1241





※閲覧注意






1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/21(月) 19:02:45.99 ID:XS6xbWlC0
    セレナ「なに!私のデッキを借りたいというのか!」

    遊矢「ああ」

    セレナ「何に使うつもりだ!」

    遊矢「何ってそりゃナニに……」

    セレナ「どうした!はっきり言え!」

    遊矢「あ、え~と、実は俺もEM使ってたんだけどたまには別のデッキを使ってみたいし、俺のデッキの参考になるかも知れない。それに、今後アカデミアの連中がせめて来た時のためにお互いのデッキについて知っておいたほうがいいだろ?」

    セレナ「ふん、全く軟弱なやつめ、わたしならたとえどんな敵と戦うことになったとしても自分の力だけで切り抜けてみせる!」

    遊矢「そんな~頼むよセレナ!」

    セレナ「……だが、デュエルへの向上心があるのは嫌いじゃない。少しだけならかしてやらんでもない」

    遊矢「セレナ!ありがとう」



2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/21(月) 19:06:01.44 ID:XS6xbWlC0
    遊矢「ふう、なんとか借りられたな。それじゃあまずはこのデッキの基本、月光蒼猫を召喚!」

    月光蒼猫「ニャ~」

    遊矢「それじゃあ俺は月光蒼猫に攻撃!」

    月光蒼猫「ニャ!」



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/21(月) 19:20:39.62 ID:XS6xbWlC0
    遊矢「こういう時リアルソリッドビジョンは便利だよな」

    遊矢「それじゃあまずはオーソドックスに前から股間にこすりつけて……」

    月光蒼猫「にゃにゃ!ニャニャヤ!」

    遊矢「抵抗しても無駄だ。モンスターはデッキの主に逆らえないからな!」

    月光蒼猫「にゃー!」



    遊矢(最初は抵抗を見せてたけど今は俺に逆らえないとわかったのか抵抗はなくなった

    月光蒼猫「ニャニャニャ!」

    遊矢(シコシコ「う、逝く!」

    (ドピュ!ドピュドピュ!

    月光蒼猫「ニャ////」(ブシュ~

    遊矢「ふう、気持ちよかった。あれ?消えた?あ、破壊されたってことなのかな墓地に行ってるし」

    遊矢「それじゃあ月光蒼猫が破壊されたことでデッキから月光青猫を特殊召喚、と!」

    月光蒼猫「にゃー!」

    遊矢「あれ、ひょっとしてこれさっきとは違う個体なのか?」

    月光蒼猫「ニャ♥」

    遊矢「それじゃあもう一度新鮮な感覚で犯せるな!」

    月光蒼猫「にゃあ!」

    遊矢「お楽しみはこれからだ!」



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/21(月) 19:28:38.06 ID:XS6xbWlC0
    遊矢「ふう、あれから尻尾 耳と順々に犯していって次は月光紫蝶を召喚!」

    紫蝶「あはーん」

    遊矢「とりあえず穴に入れて……」

    紫蝶「あはーん♥」

    遊矢「う、逝く!」

    遊矢「それじゃあ次は融合で試してみよう!月光狼をペンデュラムスケールにセッティング!」

    遊矢「月光狼の効果発動!の前に……ペンデュラムスケールからこんなパンチラさせて、誘ってるのか?」

    月光狼「!!」



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/21(月) 19:38:06.55 ID:XS6xbWlC0
    月光狼(ガクガクプルプル

    遊矢「ふう、よし月光狼の効果発動!墓地の月光蒼猫二体を融合!現れろ月光舞猫姫!」

    舞猫姫「ニャ~」


    遊矢「ああ!いい!すごいいい!脚線美にそれを冴え渡らせるレオタードそしてレオタードの股間部だけを破いて突っ込む快感!最高だ、い、逝く!」

    舞猫姫「にゃ♥にゃ♥」

    遊矢「う、出る!」(ドピュドピュ




11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/21(月) 19:46:22.37 ID:XS6xbWlC0
    遊矢「よし次だ、まずは月光黒羊墓地に送って融合を手札に、二重召喚発動!月光白兎を召喚効果で月光黒羊を蘇生!」

    白兎「ウフ!!」

    黒羊「ハァー!」

    遊矢「それじゃあたまには3Pだ!」



    遊矢「白兎の無垢な笑顔を汚していく……気持ちいい!」

    白兎「!!」

    遊矢「そして最初は毅然とした態度を取っていた黒羊が徐々に快感に身をゆだねていく……」

    黒羊「」

    遊矢「本当に最高だ。う、出る!」(ドピュドピュ



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/21(月) 19:58:10.54 ID:XS6xbWlC0
    遊矢「ふう、レディースアンドジェントルメーン!お楽しみはこれからだ!おろかな埋葬を発動し月光虎を墓地に送る!融合発動月光黒羊と月光舞猫姫を融合!」

    遊矢「現れろ!月光舞豹姫!」

    舞豹姫「シャ!」

    遊矢「そして犯す!」

    舞豹姫「!!!」


    遊矢「舞豹姫の最高な点はなんといっても太ももだあの健康的な褐色の太ももに挟まれた日にはもう俺はこの命だって投げ出したって構わない!」(ズボジュボ!

    舞豹姫「にゃ~♥」

    遊矢「う、も、もう限界!」(ドピュドピュ!ビチャ!



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/21(月) 20:13:01.08 ID:XS6xbWlC0
    遊矢「月光黒羊は融合素材になったとき墓地の月光モンスターを手札に加える事ができる!月光虎を手札に!そして発動!」

    月光虎「……」

    遊矢「月光虎にも穴はある!」

    月光虎「にゃー!」


    遊矢「さあ!(ドピュドピュ 月光虎の効果発動!月光黒羊を墓地から蘇生!」

    月光虎「ニャ……」

    遊矢「最後のモンスターを召喚だ!俺は魔法カード融合を発動!俺は月光舞豹姫と月光白兎と黒羊の3体を融合!現れろ月光舞獅子姫!」

    舞獅子姫「ハッ!」

    遊矢「まずは胸に挟む!!」

    舞獅子姫「//////」

    遊矢「その次は丸出しのお腹にこすりつけ、次は丸出しの太ももに挟む!」

    舞獅子姫「!」

    遊矢「舞獅子姫は最高だなんといってもその格好!OCG版ではわかりづらいけど舞獅子姫の服はもう下着とすら言えない紐だ!そしてそれを少しずらしてやれば挿入は容易だ!」

    舞獅子姫「!!」


    遊矢「う、出る!出そうだ、全て受け入れろ舞獅子姫!」(ドピュドピュドピュ!

    舞獅子姫「////」(ボー



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/21(月) 20:27:08.65 ID:XS6xbWlC0
    遊矢「まだ終わらない!揺れるまなざしを発動そして月光虎を持ってきて破壊された月光虎の効果で月光モンスターを蘇生さらにもう一度月光虎を張り蘇生効果を発動!」

    遊矢「お楽しみは、これからだ!」



    翌日

    遊矢「ありがとうセレナ。このデッキ返すよ」(ゲッソリ

    セレナ「だ、大丈夫か遊矢!今にも死にそうな顔をしているぞ!」

    遊矢「だ、大丈夫だよ。もう俺天国にいっても悔いないっていうか。セレナのおかげだ」

    セレナ「な、何を馬鹿な事を言っている///」

    遊矢「また今度借りるかもしれないけどそのときはよろしくな……」

    セレナ「あ、ああ」


    セレナ「月光蒼猫を召喚!」

    蒼猫「ニャ……」

    セレナ「ふむ、心なしか蒼猫の元気がないような……う、なんだこの匂い!イカみたいな鼻が曲がりそうな匂い。これはひょっとして蒼猫からか!」

    蒼猫「////」

    セレナ「まったく遊矢のやつどんな使い方をすればこんなことに……」

    蒼猫「!!」(ダダダ

    セレナ「蒼猫!どこに行くそっちはトイレだぞ!な、蒼猫がトイレで……吐いているだと!!」

    蒼猫「……」

    セレナ「ふう、モンスターもそういう時があるのだな。気にするな蒼猫。そういえばお前心なしかお腹が大きくなっているな、モンスターにも食べ過ぎというものがあるんだな!」

    蒼猫(シュン



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/21(月) 20:34:08.28 ID:XS6xbWlC0
    セレナ「ということがあったんだ」

    零児「……」

    セレナ「しかし遊矢のやつがあんなにモンスター思いだとは思わなかった。私の持っているモンスターすべてのお腹が大きくなっていたことから察するに、全てのモンスターに食事を振舞ったのだろう。まったく太っ腹なやつだ」

    零児「……セレナ、次にデッキを貸すことになったらこのデッキを貸すといい遊矢も喜ぶ。ただし遊矢には内緒でだ」

    セレナ「わかった。さぷらいずとかいうやつだな!」


    遊矢(あれから三日、そろそろ溜まってきたな……)

    遊矢「セレナ、デッキを貸してくれないか」

    セレナ「ああ、わかった」



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/21(月) 20:42:46.82 ID:XS6xbWlC0
    遊矢「それじゃあまず最初に月光蒼猫を召喚!」

    零児『榊遊矢』

    遊矢「え、どうして零児がソリッドビジョンに!?」

    零児『君がセレナのデッキを使ってやったことはわかっている』

    遊矢「な、なんだって!」

    零児『君のやったことはモンスター相手といえど許されることではない。だがモンスターのことはモンスターに裁かせるのが一番だと判断した』

    月光蒼猫⇒(リ・コントラクト・ユニバース)治療の神 ディアンケト

    零児『彼女は治療の神とまで言われている彼女に腐った心を治療してもらうがいい。ついでにモンスターたちの苦しみも理解するといい』

    ディアンケト「あは~ん!いい子ね私のタイプ」

    遊矢「ひぃいいい」



18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/21(月) 20:49:02.34 ID:XS6xbWlC0
    こうして一連の騒動は幕を下ろした。

    月光モンスターの絵柄が変わり月光モンスター達の隣にトマト色の髪をした小さなモンスターがいる絵柄になった。

    セレナは「そういうこともあるのか」と不思議がっていた。


    遊矢「ふう、さんざんな目にあったよ。もうモンスターは懲り懲りだな」

    柚子「あれ遊矢、どうしたの?」

    遊矢「……」

    柚子「遊矢?」

    遊矢(幻奏モンスターにも穴はあるんだよな)

    遊矢「ああ、実はほかのデッキも試してみたくてさ」

    遊矢「柚子のデッキちょっと貸してくれない?」

    終わり


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/21(月) 22:08:25.08 ID:AswvzcKmO
    確かに月光モンスターはムラッとくるぜ!

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/22(火) 00:10:45.52 ID:/mHc/YXto
    乙
    ヘルプリトランプウィッチガールというものがありながら……

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/22(火) 03:31:19.86 ID:R2w6S9lto
    貴竜の魔術師と調律の魔術師もいるのになんてやつだ…

29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/22(火) 00:18:08.63 ID:3+i28uRf0
    スマイルワールドをキメながらヤればみんなを笑顔に…
 
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/12/23(水) 18:49:33.43 ID:5+Ps6RAxo
    古代の機械にも穴はあるんだよな…(震え声

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/12/21(月) 22:02:43.71 ID:GHPc2A990
    KONAMIルールなんて穴だらけなんだよなあ…