ルーム」 の悪夢を思い出したので 映画館には観に行かず。 でもやっぱり観ないと語れない。 DVDで鑑賞。 夫を突然の事故で失い、6歳の娘ジュリアと帰国することに...
フライトプラン【映画、言いたい放題!】at 2006年06月29日 03:35
story 最新鋭のジャンボ旅客機内でジョディ・フォスター扮するヒロインが、最愛の娘を取り戻すため、全乗員乗客を相手にたった一人で戦いを挑むサスペンス・アクション。監督はドイツの新鋭ロベルト・シュヴェンケ ĉ8
フライトプラン【土曜の夜は・・・】at 2006年07月27日 20:47
★★★☆  巨大航空機の設計士であるヒロイン・カイルは、夫の原因不明の自殺にショックを受け、突然会社を辞めてしまう。そして失意のままー人娘のジュリアを連れて、葬儀のためべルリンからニューヨーク行きの巨大航空機に搭乗するのだった。 フライトプラン 販売元:ブ
フライトプラン【ケントのたそがれ劇場】at 2006年09月14日 22:21
愛する夫を突然亡くし深い悲しみに暮れる航空機設計士のカイル。
全ては他人の無関心、いや妄想か・・・「フライトプラン」【取手物語??取手より愛をこめて】at 2006年11月13日 21:40
「フライトプラン」 2005年アメリカ  98分 監督:ロベルト・シュベンゲ 出演:ジョディ・フォスター    ピーター・サースガード    ショーン・ビーン    グレタ・スカッキ URL:http://www.mo
フライトプラン【備忘録】at 2007年02月12日 19:37
この記事へのコメント
TBさせていただきました。
アラブ系乗客の描き方へのまつ様の見解をお待ちしていましたーーー。
>謝罪なし、でも何となく形だけは相互理解。
>これはまさに「イラク戦争」後のアメリカの姿勢を示唆するものである。
私も謝罪させなかったのに何か意図があるのかなぁと思っていましたので、なるほどなぁと思いました。
後半の失速は、残念でした。
VMチーフ
Posted by 『凝理道』奮闘記 at 2006年02月02日 15:08
 ども、たましょくです♪

 今回もまつさんのレビューを読ませていただき、自分の
読みの甘さを痛烈に感じました。こーして、まつさんのレ
ビューを読むことで、毎回勉強させていただいてます。
Posted by たましょく at 2006年02月02日 16:36
こんにちは♪〜
今思い出すと、一番印象的なのは、ジョディ・フォスターの真剣なまなざしです。後半の失速は、B級娯楽映画への導線でした。全体的には中途半端な感も否めませんので、構成にミスがあるのではないでしょうか?
音楽はあっていたと思います。
Posted by sea1900 at 2006年02月03日 09:15
打ちのめされちゃいました。

すると犯人はイラク侵攻に便乗して金儲けを企む石油企業のカリカチュアなのかしら?なんて考える気力もないほど、まつさんの考察に感服いたしております。

こちらを読んでしまったせいで、『ミュンヘン』の記事が書けなくなりそうなので、責任とってください(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました、って、嫉妬しすぎてほとんど八つ当たりしちゃってますけど(笑)。
Posted by にら at 2006年02月06日 16:29
ご無沙汰いたしております。
『レジェンド〜〜』の方へトラバをさせて頂きに来て、こちらの記事も読ませて頂きました。
この作品、刑事役の俳優は結構気に入ったものの、私も後半の失速で「ゑゑ〜〜〜〜?」ってなったクチでして…
ゆえに私のオススメ基準に達さず記事にしなかったのですが、まつさんのガラス云々の分析を読んでもう一度レンタルになったら確かめたくなりました。
Posted by よろ川長TOM at 2006年02月08日 16:30