2007年10月17日

NY原油、88ドルに迫る 需給逼迫で最高値更新

NY原油、88ドルに迫る 需給逼迫で最高値更新


 【ニューヨーク16日共同】ニューヨーク・マーカンタイル取引所の原油先物相場は、冬場に向け需給逼迫感が強まったことから続伸、16日未明の時間外取引で、指標となる米国産標準油種(WTI)11月渡しが一時、1バレル=87・97ドルまで買い進まれ、最高値を更新した。

 イラク北部のクルド人組織に対する越境攻撃をトルコ議会が承認する見通しと伝えられ、中東からの原油供給への懸念が拡大。石油輸出国機構(OPEC)非加盟国の生産が落ちる一方で、世界の需要が伸びるとのOPEC見通しも買い材料となった。

 米国の住宅市場低迷など景気の不透明感が指摘されており、原油価格高騰はインフレ懸念など世界経済の不安定要因となりそうだ。

 15日は1バレル=86・71ドルの最高値を記録。通常取引の終値も前週末比2・44ドル高の1バレル=86・13ドルをつけ、最高値を更新した。


中日新聞 - 2007年10月16日 20時37分


パチンコ必殺仕事人
ミネトンカMINNETONKAブーツ
ミネトンカ 取扱店
ブーティー
ブーティー 通販
ブーティ 口コミ
ブーティー コーディネート
ミネトンカ 通販
パチンコCRフィーバー倖田來未攻略法
デュベティカ
ミネトンカ通販取扱店
オードムーゲ
オードムーゲ取扱販売店 口コミ
オードムーゲ 口コミ


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星