2007年09月

2007年09月28日

めちゃくちゃ気になる

ものすごく気になる床屋を発見した。


床屋なのに「のびる」








床屋なのに…。

床屋なのに…!!

mayonaka_factory at 00:22|PermalinkComments(6)

2007年09月24日

ing

 父が、舌打ちをした後にいきなりこう言った。

 「チョエッチング!!」


 あまりの意味不明さに、思わず噴き出してしまった。

 何のことか尋ねると、「最近、語尾にingを付けるのが流行ってるの」とのこと。
 おそらく、「チェッ」という舌打ちにまで「ing」を付けた結果だと思われる。
 でも、「チェッ」に「ing」を付けたとしても、「チョエッチング」にはならないと思うよ、父さん…。

 他にどんな風に使っているのかと訊くと「たとえば、瀬尾さんだったら、あだなが瀬尾っちだから、瀬尾ッチングになるの」だそうだ。

 ちなみに、今のところ「瀬尾ッチング」以外には特にないらしい。


 …それ、流行ってるって言えるのか?

mayonaka_factory at 11:34|PermalinkComments(2)

2007年09月23日

直った

ヤッター!!
直ったぞ!!
ハハハ、ざまーみろ!!
アハハハハハハハハ!!
(モデムの再設定に疲れて壊れ気味)

故障の原因は、どうもモデムではなくモジュラーケーブルだったようだ。
具体的に説明すると、モジュラージャックに覆いかぶさっているドアフォン装置を引っぺがして回線を分岐させてる部品のケーブルを換えたら直った。いや、それが正解かどうかは分からない。しかし、とにかく、直ったのだ!!直ったのだよ!!クケケケケケケケ!!(哄笑)



あー、ぼっこし疲れた!!

mayonaka_factory at 00:10|PermalinkComments(4)

2007年09月22日

モデムが届いた

仕方がないので、ネットができる場所でyahoo!BBの電話番号を調べたら「お問い合わせは極力メールでお願いします」という旨が書いてあった。

ネットに繋がらない環境でどうやってメールを出せというのか…。

憤慨しながらもその場でメールを送り、後日またネットができる場所に行って確認したところ、「とりあえずモデムを送りますね」との返答が。

また無線LANの設定をし直さなきゃいかんのか…。


2日後、モデムが届いた。
これで直れば良いのだが…。

mayonaka_factory at 17:38|PermalinkComments(0)

2007年09月18日

未だ復旧せず

 yahoo!BBサポートセンターに電話したら、こう言われた。

 「この電話番号は現在使われておりません」



 ahooooooooo!と思った。


(yahoo!BBやめて、光に変えようかな…)

mayonaka_factory at 13:28|PermalinkComments(3)

2007年09月15日

お知らせ

おとといの夜から、家のPCが急にネットに繋がらなくなり、本家サイト「真夜中ファクトリー」の更新ができない状態になっております。

あれこれ試した結果、どうもモデムか電話機か電話回線に問題があるようです。
自力での解決が困難っぽいので、業者に修理を頼むしかありません。

というわけで、しばらく本家サイトの更新が止まってしまいますが、私はちゃんと生きてます。
どうか、ご心配ならさぬよう…。

つーか、こういうトラブル多すぎるぞ、yahoo!BB!!

mayonaka_factory at 10:52|PermalinkComments(0)

2007年09月13日

ショック

 ケータイのテキストメモを久しぶりに見てみたら、見覚えのないメモ書きがあった。

 そこには、こう書いてあった。


「ティファニーで、超ショックを」


 
 こんなものを後生大事にメモに残しておいた自分自身に超ショックだよ、と思った。

mayonaka_factory at 01:19|PermalinkComments(4)

2007年09月09日

戦慄!視力測定の罠!!

メガネを新調するために、メガネ屋に行ってきた。
そこで、視力測定をしたのだが。


店員「では、上から順に読んでください」
私「はい。えっと…、上、右、…下!!」
店員「……」
私「……」
店員「あの…」
私「…はい?」
店員「これ、全部ひらがななんですけど…」


恥ずかしさのあまり、メガネが割れた。

mayonaka_factory at 23:08|PermalinkComments(3)

2007年09月04日

どきどきぱにっく☆東京(しょんぼり編)

 で、朝起きたら、友人が「皮膚が痛い」と言い出した。見てみると、体中が真っ赤になっている。呑みすぎたせいか、それとも食べ物に中ったのか…。なんかやばそうだったので、とりあえず病院に行かせた。
(その間、私は友人宅で「ぼのぼの」を読んでいた)
(面白かった)
(特にシマリスくんが良い)

 ちょうど1冊読み終わったころに、友人が帰宅。「どうだった?」と訊いたら「栄養が足りてないと言われた」とのこと。痛み止めと、山盛りのビタミン剤を貰ってきていた。飲むだけでお腹いっぱいになって、今度は別の栄養が足りなくなりそうである。つーか、栄養不足て…。いったいどんな生活してるんだ…。

 この友人、昔から痩せてはいたが、東京に来てからさらに細くなったような気がする。そういえば、昨日会った友人も、一昨日会った友人も、みな昔より一段と痩せ細っていた。東京に住んだら、自然と痩せ細ってしまうのだろうか…。

 私も、是非とも東京に住みたい、と思った。


 その後、痛み止めとビタミン剤を服用して元気になった友人と、東京都現代美術館へ行った。ジブリ作品の背景原画を描いていた男鹿和雄氏の展示が目的だった。昨日とは違い、大人しく電車に揺られながら、美術館へ。

 美術館は、想像以上に混んでいた。平日だというのに、チケットを購入するのに10分待ち、展示室に入るのに10分待ちだった。休日は90分待ちだったらしい。いったいなんなんだ、ここは。まるでディズニーランドである。いや、ジブリーランドか…。

 展示室の中も行列ができていて、あまりゆっくり鑑賞できなかった。さらには、泣き叫ぶ子どもやイチャつくカップルがそこかしこに…。確かに原画はすごかったが、正直、これはハズレだと思った。混雑に対応しきれていない美術館側に、問題があるかもしれない。

 1時間半ほどでようやく全てを見終わり、展示室を脱出。それから、同じ美術館の常設展にある岡本太郎氏の「明日の神話」を観に行った。
 これが、もうすごかった。壁一面に、どかーんと絵が描いてあるのだ。これでもか!というぐらいの迫力である。ジブリの背景画を観るくらいなら、断然こっちの方を観た方が良いと思う。常設展は、混んでなかったし…。


 それから、帰りの飛行機の時間が近づいてきたので、空港方面へ移動することに。友人が「ここからなら、電車で行ってもタクシーで行っても、そう値段変わらんやろ」と言ったので、タクシーで一気に浜松町まで行くことに(浜松町からモノレールで空港へ行ける)。タクシーの運転手の「仲間由紀恵を乗せたことがありますよ」みたいな自慢話(?)を聞きながら、浜松町へ。

 そしたら、タクシー代が2500円かかった。
 この野郎…。この野郎!!

 若干凹みながら、モノレールで空港へ。しょんぼりしたまま飛行機に乗り、家へと帰ったのだった…。




mayonaka_factory at 21:55|PermalinkComments(6)

2007年09月03日

どきどきぱにっく☆東京(待ちぼうけ編)

 動物園を昼過ぎに出たのは良いものの、友人と待ち合わせをしている午後9時半まで、特にこれといってすることがない。

 新宿あたりを適当にぶらつくか、と思っていたが、東京で演劇をやっている友人のことをふと思い出したので、連絡を取ってみた。すると「午後5時からなら遊べる」と返事が来たので、5時まで待つことに。探していたCDがあったので、それを目的に新宿をしばらく移動して時間を潰した(運良くCDも発見できた)。

 で、5時に待ち合わせ場所のアルタ前に行ったのだが。

 待てども待てども、友人が来ない。しばらくしたらメールで「半時間ほど遅れる」とのこと。仕方ないので、道行く人たちを観察しながら時間を潰した。結局、友人が現れたのは午後6時半ごろだった。バイトが立て込んでいたらしい。まあ、人間観察が面白かったので、退屈せずに済んだけど…。

 その後、演劇の友人と「つぼ八」で呑み、話の流れでその友人宅に行き、何故かPCのメモリとグラフィックボードを貰い、急に降ってきた大雨に打たれてずぶ濡れになったりした。何かもう予定外のことが色々起こりすぎて、面白いのか悲惨なのか分からない状態に。

 それから、演劇の友人と別れ、今晩の宿を提供してくれる友人との待ち合わせ場所に移動。予定どおり、午後9時半に到着した。

 そしたらまた、1時間半ほど待たされた。

 雨に濡れている上に夜風が冷たかった上に空腹だったので、頭の中は「ぼくもうおうちかえる」というフレーズでいっぱいだった。わりと素でガタガタ震えていると、ようやく友人登場。しかも、良い感じに酔っ払ってやがった。
この野郎…。この野郎!!

 電車の中で叫びはじめる友人を適当にあしらいながら、友人宅へ。その後、コンビニで晩ご飯を買って食べ、風呂に入って寝た。 
 1日中歩いていたせいか、猛烈にお尻が痛くなった。

 悲しみよ、こんにちは、そしておやすみなさい、と思った。

mayonaka_factory at 01:36|PermalinkComments(2)