2008年06月24日

岡田ジャパン 最終予選へ小笠原招集…7月28日ミニ合宿から

−6月24日8時0分配信 スポーツ報知 抜粋−
日本代表の岡田武史監督(51)が2010年南アフリカW杯アジア最終予選(9月6日〜)で、鹿島MF小笠原満男(29)を招集することが23日、確実になった。5月末から続いたキリン杯、アジア3次予選4連戦の計6試合は両足太ももの状態を考慮して、最終予選をにらんで温存したことが判明。まずは7月28日から始まる代表候補ミニ合宿で招集し、最終予選へ向けてチーム力アップを図る。

岡田監督は3次予選1位通過を決めた22日のバーレーン戦後、スタッフミーティングを開いて7月末のミニ合宿に向けた人選を行い、「新しい選手をJリーグの視察の中で入れるかもしれない」と示唆。岡田ジャパン初選出となる選手の招集について「あまり多くはない」と初選出組を呼ぶことを明言。その中に小笠原が入ることは、決定的だ。

鹿島幹部によると、キリン杯、アジア3次予選のメンバーが発表された2日前の5月13日、岡田監督から直接電話で小笠原の招集要請を受けたという。当時、小笠原は強行日程の影響もあり、両足太もも裏は肉離れ寸前。強行招集も可能だったが、岡田監督は最終予選での招集を見据えて回避。コンディション回復を優先させたという。

評価は変わらない。監督就任当初はオシム前監督のサッカーをベースとする方針から、小笠原を呼んでチームを再構築することは、時間的に難しかった。「オレ流」を宣言した3次予選前には、MF香川真司(C大阪)とともに初招集する考えを周囲に漏らしていたが、疲労により断念。体調さえ戻れば、招集を阻むものは何もない状況だ。

小笠原も06年ドイツW杯以来となる日本代表復帰へ「戻ってやりたい」と声を大にする。心配されたコンディションも、5月末の11連休で順調に回復している。厳しい戦いが予想される最終予選。岡田監督は、現在の代表で闘う気持ちを持つ選手が少ないことを自認しており、小笠原の闘志あふれるプレーとキャプテンシーは必ずプラスに働くはずだ。

〜茶々コメント〜
フォワードわぁ(´・ω・`)?

ちぇっ、呼ばネェつもりかよっ。小笠原でも悪かないんだよ。でももうすぐ三十路だからなぁ。決定力不足の現日本代表に欲しいのは海外慣れしてる高原のようなフォワードだなぁ。カターニャ(イタリア)でプレーしてる森本が入っても良いんだよ。ま、U23なのだけど。岡ちゃん、分かってんのかなぁ(´・ω・`)

↓ぽちっと(´∇⊂)
人気blogランキングへ
[adidas]アディダス サッカーユニフォーム 日本代表 オーセンティック ジャージ(08826/08824):...


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Recent TrackBacks
QRコード
QRコード