2007年09月05日

原史奈のSMレズ調教 第四十五話

どのくらい時間がたったのだろう?史奈の痙攣は止まっていた。暗闇の中、真空吸引器のポンプのモーター音とアナルバイブのスイッチが入り、「あ〜ん」と反応し、目を覚ます史奈。また、痙攣し、すぐにオムツの中に潮も吹きだし、いきっはなしになる「あ〜っまぁまぁ〜!!」「いい!気持いいっ!いっぱい、いっぱい、いってるの!マぁマぁ!」
目が覚めてから何十回もいき続けている史奈。「乳首とク○が!気持いいの!お尻の穴も気持いいよ!」「あ〜!マぁマぁ!とまらいの!身体がブルブル止まらないよ〜!気持いいっ!」痙攣と潮吹きが止まらない。
京香が帰ってきた。
「どう?史奈?」
「気持いいっ!マぁマぁっ!」
スイッチを切る京香
「いや〜止めちゃイヤ〜マぁマぁ」
「少しの間我慢しなさい」
「あ〜んマぁマぁ」
痙攣と潮吹きはまだ続いている。「どれくらい大きくなったかなぁ?史奈の乳首とク○は?」
と乳首キャップとク○キャップを外してみる。
「あら、凄い!」
乳首とク○は男性の親指の先位大きく肥大していた。
「感度はどうかな?」
と肥大乳首を口に含み舐めてみる。「あ〜あマぁマぁ!」
と痙攣が一層激しくなる。
肥大乳首から口を外し、
「こっちは、どうかな?」
肥大ク○を口に含み舐めてみる
さっきより痙攣が激しくなる。
「ママ〜っ!」
「合格ね、」
「さぁ、史奈、もっと、もっと気持してあげるからね」
つづく

maxi1123 at 06:26│Comments(0)TrackBack(0)clip!アダルト 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔