943


1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/10/24(金) 23:12:02.32 ID:BDMc9KXm0
    ハルト「どうして兄さんは遊馬達が学校に通ってる時間に家に居るの?」

    カイト「・・・」

    ハルト「ねえ?」

    カイト「Ⅴが言っていた動いてはダメだ流れに身を任すんだと」

    ハルト「そんなの言い訳だよ」

    カイト「・・・行くぞオービタル」

    オービタル「カシコマリ!」

    ハルト「話を逸らして逃げようとする兄さんは嫌いだ」

    カイト「・・・」

    ハルト「すぐにオービタルと一緒に何処かに行こうとする兄さんは嫌いだ」

    カイト「」


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/24(金) 23:17:18.77 ID:BDMc9KXm0
    オービタル「カイト様!」

    カイト「お前はついて来るなオービタル!」

    オービタル「シカシ」

    カイト「俺は俺一人の力で働き口を探す。お前は大人しく留守番でもしてろ」

    フェイカー「やっと重い腰を上げたようだなカイト」

    カイト「父さん」

    フェイカー「行きなさい。世界は広いんだいい勉強になると思う」

    カイト「・・・仕事見つけたら連絡するよ父さん」

    オービタル「カイト様!オイラモ!」

    フェイカー「行かせてやるんだ男とは時として一人で道を歩かねばならんのだ」

    オービタル「カイト様・・・」

    カイト「見ててくれハルト!俺はハルトに誇れる兄さんになる!」


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/24(金) 23:19:49.84 ID:BDMc9KXm0
    「君、名前は」

    カイト「天城カイト」

    「・・・なぜ我が社に」

    カイト「特に理由などない」

    「・・・」

    カイト「採用か」

    「君はよく態度が大きいと言われたりするよね?」

    カイト「だから何だ」

    「・・・」

    カイト「採用だな」

    「不採用」

    カイト「!?」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/24(金) 23:27:46.46 ID:BDMc9KXm0
    カイト「これで6社目・・・まさかこうも落とされるとは」

    シャーク「カイト」

    カイト「フッ、学生でありながら昼間から登校とはいい御身分だな凌牙」

    シャーク「てめえ!てめえこそ昼間っからフラフラしてる穀潰しじゃねえか!」

    カイト「黙れ」

    シャーク「この野郎・・・!」

    カイト「すぐに頭に血が上る・・・何も変わらんなお前も遊馬も」

    シャーク「何言ってんだよ」

    カイト「覚えておけその気の短さじゃお前はいつか後悔するぞ」

    シャーク「俺は何も変わらねえよ。色々とあったがやっぱり俺は神代凌牙でナッシュでシャークなんだよ」

    カイト「そうだな・・・頑張れよ」

    シャーク「おう・・・(何らしくねえこと言ってんだこいつは・・・まさか)」

    シャーク「自[ピーーー]る気じゃねえだろうな・・・いやこいつに限って」

    カイト「次は」

    シャーク「やべえよ下向いてるよこいつ・・・いつも透かした態度のこいつが」


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/24(金) 23:36:11.96 ID:BDMc9KXm0
    シャーク「来たか、遊馬にはバレなかっただろうな」

    アリト「何だよ話って」

    ギラグ「遅刻するなんて何やってたんだよナッシュ」

    シャーク「いいじゃねえか別に・・・実はカイトの奴が死にそうなんだ」

    ミザエル「カイトが!?」

    ドルべ「まさか彼が・・・そんな」

    シャーク「解らねえ・・・けど俺に自殺を仄めかしてたんだぜあいつ」

    璃緒「きっと凌牙の早とちりじゃ」

    シャーク「あいつが俺に頑張れよって言うんだぜ?あり得ねえんだよ!」

    ギラグ「そうやってあいつを偏見に満ちた目で見てるからナッシュはそう思うんだろ?」

    ドルべ「ナッシュは好き嫌いが激しいから」

    ミザエル「そもそもカイトの何が気に入らないんだ?」

    アリト「めんどくせえ性格な感じはナッシュに似てると思うぜ?」

    璃緒「同族嫌悪って奴ね」

    シャーク「もう頼まねえ・・・俺一人であいつの死に顔を拝んでやる」

    ギラグ「ツッパってるけど気になって仕方ねえんだろうな」

    アリト「優しいからなナッシュは」

    シャーク「死なせねえぞカイト、お前には借りが腐るほどあるからな」


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/24(金) 23:46:24.02 ID:BDMc9KXm0
    カイト「警察官募集だと?なるほど」

    カイト「かつて俺はハンターとして他人から魂ごとNo.を刈り取っていた・・・」

    カイト「その罪は決して消えぬものだ」

    カイト「今度は悪党を捕縛するハンターとして活動するのもいいかもしれん」

    シャーク「何見てんだあの野郎・・・」

    カイト「ここはデュエルギャング団でも壊滅させて俺の強さを認めさせるか」

    シャーク「何々・・・あいつ!」

    シャーク「警察官襲ってそのまま死ぬ気じゃねえだろうな!カイト!」

    カイト「またお前か」

    シャーク「早まるんじゃねえ!!」バキッ

    カイト「ッッ!何をする!」

    シャーク「何考えてんだてめえは!!」ドゴッ

    カイト「それは俺の台詞だ!」バキッ

    シャーク「この野郎!」

    カイト「お前みたいな学校に守られてる奴に今の俺の立場が解るか!凌牙!!!」

    シャーク「知らねえよ!死にそうな仲間見捨てるほど俺は腐っちゃいねえんだよ!」

 
7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/24(金) 23:51:55.14 ID:BDMc9KXm0
    カイト「ハァハァ・・・俺に関わるな」

    シャーク「勝手にしろ!俺はもう知らねえからな!」

    カイト「・・・」

    シャーク「何だよあの野郎・・・人がせっかく心配してやってるのに」

    カイト「訳が分からない」

    シャーク「お前なんて死んじまえ!馬鹿野郎!!」

    カイト「フン」

    シャーク「チッ」

    カイト「何を考えてるのかサッパリだ奴は」

    シャーク「やっぱあいつは気に入らねえ!」

    カイト「あいつの妹にあいつの躾ぐらいちゃんとしろと今度言ってやろう」

    シャーク「あの馬鹿野郎にもっと感情豊かになるように親父に言ってやる」


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/25(土) 00:07:47.38 ID:L2hDml/60
    璃緒「それで喧嘩したのね」

    シャーク「ああ」

    「アァン!アァン!アァン!」

    アリト「やっぱカイトも喧嘩が強いんだな・・・ま、ナッシュと遊馬と張り合うぐらいだしな」シコシコシコ

    ギラグ「只者じゃねえって雰囲気丸出しだよな。ロボット連れてるしよ」シコシコシコ

    ミザエル「それが天城カイトだ」

    璃緒「食事中ぐらいAV見るのやめたらどうなの?」

    アリト「メラグ!それは無理な相談だぜ!こいつは人気AV女優ツァン・ディレの新作でよ青姦!巨根ジェノサイドキングサーモン一本釣りって言う作品でな!これはとにかく凄えんだよ!」

    ベクター「ジャンジャジャ~ン!凄え事になってるぜ!天城カイトって居るだろ?あいつがな・・・」

    シャーク「し、死んじまったのか」

    ベクター「・・・言うのやめよ」

    シャーク「言え!」

    ベクター「仕方ねえなナッシュは、この街の外れにリアリスト集団が根城にしてるアジトがあるだろ?あいつ一人で戦ってたんだぜ?よくやるよな・・・銀河眼使いは脳みそ筋肉で出来てんのか?」

    ミザエル「貴様!」

    シャーク「カイトの野郎!!無茶しやがって!」

    ドルべ「ナッシュ!」

    アリト「ナッシュ!俺も行くぜ!」

    ギラグ「面白そうだな!」

    ミザエル「待ってろカイト!私も行くぞ!」

    ベクター「良かれと思って俺も参戦してやるか」


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/10/25(土) 00:14:18.97 ID:W5qUfp4io
    よくこいつ等に襲われないな璃緒


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/25(土) 00:18:30.90 ID:L2hDml/60
    カイト「倒しても倒してもキリがないな・・・このリアリスト集団は」

    「リアリスト舐めるなよデュエリストが!」

    カイト「お前達こそデュエリストを舐めるな!俺は死なん!」

    「ラチが空かねえや・・・粗挽き肉団子にしてやんな」

    「ヘイ!」

    カイト「手柄を取ろうとしてこの有様か・・・だが俺のライフはまだ尽きていない!」

    「くたばれデュエリスト!!!」

    アリト「くたばるのはてめえらだぜ!極悪リアリスト集団!!!」バゴッ

    「あぐぅ・・・」

    カイト「お前」

    シャーク「諦めてんじゃねえカイト!」

    カイト「凌牙!何しに来た」

    ミザエル「助太刀だ」

    ギラグ「お前とはそれほどの付き合いじゃねえけどよ、遊馬とナッシュの仲間なら助けるのは当たり前だろうが」

    ベクター「感謝しろよォ~!俺がチクんなきゃ死んでたぜお前!」

    カイト「フッ、まさかお前たちに助けられるとはな」

    シャーク「立てよカイト!かっとビングだ!!」

    カイト「ああ!かっとビングだ!」

    「な、何なんだてめえら!」

    カイト・シャーク「かっとビングだ!!」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/25(土) 00:33:06.04 ID:L2hDml/60
    シャーク「なあカイト、生きろよ楽しい事がいっぱいあるぜ」

    カイト「何を言ってるんだ・・・」

    シャーク「死んだら遊馬に会えねえぞ」

    カイト「バカが俺は就職活動していただけだ」

    シャーク「は?」

    カイト「しかし一向に見つからない。世の中は厳しく」

    シャーク「なら科学者とか発明家とかあの辺りになればいいじゃねえかよ」

    カイト「・・・そうか!」

    シャーク「ったくこいつは・・・」

    カイト「すまなかったな凌牙。遊馬やお前に出会えて俺は新ためてよかったと痛感している」

    シャーク「帰ろうぜ、手貸せよカイト」

    カイト「立てないのか」

    アリト「そういやベクターが大乱闘の隙を狙ってナッシュに石投げてたな」

    ベクター「バカだなアリトは!俺らが人間相手にマジになったらダメだろうが!ハンデだよハ・ン・デ!」

    ギラグ「だからってお前あんな岩みたいなのぶつけやがって」

    ベクター「心配すんなよナッシュは頭硬いからな!だよなナッシュ?」

    シャーク「覚えてろよてめえ」

    ミザエル「さあ帰るぞ!あまり帰りが遅いとメラグに叱られる!走れ!」


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/25(土) 00:46:29.06 ID:L2hDml/60
    数日後

    カイト「父さん俺の夢が見つかった。俺は」

    フェイカー「言わんでいい。お前が何になりたいかぐらい理解している」

    カイト「父さん」

    フェイカー「その顔の傷・・・一皮むけたようだなカイト」

    オービタル「カイト様ガ帰ッテコラレタ!オイラ嬉シイ!!!」

    ハルト「兄さん!」

    カイト「ハルト!」

    ハルト「夢を見つけた兄さん僕は大好きだ!!」

    カイト「ハルトオオオオオオオオオオオオオオ」


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/25(土) 00:49:37.13 ID:L2hDml/60
    遊馬「って事があったらしいぜ」

    小鳥「へえカイトが」

    遊馬「シャークもいいとこあるよな」

    小鳥「うん、でもカイトが就職活動するなんてね」

    遊馬「ああ、でも俺さ思うんだけど」

    小鳥「うん?」

    遊馬「カイトのあの髪型じゃどこの企業も採用してくれないと思うぜ」

    小鳥「そうだよね」

    遊馬「結局さ第一印象が一番大切なんだよ何をするにしてもな」


    終


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/10/25(土) 00:51:47.61 ID:W5qUfp4io
    お 前 ら が 言 う な