1年ほど前から再びイギリスに住んでいる私ですが、ここ数年のフライト関連の変化には目に見張るものがありますね!
アプリで搭乗がすっかり定番になったり、いつの間にか空港や機内にUSB充電ケーブルがついていたり、機内でwifiが使えたり(料金を払う必要はありますが)。
私自身はついうっかりこれ忘れたー!とかあ~これ機内持ち込みしておけば良かった、ということを繰り返しているので、自分用にも機内に持ち込んだほうがいいものをまとめてみました。

機内手荷物で持ち込むもの
  • パスポート&ボールペン
パスポートをスーツケースの中にしまいこんでしまう方はほとんどいないと思いますが、盲点なのはボールペン。入国カードやビザを書くのに必須ですが、結構忘れてしまいがちです。なくてもフライトアテンダントさんや、最悪隣の方から借りられますが、持っておくほうが安心です。

  • 滞在先のメモ
機内で配られる入国カードに「滞在先」を書き込む欄があります。ホテルやホステルなら名前のみ書いて住所まで書く必要はないと思いますが、友人宅など誰かの家に滞在する場合は滞在先の住所をメモしておいてくださいね。
  • USB充電用ケーブル 
最近は空港内はもちろん、機内の椅子にも充電用のUSBが備え付けられているので、スマホやタブレットなどの充電が可能。ヒースローなど大きな空港では入国審査にだいぶ時間がかかるので、機内充電しておくとそんな待ち時間の暇つぶしができていいですよ。

  • 液体制限に対応した透明のバッグ&詰め替え用ボトル
国際線では、手荷物で液体やクリーム状のものを持ち込みたい場合色々な制限があります。
(参照:成田空港でのセキュリティチェック-液体物の持ち込みについて: http://www.narita-airport.jp/jp/security/liquid/)
容器を入れる透明のチャック付きプラスチック袋は空港で無料でもらえますが、そこでいちいち詰め替えるのは面倒くさいし、そもそも結構並んでいたりするので家で用意していったほうが時間短縮になります。↓こんなかんじの。透明で、規定の大きさ内のバッグならなんでもOKです!
  • 乾燥対策グッズ 
機内の乾燥は半端ないです!普段乾燥が全く気にならない方でも、保湿クリーム、リップクリーム、コンタクト使用者なら目薬を用意しておくとベター。
食事の時にお手拭きで手を拭いた後や、食事後に手や唇がカッサカサになってくるので…。
100ml制限に引っかからないものを、上で紹介したような透明バッグに入れておくと空港で楽ですよ~♪
制限に引っかかるものは容赦なく没収になるのでご注意を。
女性なら、化粧水や乳液(保湿クリームで代用できるけど)もほしくなると思います。
あと太陽が結構差し込むので、日焼けダメ!ゼッタイ!な人は日焼け止めも必要です。

  • 眼鏡やコンタクトレンズケース
上に書いたように、機内は乾燥がひどいです。私自身もコンタクト使用者ですが、乾燥しすぎでCLが落ちそうになることがしょっちゅうなので、機内ではいつも早々に眼鏡にチェンジ。
眼鏡は嫌だ、CLのままで行く!という方も、万一のために替えのCLとCLケースは手荷物で持っておいたほうがいいでしょう。 初めての空港で看板が見えないのは結構こわいので。

  • 帰りのフライトチケット 
滅多にありませんが、もし万が一入国管理官に「ほんと~に旅行者?ウチの国に居着くつもりじゃないよね?」と疑われた場合、帰りのフライトチケットを提示すれば大体解決します。
チケットそのものじゃなくても、eチケット控えだったり、航空会社や旅行会社から来た帰りの便が書いてあるメールなりを見せればOKなので、念のため持っておくと安心ですね。

  • ネックピロー 
あってもなくても…という感じですが、長距離フライトになるとこれが意外と馬鹿にならない。首が安定するだけで眠りにつきやすくなります。おすすめはビニル製で口で膨らませるタイプのもの。自分の好きな大きさに調整できるし、なにより荷物がかさばりません。シンプルに自分の口で膨らませるのもあれば、空気入れがついているタイプのものもあって種類豊富です。
  • アイマスク&折り畳みスリッパ
これもあってもなくても…ですが、飛行機で絶対眠りたい人は持っていたほうがいいでしょう。
空の上って結構眩しい上に、斜め前とか列の反対側とか、思わぬところから太陽の光が直撃してきたりします。
最新の機体のシェードは電動だったりして、乗客が操作できないことも多いので…。
あと長時間のフライトだと足が結構むくんだりするので、スリッパに履き替えるといいですよー。ホテルなど滞在先でも使えるので、持ってると便利です。



旅行でイギリスにいくなら、だいたいこのくらいでしょうか。
しかし留学生に限ってはこれ以上に絶対に忘れてはならない手荷物があります。
その手荷物とは、

  • 学校からのオファーレター(CAS ナンバー)
  • 学校から来た各種書類 

特にオファーレターとCASナンバーは必須です!
最近はどこも物騒なのでセキュリティチェックも厳しく、たぶんこれがないと国境越えられません。
心配な方は、学校担当者とのメール等、やりとりを控えて持っておくのもいいかも。うっかりスーツケースに入れてしまったり、忘れたりしないよう注意してくださいね。
ちなみに、留学生や観光客が多く到着する長期休み(特に9月)の入国審査はディズニー並みの待ち時間です。
私が初めて渡航したときは学生だけ別のレーンに並ぶ形になっていて、2時間半ほど待ちっぱなしでした。暇疲れするので、特に1人の時は暇つぶしになるものを持っていくのがいいと思います。
オフシーズンの一般旅行者でも入国審査で1時間は待つかなぁ…。


というわけで、まとめ。

【留学生のMUST手荷物

パスポート
学校からのオファーレター(CASナンバー)
学校からの書類一式 

旅行の時の手荷物
パスポート&ボールペン【重要】
滞在先を書いたメモ【重要】
USB充電用ケーブル
乾燥対策グッズ(それぞれ100ml以下のボトルや容器に詰め替えて透明バッグの中へ)
眼鏡・CLケース
ネックピロー
帰りのフライトチケット
(1人なら)入国審査待ちのとき時間をつぶせる本など

参考になればうれしいです!