432


1 : ◆6lM76zkyEU:2014/10/25(土) 17:45:21 ID:6uSVxNho
    舞網市・早朝……

    遊矢「…………」トコトコ

    柚子「…………」トコトコ

    遊矢&柚子「……あ」

    遊矢「……おはよう」

    柚子「……おはよう」


2 : ◆6lM76zkyEU:2014/10/25(土) 17:46:27 ID:6uSVxNho
    遊矢「今朝は早いんだな」

    柚子「それを言うなら遊矢もでしょ?」

    遊矢「正直会うとは思わなかった」

    柚子「私も」

    遊矢「……まあだから早く家を出たっていうのもあるんだけど

    柚子「……私も」


3 : ◆6lM76zkyEU:2014/10/25(土) 17:47:10 ID:6uSVxNho
    遊矢「とりあえず行くか、学校」

    柚子「うん」

    遊矢「…………」トコトコ

    柚子「…………」トコトコ

    遊矢「…………」トコトコ

    柚子「…………」トコトコ

    遊矢「……なあ」

    柚子「……何?」


4 : ◆6lM76zkyEU:2014/10/25(土) 17:48:15 ID:6uSVxNho
    遊矢「何か喋ろよ」

    柚子「何で?」

    遊矢「黙ったままだと空気悪いからさ」

    柚子「なら遊矢が喋りなさいよ」

    遊矢「どうしてそうなるんだよ?」

    柚子「どうしてもよ」

    遊矢「じゃあ――」


5 : ◆6lM76zkyEU:2014/10/25(土) 17:48:46 ID:6uSVxNho
    遊矢「――昨日の事、だけどさ」

    柚子「…………」


6 : ◆6lM76zkyEU:2014/10/25(土) 17:49:29 ID:6uSVxNho
    遊矢「あー、今はまずいかな?」

    柚子「別に……ただいきなりだなって思っただけ」

    遊矢「止めた方が良いか?」

    柚子「一々聞かないでよ。遊矢の好きにすれば?」

    遊矢「そうか……じゃあ何か他の話題考える」

    柚子「……本当に止めちゃうのね」


7 : ◆6lM76zkyEU:2014/10/25(土) 17:51:32 ID:6uSVxNho
    遊矢「何か怒ってるか?」

    柚子「気にしないで。元々こんな顔だから」

    遊矢「何だよ、その言い方」

    柚子「…………」

    遊矢「もう良いや……さっさと学校行こうぜ」

    柚子「……そうね」


8 : ◆6lM76zkyEU:2014/10/25(土) 17:52:09 ID:6uSVxNho

    …………

    舞網市立第二中学校・校門前……

    遊矢&柚子「…………」

    『本日休校』

    遊矢「閉まってるな」

    柚子「閉まってるね」

    遊矢「創立記念日、だったな」

    柚子「うん、完璧に忘れてたわ」


9 : ◆6lM76zkyEU:2014/10/25(土) 17:52:55 ID:6uSVxNho
    遊矢「まさか休みの日を忘れていたなんて」

    柚子「こんな事初めてだわ」

    遊矢「俺もだ……どうする?」

    柚子「どうするって……帰るしかないでしょ?」

    遊矢「まあ、そうなるよな。ここに居ても仕方ないし」


10 : ◆6lM76zkyEU:2014/10/25(土) 17:53:54 ID:6uSVxNho

    …………

    遊矢「…………」トコトコ

    柚子「…………」トコトコ

    遊矢「…………」トコトコ

    柚子「…………」トコトコ

    遊矢「……あー、やっぱ駄目だ」

    柚子「遊矢?」

    遊矢「お前とずっとこんな気まずい空気とか、俺は耐えられない」

    柚子「…………」


11 : ◆6lM76zkyEU:2014/10/25(土) 17:55:37 ID:6uSVxNho
    遊矢「正直昨日は俺、どうかしてた……ごめん」

    柚子「別に謝らなくても良いわよ。どうかしてたのは私も同じだから」

    遊矢「映画の、あのシーン観ていたら何か頭の中がグチャグチャして……それで」

    柚子「分かってる。それにあの映画を見ようって遊矢を誘ったのは私だもの……ある意味原因は私にあるし」

    遊矢「だけどお前……『初めて』だったんだろ?」

    柚子「そうだけど……それを言うなら遊矢もでしょ?」

    遊矢「だけど男と女じゃ違うだろ? だからちゃんと謝ろうと……」

    柚子「だから謝らなくて良いって……ていうか謝らないでよ」


12 : ◆6lM76zkyEU:2014/10/25(土) 17:56:22 ID:6uSVxNho
    遊矢「…………」

    柚子「忘れましょう、昨日の事は」

    遊矢「そう言って忘れられるのかよ?」

    柚子「時間があれば……多分」

    遊矢「…………」

    柚子「…………」

    遊矢「……無理だ」

    柚子「え?」


13 : ◆6lM76zkyEU:2014/10/25(土) 17:56:59 ID:6uSVxNho
    遊矢「多分無理だと思う。ただの幼馴染に戻るのも」

    柚子「…………」

    遊矢「確かに時間が経てば平気なフリは出来るかもしれないけど」

    遊矢「昨日の事は心の何処かで、引っかかったままになると思うんだ」

    遊矢「だから前みたいな幼馴染の関係には、戻れないよ」

    柚子「……じゃあどうすれば良いのよ?」


14 : ◆6lM76zkyEU:2014/10/25(土) 17:57:47 ID:6uSVxNho
    遊矢「……元の関係には戻れない」

    遊矢「だけど、だからってお前と離れるのは嫌だ」

    柚子「それは、私だって……」

    遊矢「……昨日、俺はお前にあんな事をしたけど」

    遊矢「ただ隣に居たからだとか、誰でも良かったとか、そんな事は無いんだ……」

    遊矢「お前だから……柚子だからしたんだ」

    柚子「遊矢……」


15 : ◆6lM76zkyEU:2014/10/25(土) 17:58:32 ID:6uSVxNho
    遊矢「さっきも言ったけど元の関係には戻れない」

    遊矢「だけど一緒に居たいなら別の関係になれば良い」

    柚子「それって……」

    遊矢「あんな事をして、こんな事を言う資格無いかもしれない」

    柚子「…………」

    遊矢「俺は、お前と……」













    遊矢「……もぅマヂ無理」スチャ←ゴーグル付けた

    柚子「はあ!?」


16 : ◆6lM76zkyEU:2014/10/25(土) 18:00:12 ID:6uSVxNho
    柚子「ちょっと待ってよ! そこまで言って何ゴーグル付けて蹲ってるのよ!?」ビックリボー

    遊矢「いや、何かもうメンタルの限界というか……これ以上続けると心臓が爆発しそうというか」オロオロットン

    柚子「最高のエンターテイナー目指しているんでしょ? もっと度胸見せなさいよ!!」

    遊矢「そう言われても……てかこれ、絶対観客の前に立つより緊張するし」アタフタキオン

    柚子「昨日私の唇奪っておいて今更緊張も何も無いでしょ!?」

    遊矢「ちょ、声でかいって! 近所の人に聞かれたらどうすんだよ?」キョロキョロットン

    柚子「このぉ、遊矢のヘタレェ!!」プンスカブックス

    遊矢「おい、ハリセンを止めてく……!?」

    スパーン!!


17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/10/25(土) 18:00:37 ID:QSm6Iivk
    瑠璃!?なぜ瑠璃がここに!瑠璃イイイイイイイイイイイイイイイ!!

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/10/25(土) 22:55:00 ID:qRmrXMvo
    >>17
    (無言の腹パン)


18 : ◆6lM76zkyEU:2014/10/25(土) 18:02:23 ID:6uSVxNho
    柚子「はぁはぁ……もう、信じられないわ」

    遊矢「……本当スイマセンでした、柚子さん」ションボリチュア

    柚子「もう良いわよ。遊矢が肝心な所でヘタレなのは知ってたから」

    遊矢「うぅ、そんなにヘタレを連呼するなよぉ」

    柚子「……それでどうして欲しいの?」

    遊矢「どうして欲しいって?」

    柚子「だから今の……告白の続きよ! 私と別の関係ってどういう関係になりたいのよ?」

    遊矢「そ、それは……柚子の気持ちもあるし、その……」アタフタスケルトン

    柚子「ああ、もう……本当にこの男は」イライライダー


19 : ◆6lM76zkyEU:2014/10/25(土) 18:03:34 ID:6uSVxNho
    柚子「言っとくけど……私も、嫌じゃ無かったから」

    遊矢「え?」

    柚子「むしろ最初が……初めてのキスの相手が遊矢で良かったって思ってるから」

    遊矢「柚子、それって……」

    柚子「はい、私が今言えるのはここまでです! 続きは遊矢が告白の続きを言ってからね」

    遊矢「いや、もうそこまで言ったなら俺の代わりに最後まで……」

    柚子「何馬鹿な事言ってんのよ! 男の子でしょ、アンタは!!」


20 : ◆6lM76zkyEU:2014/10/25(土) 18:07:24 ID:6uSVxNho
    遊矢「わ、分かった。じゃあ言うぞ……柚子、俺はお前の事が……」

    柚子「…………」ドキドキング

    遊矢「……駄目だぁ、言えないぃぃ!!」

    柚子「ここまで来て何で言えないのよ! もう半分言ってる様なものでしょ!!」

    遊矢「そんな事言われても難しいんだよ! アイ・ライク・ユーの言葉は言えるけどアイ・ラブ・ユーの言葉は言えないっていうか……」

    柚子「遊矢が言ってくれるまで私の方からは絶対に言わないからね!!」

    遊矢「畜生、何でだよ! 何で、何で……」






    遊矢「何で俺は柚子に『好き』って言えないんだよぉ!!」

    柚子「早く私に遊矢が『好き』って言わせなさいよぉ!!」

    <おわり>


21 : ◆6lM76zkyEU:2014/10/25(土) 18:10:19 ID:6uSVxNho
    読んでくれた人、ありがとうございました。

    アークファイブのSSは他に『榊遊矢「アクションデュエルで童貞を捨てる」』や『遊矢「ペンダントをア○ルに入れたら抜けなくなった」』なども書いているのでもし何処かで見かけたらよろしくお願いします。では。

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/10/25(土) 20:50:21 ID:gG2h8SUg
    乙

    とりあえず万能地雷グレイモヤ発動しときますねー