3175












3173



3174


『遊☆戯☆王』新たな決闘「次元領域決闘」とは?謎が深まる迫力の予告編!

世界的な人気トレーディングカードゲームを生んだ漫画「遊☆戯☆王」の新作アニメーション映画『劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』(4月23日全国公開)から、新たな決闘(デュエル)への期待が高まる予告編が公開された。

連載開始から20周年の節目に公開される新作映画では、原作のその後を描くオリジナルストーリーが展開。原作者の高橋和希が製作総指揮を務め、テレビアニメ「遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ」のキャストが集結、壮絶な戦いを終えて日常を取り戻した主人公・武藤遊戯と仲間たちが、シリーズのカギを握る重要アイテム「千年パズル」をめぐる新たな闘いに挑む。

公開された予告編では、謎の少年・藍神の声を担当する俳優・林遣都の演技が初公開。遊戯に向かって「次元の彼方へ送ってやろう」と宣言する藍神の口からは、新たな決闘「次元領域決闘」の存在が明かされる。映像にはそのほか、「ファラオの器」としての遊戯に接触をはかる幼い風ぼうの少女と1人の男、遊戯が決別したはずの“もう一人のボク”を象徴する千年パズルの欠片も登場。多くの謎を秘めた、新たな物語への期待が高まる。

もちろん、目玉となる大迫力の決闘も展開。遊戯の最大のライバル・海馬瀬人が、融合モンスター、青眼の究極竜(ブルーアイズ・アルティメットドラゴン)を召喚するシーンも映し出されるなど、ファン感涙ものの映像に仕上がっている。

http://www.cinematoday.jp/page/N0080922