ジミ速トップへ

    カテゴリ: 海外

    1: 久太郎 ★ 2018/06/26(火) 15:30:57.76 ID:CAP_USER9
    ロシア・ワールドカップのグループステージ第2節が終了し、『フォックスポーツ』イタリア版は、日本代表のMF柴崎岳を第2節のベストイレブンに選出した。

    「W杯シバサキからケインまで…第2節のトップイレブン」と題し、24日のセネガル戦(2-2)で活躍を見せた柴崎をW杯第2節の11人のベストメンバーに選出し、紹介している。世界レベルにおいて、より名の知られたMF本田圭佑やMF香川真司のプレーに期待が集まる中、サプライズとなったことを綴っている。

    「日本代表では、誰もがカガワやホンダのプレーを期待していた。だが、チームの攻撃の舵を取ったのは、ガク・シバサキだった。彼の名前が世界に広まったのは、2016年のクラブワールドカップ決勝レアル・マドリー戦において2ゴールを決めたときのことだ。すぐにスペインへと引き抜かれ、ヘタフェではバルセロナからもゴール奪った」

    「セネガル戦では勇敢なチームの頭脳と心臓の役目を果たした。最終節では、ポーランドと対戦するが、トーナメント進出の可能性は十分にある」

    なお柴崎のほかには、パナマ戦でハットトリックを決めたイングランド代表FWハリー・ケインや、セルビア戦で物議をかもす“双頭の鷲”のゴールパフォーマンスを見せたMFジェルダン・シャチリらが名を連ねた。

    GK

    ルイ・パトリシオ(ポルトガル)

    DF

    シメ・ヴルサリコ(クロアチア)

    リュカ・エルナンデス(フランス)

    ジェリー・ミナ(コロンビア)

    ジョン・ストーンズ(イングランド)

    MF

    柴崎岳(日本)

    ポール・ポグバ(フランス)

    ルカ・モドリッチ(クロアチア)

    ジェルダン・シャキリ(スイス)

    FW

    ハリー・ケイン(イングランド)

    アーメド・ムサ(ナイジェリア)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00000005-goal-socc

    【【サッカー】伊メディアが柴崎岳をW杯第2節のベスト11に選出「勇敢な日本の頭脳と心臓」 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/06/11(月) 15:46:05.65 ID:CAP_USER
    グローバル化で利益を最も得ている上位3カ国はスイス、日本、フィンランドだ。
    独ベルテルスマン財団が大規模な調査を行い、サイトに公表した。

    グローバル化による利益を調べるため、調査ではグローバル化指数が算出され、
    経済的・政治的・社会的調整を加えた。1990年〜2016年のデータが分析に用いられた。

    最も利益を得ているのはスイスで、この期間、1人当り国内総生産(GDP)が
    年平均1900ユーロ(約24万5000円)伸びた。
    これは、この期間で1人当たり計4万9700ユーロ(約641万円)稼いだことになる。

    1990年〜2014年のデータを元に算出した前回の調査では
    「グローバル化チャンピオン」だった日本の指数は2位に下がった。
    1990年〜2016年にかけて、日本の1人当たりGDPは年平均で1500ユーロ(約19万円)上がり、
    26年間で1人当り計3万9000ユーロ(約503万円)となる。
    3位はフィンランド(26年間で計3万6000ユーロ)。
    さらにアイルランド(26年間で計3万2000ユーロ)、イスラエル(3万ユーロ)、
    ドイツ(2万9000ユーロ)が続く。

    ロシアは42カ国中39位。1人当りGDPの伸びは年平均115ユーロで、
    26年間で1人あたり計3000ユーロとなった。

    最下位のインドは1人当たりGDPの伸びが年22ユーロで、計565ユーロだった

    no title

    https://sptnkne.ws/hJqf

    【【話題】日本、グローバル化の利益多いトップ3入り 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/06/11(月) 17:35:36.93 ID:CAP_USER
    枕が替わると眠れないという人がいるが、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長はシンガポールのホテルで安眠できたのだろうか。
    確認されている外遊は中国以外へは初めてである。トランプ米大統領との会談に興奮と緊張もあるだろう。それより留守中の国内で何が起きるか心配で、枕を高くできないのではないか。

    ▼専用のリムジンなどに加えて、移動式トイレを持ち込んだという。健康状態に関する情報が漏れないようにするため、排出物は持ち帰るらしい。
    DNAなども最高機密である。
    おそらく宿泊した部屋や会談場所は、北朝鮮側によって徹底的にチェックされ、すべての痕跡を消去するはずだ。

    ▼平成14(2002)年9月に訪朝した小泉純一郎首相は、日本から弁当を持参した。拉致問題解決のため、相手側が用意した食事は口にできないと決意していた。
    外交交渉は舞台裏で駆け引きと情報戦の火花が散る。世界が注視する初の米朝首脳会談がいよいよ明日行われる。

    http://www.sankei.com/west/news/180611/wst1806110043-n1.html
    no title

    【【米朝階段】北朝鮮、移動式トイレ持ち込み金主席の排出物持ち帰りへ 】の続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/06/06(水) 20:41:59.60 ID:CAP_USER9
    英紙タイムズ 日本をグループ3位と予想 注目選手は酒井宏樹
    2018年6月6日 スポニチ Sponichi Annex サッカー
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/06/06/kiji/20180606s00002014200000c.html

    クロスをあげる酒井宏(撮影・西海健太郎)
    no title


    5日付の英紙タイムズ(電子版)はW杯ロシア大会H組の順位予想を行い、日本代表を3位のグループリーグ敗退とした。
    同紙で記事を執筆している元アイルランド代表FWトニー・カスカリーノ氏(55)が順位を予想し、1位にコロンビア、2位にポーランド、3位に日本、最下位にセネガルを選んだ。

    同氏は各国の注目選手も選出し、ポーランドではFWロベルト・レバンドフスキ(29=バイエルンM)、コロンビアではDFダビンソン・サンチェス(21=トットナム)、
    セネガルではDFカリドゥ・クリバリ(26=ナポリ)、日本代表ではDF酒井宏樹(28=マルセイユ)をピックアップした。

    酒井宏樹を選出した理由について「マルセイユで49試合に出場し、欧州の優良クラブでシーズンを通して定期的にプレーした数少ない日本人選手のひとり。
    決勝まで勝ち進んだ欧州リーグでも14試合に出場した。左右両方のサイドバックとしてプレーでき、空中戦も強い。ポゼッション時も落ち着きがある」と説明した。

    しかし、日本代表については「02年日韓大会、10年南アフリカ大会では決勝トーナメントに進んだが、歴史は繰り返しそうにない。
    とりわけ、今年4月に経験豊富なバヒド・ハリルホジッチ監督を解任し、その見通しはさらに強まった」と厳しい戦いを強いられると予想した。

    【【サッカー】英紙タイムズ 日本を3位でグループリーグ敗退と予想 ハリル解任で厳しい戦いを強いられる 注目選手は酒井宏樹 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/06/06(水) 17:17:12.01 ID:CAP_USER9
    【6月6日 AFP】
    フランス人男性が1年半の間に宝くじで2度、100万ユーロ(約1億3000万円)を当てた。
    仏メディアが6日、報じた。数学者によると、16兆分の1の確率の偉業だという。

     仏大衆紙パリジャン(Le Parisien)によると、
    東部オートサボア(Haute-Savoie)県在住のこの男性は2016年11月11日と今年5月18日の2回、
    宝くじ「マイミリオン(My Million)」に当せんした。

     マイミリオンは欧州12か国で週2回販売されている宝くじ「ユーロミリオンズ(Euromillions)」とリンクしており、
    フランスでユーロミリオンズを購入すると、自動的にマイミリオンの抽選にも参加することになる。

     ユーロミリオンズの当せん金は莫大で、1億ユーロ(約130億円)を超えることさえある。
    マイミリオンの当せん金は100万ユーロとなっている。

     ユーロミリオンズは数字選択式だが、マイミリオンの数字は自動生成される。

     パリジャン紙が数学者の話として報じたところによると、マイミリオンの当せん確率は1900万分の1で、
    ユーロミリオンズの当せん確率は1億4000万分の1だという。

     同じ宝くじで2度の高額当せんを果たしたのはこの男性だけではない。オーストラリア人男性も先月、
    1週間のうちに同じ宝くじに2度当せんしている。

     このシドニーのボンダイ(Bondi)で暮らす40代の男性は、
    5月7日に102万487オーストラリアドル(約8400万円)を引き当て、そのわずか5日後の5月12日、
    145万7834オーストラリアドル(約1億2000万円)の賞金を手にした。(c)AFP

    no title

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3177452

    【【国際】確率わずか16兆分の1、1年半で1億円超の宝くじに2度当せん フランス 】の続きを読む

    このページのトップヘ