ブログネタ
★★TOIEC、TOEFL、英検、国連英検、なんでもこい!★★ に参加中!
渡英して1年が過ぎたことだし、ちょっとこの辺で留学のための英語試験についてまとめてみようと思います。

大学や大学院、MBAに留学するのに必要になるのは英語力の証明書。
その証明書としてよく知られているのがTOEFLやIELTSっていう試験です。
それぞれの特徴は

☆TOEFL
・試験科目はreading/listening/writing/speaking
・全てはコンピューターで行われる
・試験日・試験会場が多い。

☆IELTS
・試験科目はTOEFLと同じ
・ペーパー試験でspeakingは試験管と1:1。
・イギリスではspeakingまで同じ日に行うことが多いが、日本では試験は2日に分けて行われる。
・試験日はTOEFLに比べて少なめで、試験会場も限定されている。

といったところ。
実際に両方受けた感想は、全体的にIELTSのほうが簡単に思えるかな?
readingなどパート別でTOEFLとIELTSを比較すると…


reading:
IELTSの方が読みやすい文。読む文章が3つだけ、と最初から決まっているのでずいぶん気が楽です。(ただ、yes/noで答えろというところをTrue/False で答えると間違いと扱われるので要注意!)
TOEFL3つ文が出るか、4つか、5つかはその時のお楽しみ。5つも違う文が出てきたときはいつ終わるんだーって結構へばりました。働けども働けども…じっと手を見てる余裕はないので問題に集中するしかないんだけどね。readingはIELTSの方が簡単です。

listening:
TOEFLは会話や授業を聞いて、問にあった正しい答えをチェックする形式。日本の英検に近い設問だけど、日本の教科書じゃ乗ってないような表現も結構出てくる。
IELTSは電話番号を書き取ったり、地図で正しい位置を選んだり、バラエティに富んでる。話している内容はTOEFLに比べて簡単だけど、スペルミスは 間違いとしてカウントされる上にfortnight(2週間)とかイギリス英語特有の表現が出てきたり、オージー英語やアメリカ英語の話者もいる。
というわけで、どっちが簡単かは…人によるかな。

writing:
TOEFLindependent taskintegrated taskの2つのトピックがある。
independentではagree/disagreeや~についてどう思うか、またその理由を述べろ、といった質問に関するエッセイを30分で書く。
integratedでははじめに簡単な文を読んでから、その内容についてのリスニングが2分くらい流れて、どういう内容だったか20分くらいで書く。
IELTS: task1とtask2 の2つのトピックを60分で書く。task1ではグラフや表、「~の仕組み」といったダイアグラムについて150文字以上で書き、task2では一般的なトピックについてどう思うか、agree/disagreeかなどを250文字以上で書く。

これもどっちが難しいかは人によるだろうな~。わたしの場合、TOEFLは決まった形で書いちゃえばなんとかなったけど、IELTSのtask1は問題に よって全く知らない語彙を使わなきゃいけなかったりするので苦戦しました。写真をやくって英語でなんていうの??とかね。

speaking:
TOEFLindependentintegratedのタスクにわかれていて、intependentは自分の好みなんかが聞かれる。15秒で考えて、45秒で回答
integratedはレクチャーなんかを聞いて、どんなことを言ってたか答える形式で60秒で回答
IELTSはtask1,task2,task3にわかれていて、task1はどこから来たとか、学生とか、自分についてと~は好き?とかって質問。task2はtask1に関連したお題で、紙が渡されてその条件を満たすような回答をする。
(例えば、今までで一番印象深かったプレゼントは?誰から貰ったか、いつのことか、何で印象深かったかに触れて答えてね、ってかんじで)
task3はもっと抽象的な問題で、~についてどう思うかってことを話します。

speakingに関しては、コンピューターに話しかけるのOKかどうかにすべてがかかってくると思うなー。
わたしは耐えられなかったよ笑
まだ人がしゃべってるのに45秒経つとプツッって切れるんですよね、あれ。
試験中だけどちょっとした虚しさを感じます。

色々と違いはあるけど、日本で一般的なのはTOEFLのほうじゃないかなー。
ちょっと大きめの本屋さんに行けば対策本もあるし、TOEFL講習も結構あるし。
対してIELTSは…あんまりないよね。
わ たしはIELTSのほうがreadingの文とかが簡単だし、試験方法に馴染みがあったからIELTSの方で受けてたんだけど、対策しやすいのも、点が上 がりやすいのも人によって違うだろうから一度大型書店にいって過去問なんかをパラパラっとめくってみるのもいいかと思います。