November 26, 2007

室内に起こる結露には表面結露と内部結露があります。
表面結露とは明け方窓の下に水がたまっているような場合です。
内部結露とは建物の内部で生じる結露です。

建物内部にできる内部結露を防ぐのは難しいです。
構造的な問題となるからです。
それ故ここでは表面結露を防止する為に
できることを書かせていただきます。


結露は空気が含む事ができる水蒸気の量が関係します。
気温が高い場合にはより多くの水蒸気を含むことができます。
それゆえ日中あるいは暖房をかけている時にはあまり発生しません。

就寝後気温が下がるにつれて
もはや空気に含んでおけなくなった水蒸気が
水滴となって現れるのです。

起きている時にお風呂に入ったり
お料理をしたりと空気中の水蒸気を増やし、
そのままの状態でおく事が一番の結露の発生リスクとなります。

だから寒くても寝る前にいったん窓を開け、
換気扇も回し、中の湿った空気を出してみてください。
特に冬場は外の空気は乾燥しています。
その乾燥した空気を室内に取り込めば
室内の空気が下がっても結露はしにくいと言う訳です。

室内の換気こそ一番の結露予防法と言えます。

あとは結露の発生しやすい
部屋の隅などのよどんだ動かない空気も
意図的に動かすようにしてみましょう!
うちわでもいいですし、
部屋の隅々まで外の空気と入れ替えれば
それだけでも結露のリスクは下がります。

もちろん炭などを部屋の隅に置くのも効果がありますが、まずは湿った空気の排出を心がけてください。



東京の外壁塗装、防水・立川、東大和の水周りその他リフォームは螢屮薀奪

bratch_tel
お問い合わせホームへGO!


ブラッチスタッフ日記
塗装・防水・大規模修繕工事風景を綴る「ブラッチスタッフ日記へGO!


早大卒の異色のペンキ屋奮闘日記
リフォーム・不動産ネタ盛りだくさんのブログへGO!



(06:54)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字