ジミ速トップへ

    カテゴリ: スポーツ

    1: shake it off ★ 2018/06/11(月) 17:12:10.86 ID:CAP_USER9
    6/11(月) 配信 スポニチ

     テニス界のスーパースター、ロジャー・フェデラー(36=スイス)が長年連れ添ったナイキを離れ、ユニクロと契約したと海外のテニス専門サイトなどが報じた。元ガゼッタ・デロスポルト紙の記者によるウェブ上の記事が発端となり、英紙インデペンデントなどもそれを引用する形で報じている。

     キャリアの全てをナイキとともに歩んできたフェデラーだが、08年に交わした年間10億円の10年契約は今年3月に満了しており、水面下で争奪戦が繰り広げられてきた。記事によれば、ユニクロとは年間30億円の10年契約で、総額300億円にも上るという。ユニクロは昨年4月まででノバク・ジョコビッチ(セルビア)との契約を終了しており、現在は錦織圭や国枝慎吾らのウエアをサポートしている。

     クレーシーズンを全休したフェデラーは今週のシュツットガルト・オープンから始まる芝シーズンで復帰。すでに会場入りし、ナイキのウエアで練習を行っている。新たな契約を結んだとするとお披露目は7月2日開幕のウィンブルドンが濃厚。正式発表を世界中が注視している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000170-spnannex-spo
    写真:スポニチ
    D67F388E-363C-46ED-BE26-ADB22AE3A988


    【【テニス】フェデラー ユニクロと10年300億円契約報道、ナイキと別れ 】の続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/06/06(水) 20:41:59.60 ID:CAP_USER9
    英紙タイムズ 日本をグループ3位と予想 注目選手は酒井宏樹
    2018年6月6日 スポニチ Sponichi Annex サッカー
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/06/06/kiji/20180606s00002014200000c.html

    クロスをあげる酒井宏(撮影・西海健太郎)
    no title


    5日付の英紙タイムズ(電子版)はW杯ロシア大会H組の順位予想を行い、日本代表を3位のグループリーグ敗退とした。
    同紙で記事を執筆している元アイルランド代表FWトニー・カスカリーノ氏(55)が順位を予想し、1位にコロンビア、2位にポーランド、3位に日本、最下位にセネガルを選んだ。

    同氏は各国の注目選手も選出し、ポーランドではFWロベルト・レバンドフスキ(29=バイエルンM)、コロンビアではDFダビンソン・サンチェス(21=トットナム)、
    セネガルではDFカリドゥ・クリバリ(26=ナポリ)、日本代表ではDF酒井宏樹(28=マルセイユ)をピックアップした。

    酒井宏樹を選出した理由について「マルセイユで49試合に出場し、欧州の優良クラブでシーズンを通して定期的にプレーした数少ない日本人選手のひとり。
    決勝まで勝ち進んだ欧州リーグでも14試合に出場した。左右両方のサイドバックとしてプレーでき、空中戦も強い。ポゼッション時も落ち着きがある」と説明した。

    しかし、日本代表については「02年日韓大会、10年南アフリカ大会では決勝トーナメントに進んだが、歴史は繰り返しそうにない。
    とりわけ、今年4月に経験豊富なバヒド・ハリルホジッチ監督を解任し、その見通しはさらに強まった」と厳しい戦いを強いられると予想した。

    【【サッカー】英紙タイムズ 日本を3位でグループリーグ敗退と予想 ハリル解任で厳しい戦いを強いられる 注目選手は酒井宏樹 】の続きを読む

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2018/05/27(日) 16:54:17.40 ID:CAP_USER9
     今月6日の日大との定期戦で日大DLから悪質なタックルを受けて負傷した関学大QBが27日、春季関西学生大会・関大戦(大阪・EXPO FLASH FIELD)で同戦以来3週間ぶりの実戦復帰を果たした。5回連続パス成功、勝ち越しのタッチダウン(TD)パスも決めるなど、QBとホールダーとして全得点に絡む大活躍。後半、試合の流れを変え、27―16の逆転勝利に貢献した。

     負傷QBは前半にフィールドゴール(FG)シチュエーションで2度ホールダーとして登場。後半に入ると本来の“司令塔”としてプレーし、最初の攻撃となった第3Q2分2秒からのシリーズの3プレー目にWRへ20ヤードのパスを通した。このパスがものをいって関学大はランでTDを奪って10―7と逆転した。

     3Q終盤から4Qの序盤にかけては4回のパスをすべてを成功。最後は42ヤードのTDパスを通してスコアを17―10とした。

     負傷QBはこの時点で投げたパスを5回全部成功。ターゲットになった選手はすべて異なっており、関大ディフェンスを翻弄して試合の主導権を奪った。最終的にパスは9回投げて7回成功した。

     関学大の島内監督は前日26日の会見で、負傷QBの出場について「準備はする。出るかも分からない」と名言を避けていた。なお、負傷QBは14日のMRI検査で「第2・第3腰椎棘間靭帯損傷」と診断されていた。

    5/27(日) 配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000120-spnannex-spo

    【【アメフト】負傷の関学大QBが実戦復帰で大活躍!TDパスもマーク 後半流れ変え逆転勝利を演出 】の続きを読む

    1: 3倍理論 ★ 2018/05/27(日) 10:26:44.98 ID:CAP_USER9
    オーストリア3部最終節が行われ、日本代表MF本田圭佑(31)がオーナーを務めるSVホルンがアウェーでオーストリア・ウィーン2を3-1で下して優勝し、2部昇格した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00221224-nksports-socc 
    188EC236-1920-4675-A373-DDA940E885F9
     

    【【サッカー】本田がオーナーのSVホルンが2部昇格 】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2018/05/25(金) 12:59:33.52 ID:CAP_USER9
    http://news.livedoor.com/article/detail/14766474/

    アメリカンフットボールの悪質な反則行為の問題で、日大アメフット部の内田正人前監督らの
    緊急記者会見を受け、負傷した関学大の選手の父で大阪市議の奥野康俊さんは25日、
    自身のフェイスブックに「緊急拡散願います。今警察から電話がありました。6月1日までに、
    息子に危害を加えるという情報が入ったので気をつけるようにと許せない。やめてください」と書き込んだ。

    24日の投稿では「指導者2人に対して、体の震えが止まらない。内田前監督と井上コーチに対する
    厳重処分の嘆願書を出そうと思う」と明かしていた。

    さらに「残りの人生をかけ、とことんこの問題に向き合う覚悟」として、任期満了後は市議選に立候補しない意向を明らかにした。

    負傷選手側は大阪府警に被害届を提出、受理され、移送先の警視庁が傷害容疑を視野に捜査を始めている。

    【【アメフト】関学QBの父がフェイスブックにSOS投稿。「警察から『6月1日までに息子に危害を加えると云う情報が入った』との電話」 】の続きを読む

    このページのトップヘ