2018年04月01日

地球を救う曲者たち

発表会&試演会無事終了🎶

聴きに来て下さった皆さま
長時間のご静聴ありがとうございました。
ご出演下さった皆さま
ほんとにチャーミングなパフォーマンスをありがとうございました。

ピアノあり
チェンバロあり
クラリネット・トランペット・オーボエ・リコーダー・ヴァイオリンにヴィオラ・ダ・ガンバ
バロックダンスあり

主催者の人柄溢れるコンサートだったと
来場者からも出演者からもお声を頂いた。
???
これ褒め言葉ですよ、ね?

出演者みんな
自由です
個性的です
強者(曲者?)揃いです
あ〜また私の頭の片隅では映画が・・・
「アルマゲドン」
ひとくせもふたくせもある仲間が集まって地球を救うって言うあの映画
・・・
私は仲間たちをまとめるブルース・ウィリスってとこ?

昨日もしっかり地球は救われました🎶

ひとくせもふたくせもある仲間たち
素敵です❤
A98AC9C5-04E3-4A6A-9090-DDF711C0DFA2


演奏前の仲間たち







73572D3C-B542-4528-95B9-086731F96F7F



打ち上げ参加中の仲間たち






EFE33E65-170C-4966-A175-7203EFC56078










演奏前も演奏後もみんな笑顔です。
I am proud of all of you.







mayumimi1208 at 15:11|PermalinkComments(2)つれづれ 

2018年03月30日

桜のなかで八甲田山&プログラム完成

平野神社「桜コンサート」
聴きに来て下さった皆さま
平野神社のみなさま
ありがとうございました。

桜いっぱいの境内に足を踏み入れると
それだけで幸せな気分を吸い込むことが出来ます。
あ〜桜色の風🌸

が、
この風が本番では凄いことに・・・

舞台となった拝殿上は風の通り道になっているので
あらかじめ
飛ばないようにクリップで止めて置いたり
譜面台に重しをつけておいたり
出来うる限りの策を講じて臨んだにも関わらず
風は
楽譜のみならず譜面台をも容赦なく飛ばしてくれるものなのですね(^^;
そして
何より大変だったのは
呼吸が出来ないこと‼
MCの時ですらタイミングを逃すと吸い込めないのに
あ〜管楽器奏者よ、死なないでおくれ〜

演奏中の私の頭の片隅には
映画「八甲田山」の北大路欣也さまが吹雪に向かって歩くお姿が〜〜〜


が、
「天は我々を見離した・・・」なんてことはなく
無事下山した我々でした。
3ABAD76D-03AE-4262-A96D-0B6A01FD41BD












さて
明日のプログラムが完成しました。
「参加者の経費負担を出来る限り減らす」が私の仕事なので
私の手作りです。
E0FA35E1-A81B-4354-BAE2-A2A7C1753290










プログラム考えるのは好きですが
作るの、苦手です(^^;
でも
最後の仕上げをMちゃんがしてくれたので
けっこう綺麗に出来たと思います。






mayumimi1208 at 13:57|PermalinkComments(0)つれづれ 

2018年03月27日

桜コンサートの2日後には・・・

29日は桜満開の平野神社で「桜コンサート」
そして
その本番が終わった2日後には
こんなことします♪
FCE11AD4-D1D6-484D-ABA7-E556E1D5C546




「コンサート・こんさーと」













第1部は
うちにピアノのレッスンに来て下さっている生徒さんの発表会
演奏活動をしているOGの気舛磴鵑離ラリネット演奏もあり🎶

第2部は
チェンバロを弾きたい
はたまた
チェンバロと一緒にバロック作品を弾きたいと言う方々の試演会♪
チェンバロソロをはじめ
ヴァイオリン・チェロ・フルート・リコーダー・オーボエ・トランペット ビオラ・ダ・ガンバ、
今回はバロックダンスのプログラムも。
うちにレッスンに来て下さって無い方でも
「チェンバロ伴奏で弾きたい・吹きたい・踊りたい」って希望が叶ってしまう試演会♫

「へぇ、そんな試演会があるんだ・・・次出てみたいな」と心がつぶやいている方
下見がてら聴きに来て下さいね〜。
終演後には交流会も開催。
バロック仲間が出来るかもよ(^_-)-☆






mayumimi1208 at 23:12|PermalinkComments(0)つれづれ | 演奏会案内

2018年03月25日

譜めくりと「ボレロ」と歯医者の麻酔

私たち鍵盤楽器弾きは両手を使って弾いている。
ゆえに
曲が楽譜何ページにも渡って続く時は
譜めくりが必要となる。
誰か「譜めくリスト」になってもらわなくてはいけない。

これが〜
ただめくれば良いってものではないのです
誰でも良いってわけではないのです

まず
楽譜が読めなくてはいけない。
この「譜めくリストとして楽譜が読める」って
思っているほど易しくない。
楽器を弾けるからって「譜めくり」が出来るとは限らない。
しっかり楽譜を見ていてもいつの間にやら迷子なんてことはざらに起こる。
だから
迷子にならないよう物凄く集中して楽譜を見る

これが弾いてるものには
「その殺気みたいなん消して〜」と叫びたくなるほど邪魔なのです。

弾いてる時って
物凄く神経が研ぎ澄まされてるから
普段感じないようなささいなことも気になる。
(そりゃ〜そんなささいなことに動じてどうするんだいと言われればそれまでだけど・・・)

だから
楽譜をしっかり読めて
タイミング良くって
尚且つ
ふわ〜っと気配を消してくれる人って言うのが
譜めくリストに求めるところかな(私の場合です)

「何やねん、それは?」と言うことなかれ。
これって
言い換えれば
音楽を知っているか知っていないかってことなんだよね。
と言うことで
Mちゃん、いつもありがとう♡

さて
3月29日の平野神社での「桜コンサート」は
コントラバスがいてくれるから
譜めくりの間は
左手部分はコントラバスにお任せして右手のみ演奏継続って作戦で
譜めくリストなしで臨みます。

ただ今
絶賛「弾きながら譜めくり」練習中🎶
416D4845-C8B5-4295-8AEE-1AD769EB85E3










「ふめくり」と書かれたあたりで
右手和音のみになり、左手で楽譜をめくる。

話かわりますが・・・
先週の日曜日
久々に京響さんの定期公演を聴きに。
24D54A48-53AD-4B74-9B6D-C9819E0BACDB










プログラム最後のラヴェルの「ボレロ」
これでもかと言うほどの小さな音で始まり
次に来る楽器を思いやりながら1つ1つ丁寧に紡がれ重ねられて行く旋律
決してべたべたせず
けれど
カンタービレ♫
だんだん豊かになる音の響き
そのうねりのなかに身を委ねる幸せな感覚
この曲、こんなに素敵な作品だったんだ〜と・・・
今までそのことに気づかなかった自分を恥ずかしく思ったわ(^^;

この日は
お世話になっているR先生の卒団演奏会。
旋律が丁寧に1つ1つ紡がれ
そして
豊かに美しく響き渡って行く「ボレロ」
それは
R先生の丁寧丁寧に紡がれて来た音楽人生と重なる。

また話は変わるけれど(^^;
私は歯医者さんの麻酔と相性が悪い。
歯医者さんに行くと必ずそう告げるのだけれど
どの歯医者さんも
「大丈夫ですよ〜」とまともに取り合ってくれない。
(胃カメラとかMRIとかそっち系のお医者さんは重大問題として対処してくれるのに)
きっと
「神経質な患者さんや・・・そんなことあるわけない、めんどくさい」と思われているのだろう。
が、
先日
遂に
「私は麻酔と相性が悪い」と言うのを「どうだ〜‼」と見せつけられる絶好のチャンス到来(?)
昔治療した歯の再治療のため麻酔をちゅ〜っとしたら
みるみるうちに私の体はブルブル痙攣し始め震え出した。

「先生、ほらっ震えが止まらないでしょ。だから麻酔はダメなんだってば〜」

そんなことあるねん、めんどくさい(怒)











mayumimi1208 at 18:37|PermalinkComments(0)つれづれ 

2018年03月19日

フォアレーゼン㏌滋賀

先週土曜日は滋賀県湖南市へ♪

この本番のため
0AEECCC4-C18A-438E-A6D0-CB2ED9E696AF










昨今
声優さんってアイドルなんだ・・・
あ〜そんなこととはつゆ知らず臨んだ私なのに
物凄く楽しく過ごさせて頂きました。
初めてのことも多く物凄く緊張もしたけどね(^^;

お世話になった皆々さま、ありがとうございました。

66AD9030-6E41-4AE5-8675-F8D5DD1786B6



舞台はこんな設え






この企画
東京一極化しがちな声優さんの公演を地方にも
と言うことや
とても勉強熱心で
声で表現をすることに真摯に向かう声優さんに
きゃ〜きゃ〜だけで終わるイヴェントではなく
少し文化的な方向性の表現の場を
みたいなコンセプトで企画・全国公演されている(んだと思う)。

で、
チェンバロ界の貴公子(元付ける?)中野振一郎氏が音楽を担当されていて
(脚本の内容に合うモーツァルトの作品を選曲もされてる)
で、
なぜ私がそこにいるかって言うと
この「3月17日滋賀公演」が決定した時
中野氏すでに他の公演のブッキングが・・・
そう、私は産休臨時教員・ヘルプ・ピンチヒッターってところですね。

でもさぁ
何回も言うようだけど
ほんとに楽しかって〜〜〜ん❣

あ〜
こんな歳になっても新しい経験をさせて頂ける幸せを噛み締めて。
チェンバロ弾いてて良かった〜❤

そして
こう言うオファーを頂いた時に
即答で「はい」と言える自分の「暇さ加減」って
時には
良いことを引き寄せることもあるのかもねと思えたんだな(^_-)-☆



92F2831D-1781-4E2B-9050-6075DF572555




楽屋弁当





67BF88BC-64EC-4A50-A72E-FD57BE4C630B






14時半開演と思い込んでた私(^^;


mayumimi1208 at 22:42|PermalinkComments(2)つれづれ 

2018年03月14日

同じメンバーで続けられること

桜が今にも咲き出さんばかり🌸
そう
このコンサートの時期です🎶
7A032438-12A8-438C-B4D0-3E86E4823572



平野神社桜コンサート






今年は
3月29日(木)14時にバロックアンサンブル(電子チェンバロで)
そして
4月14日(土)19時にフランスシター
で出演します。


バロックアンサンブルのリハーサルも始まってるよ〜ん。

昨年夏から始まった同じメンバーでの演奏
今回で4回目🎶
1回目より2回目
2回目より3回目
3回目より4回目
だんだん周りの音がよく聴こえるようになって来るのが嬉しい❤
と思っていたら
今日のリハ終わりで
「やっぱり本番経験すると違うよね〜なんかむっちゃ良い感じ〜」と
他のメンバーも口々に👄

私だけじゃなかったんだ・・・と益々嬉しくなる(^^)v
そして
同じメンバーで続けられることに「ありがとう〜」と言う気持ちでいっぱいになる。



mayumimi1208 at 21:03|PermalinkComments(0)つれづれ | 演奏会案内

2018年03月13日

劇伴だ〜モーツァルトだ〜🎶

去年の半ばあたりから
モーツァルト弾きたいなぁ・・・
モーツァルト弾くなら初期のソナタかオペラのセッコだなぁ・・・
などとつらつら。

そして
もっと時は遡って
「劇伴」(演劇や映画の伴奏音楽)やりたいなぁ・・・・
宮崎駿さんにデモテープ送ってみる?
な〜んてね

と妄想の世界に浸っていたら
年明けにこんなオファーが❣

『声優朗読劇 フォアレーゼン VORLESEN
2018年3月17日(土)15:00開演(14:30開場)
出演:小野友樹、小林裕介、クリステル・チアリ、チェンバロ
人気声優が出演する、他では見られないオリジナル朗読劇!!

声優の声とともに、生演奏でお送りするモーツァルトの物語
あなたの知らないモーツァルトが語られる。』

劇伴だ〜
モーツァルトだ〜


で、
台本読んでます。
1E21F68C-9F16-4899-916A-8B6A879B328C






















mayumimi1208 at 20:31|PermalinkComments(0)つれづれ | 演奏会案内

2018年03月07日

肉が欲しい体と今の季節に思ったこと

昨晩は異常なほどの寒気と関節の痛み
なんか喉も痛いかも
え〜もしかしてインフルエンザ?
翌日(今日)の予定変更出来るかな
変更したら後に来るしわ寄せが・・・

取り敢えず寒気をなんとかしようと
熱いお風呂に入って
部屋内暖房ガンガンに効かせて寝たら
朝にはケロッと🎶

なんだったんだろう、あの寒気と痛みは?

で、
昨晩はインフルかも〜な不安に襲われ
晩ごはんも食べずに寝たから
今日は体が
「肉が欲しい〜」と。
出掛けた帰りにこれを🍔
F5FA847D-09EE-441D-9517-EC0F5DF0AB06



神戸牛のハンバーガー







ところで
楽器を習うと言うのは
その過程においてあるラインが引かれているように思う。
それは
趣味として習うのか
あるいは
専門的に勉強するのか
専門的に勉強すると言うのは
音大受験を考えて勉強するって言うことで・・・

私が子供の頃
受験のために就いた先生はよく
「お遊びで弾いてた曲でしょ?もう1回やり直しましょうね」と
それまでに弾いていた曲のことをおっしゃっていた。
(今ならパワハラとか言われるのか?)

つまり
趣味でやっている延長線上に受験することは出来ないってこと。

それはラインの向こう側にいた時みたいに
シンプルに「楽しい」と言うだけではダメで
「努力することが楽しい」
と思えるM的要素もないとやって行けないのがこっち側
(こっちとあっちがややこしい)

これは例えると
梅田行きの電車に乗っていても札幌には着かないのと同じで
札幌に行きたければ札幌行の電車なり船なり飛行機などに乗らなくてはいけない
もし
梅田行きに乗っている途中でそのことに気が付いたら電車を乗り換えなきゃいけない
乗り換えるのは出来るだけ早い方が良いのよね。


乗り換えるのも遅く高学歴でもない私が言っても説得力無いけど(^^;

受験の結果があちこちで囁かれる昨今
ふとそんなことを思ったのです。
50E702E5-1A7D-4B5E-A5C7-FFBBB43A7EF1









mayumimi1208 at 22:32|PermalinkComments(2)つれづれ 

2018年03月05日

「なんか違うかも」

先日
心がぽきっと折れる理不尽なこと発生・・・
理不尽に良いことも発生する確率が高い私としては
理不尽に心が折れるようなことも受け入れなきゃねと思う。
そして
心は折れたけど
「なんかちょっと違うかも」と思いながらやってたことに関してだなと気づく。

そうなんだ、
昔っから
この「なんか違うかも」と思いながらやっていたことは
こう言う結果になるんだよな。

「なんか違うかも」と思いつつ
「なんか違うかも」が
「なんか違うかも」でなくなるように
「なんか違うかも」と思っていることにエネルギーを費やして取り組む
そして
「なんか違うかも」でなくなるであろう方向に持って行けそうだなと思うと
こうなるんだよな。

「なんか違うかも」と思ったらやらなきゃいいのに
これからもやってしまうんかな・・・
あ〜愚かな私(^^;
AD849600-2BD9-4EF2-8DA3-D1291F10D8A5






懲りんやつじゃにゃ〜😸















mayumimi1208 at 00:28|PermalinkComments(0)つれづれ 

2018年03月04日

ストロー笛

昨日は久々に阪急電車に乗車🚃
午前中は
神戸に演奏会の打ち合わせ
午後からは
大阪音大の学部会
そして
卒業研究発表会と退任されるリコーダーの神谷先生の最終講義。
神谷先生はリコーダー奏者であられるけれど
ストロー笛で世界中を飛び回られているおもろいおっちゃん(おっと、失礼っ❣)
最終講義もストロー笛のコンサート🎶
36410B7B-C74B-4017-B6E4-1419451C06EA










最終講義とは言え
しんみりなんてどこへやら・・・
会場内笑い声と驚きに満ちたひと時でした。

最後に先生は
「大阪音大での授業は退任となりますが、
 それは僕の一部であって
 これからもストロー笛を吹く日々は続きます」と。
なんだか演奏家としてのブレない姿をば〜んと見せて頂いたなぁ。
  









mayumimi1208 at 21:50|PermalinkComments(2)つれづれ