40


1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/30(火) 16:34:54.97 ID:Y8mMTouY0
    遊星「それは本当か?」

    龍亞「学校中大騒ぎなんだ!早く来てよ遊星!」

    遊星「よし、解った」

    ジャック「何かあったのか?」

    遊星「実は」

    ジャック「何だと!?十六夜の胸から母乳!?」

    遊星「急ごう何か嫌な予感がするんだ」

    龍亞「ほら早く!」


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/30(火) 16:36:34.80 ID:ZA2yZpuDO
    エロいであろう話なのにスレタイだけで笑いがこみ上げてくる


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/30(火) 16:42:18.74 ID:Y8mMTouY0
    遊星「こ、これは・・・」

    ジャック「遊星!」

    遊星「どうした」

    ジャック「おい!しっかりしろ!おい!」

    「ううっ・・・早く逃げてくれ・・・十六夜さんのおっぱいが・・・」

    ジャック「十六夜の胸・・・まさか」

    遊星「ペロッ・・・これは母乳の味!?」

    遊星「この壁にある穴からも母乳が垂れている・・・まさかこれは」

    龍亞「何々?」

    遊星「俺の推理じゃアキの母乳が勢い良く飛び出てそれでそこら中に穴を開けた・・・そして彼は」

    ジャック「十六夜の母乳による被害者か・・・」

    遊星「アキ・・・何があったんだ」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/30(火) 16:45:38.16 ID:Y8mMTouY0
    アキ「は、離れて!」

    龍可「アキさん!」

    アキ「ンアッ!!」ドビュッ

    ボブ「グフッ・・・」

    天兵「ボブ!」

    スライ「こりゃこの世の終わりだな」

    先生「みんな!早く避難するのよ!!」

    龍可「龍亞・・・早く遊星を連れて来て」

    アキ「ンアッ!!」ドビュッドビュッ


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/30(火) 16:49:46.43 ID:Y8mMTouY0
    遊星「何てことだ・・・みんなが母乳塗れに」

    ジャック「十六夜を探すぞ!」

    遊星「ああ」

    「うわああああああああああああああああ」

    遊星「な、なんだ!?」

    アキ「ハァハァ・・・遊星・・・」

    遊星「アキ!」

    アキ「逃げて遊星!このままじゃ私の母乳で遊星を殺しちゃう!」

    遊星「胸は二つ・・・全ての母乳を吸い上げればいいだけ・・・行くぞジャック!」

    ジャック「俺は右!お前は左の胸を吸い上げろ!」

    遊星「アキ!もう少しの辛抱だ!!」


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/30(火) 16:52:08.54 ID:Y8mMTouY0
    龍亞「そ、そんな・・・遊星とジャックが・・・」

    遊星「」

    ジャック「」

    アキ「も、もうダメなの龍亞、あなただけでも逃げなさい」

    龍亞「い、嫌だ・・・二人を置いて逃げられないよ!!」

    アキ「くっ・・・また出てしまう・・・逃げて!」

    龍亞「あ・・・あ・・・」

    アキ「ンアッ!!!!!」ドビュルルルルルルルルルル

    龍亞「うわあー!」


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/30(火) 16:58:34.81 ID:Y8mMTouY0
    遊星「・・・アキ」

    クロウ「お、気がついたみてえだな遊星」

    ジャック「ここは・・・俺たちは」

    クロウ「三日間ずっと眠ってたんだよ」

    遊星「アキは」

    クロウ「・・・大変な事になってるぜ。ほらテレビ見てみろよ」

    「デュエルアカデミア在籍の十六夜アキの母乳は甚大な被害を」

    遊星「くっ・・・止められないのか・・・」

    ジャック「・・・」

    クロウ「落ち着けよ遊星」

    鬼柳「まだお前は満足してねえ・・・諦めるなよ遊星」

    遊星「き、鬼柳・・・どこから」

    鬼柳「ニュースで見た。あの時の借りを返すぜ遊星」

    遊星「ありがとう鬼柳」


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/30(火) 17:01:47.60 ID:Y8mMTouY0
    ジャック「だがどうする」

    ブルーノ「遊星!気がついたんだね!?」

    遊星「ブルーノ・・・そうか」

    鬼柳「何かいい案が浮かんだのか?」

    遊星「ブルーノ手伝ってくれ」

    ブルーノ「う、うん」

    遊星「あれならアキの母乳を止められるかもしれない」

    クロウ「あれ?あれって何だ」

    遊星「授乳機だ」

    遊星「俺とブルーノはアキ特製の授乳機創りに取りかかる」


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/30(火) 17:05:21.44 ID:Y8mMTouY0
    鬼柳「俺達は俺達で動くぞ」

    クロウ「遊星が授乳機を作るまでアキを足止めする」

    ジャック「やるしかないな」

    鬼柳「チームサティスファクション再結成だぜ」

    ジャック「十六夜は今どこに居る」

    クロウ「シティの南部の方に居るってニュースやってたぜ」

    鬼柳「奴の母乳が勝つか俺達の満足が勝つか」

    鬼柳「こいつは負けられねえ勝負だぜ・・・」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/30(火) 17:08:50.80 ID:Y8mMTouY0
    ブルーノ「でもアキさんの胸がどうして」カチャカチャ

    遊星「恐らくはあの大きすぎる胸」

    ブルーノ「胸?」

    遊星「ああ、女決闘者の強さと経験は胸の大きさで決まる」

    ブルーノ「そう言えばシェリーも」

    遊星「だがアキの場合は未成年であの大きさ・・・不安定な年頃だから」

    ブルーノ「母乳が大量に噴き出したんだね」

    遊星「急いで作ろう、時間がない」

    ブルーノ「うん」


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/30(火) 17:10:57.39 ID:XWt9NX/wo
    なぜブルーノは納得しているのか

15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/30(火) 17:13:40.95 ID:SkbS5UJAO
    >>13
    何言ってんだ?遊戯王スレだぞ?おかしい所なんかあるはずない


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/30(火) 17:12:56.16 ID:Y8mMTouY0
    クロウ「うぐっ・・・はぁはぁ・・・」

    アキ「ダメよクロウ!もう近寄らないで!」

    ジャック「そうは行かん!俺達は止めてみせる!」

    鬼柳「お前とは会ったこともねえ他人だ、でも遊星の仲間なら俺は命をかけてでも助け出すぜ」

    アキ「みんな・・・」

    ジャック「クロウ!」

    クロウ「おう!」

    鬼柳「早く来いよ遊星・・・こいつはヤバすぎるぜ」

    アキ「ンアッ!」ドビュルルルルルルルルルル

    クロウ「ぐわあああああああああああ」

    ジャック「クロウ!」  


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/30(火) 17:16:29.20 ID:Y8mMTouY0
    遊星「すまない遅れてしまった!」

    クロウ「」

    ジャック「」

    遊星「ジャック!クロウ!」

    鬼柳「遊星・・・遅すぎるぜ・・・」

    遊星「アキは」

    鬼柳「あそこだ・・・早く行ってやれ」

    アキ「ゆ、遊星・・・助けて」

    遊星「今行く、ブルーノ」

    ブルーノ「みんなの事なら任せて」

    アキ「遊星!」

    遊星「アキ!」


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/30(火) 17:22:08.90 ID:Y8mMTouY0
    アキ「ンアッ!ンアッ!ンアアアアアアアアアアッッッ!!!」ドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッドビュッ

    ブルーノ「危ない遊星!」

    遊星「壁が一瞬で穴だらけ・・・当たったら一溜まりもない・・・このカードは」

    ブルーノ「遊星!」

    鬼柳「遊星は死なねえ、あいつは不動遊星だぜ」

    ブルーノ「でもあのままじゃ近寄れない!当たったら即死確定だよ!」

    鬼柳「その絶体絶命の状況を打破すんのが遊星だろうが黙ってみてろ」

    遊星「このカードは穴が空いていない・・・こっちは穴が・・・そうか!」

    遊星「行けるこの貫通していないカードでなら・・・!」

    アキ「避けて遊星!」

    遊星「俺は避けない!あえて正面から突破する!!」


20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/30(火) 17:29:37.65 ID:Y8mMTouY0
    アキ「ンアッ!」ドビュッ

    遊星「その攻撃は見切った!」カンッ

    ブルーノ「カードを盾に!?」

    遊星「カード達が力を貸してくれた・・・ブルーノ、そこに散らばっているカードをよく見てくれ」

    ブルーノ「う、うん」

    遊星「そこには穴が空いてるカードと空いていないカードがある。不思議に思わないか?」

    ブルーノ「あ、そういう事か!」

    遊星「穴が空いていないカードは全て機械族。空いているのは機械族以外のカード」

    鬼柳「遊星が両手に持ってるカードはサイバー・ドラゴンと機械王」

    遊星「カード達よ俺に力を貸してくれ!」

    アキ「ンアッ!」ドビュッ

    遊星「サイバー・ドラゴンでガード!」カンッ


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/30(火) 17:38:41.94 ID:Y8mMTouY0
    鬼柳「けど何で機械族は」

    ブルーノ「それは機械族特有の装甲の硬さだよ。悪魔族や獣族は生身なのに対して機械族は」

    鬼柳「全身が分厚い装甲で守られてる・・・行ける!遊星!」

    遊星「ついにお前の懐に辿り着いたぞアキ」

    アキ「遊星・・・」

    遊星「これはアキ専用に作った授乳機・・・今から全てを吸い上げてみせる!」

    アキ「そんなものじゃ破壊されてしまうわ!逃げて遊星!」

    遊星「アキ・・・科学の力を甘くみるな。スイッチオン」

    アキ「アアアアアアアアアアアア」

    ブルーノ「凄い勢いで吸い上げてる!」

    遊星「あと少し・・・あと少しで全てが終わる!」


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/30(火) 17:44:34.48 ID:Y8mMTouY0
    数日後

    遊星「この前は大変な目にあったな」

    ジャック「終わり良ければすべて良し、十六夜はあの後どうした」

    遊星「ちゃんと学校に戻ってる。今日にでも遊びに来るだろ」

    クロウ「そういやアキの胸から搾り取った母乳は」

    遊星「それは心配いらない。ちゃんと海に流しておいた」

    ブルーノ「海は母なる海って呼ばれるからね母乳を海に返すのは不思議じゃないさ」

    遊星「WRGPまであと二ヶ月・・・この件は決して忘れちゃいけない」

    ジャック「肝に銘じておこう」

    遊星「母乳は時として凶器になる・・・みんなもそれを忘れないでくれ」


    終


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/30(火) 18:25:58.69 ID:uV8DfmtAO
    乙
    ミルクでも貰おうか

31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/30(火) 21:24:54.73 ID:RjHmvTwYo
    どういう…ことだ…!?

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/30(火) 18:48:32.81 ID:jvrbD/i+0
    まるで意味がわからんぞ!

32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/30(火) 22:22:29.18 ID:aqjO/eIfO
    カオスは早急に滅ぼそう(確信)