2007年03月13日

−浮気の状況証拠を収集−

夫や妻がどうも怪しいと感じたらすぐに状況証拠を収集しておきましょう!
状況証拠とは、「浮気の事実を間接的に推測させる証拠」を言います。

【主な状況証拠】

・異性と交わしたと思われる携帯メールやパソコンの電子メール。
・異性との関係が推測できる書面(手帳・メモなど)
・第三者による証言。(友人などから浮気を証明する証言が得られる場合)
・領収証(日付・時間・領収証の発行元・発行元の所在地・電話番号)
・携帯電話の発進・着信履歴(時間も詳細に確認)
・クレジットカードの利用明細(日付・店名・利用金額)
・ラブホテルと推測できるメンバーカード(ホテル名などを確認)
・会話の録音

※「不貞行為」の確実な証拠は「性交の確認もしくは推認できるもの」でなければなりません。状況証拠だけでは浮気の事実を証明する決定的な証拠にはなりませんが、今後、不貞行為の証拠を抑える為には非常に重要なものです。

この状況証拠により調査日・調査時間などを絞り込むことも可能になり、無駄な調査はせず、より効率的に調査を実施することができます。


max_tantei at 13:26│Comments(0)TrackBack(0)浮気・離婚のマメ知識 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字