おりものネット

おりものは帯下(たいげ)ともいい、妊娠、妊娠初期や排卵、排卵日でも排卵期や排卵後などや生理前などのオリモノや陰部のかゆみなどが出る病気(性病など)体調によって違い、多い時や少ない時など量が変わったり悪臭などの臭いがあったり、また色がついたり水っぽいおりものからと症状によって様々です。色も血液(血)が混じってるような茶色(茶色い)おりものからピンクのおりもの、白い(白色)、黄色(黄色い)のおりものなどあり異常の発見にとても役に立ちます。排卵期、排卵後などの排卵日に関係するおりもの情報や妊娠した時の妊娠兆候でも着床時には着床出血といい、血が混じっているような茶色いおりもののような感じで出て生理とは違い量が少ないのが特徴です。妊娠初期、妊娠中のおりもの情報などで異常の変化についての情報やオリモノシートについてなどの情報などもありますので参考にして下さい

妊娠初期の妊娠兆候のおりものについて

妊娠兆候の着床出血との違い

妊娠すると、新陳代謝が盛んになるため、乳白色で少し粘りの
あるおりものが増えます。また妊娠するとホルモンの関係で
おりものが増えてくるのは自然なことですので、全く心配する
必要はないのです。

しかし、下着が汚れるのがいやでおりものシートなどを使用すると
雑菌が増えて不潔になってしまうのでやめましょう。
排卵時期におりものの量が増えることは良くありますので、
これを妊娠兆候と比べるポイントについてお話しましょう。

1つ目は、妊娠兆候があるとたいていの女性は非常におりものの
量が増える傾向にある点です。

妊娠初期段階の頃におりものが増えるのは、雑菌から胎児を
守るためです。膣の近くには肛門があり、雑菌などが非常に
侵入しやすい状態です。そこでおりものをいつもより多く分泌して、
膣を酸性にし、雑菌が侵入しないようにしているのです。

もう1つは、出血の傾向が変わることです。妊娠後の出血は
「着床出血」になり、出血量そのものが生理より少ない状態に
なります。着床出血とは、受精卵が子宮内に到達したときに
起こる出血のことですが、これは誰もが出血するとも限りません。
茶色いおりもののようなものが出る方もいます。

またおりものの色は乳白色が多いのですが、おりものが黄色い、
茶褐色や赤の場合など色のついているとき、臭いがつくとき、
外陰部がかゆいときなど、気になるときにはかならず産婦人科などを
受診することをお勧めします。


妊娠初期のおりものとは

妊娠すると、ホルモンの影響で新陳代謝が盛んになり、膣の
分泌物が増えます。つまり、卵胞ホルモンの分泌が増えることに
よっておりものの量が増えるのです。このときのおりものは
乳白色で粘りがありますが、においやかゆみはありません。

しかし妊娠中は特に、おりものの色や臭いや量などの変化を
常に注意するようにしましょう。おりもののチェックで流産や
子宮の炎症などのトラブルを早期に発見できる場合もあるのです。

よく妊娠すると着床出血といい、茶色いおりものが出ると
いわれますが、もしそのような症状が出ていたら要注意です!
かゆみや痛がゆさを伴う時、色が白く透明でない時には早めに
検査にいくことをおすすめします。

妊娠すると、プロゲステロンが大量に分泌されることでカンジダが
増殖しやすい状況になるので、カンジダによる膣炎や外陰炎を
発症しやすくなるのです。

もしもこのような感染症に感染してしまっていても、医師に薬を
処方してもらって治療すればすぐに治ります。治療に行かずに
分娩時にカンジダ性膣炎が続いていると、胎児に感染して出生後に
鵞口瘡(がこうそう)やお尻のカンジダ性皮膚炎(かぶれ)を
起こすことがあるので、恥ずかしがらずに必ず治療してもらって
おきましょう。

また異常がなくても、汚れた下着をそのまま着けているのは
よくないので、こまめに取り替えるか、生理用品を使い清潔を
心がけましょう。

  陰部、デリケートゾーン   専用石鹸
  • ライブドアブログ