ジミ速トップへ

    カテゴリ: 生活

    1: シャチ ★ 2018/05/26(土) 18:28:19.58 ID:CAP_USER9
    一口に薄毛と言っても、その個人差は大きい。ましてや日本人をはじめとするアジア人と欧米人のように、
    毛髪の色や髪質も異なる場合に違いが出てくるのは当然だろう。髪質の違いによって、
    治療の効果も違ってくるという。薄毛治療の専門家に話を聞いた。

    *  *  *
     アジア人と欧米人では、体格や肌、瞳の色などさまざまな身体的な違いがある。髪の毛もその一つだ。
    ゆるやかなウェーブがかかっていたり、細かいカールでチリチリしていたりと髪の形状はさまざま。
    毛の量にも違いがある。アジア人に多い黒色や黒褐色のストレートの髪は世界的に見ると、
    太くて毛量は少なめだ。それに対し欧米人のように褐色や金髪など毛の色が薄くて細い髪は毛量が多い。
    日本人の毛髪の平均本数が約10万本なら、欧米人の平均は約14万本と、大きな差がある。

    ■アジア人の毛髪は真円、欧米人は楕円形

     ただし、日本人の髪の太さは平均約0.06ミリ。欧米人に比べ、およそ1.3倍の太さがある。
    また、アジア人の毛髪は断面が真円に近いのに対し、欧米人の毛髪の断面は楕円形という違いもある。

     大阪大学医学部皮膚・毛髪再生医学寄附講座特任教授で心斎橋いぬい皮フ科院長の乾 重樹医師によれば、
    こうした欧米人の髪質は植毛向きだという。特にアメリカでは薄毛治療に自毛植毛が盛んで、50年以上の歴史がある。
    男性型脱毛症(AGA)の治療で見た目の印象を手っ取り早く変えるのなら自毛植毛で、という考え方がアメリカでは主流だという。

     自毛植毛とは、薄毛の人でも比較的しっかりと毛の生えている後頭部から毛の薄くなった頭頂部や前頭部に毛包(もうほう)ごと
    自毛を移植する手術による治療だ。ただし、見た目が変わるほどの効果を得るためには、それなりの毛包単位で移植する必要があり、
    費用が高額になりやすいのがデメリットと乾医師は指摘する。

    「アメリカのAGA治療では、自毛植毛に内服薬を併用して、抜け毛の進行を止め現状維持ができれば成功という考え方です。
    内服薬のみで増毛効果を期待する日本人とはそもそも違います」

    日本人ではAGA治療の主流はやはり外用薬と内服薬だという。薬剤の効き方には個人差があるが、日本人男性の場合、
    増毛効果が出やすいのは内服薬だという。ローションタイプの外用薬(ミノキシジル、商品名リアップ)を併用する場合もある。

    ■日本人男性の前頭部には「デュタステリド」

     現在、世界中で使われている内服薬といえばフィナステリド(商品名フィナステリド、プロペシアなど)だ。2016年に登場した
    新しい内服薬デュタステリド(商品名ザガーロ)は、日本より韓国で先に発売され、現在はアジア圏を中心に台湾や南米などで
    発売されている。欧米では未発売だ。これは欧米人の髪質に合わないためではないかと乾医師は推測する。

    「日本人男性の場合、デュタステリドはフィナステリドに比べて前頭部の毛髪に効き目が出やすい印象がありますね」

     フィナステリドは性機能障害の副作用も指摘されているが、デュタステリドは販売開始からまだ日が浅いため、
    副作用などの長期的な検討もこれからだ。

     そこに近年、赤色LEDによる光治療が加わった。乾医師らの共同研究による日本発の最新治療だ。
    赤色LEDは安全で副作用がなく、他の治療と併用可能という。

    「高齢者で不整脈などの副作用でこれまで治療薬が使えなかった人にも治療の幅が広がっています。
    自宅で使用できる機器も販売されていますので、皮膚科医にご相談ください」(乾医師)

    週刊朝日
    https://dot.asahi.com/wa/2018051500072.html?page=1 
    E805E95B-4D21-4890-9127-B09592A8562C
     

    【【ハゲ】欧米人より毛髪が少ない日本人 薄毛の最新治療に「赤色LED」!? 】の続きを読む


    どのくらいならセーフ?
     

    【【雑談】駐車スペースと車のサイズが合ってなくて公道にはみ出して駐車してる人がいるけど 】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2018/05/26(土) 21:23:55.19 ID:CAP_USER9
    https://www.j-cast.com/2018/05/26329696.html

    東京都内のJR新宿駅構内で、通路を歩く女性に次々にタックルする男がいると、ツイッター上に動画が投稿された。

    倒れそうになった女性もおり、「酷いな」「許せない」との声が上がっている。

    「女性に恨みがあるのか」「新手の痴漢では」

    若い男はいきなり体を左に向けると、向かって歩いてきた女性2人のうち1人に、すれ違いざま左肩を思い切りぶつける。女性は、のけぞって倒れそうになったが、男はそのまま速足で去って行った。

    これは、2018年5月25日夜に「えんどう」さんがツイッター上にアップした動画のシーンだ。

    この男は、白いTシャツに黒いズボン姿で、リュックを背負っていた。男は、さらに2人目、3人目の女性にも肩をぶつけ、そのまま去っていく。女性がカップルだと分かると、避けている様子もあった。

    動画は44秒ほどで、投稿主の「えんどう」さんは、「新宿駅にいる女性にだけタックルかましていく男 危なくて仕方ない」と嘆いていた。

    この投稿は、4万件ぐらいもリツイートされており、動画がネットで拡散している。

    (全文は配信先で読んでください)

    【【JR】新宿駅で女性狙い「タックル」する男の動画拡散 「私も同じことされた」と証言も】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2018/05/26(土) 15:23:28.29 ID:CAP_USER9
    AFP=時事】苦みのあるカボチャなどのウリ科植物は強い毒性を持っていることがあり、脱毛症の原因にもなり得るとする論文が
    米国医師会(AMA)の雑誌「JAMA皮膚科学(JAMA Dermatology)」の2018年5月号に掲載された。論文では、苦いカボチャを食べた
    女性2人が食中毒になり、その後、体毛が抜けた症例が報告されている。

     フランスの皮膚科医フィリップ・アスリー(Philippe Assouly)氏は特異な2つの症例を報告し、ありふれた植物が持つ毒性と、
    脱毛症の間に存在するこれまで知られていなかった関係を明らかにした。

     1人目の患者はフランスの女性で、苦みのあるカボチャスープを食べた直後に吐き気を覚えて嘔吐と下痢が1日程度続き、
    1週間後に頭髪と陰毛が抜け始めた。アスリー氏の論文によれば女性の家族も同じ食事を取ったが女性より少ない量の
    スープしか飲んでおらず、食中毒の症状は出たものの脱毛症には至らなかったという。

     2人目の患者も女性で、ウリ科の野菜が入っている食事をしたところ激しい嘔吐を伴う食中毒の症状が出た。
    一緒に食事をしていた人たちはこの野菜が苦かったため、この野菜を食べなかった。この女性は約3週間後に
    頭髪がかなり抜け落ち、脇や陰部も重度の脱毛症状を起こした。

     ウリ科の植物の食中毒で脱毛が確認されたのはこれらの事例が初めて。

     ウリ科の植物は有毒で苦みのあるククルビタシンという成分を含んでいる場合がある。この苦みはウリ科の栽培植物では
    品種改良によって取り除かれているが、昆虫によって栽培品種が他花受粉し、野生や観賞用の植物と交雑することがある。

     アスリー氏はAFPに対し「ウリ科の苦みは一種の警告だと受け止めるべきだ」として、「子どもに残さず食べるよう強いるべきではない」と述べた。
    アスリー氏によれば、3年前にドイツでズッキーニが入ったシチューを食べたことによるククルビタシン中毒で1人が死亡している。【翻訳編集】 AFPBB News

    ソース AFP
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00000019-jij_afp-int 
    517FDEA6-B847-4E86-A545-D97F99423E6E

    【【ハゲ必見】頭髪が抜け落ちる…カボチャなど苦いウリ科の野菜に注意を、毒性で脱毛症 過去には死者も】の続きを読む

    1: 水星虫 ★ 2018/05/25(金) 19:08:22.84 ID:CAP_USER9
    泡でカキのウイルス除去技術開発

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/kyoto/20180525/2010000054.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    極小の泡を使って生食用のカキに含まれるノロウイルスを体外に排出させる
    新たな技術を開発したと京都市の精密機器メーカーが発表しました。

    これは、京都市の精密機器メーカー「トスレック」が、開発に協力した宮津市の
    京都府立海洋高校とともに25日、学校で記者会見を開いて発表しました。
    それによりますと、新たな技術では、まず、1ミリの1000分の1未満の大きさの極小の泡を
    専用の機器で発生させ、カキの水槽に入れて体内に取り込ませます。
    そして、カキの体内で静電気を使ってノロウイルスを泡に吸着させ、カキが海水と一緒に
    泡を出す際にウイルスも一緒に体外に排出するということです。

    府立海洋高校の実験では、新たな技術でマガキではノロウイルスを99.96%除去できたということで、
    従来の紫外線による殺菌と比べて0.78ポイント効果が高いとしています。

    開発した会社では、来年の10月ごろの実用化を目指しています。
    「トスレック」の三笠日郎社長は、
    「カキを生で食べたいという需要に応えられればうれしいです」
    と話していました。

    05/25

    【【バブル】泡でカキのウイルス除去技術開発 高校生が実験したらマガキではノロウイルスを99.96%除去できました 】の続きを読む

    このページのトップヘ