2009年09月11日

女の子ものがたり

★は客観的評価であって、個人的には高評価です!第614回

★★★★(劇場)

(核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)

「人はなぜ幸せになろうとしないのか?」

これは、黒澤明監督の言葉である。

その疑問と願いは、クロサワ映画の中に欠かせないメッセージとして練り込まれていた。

誰もが「幸せになりたい」と願いながら、世の中では諍いが絶えない。

「戦争は人間の歴史だ」と宣い、実際、永久な世界的平和など幻想だと殆どの人が自覚している。

それでも個人個人は「幸せでありたい」と願い、願わなくとも「幸せにこした事ない」と心のどこかで思っている。

今年亡くなった忌野清志郎も「人間は馬鹿だ」と前置きして、

「僕らが子供の頃から平和を訴えているけれど、未だ世界のどこかで戦争をやっている」

と世界の混沌を嘆いていた。

話がややこしくなるので、とりあえず世界平和だとか壮大な理想は置いておくとして、単純な話、例えば自分の友達が悪い男(または女)と付合っているのを知って「やめとけばいいのに」と思った類いの事は誰しもあるだろう。

しかし当の本人にとっては「幸せ」である事には違いなく「余計なお世話」とあしらわれるのが世の常。

「駄目だ駄目だ」と言われれば言われる程に天の邪鬼が顔を出し、それを「幸せ」とどんどん思い込むもの。

つまり、どんな状況であっても、結局「幸せ」なのである。

多くの人は「道を外す」というリスク回避を行うものだが、それが本当にいいのか悪いのかはまた別の話。

誰にだって幸せになれる権利はあるけれど、その「ものさし」は人それぞれなのだから。


「女の子ものがたり」も、そんなお話なのかな?と思っていたら、そうではなかった。


劇中、暴力を振るう彼氏に対して、きみこ(波瑠)は「良くない相手と解っているけれど」というような台詞を吐く場面がある。

「わかっているけどやめられない」のは植木等だけではない。

世の多くの人が「幸せになりたい」と願いながら果たせていないだけなのだ。

その「果たせない」事は、人生における目標や夢、にどこか似ている。

例えば、他人からすれば理解を越えた努力を重ねるスポーツ選手の日常は誰もが真似出来るものではない。

どちらかと言えば辛いもののように思えるが、本人にとってその辛さは「幸せ」の為であることは言う由もがな。


「女の子ものがたり」は、いっけん若き日々の感傷に浸る作品のように見える。

しかし、映画後半に繰り広げられる大げんかを挟んで、本作は「人それぞれ」である事の重要さと覚悟を観客に投げかけ、若き日々ではなく「今」を描こうとしている事に気付かされる。

それがこの作品を強いものにしているのだ。


天候に恵まれなかったせいで残念なショットがいくつかあるが、その分(恐らくあえて)色調にこだわった衣装の数々に登場人物の心情を内包させ、見事なサブリミナル効果を発揮しているのが見事(説明すると長くなるので割愛するが、主要登場人物それぞれの衣装に注目)。

3世代に別れてそれぞれの役を演じた少女たちの成長に違和感を持たせない細やかな演技(外見だけでなく、例えば同じ癖のようなものも含んだ役作り)は、即ち彼女たちへの評価へと繋がる事請け合いで、成長しながら友情を深める過程にも違和感がないのがいい。

あまりにも「スタンド・バイ・ミー」(1986)を意識しすぎた台詞の数々に気恥ずかしさを感じない訳でもないが、ラストで言及されるように、大人になると「ともだち」が出来にくくなるのは、残念ながら、本当である。


本作の勝因は、原作に無かった大人の「わたし」が過去のエピソードを繋ぐ「鎹(かすがい)」の役目を担っている点にある。

過去を描くノスタルジーだけでなく、時間を経た現在だから思える過去への反省や後悔は誰にでもある共通の想いだ。

それは誰もが抱えるものだといえる。


映画終盤はただ、ただ、泣けてくる。


「おんなのこ」の話でありながら、「おとこのこ」に置き換えても充分成立する人間の機微が、我々の琴線を揺らしまくるのだ。


今、高校生や大学生の人たちは、10年後くらいにこの映画を見て欲しいと思う。

今、社会人として世に出た人たちは、人生に悩んだり、立ち止まった時にこの映画を見て欲しいと思う。

今、30代後半以降の人たちは、今、この映画を見て欲しい。


きっと後悔した事や反省した事、昔は気付かなかったけれど今なら理解出来る事が走馬灯のように駆け巡り、取り戻せない何かに哀しみを感じながらも、明日生きてゆく覚悟を決意出来るに違いない。

僕にとって主人公「なっちゃん」が僕自身の分身であるかのように感じた如く、きっとこの映画を見た人にとって「なっちゃん」が自分自身だったり、遠くで頑張っている友人だったりするはずなのだ。


人生に正解は無いし、幸せの基準はひとそれぞれ。

アニメ映画「時をかける少女」(2006)でストーンズの曲を引き合いに出して、「Time Waits For No One」と訴えていたように、この映画でもまた、今を生きるしかない、と多くの人を鼓舞させてくれるに違いない。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/matusan/51717567
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。
「自主映画制作工房スタジオゆんふぁ映評のページ」の管理人しんです。

まつさんの批評、年に数回しか読めないのが少し寂しいですが、その分、更新が楽しみになります。

ところで、当ブログでは「映画ブロガーによる00年代(2000〜2009)の映画ベストテン」という企画を立ち上げてみました。その記事へのリンクをこのコメントに付けております。
是非ともお越しいただき、この10年間のベスト映画をコメント欄に投稿していってください。
無名ブログの企画なのでどれだけエントリーが集まるか判りませんが、なにとぞ盛り上げをお願いいたします。もちろんご興味があればで結構でございます。
それでは、今年もよろしくお願いいたします。
Posted by しん at 2010年01月03日 21:26
死んだ?
Posted by さる at 2010年12月04日 22:52
死んだ
Posted by まつさん at 2010年12月21日 16:32
死んだ?(地震で)
Posted by さる at 2011年04月02日 14:33
阪神大震災で
Posted by まつさん at 2011年07月15日 21:24
我々は待っている
Posted by 鬼畜桃太郎 at 2013年11月14日 22:10