とおくからいぬをおいかけて。

おじさんになって追いつけなくなりました。

こちとらダイヤモンドサッカー観て育ったおっさんだぜへへーんだ!なんてのは、通用しない。 

縁あって、少年サッカーのコーチをやることになって、もうじき1年になる。
人も道具も足りない、田舎のちっちゃなサッカークラブのコーチ。だけど、こんなただのサッカー好きのおっさんのことを、子供たちはコーチって呼んでくれるんだよな。僕のことを信じてくれている。正直、指導者になってみるまでこんなに面白くてうれしいもんだなんて思いもしなかった。でも、学校のイベントとかスーパーとかで、でっかい声でコーチ!って叫ばないでくれ。カッコ悪いから。

そんな子供たちに教えるために、いまさらサッカーを学んでる。観戦はずっと続けているけれど、プレイヤーとしてのブランクは10年。もうね、ひどいもの。アタマでわかっていても体がついてこないって、すっげえさびしいね。ぶっちゃけ元々ちゃんと教わったこともない、サッカー好きの仲間とボールを蹴っていた程度の、膝も指も大ケガまでしている僕に教えられることなんて、スタグルとマスコットのことくらいしかないんだけどさ。

それじゃいけない。だから、いっぱいお金使って道具揃えて、JFAのD級ライセンスも取った。いろーんな技術指導の本も古いのから新しいのまで読んだ。池上さんの本もたくさん読んで、自分の中でよくかみ砕いてる。監督とも、コーチとも、たくさん話をしてる。そして、何よりも子供たちの話を聴いている。普通にやってたら誰にもかなわないからね。だから、僕は僕のやり方でコーチになろうと決めた。
だって、僕に教えられることなんてたいしたことないんだもん。僕、何にも持ってないんだもん。あぁ、サッカーが上手くなりたいなあ。目の前でどんどん上手くなっていく子供たちに嫉妬してしまう。もっと一生懸命サッカーをやっていれば良かった。

僕がいちばんがんばって教えようと思っているのは、フットボールを考えること。どこかの黄色いクラブに昔いた太ったじいさんの監督が、あれだけ考えろって言っていた意味が、10年以上かかってやっと本当にわかりかけてきた。考えろ!って言ったって、何考えていいんだかわかんねーんだよ。普通はね。だから、僕は子供たちに「次を、その先を考えろ」って問いかけてる。君らが、自分のしていることの先に何が待っているのか。そこを考えろと。
コーチに言われたことだけやってたって、つまんねーじゃん。サッカーは楽しいからやるんだよ。やりたくて来てるんだから、自分たちでどうやったら先に進めるのか考えようぜ。わかんなかったら聞こう。僕は聞いてくる子供が大好きだよ。

しっかし、こんなことばっかりやってるからさ、すっかりとサッカーをスタジアムで見ることができなくなった。アウェイに行くなんて、贅沢なんだよな。遠征する金があったらプラクティスシャツを買うよ。

たった3つ目のエントリでこんなこと書くなと。

 一昨年の年末にブログを辞めて、実はこっそりやってたmixiも辞めて、自分から何か発信するのはtwitterだけにしていました。長いことモノ書き続けていろいろ疲れたしね。ブログって結構アタマ使ってエントリ創るもんで、常に読み手のこと考えながら文脈組み立てたりとかもしてました。よくやってたよな。
んで、twitterだけにしたらこれが楽で楽でもうね。自分でしゃべりたいことって、案外140字におさまるもんだよね。わんころの写真添付しておわりでいいし、ふぁぼられたりとかも気楽だし。

でも、やっぱり書きたいことはちゃんと書きたい。ダラダラtwitterで垂れ流すよりも、ちゃんと自分の中で咀嚼した文章を文字として残したい。そんな欲求はなかったわけではないのですよ。中二病に罹患していたころは作詞家になりたかったり、小説家になりたかったりもしたのです。そんな頃もあったんです。

だからさ、恥ずかしいからこっそりこんなトコで書きなぐってんの。
前のブログはいちばん読まれてるとき、1日4000PVとかあったからね。そんなに人の目にさらされてたら、書きたいことも書けないもん。

そのうち、ケータイ小説家としてデビューします。ウソです。 

前のアレをやめた最大の理由が、自由にサッカーを観に行けなくなったこと。
かつて独身時代はJ1から大学リーグまで多い時には150試合以上ナマで試合観てたんです僕。カミサンほったらかしにして北海道から鹿児島まで遊び歩いていて、なんてワルいヤツだ。
結婚して家族ができてみると、いろいろいそがしいんですよね。おだやかに減って、息子が生まれて田舎に帰ってついには15試合くらいしか観に行けなくなっちゃった。

やっぱりスタジアムの空気を感じながら書くエントリとそうではないエントリでは、匂いが違う。
書きたいことに熱が入らないと、読んでもつまんないからね。

実際にサッカー観戦ができなくなってみると、かえって視野が広がったり。 
新しい趣味としてロードバイクを始めてみたり、写真も被写体が変わったことで機材構成を考え直してみたりとかね。
でも、いちばん違ったのは、自分が指導者の立場になったこと。まさか僕が人にサッカーを教えるようになるなんて思いもしませんでした。 高いお金出してJFAのD級ライセンスも取ったし、毎週毎週練習に行ってメチャクチャ体動かしてるし、残業放り出して夜練に顔を出したり。僕、そもそもこんなキャラじゃないのよ。
だけど、面白いよねサッカー。やっぱりサッカーは見るよりやるもんだ。面白いことには熱が入る。それはジェフを必死になっておいかけていたあの頃よりも、もしかしたら熱くなってるのかもしれない。また気が向いたら書くけど、いろんな考えがあって、いまの僕はジェフに対する熱は前ほど上がらくなってるもん。 

というわけで、 もう僕はジェフサポじゃないのでご承知おきください。まぁ、元々サポーターじゃないけどさ。

いや別にまたブログ始めようとかそんなんじゃないですから。
気が向いたのでちょろっと思ったことを書こうかなと。

もうそんなにサッカー見に行ったりできてないですし。
ロードバイクもいそがしくて乗れてないですし。
少年サッカーのコーチの仕事はいそがしいけれど書けないですし。

なので、こっそりと。 

↑このページのトップヘ