写真から3Dデータを作る【ペガサス編】1-1

sc_2-2

撮影した写真30枚ほどを取り込み、点群データ解析した後に
メッシュ生成させました。
今回の被写体は「同一色」であったにもかかわらず、上手く解析できていると思います。

このままのデータでは、データ量が大きく、処理にも負担が掛かるので
データを簡素化した後にデータ補修とペイントをします。
その為にデータをエクスポート(外部出力)させます。

この辺の作業は、何度も試行錯誤を繰り返してワークフロー化されており
問題なくスムーズに進むと思われます。


詳細はこちらから