ジミ速トップへ

    カテゴリ: 社会

    1: しじみ ★ 2018/06/11(月) 15:46:05.65 ID:CAP_USER
    グローバル化で利益を最も得ている上位3カ国はスイス、日本、フィンランドだ。
    独ベルテルスマン財団が大規模な調査を行い、サイトに公表した。

    グローバル化による利益を調べるため、調査ではグローバル化指数が算出され、
    経済的・政治的・社会的調整を加えた。1990年〜2016年のデータが分析に用いられた。

    最も利益を得ているのはスイスで、この期間、1人当り国内総生産(GDP)が
    年平均1900ユーロ(約24万5000円)伸びた。
    これは、この期間で1人当たり計4万9700ユーロ(約641万円)稼いだことになる。

    1990年〜2014年のデータを元に算出した前回の調査では
    「グローバル化チャンピオン」だった日本の指数は2位に下がった。
    1990年〜2016年にかけて、日本の1人当たりGDPは年平均で1500ユーロ(約19万円)上がり、
    26年間で1人当り計3万9000ユーロ(約503万円)となる。
    3位はフィンランド(26年間で計3万6000ユーロ)。
    さらにアイルランド(26年間で計3万2000ユーロ)、イスラエル(3万ユーロ)、
    ドイツ(2万9000ユーロ)が続く。

    ロシアは42カ国中39位。1人当りGDPの伸びは年平均115ユーロで、
    26年間で1人あたり計3000ユーロとなった。

    最下位のインドは1人当たりGDPの伸びが年22ユーロで、計565ユーロだった

    no title

    https://sptnkne.ws/hJqf

    【【話題】日本、グローバル化の利益多いトップ3入り 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/06/06(水) 18:03:18.14 ID:CAP_USER9
     スルガ銀行は6日、5月15日に公表したばかりの2018年3月期決算を訂正すると発表した。不動産業者による書類改ざんなどの不正が相次いだシェアハウス投資向け融資以外でも焦げ付きのリスクがあるため、貸し倒れ引当金を大幅に追加計上。18年3月期(連結)の経常利益は、以前公表した308億円からその3分の1の105億円に、純利益は210億円から69億円に、それぞれ減額した。

     貸し倒れ引当金(単体)は、以前の公表時は384億円としていたが、今回は587億円と200億円以上も積み増した。そのため利益が大きく目減りした。

     以前は貸し倒れ引当金の384億円のうち、シェアハウス関連が372億円、その他が12億円だった。今回はシェアハウス関連が420億円、その他が167億円。シェアハウス以外の不動産投資向けについて大幅に積み増した。

     企業が公表したばかりの決算を大幅に訂正するのは極めて異例だ。

    2018年6月6日
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL665J9QL66ULFA01Y.html

    関連スレ
    【スルガ銀行】最終利益半減か シェアハウス破綻…焦げ付きに備える貸し倒れ引当金を追加計上する必要性が高まったため。
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1528146570/

    【【スルガ銀行】18年3月期決算を訂正へ 純利益3分の1(308億→105億)に シェアハウス以外の融資で貸し倒れ引当金大幅積み増し 】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2018/05/28(月) 20:32:03.02 ID:CAP_USER9
    産経ニュース2018.5.28 更新
    http://www.sankei.com/economy/news/180528/ecn1805280017-n1.html

    朝日新聞社が28日発表した2018年3月期の連結売上高は前期比2・9%減の3894億円となり、6年連続で減収だった。発行部数の減少に伴う広告収入の下落が響いた。

     最終利益は35・9%増の120億円で、増益は2年連続となった。前年は早期退職制度の割増退職金で特別損失を計上していたが、その影響がなくなったため。

    【【新聞社】朝日新聞、6年連続減収 2018年3月期 広告収入下落 】の続きを読む

    1: nita ★ 2018/05/28(月) 15:51:56.70 ID:CAP_USER9
    5/28(月) 朝日新聞デジタル

     親が育てられない子供を匿名で預かる熊本市の慈恵病院の「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)に2017年度、預けられた子どもは7人だった。熊本市が28日、発表した。このうち5人は、医療機関や助産師の助けを借りずに自宅で産む「孤立出産」だった。07年5月の開設以来、受け入れた人数は計137人になる。

     市によると、預けられたのは男の子5人、女の子2人で、過去最少だった前年度(5人)より2人増えた。6人が生後7日未満の新生児で、もう1人も生後1年未満だった。親の居住地は熊本県以外の九州が2人、近畿と中部が各1人、不明が3人。虐待など刑法上の問題があるとみられるケースはなかったという。

     赤ちゃんポストには08年度に最多の25人が預けられたが、11年度以降は年間10人前後で推移している。一方、慈恵病院が24時間受け付けている妊娠や出産に関する電話相談の17年度の件数は7444件で、前年度に比べ3割以上増えている。(大畑滋生)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00000039-asahi-soci

    【【社会】赤ちゃんポストに昨年度は7人 5人が「孤立出産」 】の続きを読む

    1: nita ★ 2018/05/27(日) 12:05:32.04 ID:CAP_USER9
    5/27(日) 毎日新聞

     名古屋市中区錦3の漫画喫茶で愛知県尾張旭市の銀行員、大竹智之さん(35)が刺殺された事件で、殺人容疑で送検された無職、稲田府見洋(ふみひろ)容疑者(22)は事件の1カ月前から各地を転々とし、名古屋市に来てからは漫画喫茶で寝泊まりしていた。接見した弁護士に「職に就けずにいらだっていた」と事件当時の心境を話しているが、被害者への謝罪や反省の言葉はないという。【井口慎太郎】

     事件は17日午後8時20分ごろに起きた。ビル9階の店内で稲田容疑者は二つ隣のブースの扉をいきなり開け、言いがかりをつけて、大竹さんを果物ナイフで襲ったとされる。

     接見した弁護士によると、稲田容疑者は幻覚や幻聴の症状があり、20歳の頃に統合失調症と診断された。医師から毎日の薬の服用を指示されていたが、最近は飲んでいなかったとみられる。「自分は病気じゃない。親に薬を飲まされるのが嫌だった」と話した。

     事件直前、名古屋市のハローワークで紹介された会社の採用面接を受けたが不採用だったという。事件の際は「いらいらしていて、たばこを吸っても抑えられなかった。紙のページをめくる音がとても大きく聞こえた」と弁護士に語った。

     稲田容疑者は千葉県松戸市の小中学校に通った。中学校の同級生の女性(22)は「授業に出ず、やんちゃなグループと駅前でたむろし、担任の先生に反抗することもあった」と話す。一方、宿題をやっていなかった稲田容疑者にノートを見せていたことを教諭に注意された際は「巻き込んじゃってごめんね」と謝られたといい、「根は良い子。事件を起こすなんて信じられない」と声を落とす。

     中学卒業後、稲田容疑者はラーメン店のアルバイトなどをしていた。昨年3月、父親(59)の実家の福島県に引っ越し、農業を手伝った。今年4月19日、「板前になるので京都に行く」と家を出たが、岡山市のキャバクラで働いた。店員(21)によると、突然、行き先を告げずにいなくなった。

     その後、三重県四日市市のスナックの面接を受け、オーナーの男性(35)が紹介した同市内の別の店で働いたものの、すぐ辞めた。男性は「寮のある店で仕事がしたいと言っていた。視線を合わせようとせず、笑顔が無かった」と振り返る。

     同県桑名市のキャバクラのオーナー(51)によると、4月27日に稲田容疑者から応募があり、四日市市の漫画喫茶に迎えに行った。「福島の実家で農業をしていたけど嫌になった」と話したという。

     捜査関係者によると、名古屋市に来たのは5月上旬とみられ、複数の漫画喫茶で寝泊まりしていた。

     稲田容疑者の父親は取材に「被害者の方に本当に申し訳ない」と体を小さくかがめ繰り返した。弁護士によると、稲田容疑者は「父親は関係ない」と語り、差し入れの受け取りを拒んでいる。

     ◇「なぜ夫刺した」被害者の妻

     被害者の大竹智之さんは1年ほど前に念願のマイホームを建てて妻、長男と暮らし、8月予定の第2子誕生を心待ちにしていた。

     スキルアップや資格取得を目指し、家族を気遣って仕事後に漫画喫茶などを利用して熱心に勉強していたという。

     妻は弁護士を通じて19日に報道機関に寄せたコメントで「なぜ夫だったのだろう。なぜ刺したのだろう。犯人には重い罰を与えてほしい」とつづった。

     ◇漫画喫茶「鍵なし」が常態化

     現場の漫画喫茶はブースの扉がスライド式で鍵は無く、外から開けられた。風営法の専門家によると、鍵を付けると24時間営業ができない。業界関係者は安全対策に苦慮している。

     風営法は、外から見通しが困難な密閉された個室がある店舗を「区画席飲食店」とする。公安委員会の営業許可が必要で営業時間に制限がある。多くの漫画喫茶はシャワーを設置しての24時間営業を売りにしており、個室に鍵を付けず密閉されていない状態にしている。

     相模原市の行政書士、日野孝次朗さんは「ブースの壁を透明なガラスにすれば、風営法の規制外となるかもしれない。安全性とパーソナルスペース確保の兼ね合いは各店の工夫にかかる」と話す。

     ある名古屋市の漫画喫茶の男性店長は「事件が業界に与えた衝撃は大きい。利用者の持ち物をチェックすることも現実的ではなく、どうやって安全を確保するのかは手探りの状態」と明かした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00000009-mai-soci

    【【社会】<名古屋漫画喫茶殺人> 凶行、流浪の果て 職に就けずいらだち 】の続きを読む

    このページのトップヘ