2010年07月

2010年07月04日

KAMAKURA☆KURAKURA(その2)

さて,鎌倉である.

待ち合わせの時間にかなり遅れてしまったが,友人夫婦と合流.
2人とも相変わらずのようで何より.
この2人が夫婦になるとは……当時から薄々思ってはいたが,実際に目の当たりにすると,何とも感慨深いものがある.
しかし,2人の間にある空気というか雰囲気は昔と同じで,それが内心とても心地よかった.
こういう夫婦の『形』もあるのだな,と嬉しく思った.

2人に案内され,蔵を改装したオサレなお店で昼食を摂り,江ノ電に乗った.
脳内ではアジカンの『サーフ・ブンガク・カマクラ』が流れ始める.

まず初めに連れて行ってもらったのは,極楽寺の成就院.6月の雨の時季,紫陽花満開の頃だったので,まさに『極楽寺ハートブレイク』といった感じだ(家に帰って改めて歌詞を読み返してみたら,目にした情景が鮮明に思い出された.切ない名曲である).

友人夫婦いわく,「東京の人は花を見に行くのが好き」らしい.流行っているのか,昔からなのかは分からないが…面白い傾向,いや,これも『形』の一つだろうか.

あじさい






あじさい2








長い階段の両脇に,延々続く紫陽花と,遠くに臨む由比ガ浜.
確かに綺麗な光景だった.

また,成就院はパワースポットとしても有名らしく,不動明王像の前には人の列ができていた.

不動明王像






私も他力本願全開で余りある欲望をむき出しにしたまま列に並ぼうとしたのだが,ふと脇を見ると,

パーワースポット






なんと,ここは「パーワースポット」だった.

パーワーて.

不動明王像より,こっちの看板の方がよっぽどパワーを発しているように思えた.
とりあえず,看板に向かって祈りをささげ,成就院を後にした.

その後,海辺を歩いてみたり,力餅で有名な和菓子屋さんに寄ってみたり,雑貨屋を覗いてみたりしながら,大仏様を目指して歩いた.


大仏さま






そして,ついに大仏さまと対面.
大仏さまを見るのに200円かかったのは意外だったが(まさか大仏さまがお金を取るとは),その存在感には圧倒された.いや,圧倒ではないな.…安心感?ずっしりむっちりした感じと,柔和な微笑….
昔の人が,これを建てた気持ちが,何となく分かった気がした.
『安心』を,目に見える『形』にして,みんなと共有したかったのだろう.

もう一つ,ものすごく驚いたのが,

大仏さまの背中






なんと,大仏さまの背中に,窓(?)があったのだ.

日本のピンチになったときには,ここからジェット噴射で大仏さまが立ち上がり,戦ってくれるらしい.噂では,大阪城と変形合体もできるそうだ.
非常に頼りになる存在である.

私も大仏さまになりたい.


大仏さまのある通りには,素敵な雑貨屋や武器屋がたくさんあった(エクスカリバーとか売ってた).大仏さまを見た後だからだろうか,お布施というか,浄財的なノリで財布の紐が緩み,散財してしまった.
おそるべし,鎌倉!!

道の途中にあったお店の看板






途中,こんな看板があった.
さすが鎌倉,ピザ(ケーキ?)の持ち方もカッコいい.



最後に鎌倉駅まで戻り,鶴岡八幡宮へ.

鶴岡八幡宮






折れた木






強風で折れた大銀杏.再生への努力が実を結び,今では若芽も出てきているらしい.
そよ風でもあっさり折れてしまう私の心とは大違いである.

雨が降らなくて良かった






予報では雨だったため,一日中傘を持ち歩いていたが,結局降らなかった.

こうして,鎌倉めぐりの旅は終わった.
友人夫婦のおかげで,とても楽しく過ごすことができた.
感謝の念でいっぱいである.どうもありがとう.

その後,別の友人宅に泊まり,呑んだくれ,翌日は友人の結婚式に参加して,地元に帰った.



帰りの飛行場で,ボインのお姉さんを見た.
かなりのボインボインだったが,しかし,私はそれを不思議とセクシィには感じなかった.
どうも,私にとっては理想の『形』ではなかったらしい.

男子ひとりひとりに『理想のおっぱい像』があるように,そしてその理想も変化していくように,あらゆるものの『形』は,案外『不定形』なのかもしれない.

mayonaka_factory at 18:56|PermalinkComments(4)