2017年06月25日

初代MacProでOS X10.11 El Capitanの落とし穴

FBDIMM500
初代MacPro、いわゆるMacPro2006/2007は、もう10年選手として退役していることがほとんどです。正規のOSサポートは10.7まで。色々と工夫することで10.9あたりまでは無理やりインストールする方法が確立してはいましたが、普通の人にはやや手を出しにくい面倒さがありました。
ところがOS X10.11 El Capitanへの超簡単なインストール方法が確立し、一気に脚光を集めることに。…まぁ、それも未だに使い続けている少数の人の間でしかありませんが。
かんたんに説明すると、他のMacでHDDにEl Capitanをインストールしたあと、数カ所の「boot.efi」ファイルを置き換え、初代MacProに持っていくだけで問題なく動作するのです。その後のOSセキュリティアップデートなども問題ないようです。筆者の環境ではMacPro2008もあり、もともとElCapitan環境に固定させているので、初代機の環境構築は容易でした。

さて、そこにどんな落とし穴があるかというと、例によって発熱問題を抱えるFB-DIMMです。
長年FB-DIMM採用のMacProを使用している人は既にご存知でしょうが、このメモリの発熱はひどく、スリープした際に本体ファンが停止してしまうと発熱によりメモリが死亡する、という問題を抱えています。本来、放熱処理がうまく行けば問題は発現しにくいのですが、他機種で作成したOS起動ディスクなどではスリープ方式の最適化が行われておらず、そのまま忘れてスリープ運用でメモリ死亡、ということになりがちです。MacPro2008までのユーザーはスリープをご法度にしている人も結構な数いることでしょう。

…えぇ、4GBメモリを1本焼き殺してしまいましたとも。
念のため予備を用意しておいたので、すぐに復旧することはできましたが、痛い出費です。

というわけで、MacProを運用している人は忘れずに、スリープ方式の変更を行いましょう。
Macのスリープは
 スリープ (0)
 セーフスリープ (3)
 ディープスリープ (25)
と3種類あり、ディープスリープがいわゆるハイバネーション、HDDへメモリ内容を退避させて電源を落とす仕組みです。対してノーマルのスリープはメモリに通電したまま省電力モードになるだけなので、FB-DIMMのMacProでは荷が重すぎてメモリが発熱でぶっ壊れます。

ちなみにカッコ内の数値はpmsetコマンドの返り値です。
無理やりEl Capitanをインストールした環境では、スリープ(0)になっているので、迅速にディープスリープ (25)に変更しておくのが無難です。
まあ、スリープを一切使用しない方が安全策ではありますが、念のため。

設定方法などはこちらのブログの方などをご参考にどうぞ。

それにしても、初代MacPro用のメモリは最近国内のAmazonでも処分価格になっているので、El Capitanにすることで現役稼働させることは結構面白そうです。
 667MHzの初代MacPro用、4GBx4=16GB が、6月25日現在 6,900円。
 800MHzのMacPro2008用、4GBx4=16GB が、9,900円と、かなり安価です。
一昔前にeBayで大量に購入したんですが、それよりも輪をかけてかなり安いです。電源部分などが元気で、ある程度コストをかける気があるなら結構お得かもしれません。

ちなみに我が家の環境では、初代MacPro(メモリ18GB)が、アイドル時 約200W。MacPro2008(メモリ32GB)が、アイドル時 約280W〜300W。ツイート時330Wです。
…電気料金の覚悟と、夏場はエアコン必須なのが玉に瑕です。










maxcov at 19:03コメント(0)トラックバック(0)トラブル解消Mac 

2017年06月23日

中華アクションカム比較サイト開設

APEMAN1本日発売のラジオライフ2017年8月号に、中華アクションカムの比較記事を執筆しました。
また記事の補完として、中華アクションカムの比較サイト「中華アクションカム備忘録」を本日公開しました。本誌ともどもぜひご覧ください。
Googleサイトで作成しているため、スマートフォンでの閲覧も可能です。

中華アクションカム備忘録
https://sites.google.com/view/chinaactioncam/


また、ラジオライフではパナソニック製全録DIGAと6chノーマルDIGAの比較記事も執筆しています。全録レコーダーも7chチューナー2TBモデル DMR-BRX2030は実売7万円ちょいと、かなり安くなっており、ヘビーユーザーの方だけでなく一般ユーザーにもお勧めできる製品になってきています。6チューナーのノーマルDIGA DMR-BRG2030 との比較では、ノーマルDIGA側に意外なメリットや落とし穴もあったりするので、ぜひご一読を。

satuei
多数の中華アクションカム比較、こうやって街中で撮影してます










maxcov at 00:27コメント(0)トラックバック(0)最近のお仕事アクションカム 

2017年06月12日

Novatek系アクションカムのタイムセール

apeandpatech手前がPatech OD010B、右奥がAPEMAN A80

中華アクションカムは現在、搭載しているSoCの種類によってNovatek系、Ambarella系、Sunplus SPCA系、AllWinnerV3系の4系統に分類されます。非常に大雑把な判別方法ではあるものの、SoCとイメージセンサーの仕様だけで、ほぼ性能が類推できてしまいます。
あくまで目安で、異論もあるかと思われますが
 性能 <低 → 高>
 AllWinnerV3>Sunplus SPCA6330>Sunplus SPCA6350>Novatek 96660>Ambarella A12

となっており、現在1万円前後の4K対応アクションカムでは、SPCA6350を搭載したEKEN H9R(タイムセール7,000円~通常7,980円前後)及びそのOEM群(AKASO EK7000MUSON MC2など)、Novatek96660を搭載したSJCAM SJ5000X(13,800円前後)及び類似機種(APEMAN A80Patech OD010B)などが現実的な選択肢に入ります。
しかし4K対応といっても、この価格帯の4K対応はあくまで暫定的なもので、どれも解像度が足りなかったり引き延ばしていたり(Novatek&SPCA6350系)、加えてフレームレートが大嘘の偽装(AllWinnerV3系)だったりと問題だらけです。あくまで対応しているけど、現実的には1080p/60fpsがまともに撮影できるかどうかで見極めるべきかと。
これが1万5千円台までの予算であれば、GearBestの海外通販で「ThiEYE T5e」($115.99。6月時点レートで約14,000円)の入手も現実的となります。Ambarella A12搭載で、4K30fpsが処理できるアクションカムとしては最安です。

さて、そんな中華アクションカムですが、1080p/60fpsであれば、Novatek96660系、SPCA6350系ともに割と実用的。Novatek96660+SONY IMX078のSJ5000Xを基準としても、Novatek系の安物は画質や機能もさほど悪くないようです。現在いろいろ検証中ですが、そんな中で毎度Amazonのタイムセールでお買い得品が入れ代わり立ち代わり登場しています。

patechPatech OD010Bは2016年後半に登場したモデルで、現在じわじわと価格を下げています。通常価格は10,680円前後。タイムセールでは8,000円程度で販売されることがあります。表記されている仕様の中で注目点は、 IMX117 Exmor-R COMSセンサー採用と明記されていることです(信じていいんだな? でも綴りはCMOSセンサーだと思うぞ) Patechは製品パッケージとしては紙箱の汎用品で、ブランド展開とメーカー規模は大きくなさそうです。バッテリーは2個付属します。Patechはいわゆるショップブランドで、F68と識別される製品がベースの模様。海外ではVicTsingやVtinといったブランドで販売されているものと同一のようです。

apemanAPEMAN A80は今年初めに登場したモデル。専用の化粧箱をはじめ、ロゴ入りソフトケースやバッテリー2個付属など、パッケージも充実しています。通常価格は8,880円程度ですが、タイムセールでは7千円台が期待できます。
中華アクションカムには珍しく、公式サイトも存在します。

両機種とも6月13日にタイムセールが行われる予定で、Patech OD010Bは6月13日0時頃【訂正】朝8時頃から。APEMAN A80は6月13日朝8時頃【訂正】昼14時頃からの予定となっているようです。

タイムセール>カメラ
Patech OD010B
APEMAN A80

インターフェースは日本語訳に違いがありますが、Novatek 96660系で共通の仕様となっています(SJ5000Xとは異なります)。
両機種ともこの価格帯ではオススメできる性能です。
…うん、実機を前にいろいろ説明できるのはね。タイムセールじゃないときに既に買ってしまっていたのだよw


SJ5000Xとの比較も含めて、当ブログでも検証を行っていく予定です。
とりいそぎ近日発売のラジオライフでも検証記事などを執筆する予定です。(…元を取らねば)










maxcov at 18:10コメント(0)トラックバック(0)アクションカム衝動買い 

2017年06月01日

5,690円で購入できる玄関前ドアスコープカメラ

doorscope1不在時の来訪者確認のために玄関前ドアスコープカメラを導入。
条件は
・動態検知で自動録画できるもの
・リアルタイムの映像確認などは重視しない。後日確認用
・安価
のみ。というわけでAmazonにて5月時点で5,690円で販売されている「玄関前自動録画ドアスコープカメラ」を導入しました。かなり以前から販売されているもののようで、サンコーレアモノショップが9,980円で販売しているものと同一製品かと思われます。

doorscope2製品仕様は動態検知して静止画もしくは動画を別売のMicroSDカードに記録するもので、夜間でも赤外線LEDによる撮影が可能です。まあこの価格なので過分な期待は禁物ですが、個人的には使用目的を完全に満たしています。

バッテリーはNOKIA、Softbank 702NK用のBL-5C互換で、充電器も付属しています。ミニUSBによる外部電源駆動も可能で消費電力も少ないため、配線の取り回しなどで常時給電が困難の場合はモバイルバッテリーをぶら下げる使い方でも問題ないようです。

動態検知までに3秒ほどのラグがあり、至近距離のものにしか反応しないという特徴はありますが、来客者の後日確認用には問題ありません。取り付けは既存のドアスコープを外し、外部カメラユニットと本体金具を取り付けるだけで、賃貸マンションでも手軽に取り付けが可能でした。

doorscope3実際に撮影した動画のスクリーンショットはこちら。音声がノイズのみなのが気になりますが、そもそもマイクがなかったような。動画ファイルはミュートにしてほしかったところ。

さて、肝心の運用後の感想ですが、運送業者さん何度も不在配達に来ていただいてホント申し訳ありません、という一言に尽きます…
生成ファイルのタイムスタンプで容易に日付と時刻の確認ができるので、手軽に導入できる防犯アイテムとしてはオススメです。動態検知機能をオンにしていると扉の開閉時に自動録画が行われるため、入退出時刻のチェックも可能です。ライフログ、アリバイ証明などにも良いんではないでしょうか。






maxcov at 04:57コメント(0)トラックバック(0)チラシの裏衝動買い 

2017年05月26日

ラジオライフ2017年7月号発売

RL07ands270ラジオライフ2017年7月号が発売されました。ゲームラボの休刊に伴い、三才ブックスの屋台骨となる明るいアングラサブカル雑誌はこれ1誌のみとなります。この灯を消さないためにも皆さんぜひ買いましょう。
今月号は裏グッズとか便利グッズ関連特集で、数点お手伝いしています。

そんな中でオススメ商品は、送料税込み3,200円で購入できるTS抜きチューナー「MyGica ISDB-T TV Digital USB S270」。国内で人気の「PLEX PX-S1UD v2.0」のOEM元製品で、仕様はほぼ共通。しかも付属品が潤沢についたうえでこの価格です。販売サイトがアリババ(Aliexpress)のみとなり、注文から到着まで1週間ほど必要となりますが、この価格ならアリでしょう。最近ではヤフオクでも同程度の価格で出回っているようなので、海外通販が面倒な人はそちらもありかも。

一応簡単に備忘録としてもまとめていますので、興味のある方はそちらもご覧ください。

 TS抜きチューナー備忘録 ISDB-T TV Digital USB S270

cancam1あと、便利なLEDライトが付属する女性誌「CanCam」7月号。「魔法の自撮りライト」が付属していたため何となく入手しました。
前回はハート型の自撮りライトが付属し、自撮りに使うと瞳の中にハート形のアイキャッチが入るというシロモノだったのが、なぜかモデラーや昆虫撮影愛好家など、カメラ愛好家のおっさんに人気で瞬殺したという経緯があります。今回のものは星形で、本来は自撮りの際に目の中に星が入るオシャレアイテム。

camcan2単4電池2本で動作します。光量も十分で、ブログやSNS撮影用には便利ですねコレ。











maxcov at 06:00コメント(0)トラックバック(0)チラシの裏最近のお仕事 

2017年05月21日

PasocomMini小ネタ

pasominitira1
8ビット世代の心をぐっと鷲掴みにする「PasocomMini MZ-80C」のモック展示とチラシ配布が、唯一の販売店である秋葉原BEEPで開始されています。個人的には発売が予定されているFM-7の方に思い入れが強く、正直なところMZ-80Cについては琴線に触れないのですが、この辺は当時の1〜2年の差で感情移入の度合いが全く異なると思うので、致し方ないかと。しかしMZ-80Cが売れないと後続が続かない模様なので複雑な心境です。

pasominitira2ラズベリーパイ+ケースとしては割高ですが、少なくとも当時のプログラムもマシン語アプリであればそのまま動くことと、SmileBasic搭載により強力なBASICで遊べる仕様なのは歓迎したいところ。
しかしMZ-80Cはクリーンコンピューターでマシン語モニタさえあればどうとでもなり、MicroSoft謹製BASIC(もしくはHu-BASIC)のライセンスを受ける必要がないという優位点があればこその仕様です。後続予定のFM-7ではその辺どうにもならずに、出荷状態では市販ソフトをコンバートして遊ぶといったことは一切できないことが懸念されます。
開発者インタビューで「FM-7版には個人的にはウットイを添付したい」旨の発言がありましたが、同ソフトはKコンパイラ製(F-BASICに近い文法ながらマシン語に変換する定番コンパイラ)のためで、おそらくローダー以外をちょっといじれば搭載できそうという可能性を考慮してのことだと思います。しかしユーザー側がなんとかするのは難しそうな予感。まあ、ラズパイなので別のエミュとかBIOS ROM載っけちゃえばどうとでもなる、という扱いなのかもしれません。

pasominikey
さて、公式サイトや静岡ホビーショーで実機展示された際に使われている、かっこいいミニキーボードですが、たまたま以前入手していたため、特定が容易でした。
サンワサプライ製の英語キーボード「SKB-E3U」で、価格も2千円以下と安価です。
我が家には猫も小鳥もいないのに、立てかけてた際にぶつけた衝撃か何かでキーが破損し「T」キーが行方不明になっています。安価なため耐久性には期待できないということでしょう。
しかしこのキーボード、かっこいいけど8ビット機として使いたい場合にはテンキーがないので不便だと思いますよ。







maxcov at 07:41コメント(0)トラックバック(0)チラシの裏8ビット 

2017年05月19日

Windows10 OEM版 週末セールで1,351円

win10Error550


Win10img250PlayAsia MICROSOFT WINDOWS 10 PRO 32/64-BIT, OEM
5/18時点の価格 1,351円

なんかどんどん値下がりしているな。
香港拠点の通販サイト「PlayAsia」で販売されているOEM版のWindows10Proライセンス(デジタルコード、プロダクトキー販売)が、ウィークリーセールとのことで普段より800円ほど安い 1,351円となっています。
購入の際のトラブル事例を4/1付の記事にまとめていますので、購入の判断は自己責任でどうぞ。








maxcov at 00:25コメント(0)トラックバック(0)チラシの裏Windows10 

2017年05月18日

ゲームラボ最終号 2017年6月号

GLENDバッ活時代から32年間刊行が続いたゲームラボ、ついに今月号を持って休刊となるそうで。
この雑誌不況のご時世では致し方ないところ。というかよくぞ今までという感じです。

個人的には約20年前、同人コーナーの片隅に「ときめかねぇエッセイ」というページ1/3ほどのコーナーを2年間執筆していました。当時の編集長様にたまたまコミケ会場で拙作の「ときめかねぇスクリーンセーバー」をお買い上げいただき、間違って生FDを売りつけたことがきっかけだったと記憶しております(ひどい話だ)
その後もBlu-ray関係やTS抜き関係を中心に何度か記事協力しており、いろいろとお世話になったものでした。

そんなわけで、最終号が妙に売れているみたいなので(中の人からすれば毎号売れていればこんなことには、と思わずにはいられないでしょうが)早めに購入しておいたほうがいいかもしれません。
誌面構成も、最終号としてしっかり総括した内容となっているので、知らないうちに消えていく雑誌に比べれば幸せなエンディングなのかもしれません。広告主から最終号に「ありがとう」という広告が出される雑誌はあまりない気がします。

あ、あと「地デジ裏録画究極マニュアル2017総集編」が発売されています。
こちらは再録本ですが、別冊付録も付いてTS抜きチューナー関連もがっつりまとまってますので、ぜひ備忘録代わりにどうぞ。








maxcov at 08:05コメント(0)トラックバック(0)チラシの裏最近のお仕事 

2017年04月27日

ラジオライフ2017年6月号

RL1706
ラジオライフ 2017年6月号が発売になりました。PX-W3PE4の接続や設定についても紹介されていますので、ぜひどうぞ。

PX-W3PE4については補完的なページも作成していますので、ユーザーの方や購入を検討している方は御覧ください。

TS抜きチューナー備忘録 - PX-W3PE4 -








maxcov at 04:27コメント(0)トラックバック(0)最近のお仕事チラシの裏 

2017年04月20日

PlayAsiaでWindows10が週末まで¥1,656円

win10Error550


Win10img250PlayAsia MICROSOFT WINDOWS 10 PRO 32/64-BIT, OEM
4/20時点の価格 1,656円

香港拠点の通販サイト「PlayAsia」で販売されているOEM版のWindows10Proライセンス(デジタルコード、プロダクトキー販売)が、ウィークリーセールとのことで普段より500円ほど安い 1,656円となっています。
購入の際のトラブル事例を4/1付の記事にまとめていますので、購入の判断は自己責任でどうぞ。








maxcov at 12:38コメント(0)トラックバック(0)チラシの裏Windows10 
Anyko
Windows10 Pro OEM
香港の老舗通販サイト
PlayAsia
Windows10 Pro OEM
ライセンス格安販売中
OEM版
any
¥2,209円
ホントに使えるのか
購入顛末記はコチラ
つぶやき
最近のお仕事
漫画とか。

『VOCALOID4 マクネナナ』
おまけのページで 四コマ漫画掲載中
macne190

最新のお仕事
キャラとか漫画とか。

『LogoMaker Professional』
発売中!
四コマ漫画とか掲載中
romekopng

最近のお仕事
キャラとか漫画とか。

『Web Editor』
発売中!
四コマ漫画とか掲載中
editan2
最近のお仕事2
キャラとか漫画とか。

『Motion Decompiler3』
発売中!
for Win

四コマ漫画とか掲載中
MacUpdate
お仕事&おつきあい




自腹購入&きになるもの
タブレットPC(WACOMデジタイザ採用機種)用の互換ペンはこちら


LtnFlashでAACSをリセットできる、BDリップ派にオススメの廉価BD-ROMドライブ





Amazonが勝手に選んだ関連商品
Recent Comments
Recent TrackBacks
雑記 (伊藤浩一のW-ZERO3応援団)
iPhone昇天
iPhone 3G (クリエーター達の独り言)
GETAC PS535Eは高価すぎる
BDC-s02jは神ドライブらしい (インターネットの本屋さんBlog)
BDC-S02J新ファームウェア
【2ch】ニュース速報  勢いのあるスレ (2/29夜) (Buzz Mania (バズマニア) by HumitakaHolii (堀井文隆))
8800GTの威力
光ファイバーとブロードバンド 日記 (光ファイバーとブロードバンド 日記)
DELL 3007WFP を導入
ときめかねぇスクリーンセーバー
tokimekaanim
6パターン位入ってます

15年ぶりくらい? で復活
315円でダウンロード販売中
DLsite.com
  • ライブドアブログ