2008年12月16日

初雪

一昨日(14日) 山の予定がありました。 

本栖湖の近くから登るはずだった竜ヶ岳。 ところが朝からあいにくの雨 あ〜〜こんな日はいやだな〜〜 行きたくないな〜〜と思いながらもドタキャンは出来ないし〜〜(*゚∀゚)っ 覚悟を決めて家をでました^^

雨は止んでくれそうにありません。 覚悟を決めたと言っても、やっぱり不安は募りますよね!  そんなさなか・・・ 会長から「アップダウンが少なくて歩きやすいコース 大洞山〜三国山へ変更したい」との提案がありました。

反対者もなくコース変更決定!です。

山中湖方面〜雁坂峠バス停〜大洞山(1383m)〜三国山(1320m)〜鉄砲木ノ頭(明神山1291m)〜パノラマ台〜河口湖IC 歩行時間 約3時間半?

そうこうしているうちに車外の様子が変わってきました。 誰からともなく・・・「あ、雪だ〜〜雪よ! 初雪だ〜〜

めいママも何だか嬉しくなってきました。 雨より断然いいですよね〜〜 みるみるうちに本格的な雪なっていきます。素晴らしい♪

周りの景色の美しさに感激し通し・・・

子供のようにはしゃぎながら歩き雪中行軍

雪中行軍?の様子や周りの景色を何枚も撮りました

竜ヶ岳からの富士山には会えませんでしたが、思いもかけない雪のプレゼントに 心から楽しめた山行となりました

夜は予定されていた忘年会 みなさんの違う顔?も見られたり、より親しみを増す機会でもありますね こちらもとても楽しかったです。

 



maymama22325 at 08:44|PermalinkComments(16)TrackBack(0)  

2008年11月24日

干し柿 3種

(*・ω・)ノ秋になってあちらこちらの庭先に柿の実が実ってきたら、あれは渋柿?いや、それとも甘柿?などと気になってきます。。これは3年前にうまく出来た干し柿が忘れられないからなんです〜〜

3週間ほど前にはこんなことがありました(りんろんさんの記事が楽しかったのでリンクさせて頂きました)

干し柿

その時の戦利品下の写真を拡大していただくと分かりますが、の柿がそうです。10月29日に干しました。 

番号

 偶然近くのJAでみかけて即 購入 百目柿 11月14日

 箱根の帰路 談合坂サービスエリア内売店で購入はちや柿 11月20日

本当は10月半ば頃には、もう一つ別の種(平たい柿)も友人から頂き干したのですが、元々が小さい柿だったので、干しあがったらほんの一口サイズに。。 すでにお腹の中へ消えてしまい。。  ご近所で頂いた8個のうちの半分も消え、残りは渋柿を頂いた方のところへ・・・

正確には現在 百目柿とはちや柿があるのみとなりました。

さ〜〜何時頃食べられるかな〜? 今度のは大きいから時間かかりそう・・・  楽しみ・楽しみ・・・

 

 



maymama22325 at 18:42|PermalinkComments(11)TrackBack(0)  

王子 2歳になりました。

11月22日で満2歳を迎えた王子さま

10月17日 昭和記念公園で遊んできました。

コスモス

 

お空に向けて・・・

飛んだね!

 

 

 

 

 シャボン玉100円で買ってきたシャボン玉と水鉄砲みたいな形のオモチャがとてもお気に入りです。先端に羽をつけてグルグルとネジを巻き、引き金をひくと、羽が飛ぶようになっています。 

 最初飛ばすことができなかったのに、要領を覚えたら、上手に飛ばせるようになりました。 

少しでも遠くに・・・と思うのでしょうか? 教えてもいないのに・・ 可愛い両手をおもいっきり上にあげて飛ばしています。 

シャボン玉を無邪気に追いかける姿を見ているだけで楽しい・・・

11月19日〜20日にかけて箱根に出かけてきました。

ベビーカー押すのがだ〜いすき!

往きのお昼タイム、御殿場のアウトレットに寄りました。ベビーカーに自分が乗るよりも、押して歩くのが大好きです。触ると怒る王子さま

まだ足元もおぼつかずうまく操縦?できるはずがないのに・・・

誰かが手伝おうとすると怒ります。自我の芽生えですね

 言葉もどんどん吸収しようとしているのが良くわかります。食べ物一つにしても口に入れる前に?」と質問がきます。 これはいえなくてだけ。。

富士山 本当に可愛い盛りです〜〜

 

のびのびと健やかに育って欲しいです

 



maymama22325 at 18:15|PermalinkComments(6)TrackBack(0)  

2008年11月22日

高尾山(東京) 虫倉山(長野)

秋も急ぎ足で通り過ぎようとしているようです。 急に寒くなりましたね〜^^

最近 山登りから遠ざかっていて、次の虫倉山へのトレーニングのつもりでリラさんにお付き合いしていただき、高尾山へ行ってきました・・・・と言っても、もう3週間も前のことになります(10月30日)(。・ω・)ノ゙

シロヨメナ?

この日を境に急に冷え込みました。それでも登る時には大汗かきかき上着を脱いだり着たり忙しかったこと。。

登山道脇にこんな可愛いお花がたくさんありました。シロヨメナでしょうか?ヤクシソウ?    

これはヤクシソウ?

 

 

頂上頂上は 幼稚園 学校の遠足、観光客で座る場所もないくらいの大賑わいでした。

美味しかった〜〜

東屋のテーブル席に相席を申し出、なんとか席を確保

リラさんがお湯とカップ麺を2人分持参し、めいママにご馳走して下さいました。

めいママはいつもリラさんに甘えぱなし。。

寒くて手もかじかむようでしたが、ラーメンのお陰で体が温まり、身も心も幸せでした〜〜 あのラーメンの味は忘れられないです

 いっぱいおしゃべりしながら楽しく歩けて・・・ 楽々 登山っていいですね〜!

リラさん ありがとう! 次はガスコンロを持って行きましょうね〜

帰りは予定通りにりんろんさんとリラさんの初対面がありました。 ブログを通して色んな体験をしますね。 これからもよろしくです。

11月9日 虫倉山  長野県 中条村の虫倉山へ行きました。以前下見した山です。

前回は暑い時で、おまけに少しハードなコースに少々参りましたが、今回は、楽なコース(不動滝コース)のピストンだったので楽しみながら歩けました。

虫倉山

登山口まで30分 登山口〜頂上まで1時間半

下り 頂上〜登山口まで1時間 バスまで約20分

景色

 

晴れていれば北アルプスなどがきれいに見えるそうですが・・・

 

登山道紅葉も中腹あたりが見頃でした。

落ち葉でいっぱいの登山道きれいでふかふか・・・

でも 滑りやすかったり、穴があったり、色々危険が潜んでいるので、ちょっと緊張して歩きました。

行きは気がつかず、帰りのバスの中から撮った風景です棚田(以前も見たはずなのに・・・ すっかり忘れているところがもっとめいママらしいですね〜

ここは棚田百選に選ばれているそうですよ。 素敵ですね〜〜

この日のメンバーに農家の方がいらしたんですが、その方が仰るには、棚田の管理は大変手がかかるとか・・・ 

そうでしょうね〜 ここまできれいに保つにはボランティアさんが必要かも知れませんネ

 

 



maymama22325 at 21:06|PermalinkComments(10)TrackBack(0)  

2008年10月21日

無花果コンポートとジャム作り

3年前の今頃でした。 友人から無花果のコンポートとジャムが届きました。

無花果のコンポートは今までに味わったことのないような優しくてやわらかくて・・・  思わず幸せ〜と言いたくなるようなお味でした。

とても気にいったことの報告をすると、翌年は生のものを送って下さり、自分で作るともっと美味しいので頑張って〜〜と。。

ところが、農家で出荷した残りというものをたくさん送って頂いたら、硬いものが多く、甘さも無い為にコンポートには不向きかな??? と めいママ的結論でした。

 結果 昨年はもう上手く作れないからと、送っていただくのをお断りし・・・

ところが、また今年お声がかかり、せっかくのご好意だし、もう一度だけやってみようと送っていただいたのです(いちご4パックが入るくらいの箱いっぱいで、なんと500円なんだそうですよ)

無花果

今回のものも、やはり出荷できない規格外のもの。。ということでしたが

熟れていて美味しそうなものばかり、かなり崩れかかって届いたけれど、2〜3個つまみ食いしたら、あま〜くて美味しいのばかりでした。できあがり〜

形のいいものを選んでコンポートに。。

残りはジャムに加工しました。

もう二度と作ることがないと思っていたのに今回は大成功。友から頂いたような、 やさしくてなめらかで〜幸せ〜〜なお味が甦りました。はがき

そのものに甘さがあったのでお砂糖は少なくても充分でした。 やはり熟れているほうが美味しくできるのですね。

早速 写真を載せてお礼方々報告をしました。

勿論 また来年も。。 というよりは次回は連絡先を教えて頂いて、お取り寄せ・・・もいいかな〜と考えています



maymama22325 at 17:17|PermalinkComments(12)TrackBack(0)  

2008年10月18日

収穫祭

サトイモ掘りも毎年の恒例行事になってしまいました

今年もまたリラ園へご招待を受け16日(木)に行ってきました。 

リラさんが愛情たっぷりに育てたサトイモが立派に生長していました。  何と言っても真夏の暑い時の水やり・・・ 一番大変だったでしょうね〜 ここまで育てたリラさんの熱意には本当に頭が下がります。サトイモ掘り

めいママが埋もれてしまいそうなくらい背丈が大きくて・・・ 素晴らしかったですよ

さといも

掘リおこすのはリラさんにお任せで、起こしてもらったら泥を落として芋を1個ずつバラしていきます。

お芋を手にすると、いとおしく感じてきますから不思議です! 

リラさんの汗と努力の結晶ですから当然なんですけどね、きれいで可愛いサトイモが輝いてみえました   

連日 リラさんのブログやそのお仲間で「だだちゃ豆」の話題が多く、一体どんなものなのか?興味津々でした大収穫だだちゃまめ

ちょっと失敗 全体像を撮ってくれば良かったですけどね、見た目は普通の枝豆と変わらなかったです^^茹でたて

肥料の袋を椅子にして、おしゃべりしながら一つずつ虫がついていなかどうかの選別をしました。

すごいでしょ

新聞紙のものは全部お持ち帰りさせていただいたんですよ。 ちょうどこの日は娘が王子と一緒に帰ってきたので、早速 茹でてあげました。

そうしたらなんとまぁ〜〜 本当に あまい、あま〜〜い こんなに美味しいのは初めてね と娘共々 感激( ´_ゝ`)ノ

王子も“おいちぃ”と言いながら、可愛いお口でパクパク、モグモグ・・・ 嬉しいですよね〜〜リラさんになったような気分に? 浸ってました〜〜

サトイモもは勿論  その日の食卓の主役でした! 真っ白で絹のようなお肌でねっとりとして・・・ それはそれは最高のお味です

可愛い小菊もいただいてきました。 かわいいお花

とても可愛い色で素敵です。

ティータイム

お花を眺めながらのティータイム・・・

心癒されますね〜〜

 

 

青空の下 おしゃべりしながらの楽しい収穫祭でした

リラさんがいなかったらこんな経験はできなかったと思います。あらためて感謝感謝です(・∀・)っ

 

 

 



maymama22325 at 09:24|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 出来事 

2008年10月13日

楽しんできました

夫と私、娘家族と愛犬めいも一緒に一泊の旅を楽しんできました。めい

娘の所から我が家まで50分ほど。。 

この日のお宿は河口湖畔。 我が家から河口湖までは高速を走って一時間程度で到着します。 小さい子がいるので近場を選びました。 

河口湖

お昼ごろ出かけても近いので時間はたっぷり。近くのワイナリー工場の見学をしたり、孫とめいのお散歩も兼ねて湖のほとりを散策したり・・・ ちょっと風が冷たかったです。

この景色はお部屋の中からの眺めでした。

かけじくを・・・ゆっくり温泉に浸かり? と言いたいところですが、もうすぐ2歳になる王子がいっときもじっとしていません

この掛け軸もいたずらしてゆすったりするので外してしまいました。とにかく元気、元気。。

夕食

夕食も落ち着いて食べられないのを覚悟していたのですが、疲れたのかご飯も食べないで寝てしまい

嬉しいような? 寂しいような?・・・ 

ところが、そんな心配もいりませんでした。 みんなの食事が終わる頃には目を覚まし、ご飯を食べたらまた元気パワー炸裂   遅くまで寝ないで騒いでいました。

気になる鈴

翌日は快晴。 でも富士山は頭だけ見せて後からは雲隠れでした。

最近 色んなことに興味を示す王子です。動物も大好きなので、富士サファリーパークに行くことにしました。

長男がちょうどこれくらいのころ、宮崎のサファリーパーク(現在はもうありません)に行ったことがありました。かれこれ30年以上も大昔です・・・  そんな所にまた行くとは思いもよらなかったのでちょっとワクワクしました^^

マイカーでも周れるのですが、娘の友人からの情報で、バスに乗った方が面白いと聞いていたのでバスに乗ることにしました。

大人の乗客には動物の餌が餌渡されます。

青い箱のものがライオンと熊の餌 お肉です。

黄色の箱は草食動物の餌だと説明されました。

ライオン食事

ライオンの所にバスを止め、指示されたやり方で餌を出すと、すぐ目の前にやってきて一口でパクリです〜〜

 

熊

 

大きな熊が何頭も寄ってきたら、王子は怖がってママにしがみついていました。

距離は2mもないくらいないので迫力満点です。

ラクダ

カメラが近すぎて・・・ 何だかわかりますか?

ここでは餌を餌台に乗せて回転させると、外の動物が食べられる工夫がされていました。

色んな珍しいものも見られて、バスの運転手さんの説明も詳しくてなかなか面白かったです。ライオンの赤ちゃん

ふれあい広場もあって小動物と遊んだりもできます。

その一角にライオンの赤ちゃんがいました。 何頭いるのでしょうね〜? さすが群れをなして暮らす動物。お団子状態でお昼ねで〜す

暑くもなく寒くもなく・・・ 上げ膳・据え膳 そして王子に癒され楽しかった二日間でしたが、めいちゃまは大変だっただろうな〜〜?



maymama22325 at 13:02|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 旅行 

2008年10月04日

岩場は怖い!

ついこの頃まで暑い暑いと言ってたのに・・・ ずいぶ涼しくなりましたね。

28日 北横岳(2480m)に登ってきました。 歩行時間 約4時間

坪庭〜北横岳ヒュッテ〜七ツ池〜北横岳(南峰・北峰)〜三ツ岳〜雨池山〜雨池峠〜山頂駅  

ピラタスロープウェイ山麓駅(1771m)から山頂駅(2237m)まで、わずか数分で一気に500m上昇  そこからの歩きでしたから楽チンかな?と思ってましたが甘くはなかったです

北横岳に登る途中 ほんの少々脇道に入ると七ツ池・・・

七ツ池と言われて、七ツの池があるようですが(案内マップによる) 実際に確認したわけではありません。めいママは二つしか見えなかったから謎です

北横岳

北横岳山頂についたものの、気温は0℃くらい。寒くて寒くて凍えそうでした。

もう少し下のヒュッテの所まで急いで下りることになりました。

 そこは風が当たらなくてほっとしたものの、お昼を食べている間に、体も手足もすっかり冷え切ってしまい、持っている物全部を着ても寒くて・・・ 寒さも厳しいと怖くなりますね〜〜

お昼の休憩も早めに切り上げ、三ツ岳に向いました。看板の裏に書いてあった 三ツ岳

途中は大きな岩ばかり。 足元が危険な為、写真を撮ることも出来ません。

この看板の所が頂上のようです。 裏に「三ツ岳」と書いてあると誰かが言ってましたが、狭くて身動きもままならず、証拠写真を撮ることもできませんでした。

岩・くさり鎖場などで順番待ちしている時に、慌ててカメラを取り出し撮ってはみたものの、岩だらけ

険しい様子が上手く撮れてないです。

 

 

岩場 緊張の連続でした。

大きな岩の間をどうやって渡ろうか?と必死でした。

岩の間に落ちたら・・・ と思うと足がすくみそうな箇所も何箇所もありました。 

雨にならなかったのがせめてもの救いでした

 

 

 

 

 

 



maymama22325 at 22:18|PermalinkComments(12)TrackBack(0)  

2008年09月29日

また今年も・・・

車で30〜40分の所に曼珠沙華の群生地があります。

昨年は義母を連れて行きました。

今年はもういいかな?と思っていたところに、友人から曼珠沙華が満開できれいだとの情報が届き、やっぱり行ってみることに。。(25日)

巾着田

午前中は道路も混むし、午後2時半ごろから出かけて一時間ほどの散策を楽しんできました。

やはりここは別世界ですね〜 赤とグリーンのコントラストは圧巻です。 

実はカメラが新しくなったので練習もしてみたかったのです。

白中には白いものもありました。

赤

 

マクロ撮影と思って撮っているのにシャッターが切れない、どうして〜〜?と悩んでみたり・・・ 覚えの悪いめいママ。

後で判明したことですが、動画モードで静止画像を撮っていたようです(・◇・)ゞ 

どうりで シャッターが切れるはずないですよねっ^^ あわてんぼうの未熟者でした

 



maymama22325 at 16:51|PermalinkComments(8)TrackBack(0)  

2008年09月03日

編笠山 2524m

31日に八ヶ岳の編笠山へ登るお誘いを受けました。

ちょうど2年ほど前に登ったことを思い出し、過去ブログをみると元気に登れてるし、大丈夫だろうと思って参加しょうと決心したにもかかわらず・・

前日は雷&雨、現地のお天気を調べても曇りに傘マーク、最近のお天気を思うと、めいママ的には行きたくない気持ちでいっぱいになり。。でも、何の連絡もこないし?・・・ 

そんな気持ちのまま夜になり、とうとう明日はで中止ですよね」と望みを託してメールを送ったら・・ 返ってきたメールは「現地の明日は日中は曇りとなっています。基本的には実行します。お風呂も考えていますので準備を・・・」  そ・そんな〜〜  気乗りしないまま準備を整え

ところが・・・ 当日は前夜の大雨がウソのように止んでいました。勿論 現地も雨ではありませんでした( ´∀`)つ  

リーダーの判断は正しかったです。 笑いの種を提供してしまっためいママ 

さぁ〜 今日は無事に登れるのでしょうか?

押手川分岐

曇って少し蒸し暑い歩きとなりました。

トトロの森を思わせるような? 苔むした岩や樹木。。

白4

お花は殆ど目につきません。

.筌泪Ε鼻 

このお花は一つずつ見ると花火みたいですね。

白2

▲札螢丱轡ガマ

白1

 シラネニンジン

デジカメ買い換えたばかりと言っても、オートで撮ってこんなにピンボケ?

めいママの腕前って すごいですね〜〜

白3ぅ螢絅Ε離Εク

ホタルブクロゥ曠織襯屮ロ

 

 

 

頂上

雨こそ降らなかったけど、周りは何も見えません。

ほんの一瞬 雲の切れ間から権現岳がみえました。

山頂は岩がゴロゴロ。。 下りも青年小屋まで大きな岩が。。

青年小屋青年小屋(名前は素敵ですけど?)かなり古い山小屋のようですね。

こんな所に赤提灯。。

 雨が降らないで本当によかった〜〜 

帰りは延命の湯で汗を流し、寿命・・・ 少しは延びたでしょうか〜 

 

 

 



maymama22325 at 21:53|PermalinkComments(14)TrackBack(0)

2008年09月01日

霧ケ峰 (最高峰車山 日本百名山、花の百名山)

連日雨ばかりでこの日(24日)も朝から雨でした。

車山肩〜車山山頂〜車山乗越〜蝶蝶深山〜八島湿原 休憩含め 約4時間

こんな日に歩くのは嫌だな〜と思っても、団体の予約では仕方ないですね。

合羽を着て、車山肩から歩き始めました。マツムシソウ

雨にぬれたマツムシソウが涼しげで、優しく美しくみえました

雨なのでカメラは持たず、写真を撮ることもできす、この写真はネットでお借りしたものです。

ちょうちょうみやま

 

昼食の頃には雨が止み、喜んでいたのに、また雨になり。。

名前のごとく?霧の中をもくもくと歩くのみ・・・

湿原

ところが・・・

晴れ女 晴れ男? みんなの願いが届いたのか、薄日がさしてきたのです。

あわててザックの奥の中から携帯を取り出し記念に数枚。。

 

お花

ツリガネニンジン

 

湿原のお花も秋の装い。。

 

 

片倉館

帰りに立ち寄った温泉です(片倉館 千人風呂)

美術館かしらと思わせるような素敵な洋風建築に、これがお風呂?とびっくりしました。

中はプールみたいな深さの浴槽があり、足元には玉砂利が敷き詰められ、足裏へのほどよい刺激が疲れを癒してくれました。

お隣にも同じような建物がありそこは美術館になっていました。絹の生産が盛んな頃、二代目片倉氏がヨーロッパや欧米等の視察をした際、地元諏訪にもこんな施設を作りたいと、帰国後 片倉財閥に協力を求め作られたもので、昭和4年開業だとか・・・  歴史あるお風呂だったのですね〜〜 

心も体も洗われたような清清しい気持ち。。 やっぱり日本人です 温泉はいいですね

ちなみに 留守番の夫曰く・・・ こちらは一日中雨だったとか。。

 

 



maymama22325 at 18:14|PermalinkComments(8)TrackBack(0)  

2008年08月18日

白馬三山 二日目

白馬山荘の収容人員は1500名とか。 3000m級の高所にこんな巨大山荘ってすごいですよね!いかに人気があるのかを物語っているようです 

我々が宿泊した日は 土曜日で混んでいたせいか、お布団一枚に3名でした。 

白馬山荘

先日の仙丈小屋でも似たようなスペースでしたが・・・

 あまりにもお隣さんが近すぎて、眠れそうにないので、今回はお隣さんにお断りして、逆さま(互い違いに)に寝ることにしました。 

顔の向きを気にするよりは、足の方が、う〜〜んとまし?ですもの〜〜?

食堂も活気溢れてると言うよりも、混雑で殺気立っている感じさえしました。 ハイシーズンは仕方ないのでしょうね〜〜

4時44分3時半 起床で4時半に食事をすませ、外へ出てみました。

 まだ薄暗い中、空を見上げると、宝石をちりばめたように満天の星空が・・・ と〜ってもきれいでした

お星さまの後はご来光を拝もうと、山荘の裏山に登ってみました。 前日 登った頂上のシルエットです。。 4時44分

 

朝焼けと恐竜 4時51分

4時51分 なかなかお日さまが顔を出してくれません。

左の方に黒い雲の塊があったのがいつしか恐竜くんになっていました。刻一刻と変化する素敵なスライドショーに感激〜

早く太陽が顔を出してくれないかな〜〜と待っていましたが・・・

出発の準備もあるのとで、とうとう待ちきれなくてこの辺で戻ることにしました。

テント場5時半 山荘を出発

昨日 休憩した村営の山荘とテント場です。 色とりどりテントの華が咲いています。 その上あたりがヘリポートになっているようです。

昨日 白馬岳に登り、この二日目は杓子岳2812mと鑓ヶ岳2903mを縦走し、猿倉まで下ります。

杓子岳 頂上 7時2分

 

しばらく稜線あるきでしたが、石がゴロゴロしている急斜面を登るとそこは杓子岳の頂上でした。 7時2分

鑓ヶ岳頂上 8時27分

 

鑓ヶ岳 頂上 8時27分

すでに出発から3時間が過ぎていました。

ここからの眺望は素晴らしく、歓声があがっていました。

写真の中央あたりに、前日登った白馬岳がみえています

 

白馬岳と杓子岳

鑓ヶ岳から見た、白馬岳(中央)と手前が杓子岳

立山 剣岳

 

立山連峰が見えています。

尖った山は剣岳。

雄大な景色に見とれてしまいます。

ここを立ち去るにはあまりにも惜しいような・・・ でもこれで白馬岳、杓子岳、鑓ヶ岳と三山の縦走も終わりました。 先が長いので記念撮影後すぐに出発となりました。

分岐から鑓温泉へ向い 今度はひたすら下って下って・・・

お花畑途中の雄大な景色やお花畑に、目はキョロキョロさせながら うんざりするくらい歩いて12時過ぎ、鑓温泉に到着。 

そこでお手洗いとお水の補給とちょっと休憩で13時前には出発しました。

誰かが地図を広げて見ていたので、覗いてみると、まだまだ先が長いのです。 地図上のコースタイムで4時間弱 我々団体ではもっと時間がかかりそうです。 気が遠くなりそうな距離〜〜〜

でも歩くしかないんですよね〜〜〜 温泉に入ると気持ちいいだろうねー 湯気がたつ温泉を横目でみながら、手だけつけていざ、出発で〜〜す。

雪渓を3回くらい横切り一山越えてまた下りていくのです。ホタルブクロ

ヤマホタルブクロ(シロ)  ヤマルリトラノオ(紫)

ハクサンコザクラ

 

ハクサンコザクラ(ピンク)

ミヤマキンバイ(黄) ?

 

ウスユキソウ?

ミネウスユキソウ

ミヤマアケボノソウ

 

ミヤマアケボノソウ

 

 

キヌガサソウ

 

キヌガサソウチングルマ           

チングルマ

まだまだ数え切れないほど色んなお花がありました。これほどお花が多い山も初めてでした。 どこを歩いてもお花が癒してくれ、長くて苦しい歩きを助けてくれました

足がもう自分の足ではないみたいにいうこときいてくれません。 ただ一歩一歩を交わすのみ・・・

夢遊病者みたいにぼ〜〜っと力なく歩いていたと思います。 猿倉の駐車場に着いたのが、丁度5時でした。 朝、小屋を5時半に出発してから11時間半 正味10時間くらいは歩いたのでしょうか?

もう限界、もう歩きたくない。。 何度もそう思いながら「アジャ・アジャ ファイティン〜〜!」 と自分に言い聞かせ、辛さを吹き飛ばしながらなんとか頑張りました。(ちなみにハングルで、アジャとはファイト!の意味なんですよ(笑)

帰宅後3日間くらいは筋肉痛に泣かされました。こんなにひどいのは久々でした。アイゼンつけて歩いたりして変に筋肉を使ったのかな〜? 荷物も本当に重かった〜〜

苦しかっただけに行ってこられた喜びも大きく、まだ余韻に浸っています

雄大で素晴らしい山でした

 

 



maymama22325 at 01:11|PermalinkComments(12)TrackBack(0)  

2008年08月17日

白馬三山 一日目

白馬岳に登る為 8日23時バスにて出発。

猿倉9日 5時半ごろ猿倉駐車場に到着しました。 ここ猿倉の標高が1250mだそうです。紫

白馬岳が2932mなので標高差が1682m。。 昨年の針ノ木岳の時の標高差が、1400mくらいだったので(めいママブログによると) 今回がいままでの中で一番かな?と思います。

猿倉を6時にススタートして、すぐにソバナ?のご挨拶を受けました

カメラを新しく購入したものの、前日買ったばかりで、使い方もよく分かってなくて、すべてオートです。 どんな風に撮れてるのか?心配しながらこちらもスタートです(・∀・)つ

入り口

 

ここ白馬尻まで約一時間ほどで到着。

これから・・・

これからアイゼンを履き、あの見えている雪渓を歩きます。

夜行バスでは殆ど眠れず、いつものごとく・・・ 体力に不安があり心配でした。

 

歩き

 

お天気も良く土曜日とあってすごい行列です。

行列

さすが〜〜 人気の山 こんなにたくさんの人が・・・ (拡大してみて下さいね! アリさんの行列みたいですヨ

アイゼン履いて、昨年は何度か転びました。 今年は爪の多いものを使ったせいもあるのでしょうか?一度も転ばず、雪渓上を3時間ちかく?歩いたと思います。

葱平(ネブカッピラ)に到着してアイゼンをはずし、またひたすら登りです。 

昼食の頃には暑さと疲れでピークに達していたようです。 日陰もないような岩陰に頭を寄せて、同じように疲れて元気がない仲間に「この救心飲む?」と聞いたら、飲むと言うので分けてあげて・・・

数粒 落として「あ〜勿体ない・・」と言うと、側にいた男性が小さな粒を探しているのです。 それを見て、まだ笑っていられたのに・・・

水分の取りすぎで?胃まで気持ち悪くなり、食欲もわきません。似たような症状の人が4人ほど・・・ 一緒に休みながらなんとか歩きました。 

荷物も分散し、持ってもらう人、めいママは男性にザックごとお願いし(20~30分くらいだったかな?)・・・ 

せっかくお花畑が広がっていてウルップソウ(一輪だけ。。)も見たのに、カメラが手元にありませんでした(写真はリラさんより提供していただきました)

    ウルップソウ↓シュロソウ(左) ウルップソウ(右)

 このウルップソウは本州では八ヶ岳と白馬岳周辺でしか見られない珍しいお花で、千島列島で発見され名前がついたようです(ちなみに、頂上周辺にはたくさんありましたが、咲いていたのはここの一輪のみでした)

村営の山荘までザックをあげていただき、助けていただいたおかげで、復活 杓子岳と鑓ヶ岳

 また自分の荷物を背負って 白馬山荘まで20分くらい。。 振り返ると明日登る予定の杓子岳と鑓ヶ岳が見えました。

15時頃白馬山荘に到着でした。

 

キヌガサソウ

キヌガサソウ  

コマクサ

コマクサ

ここのコマクサは小さくて可愛いものでした。

殆ど枯れているものが多かったです。

群生

 山小屋に荷物を置いて頂上を目指している途中のお花畑です。

イワギキョウ

 

イワギキョウ可愛いですね〜〜 笑顔で歓迎してくれました^^

 

 

お花畑

ここは絶壁になっていたのを上から撮っています。  嬉しさのあまり、のんびり遊びながら頂上へ向いました。

そうそう またここで雷鳥に会いましたよ〜トウヤクリンドウ

 

トウヤクリンドウ?も初めての対面

 

   ウサギギクウサギギク村営山荘

←村営の山荘がかすかに見えます。

あらためて眺めていると・・・あそこからここを見上げながら目指していたときの気持ち。。 あともう少しで着くんだ〜・・・ と思うと本当に嬉しかったです〜〜

頂上

とうとう頂上に着きました。

朝 6時にスタートして、16時です。

標準的なコースタイムで6時間ほどかかるようですが。。 めいママみたいに遅い人に合わせ時間をかけて下さる。。ありがたい会に出会えて、本当に幸せに思います。

到着してからの感動、眺めの素晴らしさに、苦しかったこともすっかり忘れ、美味しい空気を胸いっぱいに吸い込んで、明日こそは無事に歩けますように〜〜と心の中で祈りました



maymama22325 at 01:52|PermalinkComments(6)TrackBack(0)  

2008年08月03日

二日目

お天気やバス 諸々の都合で、大仙丈岳には行かないで帰ろうということになり。地図

小屋を6:40分 出発

歩き出してすぐにキバナシャクナゲたくさんのキバナシャクナゲが待っていてくれました。

背丈が低くて可愛い咲き方をしています。 

前日 デジカメが壊れてしまい、写真を撮るのを諦めていたので、ここでは撮りませんでした。(この写真は拝借したものです)

途中。。

携帯があることに気がつきこの辺から携帯で撮り始めました。

歩いている途中に眺めた景色です。

小屋振り返ると仙丈岳が見えていたので、慌てて携帯を取り出したものの。。

あっというまに、仙丈は雲隠れです

昨日 泊まった小屋だけが小さくみえていました。

 

クロユリ

クロユリにもお目にかかりました

標識

 

分岐にきたようです。

ここからは 昨日 休憩した大滝頭のところへ向います。

 

雪渓

途中 雪渓がありました。

ここを横切り写真を撮ろうと振り向くと、友人も同じことを考えたようです! Aちゃんの後姿が・・・

ナナカマド

ナナカマドもたくさんありました。

可愛いお花ですね。

秋には真っ赤な実がつき、この辺一帯はきれいな紅葉が見られるのかな〜などと想像しながら、周りをキョロキョロ・・・

タケシマラン

 

めいママだったら見過ごしそうなところにありました。

オオバタケシマラン だそうです。 

葉っぱの下に隠れ、直径が1cmにも満たないユリのような形の可愛いお花です。 携帯で写るかな?と思ったのですが、とりあえず撮っておきました。 なんとかその姿は分かりますね?

途中の小屋でお手洗い(有料)をすませ、あと一時間半くらいで北沢峠につくのでは?というころで、急に雨が降り出してきました。 最初は小雨だったし、あと少ししだし、カッパを着ても暑いし・・・ 等などで、全員が 上着だけを着て歩いていました。

ところが、途中で雨足は強くなるし、雷さんはゴロゴロ。 おまけに足元はずべりやすくなって、かなり悲惨な状況ではあったのです・・・ 

それもあっと今の出来事でしたが、山のベテランAさんが足が滑らせ、頭から転げ落ちそうになったのです。 めいママの前を歩いてた人が足を掴んで引っ張りあげようとしたけど、傾斜があって滑るし、引き上げるのは無理と判断、落ちた人は自力で起きられ、怪我もなくみんなでほっとしたものです。 ベテランの人でもこんなことがあるんですね〜〜

色んな出来事があった二日間でしたが、行けてよかった。 無事に登れて良かった〜 はなまる山行でした

 

 



maymama22325 at 17:53|PermalinkComments(6)TrackBack(0)  

2008年08月02日

私の中の最高峰3033m

長野・山梨の県境に位置し南アルプスの女王と呼ばれ、高山植物の宝庫としても有名な山、仙丈岳(3033m)男性2名、女性6名のメンバーで登ってきました(7.27日〜28日)

登り 北沢峠9:30〜大滝頭11:30〜小仙丈岳(2855m)13:20〜仙丈岳15:05〜仙丈小屋16:40

下り 仙丈小屋6:40〜馬の背〜大滝頭〜北沢峠10:20

北岳

広河原から北沢峠へ向かうバスの中から見えた北岳です。日本では富士山の次に高い山です。こんなに近くでみたのは初めてでした。

北岳へも、同じく北沢峠からのルートがあるようです。「来年は北岳行こうよ!」とこの北岳を眺めながら友人が誘いをかけてきますが、めいママは「ううん、ムリ、ムリ〜〜」まだ仙丈にも登らないうちから・・・ いや?登れるのかどうかも?不安な人に対してね〜

北沢峠

ここをスタートにいよいよ登り開始です。天気予報では雨になる?ということでしたが、思っていたより涼しく爽やかで助かりました。

五合目

ここが分岐です。 少し早めだけどお昼にしましょうと、リーダーの合図がありました。

この日のザックが7舛曚鼻ΑΑΑ‐しでも軽くなってくれればいいですけどね〜 小さいおにぎりと少量のおかずではあまり期待できないですね?

siro1登るにつれてお花が目につくようになってきました。

ゴゼンタチバナ

フウロ

ハクサンフウロ

 

 

 

siro

タカネツメクサ

チシマリンドウ

チシマギキョウ

薄い毛が生えているからチシギキョウだと友人が言ってたような気がしますが、覚えが悪くて?です^^

 

小仙丈岳2855m

心配していた貧血もなく?この日は何故か?快調でした多分 涼しかったからだと思います!( ´_ゝ`)ノ

お天気が良ければここ小仙丈岳から、北岳と富士山が仲良く並んだ姿を見ることができるそうなんですが、残念ながらそれは望めませんでした・・・甲斐駒

でも・・・ せっかくここまで登ってきた我々に、どうやら神様がご褒美を下さったようで。。

正面の甲斐駒ケ岳が姿を現してくれたのです。それはあっというまの出来事でした。

仙丈岳

登り方向を見ると仙丈岳も見えてきました。 標高が上がるにつれ友人はあくびが出てきたと言うので、“食べる酸素”を持っていためいママが「これ試しに食べてみる?」と聞くと、[食べる]と言って、結局、数人の手が。。 食べた中に2名が「あれ効いたね!」と言ってましたが・・・

果たしてそうなのかどうかは疑問です?( -д-)ノ

ナナカマド

 

ミヤマシシウド

たくさんありました。

 

小仙丈

←小仙丈岳から仙丈岳に向かう途中に振り向き見渡すと・・・  一歩一歩あそこからここまできたことが嘘のようでホントなんですよね! こんなときはなんだか嬉しくなっちゃいます〜〜

ユリ

ひときわ目立つクルマユリに出会い、元気をもらいました

2〜3枚撮っていたのにどれもピンボケでした

 

        親鳥↓(保護色になって分かりづらいので、拡大して見て下さいね^^)    雷鳥親だんだん雲が多くなってきたので少しスピードをあげましょう。とリーダーの声がかかった時でした。  雷鳥の親子を発見5羽の赤ちゃんがいたようです。雷子ちゃん

← この子だけが逃げそこない? 我々のモデルさんに。。

 

お天気がくずれそうな頃には良く出てくるそうですね。 またこの先でも雷鳥親子に会ったんですよ! 二回も出会えてみんなルンルンでした。仙丈岳

ごらんのように仙丈岳に到着した時は雲の中でした。寒いので記念撮影だけして早々に小屋へ向いました。

オヤマノエンドウ

 

山頂近くに咲いていた。

オヤマノエンドウ

 

仙丈小屋

小屋へ着いたと思ったら、10分も経たないうちに、大粒の雨です。

本当についていたと思います。

この写真はネットでお借りしてきたものです。 

残念なことに仙丈岳の頂上で記念撮影の際に友人の手がすべりデジカメが終わりを告げたのです。 これも運命ですよね 

誰かが怪我しないで、カメラで良かったと心から思っています

風力発電

ここからは携帯で撮ったので遠くはちょっとムリですね。雨が止んだあとは北アルプスが姿を見せてくれました。

甲斐駒ケ岳

甲斐駒ヶ岳の夕焼けも本当に素敵でした。

ここまで来られてよかった〜〜と景色を眺めながらの・・・

自己満足の世界です。

 

 

小屋では殆ど眠れませんでした。 寝返り打つのもお隣さんに悪いような? そんな気を使うほど(1mもない)の間隔でした。 

 



maymama22325 at 00:02|PermalinkComments(4)TrackBack(0)  

2008年07月22日

出会ったお花たち♪

まだまだ色んなお花がありましたが、載せきれないので少しまとめて。。

シロ

チングルマ

黄

 

ミヤマキンポウゲ

 

 

しろ3

ミツバオウレン

イワカガミ

 

イワカガミ

 

 

siro2

イワイチョウ

murasaki

 

ハクサンチドリ

 

 

〇〇リンドウ

タテヤマリンドウ

0c5ff533.JPG

ヨツバシオガマ



maymama22325 at 00:40|PermalinkComments(6)TrackBack(0)  

お花が迎えてくれました。

書き留めるのが遅れてしまい・・・ 何もかも忘れてしまいそうで〜〜す(。・ω・)ノ゙

13日 至仏山(2228m)へ行ってきました。 

鳩待峠9:45 〜オヤマ沢田代〜小至仏山12:00 12:40〜13:20至仏山13:30〜 鳩待峠15:40 登り 約3時間 下り 約2時間

この日も快晴でした。暑さと登りに弱いというトラウマになっているめいママ。。 歩きながらも緊張が走ります

この日は特効薬持参で望みました〜。 本当に効くのかどうか?定かではないのですが、何人かの方から、動悸や息切れがしそうなときは“救心”がいいらしいと聞いて買ってきたものです^^

池塘

仁丹よりも小さいみたいな粒でした。具合が悪くならないうちに飲もうと思って、歩きながら2粒・・・ 簡単に飲み込めましたが・・・

果たしてあんな小さい粒が?どの程度の効果があるのでしょうね〜

気休め?それとも本当に効くの?・・・ 何でもいいから効いてよね、お願い〜〜って思っちゃいます〜

siro 1

幸いにもこの日は大丈夫でした。 森林限界を過ぎる頃にはたくさんのお花たちが出迎えてくれ元気をもらいました。

チングルマでしょうか? お花畑になっています。。

ワタスゲ

 

こちらはワタスゲのお花が咲いた後のようです。

光を浴びてきれいでした。

 

風景途中 休憩したところからの眺めです。

めいママには何処の山が見えているのか? さっぱり分かりません。

でも、胸いっぱいに美味しい空気を吸って・・・ 景色を眺めているだけで満足して癒されます。

山

ところどころに雪渓が残っていました。

この山の向こう(見えない)所に至仏山はあるようです。

まだまだ登りが続くようです。。

人気の山で登山道は渋滞の連続。 下ってこられる方たちに励まされたり、脅かされたり??? 苦労しながら一歩一歩交わしていきます。

ウスユキそう

下の方では見られなかったお花が顔を出してくれています。

ホソバウスユキソウ  

歩きながら慌ててるし〜 風が吹いてゆれていたのではっきりしませんね^^

 

ozesou

これはここにしか咲いていないとカメラを向けていた男性に教わりました。

オゼソウ だそうです。 

頂上は涼しくて爽やかな風が吹いていました。大賑わい無事に登れて嬉しかったです。

大勢の人で埋め尽くされ(これはごく一部です)・・・登山者を後ろから。。 ごめんなさいです

 

至仏山下りはあまり不安を感じないないめいママは、登れた喜びでルンルンで下りてきましたが、翌日は非常に疲れを感じていました。

首から肩は凝ってるし、体全体だるいな〜と・・

それから翌日にはめまいで起きられなくて、すっかり自信喪失してました  どうにかやっと元気になりましたけど。。

また 山の予定があるのに〜〜 この自信のなさで大丈夫なのかな〜〜???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



maymama22325 at 00:24|PermalinkComments(4)TrackBack(0)  

2008年07月08日

中条村 虫倉山1378m

長野・中条村の虫倉山へ(6日)登ってきました。 男性2名 女性3名です。

ルートがいくつかある中、「さるすべりコース」を登りました・・・ コースタイムは1時間40分となっていました。

登山口のすぐ近くまで車が入るらしいとの事で行ってみると、道は狭くて、やっと軽が通るかな?と思われるような道を、半ば強引に?進む運転者。。 車が脱輪しそうで、ヒヤヒヤものでした〜〜 めいママだったら絶対無理・・ そんな所でしたよ( ´_ゝ`)ノ

まぁ 無事に通れて駐車場に着いたけれど、そこは草ぼうぼうで狭くて、車数台?止められるかどうか?のような所でした。

準備体操をしながら、四葉のクローバー四葉のクローバーをみつけた男性が、ハイ これあげる・・・隣りで体操していためいママがゲット。。〜 

登山開始は10:15分 15分くらい歩いたところに虫倉神社虫倉神社がありました。

無事に登れますように・・・

みんなでお参りしました。

 

蒸し暑くてたまらない上に、結構 急な登りが続き・・・ そうなると、とても弱いめいママは、だんだん嫌な予感が・・・ あ〜〜 幸先よいスタートを切ったはずだったのに・・・

とうとうまたやってきたんです。 心臓は早鐘のように・・・ だんだん具合が悪くなるばかり・・・ 少し休ませて欲しいと申し出、とうとう座り込んでしまいました

岩塩や栄養ドリンクを持っていた方が、これなめて、これも飲んで・・・と。。 ご迷惑かけてしまいました。 お塩をなめ、水羊羹をいただき、、まぁまぁの回復でまた歩行開始。鎖

次々と鎖やロープが出てきます。 めいママ小さくて、足が届かず苦労した難所 一箇所ありました(この写真の所ではないです)

下から、右足を押してもらい、無理な体勢で力いっぱい上がったものですから、関節が悲鳴をあげて、しばらくまた座り込み〜〜

何だかんだとめいママが足を引っ張っり、少々タイムオーバーでしたが、約2時間で頂上に上がれました。頂上

お天気が良い日なら ほぼ360度の展望がきくようです。北アルプスなど眺められたら感激するのでしょうが、曇っていて残念でした。

ヤマボウシ

途中 ホタルブクロをたくさんみかけました。頂上のすぐ側にヤマボウシがありました。

←お花のまわりが、薄いピンクで縁取りされているように見えました。

 

2

 

これは カラマツソウ

 

 

雑草?下りは二手に分かれて下山してみることに。。

我々は「不動滝コース」を下りました。登りと違って安全で歩きやすく、危険な箇所は全くありませんでした。セミの抜け殻

夏でもないのに?

盛んにセミの声が聞こえ・・・

抜け殻まで発見

ゆっくりおしゃべりしながら下り1時間10分くらいで不動滝へ到着。不動滝

落差10mくらい?はあったと思います。

マイナスイオンを吸い込みながら、冷たいお水で手を洗い、お迎えの車を待ちました。

20分ほどで合流。

苦しかったことや皆さんにご迷惑をおかけしたことなどすっかり忘れて「楽しかったね〜」などと能天気な発言 

帰りの高速は事故渋滞に巻き込まれ、約6時間程かかり、運転の方は大変でした。皆さまもお疲れ様でした。

 

 

 



maymama22325 at 23:24|PermalinkComments(6)TrackBack(0)  

2008年06月30日

味比べ

数日前 リラ園から頂いてきたジャガイモの味比べをしています。 

本日はキタムラサキスタールビーです。切り口  掘りたての時は、どれがどれやら? 見間違えるほどの状態でしたが、きれいに洗うと、もうそこには別の顔が

まだ加工しないうちに切ってみました。 

キタムラサキは名前のごとく皮も紫、中も紫です。 サツマイモに紫があるのは知ってますが、ジャガイモにこんなものがあるなんてね〜・・・ 初対面です〜〜

スタールビーは皮が赤く、中身は普通のジャガイモと変わらないですね。 この二種類のジャガイモ、こうしてみるとはっきり区別がつきます。 

こうなると一体 どんなお味だか? サラダ気になりますね・・・ 

まずはそのままふかして食べ比べてみました。どちらも皮がと〜っても薄い?新じゃがみたいな感じです。

キタムラサキはしっとり感? どちらかと言えば、スタールビーはねっとり感?

ほんの小さな一口大のおジャガを食しただけで?正直まだ良く分かんないのですが?

キタムラサキはホクホク感がないので、しっとり系にはこれかな?と。。じゃがいも餅

 ジャガイモ餅にしてみました。

なかなかいけましたよ。 もちもちしてとても美味しかったです。

他はどんなお料理に合うのでしょうね? 

こうして経験したこともない、おじゃがさんたちに楽しませて頂き、ブログ繋がりの醍醐味をまたまた感じているところです。 。

ラタトゥイュ

リラ園産 ズッキーニ、玉ねぎ、ナス、小さなおジャガさんも仲間入り、後はトマトにピーマン。。 

めいママ流ラタトゥイュができました。 お野菜たっぷりで、夫も喜んでくれました。 

次は孫のために? 喜ぶ顔が浮かんできます(お野菜だ〜い好きなんですよ〜

おじぎリラさん あけみ蝶さん 心からありがとうで〜〜す。



maymama22325 at 16:26|PermalinkComments(7)TrackBack(0)  

2008年06月28日

梅雨の晴れ間に・・・

毎年の恒例行事となってしまたようですね!

昨年同様今年もリラ園でのじゃがいも掘りへ、ご招待を受け行ってきました。 

めいママさんってと〜〜っても幸せですね〜〜

まず寄ったのがリラ園cのズッキーニズッキーニのところでした。 めいママに採らせてあげようと、リラさんが採らないでおいていたものが、特大号に?なって・・   待っててくれましたよ^^

あまりにも大きく見事なズッキーニとのご対面に、二人で大笑い

収穫根元を持ってくるっと回して採るのよ!と教えてもらい・・・

その通りにやってみると、ホント簡単に採れました^^

超デッカイものや小さいものまで・・・こんなに収穫です!

次にリラ園Aのジャガイモのところへ移動ミツバチぼうやリラ園ミツバチぼうや

今年は、あけみ蝶さんから頂いたという、色んな種類のジャガイモが植えてあります。

3月の植え付けの頃、リラさんが腰を痛めていて、めいママもお手伝いをした、あのジャガイモがどのように育ったのか?興味津々でした。

 

めいママいつもの事ですが、リラさんがエプロンから手袋、タオルまで準備して下さり、至れりつくせりなんですよ

キティちゃんの応援を受けながら張り切っためいママさん? どうですか? 少しは さまになってるかな〜?

スタールビー?

前日の雨で土が濡れて柔らかく、タケノコの時とは違い、めいママの力でも全然OKでしたミツバチぼうや2

これはスタールビーだったと思うのですが?皮が赤いジャガイモ初めてみました。 一体 どんなお味なんでしょうね〜〜 とても楽しみです

リラさん

めいママが遊んでばかりいると、リラさんにはっぱかけられます。

「めいママさん 早く次の作業がまってるよ! 手を動かしてね!」

「ハイハイ お師匠さま わかりました」

おじゃがさんたちおかげさまで楽しい収穫祭でした!

こんなにすごいでしょ 種類が多くて覚えられないので、箱にも名前を書いておきました。

使い方は、リラさんの所で調べてみましたが・・・

あとは腕次第?工夫次第といったところでしょうか( ´_ゝ`)ノ

お花めいママの為に育てているの? と思えるくらいたくさん頂いて・・・ いつものごとく、戦時中のおばさんスタイルで、ちょっと恥ずかしい?(うふふ・・言っておきますが、めいママは戦後生まれですぞ

欲張ってたくさん持ち帰り。。重かったこと。。 考え事していたら、電車まで乗り越してしまいました.

 最後になりましたが、あけみ蝶さん めいママまで一緒に楽しませて頂いてます。 ありがとうございます。 ジャガイモの感想はまたそのうちお知らせしますね!

 この日の収穫祭は、辛く悲しい悲報から始まりました。  リラさんそしてめいママにとって、とても考えられない出来事が起きてしまっていたのです。 

最愛の息子さんを亡くされた友人に、心からお悔やみ申し上げ、ご冥福をお祈りしたいと思います。   合掌

 

 



maymama22325 at 19:14|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 出来事