片想い...

想いを寄せてはイケない...相手...

そう思えば思うほど想いが募る....


彼らとの別れの後、しばらく立ち直れずにいた...

誰にも必要とされていなく
そして、女ではなくなったようで絶望の中にずっといた。



でももう人を好きになり、恋をするなんて...
そんなこと...も絶対にないって思ってた...


でも、

恋をした....



私の片想いは始まったばかり...



抱かれる日がくるまで...


両思いになれたら.....


もう気持ちも限界にきている。



あれから...そして...イケない想い

彼らとは何年も前に終わっている。

カレと彼

愛された瞬間は本当に幸せだったのをいまでも思い出し胸を熱くする。

冷めきった関係も変わらずに続けている...

疼く体、みたされぬ心




そんな中 ある1人の男性とであう。




想いを伝えることも許されぬ環境にいるアタシはもどかしい日々を送っている...


そんな彼と毎晩、想像と妄想の中では
愛し合い、激しく乱れて朽ち果てる。


貴方を知り、本当の貴方に抱かれたい...


そんな欲求が膨らむ。

まだ彼とは何もはじめっていない。
でも彼と、どうにかなりたいっ...

そんなイケない想いが,...





つづく






秘密の恋愛ランキングへ

絶望

あんなに激しく愛し合った彼の優しく強い愛を感じる腕の中にいて
一緒にうたた寝したりした。


幸せな時間は長くは続かない...


数日後...

予想だにしない出来事にひどく動揺していた。
会えるまでの苦労があるから乗り越えたときはすごく嬉しかった。
それぞれの事情、彼の仕事の関係もあって一ヶ月に1、2回程会えればいいほどだった。

会えない時間は
メールと電話で寂しさを埋めていた...いつだって彼からの連絡を待ち続けていたよ....

忘れた頃にくる連絡が、とても嬉しく胸のつかえを一気に取り去ってくれる。

何週間ぶりに会う彼は
いつもと変わらず優しく微笑んでくれる。

微笑み...

彼が本当に愛していたのは....

私ではない...

もう2度と訪れない...


悲しみにひどく包まれていた...


もう2度と会えない...

声も聞けない...話せない....

触れることも許されない...


絶望の中に居続けていた。




つづく












人気ブログランキングへ
ギャラリー
  • 玩具
  • 幼馴染のカレ 回想:(2)
  • 幼馴染のカレ:回想⑴
  • 苦痛が快感に
  • 重なる前
  • 恥じらいと欲情
  • 情事の入口へ
  • 密室で
  • 本性