【音】
・第三オクターブの運指で中音から倍音であげる。
・その時唇かえない。柔らかく。下の音まぜて。
・その時アタックはいらない。
・途中から倍音3階立てで。
・息の量や口を締めて音を出さない。
・息の方向。下向き。
・口元柔らかく。極端なイメージとしてはふくらます。
・音の幅、跳躍の時、短くイメージ。
・外、中音のでないところ、でるところ。つかむ。
・息のスピード基本は一定。
・うーうーいいながら吹く。


【構え方】
・左手、Cの字を意識。
・右手、親指は上の方。
・楽器あげすぎない。下げるくらい。前向き。
・譜面を見下ろす感じ。
・内吹きに気を付ける。穴開けとく。腋、余裕をもって。


【さらうとき】
・オクターブ下、オクターブ上でさらう。


・頭の中で革命がおこった感じ。
・普段使わない筋肉使ったというか、頭の中すげー汗かいた。
・当たり前だが、半端なく上手い。私の楽器ってあんないい音でるのね。
・上手さが異次元だった・・・
・フルートという楽器の奥の深さをあらためて思い知った。